fusemasaさんの映画レビュー・感想・評価

fusemasa

fusemasa

映画(721)
ドラマ(83)

80日間世界一周(1956年製作の映画)

3.3

言うまでもなく旅行映画なんだが、ちょいと間延び感があるのが否めない、、、。

社会改良クラブという貴族たちの集会でカードゲームをしていたところ、世界一周は80日でできると言ったフィリアスフォッグと他の
>>続きを読む

クエイ(原題)(2015年製作の映画)

3.0

そりゃもう、尊敬してるからこそ撮影したんだと思うけど、ノーラン作品にどんな影響をもたらしたんだろうか、、、気になる。

そもそもクエイ兄弟についてよく知らなかった。
不気味でカルト的な人形によるストッ
>>続きを読む

インソムニア(2002年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

む、むずい、、、。
アラスカの田舎町ナイトミュートで起きた少女が殺害された事件をロス市警からの応援でウィルドーマー刑事(アルパチーノ)とハップエッカート刑事がやってきた。
冒頭から説明なしで捜査が始ま
>>続きを読む

天使にラブ・ソングを2(1993年製作の映画)

3.5

もちろん面白い超ド定番の脚本に加えて前作より歌声が若くなり、かなりパワフルになった2作目!

ほら歌ってみなよからの歌唱力がみんなズバ抜けてうまいのね。笑
んでやっぱり黒人のリズムってやっぱりカッコい
>>続きを読む

劇場版 NARUTO-ナルト- 疾風伝 火の意志を継ぐ者(2009年製作の映画)

3.8

カカシ先生好きにはたまらんよね。
ほんと、カカシ先生大好きなんだよなぁ。

劇場版 NARUTO-ナルト- ブラッド・プリズン(2011年製作の映画)

3.5

結構みんなレベルアップしてて術のレパートリーがたくさんあって見応えあった。

劇場版 NARUTO-ナルト- 大興奮!みかづき島のアニマル騒動(パニック)だってばよ(2006年製作の映画)

3.7

最高のアニメーションにおいてアクションは必須!
その上で体術のエキスパート、ロックリーが大活躍して最高。
しかもみんな夏仕様なのね。笑

劇場版 NARUTO-ナルト- 大激突!幻の地底遺跡だってばよ(2005年製作の映画)

3.8

冒頭がなかなかかっちょええ。
我愛羅がイカすんすわぁ。

ナルトの映画ってめちゃくちゃおもろいし、アニメーションがハイレベルなんですよねぇ。

夏休みはナルトの映画を観に行くのが恒例だったなぁ。懐かし
>>続きを読む

パディントン(2014年製作の映画)

3.0

あらま、意外と楽しめなかったなぁ。
だいたいこういう作品は感動値が高いんだけど、そうでもない。じゃあコメディに寄ってるのか?アクションに寄ってるのか?
うーん、どれもなんとも言えない、、、。

個人的
>>続きを読む

GANTZ(2010年製作の映画)

3.7

夏菜がビビビビって出てくるシーンはハラハラドキドキするよなぁ。
そういう意味で、、、。

んで、ネギ星人が気持ち悪すぎる。
実写化するとこんな気持ち悪いことになるのね。

パパvs新しいパパ(2015年製作の映画)

4.8

こういうとっつきやすいホームコメディはやっぱり大好き。

継父(ウィルフェレル)が子育てに苦悩してる最中、実父(マークウォールバーグ)の帰還!
さらにこの実父、スーパークールでスーパーマッチョ、継父は
>>続きを読む

ゲット スマート(2008年製作の映画)

3.8

ジャケットからしてふざけまくってる。
これは絶対に面白いだろうと思ってたら、案の定だね。
頭にホッチキスバチン!
スティーブカレルの真面目にふざけてる感じ。
アンハサウェイのスーパーフェロモン。
最高
>>続きを読む

フィフス・エレメント(1997年製作の映画)

3.7

SF映画の金字塔なんていうイメージで、ジャケットからしてブレードランナーみたいな本腰入れて観るような映画だと思ってた。

ところがどっこい、とんでもなくとっつきやすい映画だった。ほぼスパイキッズ。笑
>>続きを読む

鍵泥棒のメソッド(2012年製作の映画)

5.0

なっつかしい!!!
半沢直樹から堺雅人と香川照之を探ってきてまさかの共演作品に当たるとは思わなかったよなぁ。

甲斐性無し(堺雅人)と便利屋(香川照之)がひょんなことから入れ替わり、それぞれの生活をす
>>続きを読む

武士の家計簿(2010年製作の映画)

3.7

あれ、半沢直樹かな?
構図がまるっきり似てる。
大阪西支店の江島副支店長だったっけ、いたよね。笑

親の代からの借金が膨れ上がり倹約生活をせにゃならん。
めちゃくちゃ暗い話なのに、めちゃくちゃ倹約生活
>>続きを読む

ヤング・シャーロック/ピラミッドの謎(1985年製作の映画)

3.7

さりげなくめちゃくちゃ面白かった。
実家のDVDを漁るとこういう佳作多いから楽しい。完全にオリジナルだけど確実にこういう学生生活送ってそう。

ワトソンとの出会いはここからで、垢抜けない2人の関係が可
>>続きを読む

カフェ・ソサエティ(2016年製作の映画)

3.8

えええ、なにそのラスト〜!!!!
そんなお洒落なこともしちゃうんですかぁ。
ウディアレン作品で1番好きかもなぁ、、、。

語り部ウディに早口ジェシー。
これにて最強の情報過多映画が完成した。
本読んで
>>続きを読む

清須会議(2013年製作の映画)

3.6

まず、日本史に疎い人間からすると、登場人物が誰なのかほぼ分からなかった。
せめて名前くらい書いて欲しかったな。
ずっと相関図片手に観てた。
ノブが多いんじゃ。

信長亡き後、誰が跡継ぎとして治めていく
>>続きを読む

ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密(2019年製作の映画)

4.1

このレビューはネタバレを含みます

王道本格ミステリ!!!
ライアンジョンソン、賛否両論の嵐の後にこんなにも緻密でハラハラドキドキさせる作品作るなんて!!!
ノミネートもしてるところ考えると映画監督として能力値高いのかもしれん!
『LO
>>続きを読む

ペイン&ゲイン 史上最低の一攫千金(2013年製作の映画)

3.5

アホすぎ酷すぎのキャラたちがめちゃくちゃぶっ飛んでる。

こんなアホな話が実話って言うんだから、人間ってほんと末恐ろしい生き物なんだなと感じる。
しかもそんな話をマイケルベイがごりコメディにして、って
>>続きを読む

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)(2014年製作の映画)

3.5

記念すべき700作品目!

何を観ようか迷ったときは大体アカデミー賞作品賞を探すんだが、、、まぁ、文芸チックな作品だった。

レイモンドカーヴァー作『愛について語る時に我々の語ること』という超難題短編
>>続きを読む

オールド・ガード(2020年製作の映画)

3.8

どストライクかもしれんな。
シャーリーズセロンが出てるからなのか、、、。

世界の危機を救う系かなとタカを括ってたら、もう散々救ってきてたという、、、。
不死身という設定がなかなか受け入れられない作品
>>続きを読む

コンフィデンスマンJP(2019年製作の映画)

3.3

この展開が面白くないわけがない。

二転三転するラストの展開はワクワクが止まらない。

ところで、我らが長澤まさみ、、、ついつい歳を感じて、、、。
いや、それでも美しい彼女を拝見できて幸せである。
>>続きを読む

スパイ in デンジャー(2019年製作の映画)

3.7

久しぶりのブルースカイスタジオ。
って言ってもアイスエイジシリーズしか知らないんだけどね。
ただこのスタジオのラインナップ見ると動物たちが多いのはなんか信念みたいなものがあるからのかな。
ディズニーと
>>続きを読む

ジュリー&ジュリア(2009年製作の映画)

3.7

フランス料理本を出版したジュリアに憧れたジュリーという女性の料理ブログを綴った物語。
なんだけど、ジュリーの料理ブログでの成功と失敗、試行錯誤のストーリーに合わせて、ジュリアのフランス料理本を出版する
>>続きを読む

ロマンシング・ストーン/秘宝の谷(1984年製作の映画)

3.5

インディジョーンズの二番煎じ。
と言ったら怒られるけど、存分に楽しめる。

ラストの都会の街並みにヨットという絵が最高。

前半の女作家の冷蔵庫に直でひとつだけ卵が置いてあるのがなんかおかしかった。笑

アナと雪の女王2(2019年製作の映画)

3.3

社会派になってる。
これ、面白いかと問われたらめちゃくちゃ悩む。

歌はもちろん素敵なんだけど、なんか、PV感強め。

エルサの力のオリジンに触れてるんだけど、ほんとによーわからん。
ディズニーにして
>>続きを読む

ブレックファスト・クラブ(1985年製作の映画)

4.2

居残り青春ストーリー。
キャラクターたちそれぞれの"自分"をぶつけ合って、険悪な空気が徐々に温かみを帯びていくシンプルな筋書き。心が落ち着くなぁ。

居残り学習で図書室に監禁される5人の生徒。
そのそ
>>続きを読む

ダーティ・グランパ(2016年製作の映画)

3.8

最高だ!
ハングオーバーのとっつきやすいバージョンだな。
ロバートデニーロはハチャメチャぶりがとんでもなくて、ザックエプロンは相変わらず歌うまでわけわからん毛深い肉体してる。

ちゃんと切なさがあって
>>続きを読む

ザ・マジックアワー(2008年製作の映画)

3.4

この茶番劇!
この茶番感がまたいいのかもな。

演技的に観ちゃいけないのかもだけど、西田敏行と香川照之は相変わらず最高だよなぁ。

ボー・ピープはどこに?(2020年製作の映画)

3.3

ボーの壮絶なストーリー!
ほんと、たくましくなったねぇ。

メインじゃないからいいかもだけどウッディが唐沢寿明じゃない。泣

ものすごくうるさくて、ありえないほど近い(2011年製作の映画)

3.4

最悪の日、9.11。
「マイケルベイの映画かと思った。」
この話になると母親がいつも言ってた。

ほんと映画みたいなテロで、実際にその場にいたらきっと何もできずに死を傍観するしかないんだろうな。

>>続きを読む

カメラを止めるな!リモート大作戦!(2020年製作の映画)

3.3

全部リモートで!?
また攻めたことするよなぁ。

こんなご時世だからこそもっともっと笑おう!
という思いが伝わった。

早く映画館でたくさん映画観たいですねぇ。

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

4.3

結局ここまで長引かせてしまった。
邦画ということもあって結構気合入れながら観てたら前半で、またか、と、他のと変わらんなぁなんて思ってた。
演技力しかりワンカットのカメラワークしかりこれで1時間半はまぁ
>>続きを読む

>|