ペムソンさんの映画レビュー・感想・評価

ペムソン

ペムソン

夢は一生映画三昧

スプリット(2017年製作の映画)

3.5

噂の多重人格マカヴォイ映画やっと観れた。マカヴォイ凄い!の一言に尽きる。タムナスさん(ナルニア国)と同じ人とは到底思えなくて戦慄。

この作品と繋がってるというシャマラン監督の他作品をまだ観てないので
>>続きを読む

雨の日は会えない、晴れた日は君を想う(2015年製作の映画)

3.5

まあまあ好きな感じの映画でした。

主人公は“泣く”という表現が出来なかっただけで、十分に、心の底から悲しんでいたように、私には見えました。

バイバイマン(2016年製作の映画)

2.5

バイバイマンの中の人はダグ・ジョーンズということもあり結構楽しみにしてたのですが…

全然怖くない…( ;∀;)

DESTINY 鎌倉ものがたり(2017年製作の映画)

4.5

原作大好きです。

数々の摩訶不思議事件・出来事の中から、これぞ!というエピソードをチョイスして混ぜて改変もしつつ絶妙な具合にうまくまとめられていて、個人的にはかなり好きです。

特に高畑充希ちゃんの
>>続きを読む

ノック・ノック(2015年製作の映画)

3.0

今期観てる地上波ドラマ『陸王』作中で、

「夜分にすみません」

と、家に訪ねてきた役所広司に対し、予期せぬ訪問を食らった寺尾聰が、点いていた部屋の灯を消して、すぐ外にいる役所さんに向かって

「誰も
>>続きを読む

フッテージ デス・スパイラル(2015年製作の映画)

3.0

前作がわりと楽しめたので、一応鑑賞。

前作で登場した、ジェイク・ギレンホール似の元・副保安官が災いを断つために奔走する姿が描かれます。あのあと、1人で頑張ってたんだねえ…と思うと胸熱。

前作は、怖
>>続きを読む

トッツィー(1982年製作の映画)

3.5

ドラマ『アメリカン・ホラー・ストーリー』でのジェシカ・ラングの圧倒的な美しさと存在感に魅了され、若いときの作品も観てみたいなあと思ってた矢先のBS放送に感謝。今でも美しいので、若いときも当然美しいのだ>>続きを読む

クリーピー 偽りの隣人(2016年製作の映画)

3.0

黒沢清監督作品鑑賞、2作目。

怪しいのは香川さんだけかなと思いきや、西島さん、竹内さんもなかなかの違和感をお持ちの人物で、うーん、不穏。

もふもふ犬マックスだけが唯一の救い。

原作小説読んでみよ
>>続きを読む

テッド 2(2015年製作の映画)

3.0

個人的には、前作同様、クスっと笑えるところは多々あるけど爆笑には至らずでした。でも映画ネタの多さと、リーアム・ニーソンは嬉しかった。

マン・オブ・スティール(2013年製作の映画)

3.0

そういえば観てなかったので今更ながら鑑賞。

ケヴィン・コスナー父さんとダイアン・レイン母さんが最高。惚れる。

最近は熊さんイメージが強いラッセル・クロウ実父も威厳があってかっこよかった。

黒縁眼
>>続きを読む

ジャスティス・リーグ(2017年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

ベンアフ・バットマン
ドスンドスンした動きを見ていたら労いたい気持ちでいっぱいになりました。渋いアルフレッドと一緒にいると余計に画面が哀愁で満ちる。

ガル・ワンダーウーマン
存在が宝。さらに「信じる
>>続きを読む

淵に立つ(2016年製作の映画)

3.0

『刑事ゆがみ』が面白いので、ちょっと浅野忠信さんが出てる映画を観たくなって鑑賞。

終始不穏な雰囲気で目が離せない系の映画。

白の下にずっと赤を隠していたのかと思うとゾッとしました。

シン・ゴジラ(2016年製作の映画)

4.0

話に聞いていた通り早口で飛び交う専門用語。しかしそれでも十分面白かった!

無人在来線爆弾に胸熱。

普段あまり映画を観ない姉も「これはすごい!」と興奮しておりました。

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。(2017年製作の映画)

4.5

日頃からピエロに恐怖を感じてしまう人間(私)からしたら、十分な怖さ。ITの恐怖に晒される子供たちのひと夏の青春・成長物語でもあり、大変満足。

ピエロの中には、スウェーデンが誇る芸能一家スカルスガルド
>>続きを読む

マイティ・ソー バトルロイヤル(2017年製作の映画)

5.0

ロキちゃんに会いに行ってきました

『アベンジャーズ』1作目でハルクにビタンビタンにされるロキちゃんに萌えて早5年…まず感謝すべきは『マイティ・ソー』1作目で「君はロキの方が絶対合うよ」と言ってトムヒ
>>続きを読む

ブレードランナー 2049(2017年製作の映画)

4.5

『ブレードランナー』

ドゥニ・ヴィルヌーヴ

ライアン・ゴズリング

この3要素、相性抜群。

アフター・ウェディング(2006年製作の映画)

4.0

どんな話か把握せずマッツ・ミケルセン目当てで観ただけですが、またひとつ良作に出会えました。観てよかった。

スサンネ・ビア監督作って観たことあったかなあと思い確認したら『真夜中のゆりかご』これだけ鑑賞
>>続きを読む

猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)(2017年製作の映画)

3.5

優しい人間と暮らしていたあの頃がひどく懐かしい

仲間だけど分かり合えず
仲間でなくとも心を通じ合えた

RISE / DAWN / WAR

3つの物語は“猿の惑星”になるまでの物語であり、シーザー
>>続きを読む

殿、利息でござる!(2016年製作の映画)

4.0

銭集めに奔走するドタバタコメディかと思って軽〜い気持ちで観たら、あれ?良い話ではありませんか!そんなに騒がしくもなく、クスッと笑えてホロリと泣けて、熱き人情に心打たれるドラマでした。

はじまりへの旅(2016年製作の映画)

4.0

森に暮らし、6人の子供たちに戦士並みのサバイバル術と有名超一流大学どれもこれもに合格できる程の知識を身に付けさせたヴィゴ父さん。確かにすごいことだとは思うけど、行き過ぎなようにも見える。そのぶん社会性>>続きを読む

ダゲレオタイプの女(2016年製作の映画)

4.0

ダゲレオタイプという古い技法に強いこだわりを持つ写真家

こだわりというか もはや取り憑かれている

出来上がった作品はまるで生き写しのように精巧で怖いぐらい美しくて思わず吸い込まれるように魅入っ
>>続きを読む

たかが世界の終わり(2016年製作の映画)

4.0

“家は救いの港じゃない”

これでもう、ああ…ってなった

『恋のマイアヒ』の歌詞の意味を調べずにはいられなかった。
日本でヒットしたからMステに来てくれて歌ってた姿を今も覚えています。

メン・イン・キャット(2016年製作の映画)

3.0

原題の「nine lives」エアロスミスのアルバムでも同じタイトルのやつあったなあと思いながら鑑賞。
猫と娘ちゃんが可愛くて癒される。ジェニファー・ガーナーとクリストファー・ウォーケン様も好きなので
>>続きを読む

特捜部Q Pからのメッセージ(2016年製作の映画)

4.0

特捜部Qシリーズ第3弾!

もうすっかりファンです(笑)
よかった〜 3本まとめて借りてきて

今回は事件に宗教が大きく関わってきます。自分の宗教観を熱く語るアサドに対し、俺は神なんか信じてない派のカ
>>続きを読む

特捜部Q キジ殺し(2014年製作の映画)

4.0

特捜部Qシリーズ第2弾!

内容は暗くて悲しいけど、目が離せない面白さは健在。

秘書が加わって3人になった特捜部Qは、解決したはずの双子殺人事件を再捜査することに。

かなり陰湿で胸糞悪くなる系のタ
>>続きを読む

特捜部Q 檻の中の女(2013年製作の映画)

4.5

ずっと気になってたシリーズ借りてきた

北欧の渋いミステリー

面白い!引き込まれる!
派手さはないけど目が離せない!

北欧の人かっこいいな

エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に(2015年製作の映画)

3.0

『ウォーキングデッド』ドワイト役のオースティン・アメリオさん目当てで鑑賞

大学生には見えないよな〜(笑)

とか思って実年齢調べたらアメリオさんまさかの年下でした

哭声 コクソン(2016年製作の映画)

4.0

誰もが悪かもしれない

誰も悪じゃないかもしれない

なんだかすごい映画だということは確実に言える

ソムニア 悪夢の少年(2016年製作の映画)

3.5

ジェイコブ君が可愛いダークファンタジー。あるいは切ない系ホラー。

最近のホラーでは物理攻撃がよく出てくるので、ついついケイト・ボスワース VS クリーチャーの熱きバトルを期待してしまったが違った。

世界でいちばんのイチゴミルクのつくり方(2014年製作の映画)

3.0

飾らない自然体の子供達が可愛い。けど、とてもやんちゃでぶっ飛んだ発想と行動。それによって映画の世界観もどんどんシュールさが加速。ハナグマはもはやファンタジーの域。

ハイ・ライズ(2015年製作の映画)

2.0

トムヒ、ごめん、訳わかんないや。

トムヒとルクエヴァさんがかっこよかったから星2つにしとくね。

僕と世界の方程式(2014年製作の映画)

4.0

サリー・ホーキンスが好きです。『パディントン』での優しくて素敵なお母さん役で知りました。
今作でも良きお母さんを好演。自閉症の息子に愛情を注ぐも、接し方、距離感に戸惑い試行錯誤な感じが伝わってくる絶妙
>>続きを読む

ザ・ギフト(2015年製作の映画)

4.0

“ジョエル・エドガートンがやたらと贈り物くれる”

これから観る人はただこれだけを頭に入れておけばいいと思う

ネタバレ厳禁映画です

ジョエル・エドガートン、またこういう度肝抜かれる映画作ってくださ
>>続きを読む

世界一キライなあなたに(2015年製作の映画)

3.5

『最強のふたり』
『サヨナラの代わりに』
を思い出した。

エミリア・クラークって可愛いし、こんなに表情筋の動き豊かな人だったんだな。特に眉。眉筋とそれによって出るおでこのしわに圧倒され、話に入り込む
>>続きを読む

パッセンジャー(2016年製作の映画)

3.5

早過ぎた突然の目覚め

船のクルーと乗客5000人は冬眠中

お掃除ロボットや、話し相手になってくれるアンドロイドバーテンダーはいる

決して周りに人間がいない訳ではない
いることはいる
みんな
>>続きを読む

バーニー・トムソンの殺人日記(2015年製作の映画)

3.5

ロバート・カーライルさん監督・主演のブラックコメディ強めミステリー。

無口で愛想がなく、何の面白味もなく、すぐキレて、すぐテンパって、嘘が下手で、要領も悪くて不運な中年理髪師男。

と思いきや、もし
>>続きを読む

>|