りさんの映画レビュー・感想・評価

り

201701367

映画(707)
ドラマ(0)

不完全なふたり(2005年製作の映画)

-

最高大好き 諏訪さんの凄さを見せつけられた 今まで観たふたつより断トツで好き

フェリーニのアマルコルド(1974年製作の映画)

-

フェリーニ〜!今のわたしは全然おもしろく観れないのでつらい ひとつひとつのショットが美しいことくらいわかるけどなにがおもしろいんだ〜 おしり!

7月の物語(2017年製作の映画)

-

ザおフランスの雰囲気を漂わせながらも、ふふっとなる感じが最高 ふふっが完全にホン・サンスのときのふふっ

スケート・キッチン(2018年製作の映画)

-

ただのガールズスケーターの映画かと思っていたら予想以上におフェミだったので良かった いいぞもっとやれ

僕たちは希望という名の列車に乗った(2018年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

ドイツ映画好きだから良いと思ったけど芸術点でいうと星二つくらい 最後に生徒たちが立ち上がるシーンはちょっとダサいのでやめた方がいい

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

-

ノリノリで観れる おもしろい ヒロインかわいいし男の方もオタクかと思いきや普通に女の子の扱いがうまくてそれもいいじゃんと思った

三人の夫(2018年製作の映画)

-

去年リバイバルで観たメイドインホンコンが素晴らしかったので観に行ったけれど、ちょっと残念な感じだった 全然エロくないしもはやコメディ

さよなら、退屈なレオニー(2018年製作の映画)

-

主人公の女の子が着てる服が全部かわいい そして顔がかわいい 映画全体としては普通 どこに焦点を当ててるのか分からないと観ている側が思ったから

サマーフィーリング(2016年製作の映画)

-

設定がまず良い 3つの都市、3つの夏っていう ミカエル・アースは公園が好きだね

ニューヨーク公共図書館 エクス・リブリス(2016年製作の映画)

-

ワイズマン2作目 ジャクソンハイツで初めてこんなドキュメンタリー観たなとびっくりして新作楽しみにしてた

ギターはもう聞こえない(1991年製作の映画)

-

おしっこしながらキスする名シーンを観れたのでそれだけで満足 結婚したあとのボブカットの不倫相手とカフェかバーのようなところで話しているときの彼女の表情だけをクロースアップ、とてもいい 愛は終わらない >>続きを読む

Girl/ガール(2018年製作の映画)

-

受け入れられない自分の身体という点で自分のことのように感じられた ただのトランスジェンダーの人の話じゃなかった 生きていくためには健康であることが第一かもしれないけれど人間はきっとそれだけでは生きてい>>続きを読む

アマンダと僕(2018年製作の映画)

-

上手すぎる 子どもと叔父の話であんまり好きなやつじゃないかなと思っていたけど表情の切り取り方が見事だった 涙ってこんな風に出るよね そしてこんなにかわいいと思った子役初めて

教授とわたし、そして映画(2010年製作の映画)

-

よかった 教授と男女3人の授業のやり取りが良い しかしやっぱりホン・サンスの映画に出てくる男はきもい

ノスタルジア(1983年製作の映画)

-

タルコフスキー、かなしいことにいまのところ嫌いじゃないけど好きとは言えない たぶんいまのわたしが人の頭の中のことにあんまり興味がないから

ハウス・ジャック・ビルト(2018年製作の映画)

-

なんかこんな後味すっきりでびっくりした 仕事であのエンド何十回も観てたけどエンド知らずに観たかったな

アンダー・ザ・シルバーレイク(2018年製作の映画)

-

よくできてる映画なんだろうけどわたしはどうしても乗り気で観れない デヴットリンチと同じ感じ

フェイシズ(1968年製作の映画)

-

素晴らしかった 空気を真空パックする天才 何かを言うとか何かをするとかアクションがある訳じゃなくて表情を切り取ってみせていくスタイル

>|