「白ゆき姫殺人事件」の感想・評価・ネタバレ

「白ゆき姫殺人事件」の画像

白ゆき姫殺人事件(2014年製作の映画)

上映日:2014年 3月 29日

製作国:日本 / 上映時間:126分

監督
原作
脚本
キャスト

あらすじ

誰もが認める美人OLが惨殺された。この不可解な殺人事件を巡って、一人の女に疑惑の目が集まる。同期入社の地味な女性【城野美姫】。テレビのワイドショー取材により、美姫の同僚・同級生・家族・故郷の人々がさまざまな【噂】を語り始める。過熱するテレビ報道、炎上するネット、噂が噂を呼ぶ口コミの恐怖。果たして彼女は残忍な魔女なのか、それとも…!?  原作は『告白』『北のカナリアたち』と映画化が続く湊かなえによる傑作長編。監督は『アヒルと鴨のコインロッカー』『ゴールデンスランバー』など複雑な物語を巧みに描く名手・中村義洋。映画独自の表現を盛り込み、誰も見たことがない重層的なサスペンスが誕生した。 疑惑を集める主人公【城野美姫】を演じるのは、井上真央。ワイドショーのディレクター【赤星雄治】役に、綾野剛。美姫の後輩で、旧知の赤星に情報を与える【里沙子】役に蓮佛美沙子。謎の死を遂げる美人OL【典子】役に、映画初出演となる菜々緒。さらに、貫地谷しほり、金子ノブアキ、谷村美月、小野恵令奈、染谷将太、生瀬勝久ら、個性溢れる豪華キャストが適材適所に散りばめられた。 膨らむ妄想、ねつ造される記憶、拡散する悪意。動機は嫉妬か? 恨みか? 凶器は? はたして容疑者【城野美姫】はクロか、シロか!? 

>>続きを読む

3.4

「白ゆき姫殺人事件」に投稿された感想・レビュー

1.1

小説読んでから見た。小説もイマイチと思ったので。

3.3

情報って難しいっすねー偏向報道怖いっすねー

3.0

現代っぽくした演出が抜けた感じになっているのかも。井上真央と奈々緒がぴったりなので、他のキャストが物足りない

2.6

なんか、サラサラサラーって感じで流れて行きました。あーいうやり方って今っぽいのかもしれないけど映画では効果的じゃないっすね。

4.0

なんかかわいそう。
現代人が必ずと言っていいほど触れているインターネットに翻弄され、誰でも無意識に被害者・加害者になる時代。

4.0

面白い(*^^*) コミカルに描いているけど割とリアルなんだろうな…

-

記録

-

記録

3.5

おもしろい
テレビでの都合のいい編集のしかた
Twitterなどでの無責任な発言

そして最後には無関係の人間が叩かれる

殺人事件の犯人というより、そういう部分で考えさせられた

そして一番真実を見ていたのは染谷将太な気がする

3.9

真実は常に主観でしかありえない。おもしろかった!

2.5

記録

3.4

美人のOLが殺されて、同僚の地味子が疑われる。メディアもSNSも、そいつをほぼ犯人扱い。果たして真実は如何に…みたいな話。

ネットの無責任に面白がる感じ、すぐ掌をコロコロ返す感じがリアル。噂好きのババアもリアル。一方で、赤星の存在がアンリアル。こんな馬鹿なやり方する報道、そうそういないだろ(笑)。

菜々緒は最近嫌な役が板に付いてきたなと思う。凄くしっくり来るのはどういう訳かしら。

最後は原作になかったシーンなので、原作を読まれた方も楽しめるはず。

3.8

見ていて怖くなる。
一つの同じ出来事でも、人によって、記憶の中で膨らんだり、歪んだりする。
最後に明かされた真実も、果たして細部まで実際にあったことなのか。

4.0

同じことについて皆が話していても何が真実かなかなか見えてこないところが面白い。

3.0

原作を先に読んだから、映像でおさらいって感じだった。井上真央が本当に地味なOLに見えて女優ってすごいと思った。原作にはなかった友情と最後のシーンで、映画の方が後味スッキリかも。

いいね!したユーザー

4.6

結末に驚いた!
犯人はこの人だったのかーっていう感じ
井上真央の演技力がすごかった!表情とかも全然違って、すごい気持ち悪く見えた!良い意味で!なりきってた!

1.5

記録

2.0

井上真央オンリーの潔いジャケットに惹かれて鑑賞。湊かなえが原作ってこともあったけれど。
個人的にはクソ映画の烙印を押さざるを得ない。

演出や役者については特に可もなく不可もなく。
何と言ってもクソなのが、綾野剛演じる契約ディレクター赤星の行動。…あまりにも観客を舐めてないか?仕事の内容は、誰が見てるかわからないSNSなんてものに一切流さないというのは、社会に生きる上での常識なのではないだろうか…?その常識を頭に入れたまま、赤星の行動を見せつけられたときには、思わずリモコンを放り投げたくなった。
監督はメディアリテラシーの欠如を取り上げたかったのだろうか?
ふざけるなよ。と言いたい。
監督こそ一からメディアリテラシーのメの字から学ぶべきだ。現代の日本を舞台に描いた作品で、あまりにもあり得ないことをされてしまっていたら興ざめもいいところだ。
因みに原作では赤星は週刊誌のライターだったようだ。あれ?これって改悪では?
この大きな違和感がずっーと拭えないまま、感心するような大どんでん返しも無く終わってしまったこの映画に私はクソ映画の烙印を改めて押そう。

それでもこの映画が二点なのは、予告編だけは良かったからである。笑

ネットの恐ろしさを描いた作品を観るなら、君塚良一の『誰も守ってくれない』を見た方がいい。

いやしかし、よく公開中にこの映画のTwitterアカウント炎上しなかったな。

いいね!したユーザー

2.6

色々とびっくりなラスト。

3.0

ネットってこわい

3.2

ネットってこえー‼︎と思った
安易に発言したり情報載せるものではないんだな、と改めて気づかされたw

人の記憶は自分の都合のいいように、勝手に膨らみ捻じ曲がり…
そこに悪意があっても、なくても。

いいね!したユーザー

3.5

記録

3.5

記録

-

原作見ずでしたが、最後のどんでん返しへつながるのが最初からわかる感じがざんねんというかワンパターン化してるというか。
ななおの演技は好きでしたー。

3.9

色々怖い。最後にどーん!

4.0

情報操作って簡単にできる。
リアルなこわい現代社会。
おもしろかった!

3.3

メモ

2.0

原作より果てしなくつまらなかった。

3.3

地味でダサいOLをきっちり演じる井上真央もすごいが、性格悪い女を演らせたら菜々緒の右に出るものはいない。むしろ菜々緒が出てきた時点で「こいつは性悪」のネタバレ感がひどい。

いいね!したユーザー

3.5

普通に見れるけどね。
ツイッターを題材にして、新しい手法ではあるよね。

いいね!したユーザー