kugeさんの映画レビュー・感想・評価

kuge

kuge

007シリーズのファン
学生
評価4.0以上だとおすすめ

基本的にミュージカルは全て好き

2016年7月28日開始

映画(219)
ドラマ(0)

22ジャンプストリート(2014年製作の映画)

3.8

またつまらぬ映画を借りてしまった。。

最近、字幕じゃ表しきれないギャグに気付けるようになってきた気がする。

こんなに力とお金かけてるエンドロール初めて。

21ジャンプストリート(2012年製作の映画)

4.3

バカ映画見たいって期待への回答としては1000点。

まさかと思ったけどラストのカーチェイス好きやわ。

幸福なラザロ(2018年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

結局ラザロが一番幸せだったかな。

聖人みたいなラザロを(てか変わり者を1人)配すことで、周りの人間の身勝手さやら愚かさやらを浮き彫りにしてた……気がする。
人の善い面が目立ってたのはもうごく僅か。そ
>>続きを読む

クラッシュ(2004年製作の映画)

4.5

昔に観て途中で止めてた。

他人を完全に理解するのは絶対無理でも、そのための努力はしないとですよね。
話を聞くこと。あと想像力。

いろんな人がいるからねえ。

「弟は夜に…」のとこは感涙。言わんのか
>>続きを読む

夕陽のガンマン(1965年製作の映画)

4.3

イーストウッドが無双する映画かと思ったら違うじゃないですか!


『ウエスタン』も好きだしレオーネ監督とは合うみたい。
ときどき長いけどね。

マネー・ショート 華麗なる大逆転(2016年製作の映画)

3.8

予習に30分費やした価値はあった。(Wiki含むネットだけど…)

何じゃその馬鹿システムって思えるのも全部終わった今だからですよね。コメディだけど怖い。

平均スコアが低いのも納得。話難しいもん。簡
>>続きを読む

すばらしき映画音楽たち(2016年製作の映画)

4.0

そうそうたるメンツが映画音楽の魅力を語り尽くすドキュメンタリー。
予想よりテクニカルな内容。

映画の楽しみ方が確実に増える。

自分でも鳥肌立つものじゃなきゃ他人には伝わらないらしいっす。

ウォーク・トゥ・リメンバー(2002年製作の映画)

3.5

ニコラス・スパークス印。
たまにはこーゆーの。

今作はあんまり。タイミング悪かった。

母親がヘアスプレーのトラボルタに激似。

ベティ・ブルー/インテグラル 完全版(1992年製作の映画)

4.0

「凶暴な純愛」ってこっちの方が似合うかもしれない。


ジュテームの言い方とテキーラ・ラピド(ショットガン?)の飲み方。
最後のピアノは反則ですよ。

やっぱ青好き。『トリコロール青の愛』もっかい見た
>>続きを読む

大人は判ってくれない(1959年製作の映画)

3.5

観る人の少年時代が評価にだいぶ反映されそう。

頭でっかちにならないように。
想像力と客観性ですよ。

体育で校外に走りに出るシーンとても好き。

007 スペクター(2015年製作の映画)

4.0

背筋が伸びる。


いつかのキネ旬の名形容
「ボンドが弾を避けるのではない、弾がボンドを避けるのだ。」

今作から観るのは絶対NGです。
カジノロワイヤルからぜひ。

イップ・マン外伝 マスターZ(2018年製作の映画)

4.0

こんなアクション初めて。
首折れそうで心配しちゃうレベル。


ドラマ部分のツッコミ所の多さ。逆に笑えるから良いんだけども。
口から心情だだ漏れやないか。
ブリティッシュアクセントは何処へ?
何ならマ
>>続きを読む

モリー先生との火曜日(1999年製作の映画)

3.8

ジャック・レモンは相変わらず。


We must love one another, or die.

サイダーハウス・ルール(1999年製作の映画)

4.3

ずっと孤児院で過ごしてきた青年があるとき外へ出て大人になるお話。

基本よくある展開だけど
会話やらナレーションやら、一つ一つの言葉が素晴らしい。

マイケル・ケイン、凄すぎる。そりゃオスカー獲るわ。
>>続きを読む

旅立ちの時(1988年製作の映画)

4.5

14年間、人目を避けて暮らしてきた家族の新たな一歩。

めっちゃくちゃ良い。。。
家族愛と息子の成長と。

リヴァー・フェニックス享年23なのか…

ヒロインがとても素敵。こうやって特筆しちゃうレベル
>>続きを読む

スモーク(1995年製作の映画)

4.0

静かだけどこの雰囲気好きだ。
2人の立ち振る舞い全てが渋い。



タバコの煙の重さは計れる。

バットキッド・ビギンズ(2015年製作の映画)

4.0

「ほんとは人間みんな優しい」派としては最高のドキュメンタリー。

大人の汚れつつある心が浄化される。
童心忘れないようにしなきゃ。行き過ぎはダメだけど。

地上波でやってたので。

セント・オブ・ウーマン/夢の香り(1992年製作の映画)

4.3

昔観たことあったかな?

よい話やわ。
清廉潔白。

違いが分かる男になりたい。

祝200本目。

お熱いのがお好き(1959年製作の映画)

4.3

恥ずかしながら初マリリン。

今のとこワイルダー監督で1番好き。
くすぐり系コメディ。

知らなかったけどトニー・カーティスさんかっこいい。

カッコーの巣の上で(1975年製作の映画)

4.0

重い。
トラウマもの。
どんどん笑顔になってきたと思ったら。

全力で人間やろうと思いました。
自分含め距離とりすぎ。

ペーパー・ムーン(1973年製作の映画)

4.0

誰かが優しいレオンって言ってたのも頷ける。

ちょっと間抜けな詐欺師と身寄りのない少女のロードムービー。

子供嫌いじゃなくなってきたかも。

抱きしめたい(1978年製作の映画)

3.8

ビートルズに会おうとするドタバタ劇。

テンポよい。

ラスト良かったなあ。
みんな幸せ。

黒猫・白猫(1998年製作の映画)

3.5

底抜けに明るい話。

ただ、やっぱりこの監督とは合わない。
うるさく感じちゃう。
ジムキャリーの顔芸もなかなか五月蠅いはずなんだけどな。

カリフォルニア・ドールズ(1981年製作の映画)

3.5

観たのちょっと前だけど。

やっぱりプロレスの面白さが分からない。ごめんなさい。

ドラムライン(2002年製作の映画)

3.8

マーチングバンド。スポ根。

揺れる。

スネアドラムかっこよすぎ。

ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ(1990年製作の映画)

3.3

ハムレットに出てくるチョイ役が主役のドタバタ劇。

質問テニスとかおもろいとこあったけど、あまりはまらなかった。
ちゃんと予習でハムレット読んだのに。残念。

大学の図書館にて。まさかのLD。画面暗す
>>続きを読む

キートンの探偵学入門/忍術キートン(1924年製作の映画)

4.0

おもしろい。
手に汗握るアクション。
素敵なラスト。

傑作ですね。


チャップリンしか観たことなかったからとても静かに感じた。
哀愁が漂うアクションコメディ。
微笑ましい。

無声映画。YouTu
>>続きを読む

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生(2018年製作の映画)

3.8

ハリポタ好きにはたまらん。

続編ありきのお話。長くなりそう。

ミネルバさんでテンションぶちあがった。一瞬だったけど。

ナギニがどう繋がるか楽しみ。

フロム・ダスク・ティル・ドーン(1996年製作の映画)

4.3

めっちゃ笑った。
頭沸いてる。なにこの脚本。

タランティーノ好きになりかけてる自分が怖い。
前に観たデスプルーフは全くダメだったのに。

『トゥルーロマンス』もそうだし、監督がタランティーノじゃなけ
>>続きを読む

ミッドナイトクロス(1981年製作の映画)

4.0

映画の音響技師が偶然録音した殺人事件の真相を探る。

ラスト、驚きすぎて笑っちった。デパルマ天才。
確かに完璧なオチだけど複雑……

話がどんどん盛り上がっていく様はもう圧巻。
あと、素人目にも分かる
>>続きを読む

おもちゃの国(2007年製作の映画)

4.0

あっという間の13分。

語られすぎず。とても良い。

YouTube。英語字幕。

インサイダー(1999年製作の映画)

3.5

ジャーナリストvs権力。



メディアが作るイメージの力は怖い。

アンダーグラウンド(1995年製作の映画)

3.5

ユーゴスラビアの知識が無さすぎてよく分からなかった……

めっちゃ明るいけど全く楽しくない。
戦争のさなかの精神状態ってのが想像すらできない。

ユーゴ史勉強してからまた観ます。

>|