話題!リリー・コリンズ主演の"観ると幸せになれる映画"を特集!

記事公開日:2015年6月17日(水)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

57573_special.pngあと1センチの恋』のリリー・コリンズと『きっと星のせいじゃない。』のジョシュ・ブーン監督がタッグを組んだ、恋×家族の物語『ハッピーエンドが書けるまで』の試写会を開催!参加者の反応は...?

『ハッピーエンドが書けるまで』

"最高にハッピーな映画" 驚異のオススメ度90%超え!

試写会参加者アンケートでは、なんとオススメしたい度90%超え!「愛に溢れた作品。幸せな気持ちになりました」「笑って泣ける最高にハッピーな映画です!」など、感動レビューが続々と集まっています。 57573_image1.jpg

57573_image2.jpg

57573_image3.jpg

リリー・コリンズが可愛すぎる!と評判です

57573_image4.jpg 本作で、愛を信じない女の子サマンサを演じたリリー・コリンズ。そのキュートさに「震えた」「パーフェクトかわいかった」といった絶賛レビューが多数!話題作への出演が続く今注目の女優だけに、ファンならずとも見逃せません! 57573_image5.jpg

57573_image6.jpg その他、サマンサに想いを寄せる同級生役を演じるのは『ウォールフラワー』の主演で注目を集めたローガン・ラーマン。さらに、愛に臆病な弟役にナット・ウォルフ、元妻が忘れられずにつきまとう父役にグレッグ・キニアなど実力派キャストが揃い踏み。「キャスティングがうまい」「演技派俳優たちを見事に起用」というレビューも納得の群像劇です! 57573_image7.jpg

57573_image8.jpg

57573_image9.JPG

彼らにハッピーエンドは訪れるのか!?6月27日公開!

57573_image10.jpg 繊細で人間味あふれる家族が織り成す愛の物語。それぞれが壁を乗り越えて、ハッピーエンドを迎えられるのか!?特集サイトでは、試写会参加者のレビューをチェックできます!

◆映画『ハッピーエンドが書けるまで』information

『ハッピーエンドが書けるまで』

あらすじ:離婚して3年の作家ビル(グレッグ・キニア)は、別れた妻エリカ(ジェニファー・コネリー)に未練があり、3年たっても彼女の家を覗きにいくという日々を送っていた。ビルの娘サマンサ(リリー・コリンズ)は父親を捨て新たな男と付き合う母親を毛嫌いし、3年間母親と話していない。大学で同じ授業を受けているルイス(ローガン・ラーマン)に思いを寄せられるが、両親の浮気と離 婚を目の当たりにし、恋愛や結婚にマイナスなイメージしかない彼女は他人を受け入れることができなくなっていた。そして、ビルの息子ラスティ(ナット・ウルフ)は学校でケイト(リアナ・リベラト)という少女に初恋をするが、彼女が コカインを吸っているところを目撃してしまう。愛を失った父親、愛を信じない娘、愛に臆病な息子。たくさんの思いを抱えた3人が悩んで、気づいて、踏み出した時、人生に変化が訪れ始める――。

上映時間:97分
〈2015年6月27日公開〉
配給:AMGエンタテインメント

(C)2012 Writers the Movie,LLC


公式SNSでは最新情報など発信しています♪是非チェック!
【Filmarks公式Twitter】
【Filmarks公式Facebook】
【Filmarks公式instagram】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリアーカイブ

年別アーカイブ

最新の記事10件