おのざさんの映画レビュー・感想・評価

おのざ

おのざ

映画(53)
ドラマ(1)

しあわせのパン(2011年製作の映画)

4.0


朝早起きしていい匂いのするパン屋さんに
素朴なパンを買いに行って
赤ワインと一緒に食べたいなあ🤤
あと木でできたカップとスープ皿とスプーンを
買おうと決意

じんわり幸せな映画だった!

プラダを着た悪魔(2006年製作の映画)

5.0


さいっっこう!
全部最高!!!

かっこよく生きていこう!!

愛がなんだ(2018年製作の映画)

-


エンディングのcakesもいい、、
こうならないように歩いてきたのだって
歌詞になんとも言えない共感

発泡酒を缶でのみながら観たい映画🍺
映画館にわざわざ一人で行ってみたのは
ちょうど去年かって思
>>続きを読む

ワタシが私を見つけるまで(2016年製作の映画)

5.0


ずーーっと頷いてた最高!
レンタルの甲斐あり!

love myself のエンディングも最高!
いい意味でぶん殴られた気分

何者(2016年製作の映画)

4.0


一回四年生の時に見た気がするけど
全然今と昔とで感じたことが違った!

社会に揉まれて大人になってるんだって感じた

ちゃんと人のこと、肩書きじゃなくて
中身で見れてるかなあって見直す機会にもなった
>>続きを読む

スワロウテイル(1996年製作の映画)

5.0


charaがものすごいcharaだった〜
最後のエンディングが流れる瞬間
もうなんともいえない気持ちになる

1996公開なんて信じられない...!!

スワロウテイルバタフライは
しばらくずーーっ
>>続きを読む

百円の恋(2014年製作の映画)

4.1


一生懸命てめちゃくちゃかっこいいし
ボクシングしたくなった

新井浩文はやっぱりすごいかっこいい
全力出し切ったあとの涙は気持ち良すぎたなって
思い出せた

ツレがうつになりまして。(2011年製作の映画)

5.0

ほんとうに見てよかったし、
終始涙が止まらなかった。

この映画は色んな人に観てもらいたい。
この先、もっと大人になって
もっと色んな責任が乗ってきても、
一生懸命頑張りすぎて限界を迎えてる人が
近く
>>続きを読む

アヒルと鴨のコインロッカー(2006年製作の映画)

5.0

14年前の仙台か!て軽い気持ちで見たら
ひたすら切ない。
とにかく切なくて
これからもきっと思い出すたびに
ギュッと胸がなるような作品。
別に暗いんじゃなくて。
言葉遣いと伏線回収が本当にすごい。
>>続きを読む

セトウツミ(2016年製作の映画)

4.0

終始ヘラヘラニヤニヤ笑ってた笑
暇だなーてときに
お酒でも飲みながらねっころがって
みたい映画!

すごいな言葉の掛け合いが、天才的!

僕のワンダフル・ライフ(2017年製作の映画)

5.0

次の日目が腫れても支障がない日に
みようって決めてた映画。

スタートしてからずーーーーっと
泣きっぱなし笑
これだから犬は大好き!

会いたいなあ

365日のシンプルライフ(2013年製作の映画)

3.5


家にいて物欲が溢れがちな今だから見てみた映画。
人生はモノでできてない。
本当にそうだよなあ...

フィンランド行きたい欲が増した感もある。
そして無性におばあちゃんに会いたい...

バーレスク(2010年製作の映画)

5.0

終始心臓がバクバクするくらい
素晴らしいダンスと歌声、
これ嫌いな女性はきっといない!

これ!ってものに全力をかけている女性って
強くてかっこいいなあ...!!
仕事のやる気がなくなってしまった時
>>続きを読む

放課後ソーダ日和-特別版-(2018年製作の映画)

4.0

え、、えもかわいい!!
映像が全て可愛すぎて
クリームソーダ飲みたくなった🍹

友達と笑いながら思い出せる
楽しい思い出があるって幸せだなー!
そして大人になった今のことも将来
同じように思い出すんだ
>>続きを読む

食べて、祈って、恋をして(2010年製作の映画)

4.0

一年前の自分がみたら
へー景色綺麗〜くらいにしか
思わなかっただろうけど
色んな経験をして色んなことを
考えてる途中だからこそ
ぶっ刺さる言葉が多すぎた...!

人の言うことを全部聞いて型にはめすぎ
>>続きを読む

かもめ食堂(2005年製作の映画)

5.0

見たくなって再び見てしまった〜
3度目くらい!

大好きな食堂が近所にあって、
なんで大好きなのかなと思ってたけど
この映画みたいに、
目の前の美味しいものにただただ
美味しいなー幸せだなーって思える
>>続きを読む

めがね(2007年製作の映画)

4.0

見終わって余韻...

gw、丁寧に暮らしたいなと思ってみた作品。
スマホを置いて黄昏たいなー。
ながら、じゃなくて今日は天気がいいなとか、この野菜美味しいなとか、ちゃんと色んなことを感じていたいなと
>>続きを読む

フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法(2017年製作の映画)

5.0

映像がとにかく可愛くて
夕陽も雨も、全部がフロリダっぽくてすごく素敵な一方で
その中で流れるストーリーがリアルな格差社会とか影の部分を描いてて
すごく不思議な余韻というか
単純な気持ちで終われない映画
>>続きを読む

きっと、うまくいく(2009年製作の映画)

5.0

ほんと、心から笑顔になれる映画だった!!
わっかりやすい展開だけど
一個一個の機転とか、ちょっとした
セリフとかちゃんと全部が面白くて
愛に溢れてて、幸せと元気あふれる映画だった..!

そうだよね、
>>続きを読む

ヘアスプレー(2007年製作の映画)

-

みた気になって実は見てなかった映画!

最高にみんなが前向きで
どの歌もダンスも素晴らしくて
心の底から元気が湧き上がってくる映画ーー!

ユーキャンストップザビート、最高!!!

怒り(2016年製作の映画)

4.5

本当に、それぞれの怒り。
こんなに人生で怒りを感じたことはあったかな?
たぶん見た人のほとんどがないはず。

もう取り返せない怒り、
怒りの先でまだなんとかなる怒り、
何に対してかわからない怒り、
>>続きを読む

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

-

4回目!
ステージに出ていって
そこにお客さんがいて、湧いて、あの景色、
まさにわたしが大好きだった
チアのステージだ!って
ついつい感情移入して一緒に興奮してしまううう

何回でも見れる、、、!

魔法にかけられて(2007年製作の映画)

4.5

何歳になっても
プリンセス、とか王子様、とか
運命、とかディズニーのお伽話が
大好きだなあと再確認。

これ何億回見たんだろうって感じだ〜

君の名は。(2016年製作の映画)

4.0

何回見てもなぜかぶわーって涙が出てくる作品。
サントリー製品がちらちらするたびに
反応しちゃう笑

全てのシーンが美しくて、何回でも見れるなあ

アイネクライネナハトムジーク(2019年製作の映画)

4.0

とっても仙台!笑

主題歌 斉藤和義の小さな夜が
ぴったりで、みた後に心が
ほっこりする作品だった!
とてもおすすめ!!


「出会い方がどうとかじゃなくて、
あー出会えたのがこの人でよかったって思え
>>続きを読む

おんなのこきらい(2014年製作の映画)

-

内容がぱーんってとんだり
設定あやふやになってたり、ゆるい映画だったけど、
何にも考えず深夜に見るにはぴったりの
映画だった!

婚前特急(2011年製作の映画)

3.0

吉高由利子がカンワイイ〜
そしてサントリー製品でまくり!
5人も男の人がいるのに、誰のナンバーワンでもない、苦しい!っていう描写が
リアルに伝わってきた!

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

3.5

一見、みてて???ってなる作品かもしれないけど、
時々ヨシカに共感できちゃったりした。
確かに、妄想の中でどんどん相手との関係が
深まっていって、、っていうのは
女の子にありがちだけど
会ってる間、そ
>>続きを読む

ラストレター(2020年製作の映画)

-

the 仙台!
ロケ地隅から隅までわかりますどこか!
宮城愛は深まる一方です。

湯を沸かすほどの熱い愛(2016年製作の映画)

2.3

ゆるーんとしてて途中までは ? て感じだったけど
「この人のためならなんでもしたくなる。
でもそれって、それ以上に何かしてもらったと思ってるからそう思う」

この一言にわたしに必要な全てが
詰まってる
>>続きを読む

ブリジット・ジョーンズの日記(2001年製作の映画)

3.0

元気になりたくて見た映画。
特にメッセージは感じなかったけど
友達と笑あっていえーいってしたい!て思えた!

食べる女(2018年製作の映画)

2.6

のっぺりしてて
登場人物が多すぎてうーん?って感じだったけど

 「人は愛しいセックスをしている時と
おいしいものを食べてる時、苦しみから1番遠くにいる。前者は1人じゃできないけど
おいしいものは1人
>>続きを読む

Fukushima 50(2019年製作の映画)

3.5

映画館で、始まりの津波のシーンから
まわりから啜り泣きが聞こえて、
東北の人にとって見るのがすごく辛い映画かもしれないって感じると同時に

当時はそこに人がいて、まだ今も苦しんでる人がいて、そんなこと
>>続きを読む

>|