enoさんの映画レビュー・感想・評価

eno

eno

映画(669)
ドラマ(22)

ゴッホ~最期の手紙~(2017年製作の映画)

4.1

エネルギッシュな映像
天には別の世界がある
見つめても全部を理解できない

草原の死のイメージ
全て太陽が照らすもとで行われる

渚にて(1959年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

メモ
サンフランシスコの発電所が雰囲気ある。希望を持つ事は良いことだけど現実を否定するとメアリーのように絶望にとらわれてしまう。モノクロ、病、薬、人口の減り方、最小限で美しい感じ。メアリー達とは違い、
>>続きを読む

ノスタルジア(1983年製作の映画)

3.8

ベートーベンも凄く聴こえた
ラスト謎の衝撃

いろんな聖母がいるんだと思った
犬に国境の概念は無い

ドッペルゲンガー(2002年製作の映画)

4.2

ほんまワロタよ
役所広司ってかわいいな
自分に嘘をついている間は見たくない自分が尚さら目の前に出てくる

「やめた、そんなことのために作ったんじゃないんだ」過去も復讐も捨てて思った通りにやるなどなかな
>>続きを読む

イレイザーヘッド(1976年製作の映画)

4.1

どこかでこうなる事を望んでいたような気がします。
潜在意識に食い込んだんだと思います。

アトラクション -制圧-(2017年製作の映画)

4.2

ロシアの高層マンモス団地を宇宙船が体当たりして冒頭から凄かった。人間に変装したばっかの宇宙人が本当にボケでコントのようだった。

親子の会話が印象的だった。
相手に放ったつもりの言葉は時に自分自身を試
>>続きを読む

惑星ソラリス(1972年製作の映画)

4.7

やばい何じゃこりゃ鳥肌が立つ
休憩挟んで見たけどぐっと来た

こんなことに人生捧げられるならばこれ以上新しいテクノロジーもいらない

愛そのものと共に..

ストーカー(1979年製作の映画)

3.8

ざわざわなのだけど何に対してか分からない。概念、妄想。

吉原炎上(1987年製作の映画)

4.0

身も心も崩れて真っ赤な部屋で叫ぶシーン怖かった、

第9地区(2009年製作の映画)

4.5

宇宙人もIQ色々表情豊かなのが面白い。色々とボロボロなのもいい。

人間の時は解らない、マジで解らない。
立場が転じてやっっと悟る。
冒頭で母親が賢くはないけどいい子だと言っており、この事件でヴィカス
>>続きを読む

捨てがたき人々(2012年製作の映画)

3.8

メモ
いろいろ唱えてるけど欲を満たすし矛盾を整えなければならない決まりは無い。普通の家族なんてきれいなものは想像上のものでしか無い。浮気してても家族に愛してると心から言うし、表面的に家族演ってても浮気
>>続きを読む

メトロポリス(2001年製作の映画)

4.3

引くほど良かった。

制服がファシストっぽかったり、軍人?がベレー帽被ってたり、大統領の部屋にドラクロワの革命の絵が飾ってあったり、世界史とも照らし合わされてそうで凄いなーと思った。レッド公の屋敷豪華
>>続きを読む

カリスマ(1999年製作の映画)

3.7

メモ。

最初からヤブイケは人質と犯人両方を救いたかったと言っている。結果は両方死んでしまうが。森ではのちにどちらを救うかそれを問題にする事がおかしい、生きるために殺したり両方生きたり、あるがままで良
>>続きを読む

天使にラブ・ソングを…(1992年製作の映画)

3.5

自分を殺そうとした相手に対しても、神のご加護をと声をかける

SPINNING KITE スピニング カイト(2011年製作の映画)

3.5

更生できたっぽいな
携帯電話もネットも普及して無いから言わなきゃ分からないこと多いよね

ハングマンズ・ノット(2017年製作の映画)

3.9

みごとです。
頭痛がしてくるが。

展開もいちいち常識の斜め上だけれどアドリブかのような人物の挙動も凄かった。って柴田役の人は元は俳優志望ってわけじゃないのか、恐ろしい。

影山兄弟どう見ても両親どち
>>続きを読む

MEMORIES(1995年製作の映画)

4.7

かっけー!
圧倒されたと思ったらEDも最高でエンドロール聞き入った。

彼女の想いで:未来の宇宙を舞台としながら過去の思い出やトラウマに泣かされるってところが最高。アニメーション作りと登場人物自体の念
>>続きを読む

老人Z(1991年製作の映画)

4.7

むっちゃかっけー!
なんじゃこのアニメは

生きればみんな等しく老いていくから今居る老人をどう扱うかは自分自身がどう扱われるかということも同時に問われる

例え作られたキャラクターであろうと、高沢老人
>>続きを読む

物ブツ交換(2018年製作の映画)

3.7

丁度じゃがいもを食べながら見た。終始寒々しく、笑顔もなんなとなくうつろだった。

46億年の恋(2005年製作の映画)

3.5

出会うべくして出会った場所がここでなければならなかったんですね

地球の静止する日(1951年製作の映画)

3.7

地球人の科学や知性を超越しためっちゃ冷静な宇宙人の、"命の生死を決めるのは神"と信じている点に人間味を感じた

>|