マックスさんの映画レビュー・感想・評価

マックス

マックス

映画(344)
ドラマ(5)

シティ・オブ・ゴッド(2002年製作の映画)

3.6

それほど興味ないジャンルですが、
レビューの評価が高いので鑑賞しました。

すごい。人の命が軽すぎ。
実話を基にした映画ということですが
こんな環境だったら脚色なく事実だと思う。
子供も大人もその時に
>>続きを読む

ジャドヴィル包囲戦 6日間の戦い(2016年製作の映画)

3.8

こんな戦いがあったなんて。
アフリカの闇の歴史の一部を
知ることができました。

戦闘シーンは当時の兵器の全てを
出し切ってる感じで
見応えがありました。

主人公の男っぷりに痺れます。
上官と一緒に
>>続きを読む

TENET テネット(2020年製作の映画)

4.2

さすがノーラン監督!
難解なストーリー、
お腹に響く音楽、
息をのむアクション、
全てに圧倒されました。

この世界についてこれるかと
自分が試されているようです。
正直半分も理解できていなくて、
>>続きを読む

#生きている(2020年製作の映画)

3.4

こじんまりとした世界のゾンビ映画。
新感染に比べると見劣りするけど、
まとまりがあって
展開も早くて退屈しません。

食料も困るけど、
マンションで水が出ないなんて
トイレの水どうしたらいんだろう?
>>続きを読む

はじまりのうた(2013年製作の映画)

4.2

どん底の主人公が人生を立て直していく
よくありがちな話だけど、
ストーリーも音楽も、とっても心に響きました。

特に歌が最高!
意味を見てなくても聞いているだけで
気分が明るくなり癒やしも与えてくれま
>>続きを読む

アイリッシュマン(2019年製作の映画)

3.7

長い、長すぎて一気に見れなかった。
でも、職場の昼休みにも鑑賞するくらい
この世界に引き込まれた。

ド派手なアクションはなく、
殺しは常にあっという間。
殺されるマフィアが多すぎて
誰が誰か?主要キ
>>続きを読む

ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密(2019年製作の映画)

4.2

これは面白い!
ストーリー展開に
いい感じに振り回されました。

真相に近いところにいるようで、
実は分かっていないという
なかなか味わえない体験でした。

評価が良いのが納得です。

最後の追跡(2016年製作の映画)

3.3

ぎこちない強盗。
とっても地味な捜査。
貧困の背景。
全てが渋い。

途中ちょっとうとうと
してしまいました。

俳優陣は豪華。
ライフルの銃撃戦は
派手さはないけど、
見応えありました。

プロジェクト・パワー(2020年製作の映画)

3.4

制御できないパワーの
描かれ方が上手い。

パワーは万能じゃないことが
よく伝わってきました。

ラストのパワーもっとド派手な
アクションを期待していたのに
ちょっと残念。

バード・ボックス(2018年製作の映画)

3.7

序盤から一気に引き込まれました。
世界の終わりだけど、
食糧の奪い合いなど緩いので
そんなに絶望感はないです。

惜しいのは子どもが
生まれてからの時間が
飛び過ぎてるし、
山小屋にはどうやって
たど
>>続きを読む

タイラー・レイク -命の奪還-(2020年製作の映画)

3.8

臨場感が半端ない!
怒涛の銃撃シーンの連続でした。

思わせぶりのラストがなんとも。

6アンダーグラウンド(2019年製作の映画)

4.2

さすがマイケル・ベイ監督!
「金さえあれば何でも出来る」とは
言うけど、お金かけても
一体どうやってつくったんだろう?
というシーンばかり!

詰め込み過ぎの感じはするけど
もし映画館で上映されていた
>>続きを読む

淵に立つ(2016年製作の映画)

3.5

重くて、苦しくて、
辛くて、虚しくて、
娯楽目的で観てはいけないけど
見応えありました。

最後どうなったんだろう?
助かってもそれから
どうやって生きていくんだろう?

深い作品でした。

タッカーとデイル 史上最悪にツイてないヤツら(2010年製作の映画)

3.8

これは面白い!
グロいけど、展開が上手に
まとまってる。

ラストも明るいし、
気軽に楽しい時間を
過ごしたい時には
いいんじゃないですか。

天使のくれた時間(2000年製作の映画)

3.3

どちらかの一方が
体験できるなんて
超ミラクル!
映画だけど。
一方もキレイな奥さんがいて
可愛いい子供たちがいて
楽しい仲間がいて
こんな楽しいことないよな。

ラストは簡単に説得され過ぎて
都合良
>>続きを読む

天国は、ほんとうにある(2014年製作の映画)

4.0

YouTubeのNATSUMI さんのチャンネル
【人生が変わる映画】Amazonプライムで見れるおすすめ海外映画6選!【英語勉強】
で本作をオススメされていて鑑賞しました。

子役の男の子ですが、
>>続きを読む

新聞記者(2019年製作の映画)

3.7

これはフィクションであってほしい。
この映画の内閣情報調査室は、
薄暗い職場で、歯向かうことができないブラック企業、
犯罪者集団という感じ。
でも、実際ここまで情報操作がされていたら
コロナ対策で政府
>>続きを読む

リチャード・ジュエル(2019年製作の映画)

4.5

さすがクリント・イーストウッド監督作品!
物語に引き込まれ、片時も目が離せませんでした。

「ザ・タウン」で切れ者捜査官を演じたジョン・ハムが
この映画のFBI捜査官では・・・
天下のFBIがここまで
>>続きを読む

9人の翻訳家 囚われたベストセラー(2019年製作の映画)

3.7

出演者が多く展開も複雑で
ついていくのが大変でした。

混乱のなか、
最終目的は分かりやすくて
あっさりって感じでした。

分からなかったところを
もう一度みてみようかとは
思えず。

複雑なミステリ
>>続きを読む

アイネクライネナハトムジーク(2019年製作の映画)

4.0

不器用だけど、
とても心優しくて、
相手のことを本気で思っている人たちの
心温まる恋愛映画でした。

三浦春馬さんが、
これでもかというくらい
好青年を演じていました。
バスを追いかけて追いかけて、
>>続きを読む

ハドソン川の奇跡(2016年製作の映画)

4.5

4年前に映画館で観たから2回目の鑑賞です。
2回目なのにぐっと話に引き込まれて
あっという間に終わってしまった。

さすがクリント・イーストウッド監督。
話は淡々と進むのに主人公の葛藤が
ものすごく伝
>>続きを読む

アデライン、100年目の恋(2015年製作の映画)

3.7

ブレイク・ライヴリーがとても美しかった。
前半はファンタジーな感じだけど、
ハリソン・フォードが登場してから、
話がぐっと盛り上がってきました。

登場人物みんながいい人で
ラストも老いを上手に伝えて
>>続きを読む

クリミナル 2人の記憶を持つ男(2015年製作の映画)

3.6

こんな凶暴なケビン・コスナー初めて観ました。

これだけの豪華キャストなら
もっと面白い作品が作れたのではと
思ってしまいました。
どうもみんな中途半端な気がして。
特にトミー・リー・ジョーンズが勿体
>>続きを読む

アトミック・ブロンド(2017年製作の映画)

3.6

皆さん書かれているとおり
登場人物が多くて、
どの人がどうだったか?
という感じで結構混乱しました。

シャーリーズ・セロンのアクション演技が
とにかくすごい。
リアルで痛々しいけど、見応えあります。
>>続きを読む

ある日どこかで(1980年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

エリーズはどうやってリチャードを見付けたんだろうと
ずっと気になっていたけど、
そこに明確な答えはなかった。
60年間思い続け探しあてたということかな。
リチャードはもう会えないショックで死んだけど
>>続きを読む

見えない目撃者(2019年製作の映画)

3.8

視覚障害者という難しい役どころですが、
とにかく吉岡里帆さんの演技が素晴らしかった。
目が見えなく心に傷を負いながらも、
警官としての志が忘れずに、
なんとかして助けてあげようとする姿に、
芯の強さが
>>続きを読む

バニー・レークは行方不明(1965年製作の映画)

3.8

なるほど~
真相に結びつくヒントがどこかにあるはずだと
しっかり見てましたが、
最後まで気付けませんでした。
淡々と捜査を行う警視が心強かった。
最後のイカれっぷりもなかなか。
賢い人が常軌を逸するの
>>続きを読む

ランボー ラスト・ブラッド(2019年製作の映画)

3.7

ジョン・ランボー。ほとんど悪魔です。
前作から残虐性が濃くなったけど、
殺し方が残忍過ぎです。

最初のランボーはエンディングの曲がすごく好きで
ビデオテープ何回も戻して聞いていました。
ランボー2も
>>続きを読む

悪夢のエレベーター(2009年製作の映画)

3.5

誰にとっての悪夢かがキーでした。
捻りのある展開を予想していたけど期待以上!
この展開は読めなかった。

しかし、面白いかというと微妙。
いいように振り回されて終わりみたいな感じで
ちょっと物足りなさ
>>続きを読む

いま、会いにゆきます(2004年製作の映画)

3.9

きれいな自然の景色に癒やされますが
それに負けないくらい竹内結子さんがきれい。

ストーリーの展開も良くて
最後に伏線もきれいに回収してくれました。
電話ボックスや修学旅行の写真選び懐かしい。
>>続きを読む

アフタースクール(2008年製作の映画)

3.8

これは展開読めませんでした。
なかなか工夫をこらしています。
みんな若い。
常盤貴子さんがきれい。
今でもまったく変わっていないところがすごい。
堺雅人さんの存在感が思ったより薄い。
その分、大泉洋さ
>>続きを読む

イエスマン “YES”は人生のパスワード(2008年製作の映画)

3.9

たくさん笑いました。
都合のいい展開で本当に落ち込んでいる人からすると
腹立たしいところがあるかもしれません。
それでも、まずは肯定するところからという
製作者の思いには共感します。
最後のオチにはび
>>続きを読む

アス(2019年製作の映画)

2.8

監督の前作良かっただけに期待し過ぎました。
世界観は凄いけど、突っ込みどころ多し。
落ちはなるほど~と思ったけど、
違和感残りまくり。
そういう作品だと受け入れれば良いのですが。

記者たち~衝撃と畏怖の真実~(2017年製作の映画)

3.5

題材、キャストから期待値が高すぎたせいか
思ったよりという作品。
多数に流されず忖度なく真実を求め続ける人は
どんな国でも必ず必要な人だと思います。
なのに物語は淡々と進んで、注目するシーンがありませ
>>続きを読む

エンド・オブ・ステイツ(2019年製作の映画)

3.7

最初は主人公が病に苦しんでたのに
途中からぜんぜんその雰囲気が
なくなったのは?
最初から最後まで無敵で
派手なアクションを続けてもらえば
このシリーズは十分満足です。
相変わらずのド派手な銃撃シーン
>>続きを読む

イエスタデイ(2019年製作の映画)

5.0

最高!
ストーリー、歌、ラストまで完璧の映画。
ものすごく元気がもらえる。

ビートルズの曲に子供も聞き入っていました。
素晴らしい歌に世代は関係ないですね。

>|