カッコーの巣の上での作品情報・感想・評価 - 2ページ目

カッコーの巣の上で1975年製作の映画)

One Flew Over the Cuckoo's Nest

上映日:1976年04月03日

製作国:

上映時間:129分

ジャンル:

4.0

あらすじ

「カッコーの巣の上で」に投稿された感想・評価

aoi

aoiの感想・評価

4.3
泣いた すき
natsu

natsuの感想・評価

4.0
ジャックニコルソンの最後の表情が頭から離れないなー
というか皆本当にそう見える、演技が素晴らしい!

レビューを読んで知ったのだけど、ラストには
抑圧され暴虐されてきた歴史を背負うインディアンだけがあの環境から解放される、という皮肉も隠されていると知っておおおーってなった

時代背景を知れば知るほど映画の見方が変わってくるね
チコ

チコの感想・評価

3.7
全くの予備知識無しで鑑賞。

主人公を演じるジャック・ニコルソンは、刑務所での強制労働を逃れるために精神疾患による狂人を装って、精神病院に入院する。

精神病院は婦長によって管理された異常な世界だった。

主人公はそれに従わず好き勝手に振る舞うのだが、それはとても人間的で当たり前の欲求で周りの人間を変えていくというストーリー。

主人公の行動は犯罪的なものばかりで無茶苦茶だが、人間として生きていく上での強さや大事なことを考えさせてくれる。

鑑賞後に今作の考察をネットで見たが、当時の精神障害者の扱いなどを知って恐ろしさを感じた。
Ksan

Ksanの感想・評価

4.5
精神科を予約したばかりだったので、観る時期を誤ったかもしれない。現代でこのような惨劇が起こり得ないと信じたい。主人公ができなかったことを彼が成し遂げる。そしてカッコーの巣から飛び立つ。その姿は誇り高きインディアン。彼を奮い立たせた主人公には感服した。
お君

お君の感想・評価

4.0
大学のゼミで観ました。
チーフがインディアンであることの重要性を人類学者である教授が語ってくれた。

黙殺され抑圧され暴虐されてきた歴史を背負った、インディアンである彼だけがあの環境から解放される。
ある種の重たい皮肉がこの映画には隠されていたことを知ることが出来ました。

映画が公開された時代性、そしてその物語の背景を知ることで、映画の観方は大きく変わるのだと感じましたね。
hazuki

hazukiの感想・評価

3.7
授業で見た
きたむ

きたむの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

シャイニングの時とは打って変わってジャックニコルセンクソかっこよかった。完全に精神病棟のカリスマだったよね。途中からニコルセンが主役のアドベンチャーかのようにすら思えた。遊び一つにしろ、看護長との喧嘩にしろ全てにカリスマ性があって他の人たちを惹きつけていた演技だった。彼がきてからみんな生き生きとしていた。

ハンサムではないけど何故か女をたらし込んでいたり、終盤に逃れる場面でもビリーを自殺に追い込んだ看護長を殺しにかかったり男気あふれるホントかっこいいやつだった。

最後はロボトミーを受けさせられて人格が変わってしまった。前みたいにふざけてるだけだろ!戻ってこいよ!って何度も思ったけど残念だった。チーフが自分の手をかけたのはマクマーフィーへの最大の愛であり、尊敬だと思った。自分たち精神病患者の生活を180度変え、社会への反発の象徴だったマクマーフィーをあんな状態で病院に置いておくのは自分らの敗北を認めたことだし、今までのマクマーフィーに失礼。驚きはしたけど、意外とすんなりチーフの行動に共感できた。


タイトルのOne Flew Over the Cuckoo's NestのCuckoo's Nestは頭のおかしい奴らの巣=精神病棟の意味であり、そこを飛んで行った「One」とは精神病患者を装った者たち。すなわちチーフであり、反発の象徴として世をさったマクマーフィーのことでもある。参考サイトを頼った笑
精神病患者が社会からどう扱われていたかの背景とかたくさん知らないことがありました。    

このレビューはネタバレを含みます

めちゃくちゃ良かった

病院のみんなが明るくなっていく感じ
同時に彼らは死から生きるに変わっていって、それを病院側は抑えようとしている対比

しかし病院側はすでにシステムや圧力の中で死んでいてそれを気づかせてくれるマクマーフィーの行動

ラストはとても衝撃だったけど、チーフのあの行動は見世物となってしまったマクマーフィーをそんな姿では以前の彼の姿ではないと殺すシーンはグッときました、、、

とにかく人と違うとは何か、我々が思っているものは本当に万人に通ずるのか考えさせられました
衝撃のラスト。傑作
マサ

マサの感想・評価

4.1
泣くやつ