ムラサキさんの映画レビュー・感想・評価

ムラサキ

ムラサキ

気ままに映画を楽しみたい。
日課じゃなく、1つの趣味として。

映画鑑賞開始 2008/12 高校3年の冬
Filmarks開始 2018/05/22~

過去に観た作品を全て記録するのが目的。

文章力皆無ですが、自分の意見でしっかりレビューします。
ツボに入ると評価は飛び抜ける^^

気軽によろしく。

映画(159)
ドラマ(0)

ハリー・ポッターと謎のプリンス(2008年製作の映画)

3.5

『謎のプリンス』
ラストタイトル直前の作品。

世界観は完全にダークファンタジー。
映像も音楽も重々しい感じで、魔法界の不穏な空気を緊張感と共に演出してきます。
攻撃魔法を見ることも多くなって、誰が負
>>続きを読む

グレムリン(1984年製作の映画)

3.7

可愛いよな~ギズモ。
パニック映画の名作ですね。
ぬいぐるみを何故か持ってましたよ^^

飼育のルールってのが面白くて、守るのが簡単そうで、意外と難しい絶妙なラインが良いですね。

ちょっと知的で悪戯
>>続きを読む

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団(2007年製作の映画)

3.6

『不死鳥の騎士団』
シリーズ折り返しの5作目!
ハリー・ポッターもここまで来ると、物語が本格的に動き始めてシリーズで観てないと楽しめないですね。

そんな本作は前作ラストから引き続き、重い雰囲気で始ま
>>続きを読む

ハリー・ポッターと炎のゴブレット(2005年製作の映画)

4.0

『炎のゴブレット』
物語が大きく動き出す4作目!
アメリカではシリーズ初のPG-13に指定された作品で、前3作以上の衝撃的な展開が待ち受ける。

原作ではシリーズ初の上下巻が出たほどボリュームがある『
>>続きを読む

ハリー・ポッターとアズカバンの囚人(2004年製作の映画)

4.1

『アズカバンの囚人』
前2作と比べると、明らかに色調に黒が増えた3作目。シリーズのシリアス方面への転換はここから!

物語は冒頭から
『アズカバン監獄から冷酷な殺人鬼、シリウス・ブラックが脱獄した。』
>>続きを読む

ハリー・ポッターと秘密の部屋(2002年製作の映画)

4.0

『秘密の部屋』
楽しい学園生活と冒険パートのバランスが絶妙なシリーズ第2作目!

前作から続投のキャスト達で、ハリーと同じく学園に帰って来たと感じさせるのが良いですね^^

そして物語の方は前作より
>>続きを読む

ハリー・ポッターと賢者の石(2001年製作の映画)

4.3

超大作の魔法ファンタジー。
ハリー・ポッターシリーズ第1作目!

つい先日、我慢出来ずにBlu-rayを購入したので、シリーズを只今再鑑賞中(^-^)
ホクホクしながら楽しんでます(笑)

いや、面
>>続きを読む

ドラゴン・タトゥーの女(2011年製作の映画)

3.7

見事にフィンチャー色で染めきった!
リメイク版ドラゴンタトゥーの女。

自分は本作の前にミレニアム版から原作を読み、この物語は以前にも触れたこともありましたが、本作もまたしっかり楽しめる作品でした。
>>続きを読む

ボーン・アイデンティティー(2002年製作の映画)

4.7

現状、自分が知ってるスパイ作品の中でも超お気に入りのシリーズ。
『ジェイソン・ボーン』大好きなんです!

初見時からずっと好きな作品なので、色んな補正がバリッバリッにかかってますがご了承をm(__)m
>>続きを読む

特攻野郎Aチーム THE MOVIE(2010年製作の映画)

3.4

元々はドラマシリーズでやっていた特攻野郎Aチームの劇場版。
自分はドラマは全くの未鑑賞で、本作の事前知識も0での鑑賞でしたが、それでも全く気になりませんでした。

個性豊かな特攻野郎は魅力的なキャラク
>>続きを読む

ジュラシック・ワールド 炎の王国(2018年製作の映画)

3.8

いや、良かった!やっと見れました。
新シリーズの第2作目。

登場人物と恐竜達は前作に引き続いて続投のキャラクターが多いから、とても世界観に入り込みやすかったです。
シリーズ歴代のキャラクターも重要な
>>続きを読む

スウィート17モンスター(2016年製作の映画)

3.5

思春期のネイディーンは何もかもが気に食わないお年頃。
自分ばかり不幸が続くのに、私を置いて幸せになってく周りの人が嫌い。
踏んだらは蹴ったりの日常から抜け出したい、かまってヒロインの青春ドラマ。

>>続きを読む

きっと、星のせいじゃない。(2014年製作の映画)

3.6

命の終わりが見えている若者達の青春ラブストーリー。

主人公は末期ガンを患っている女の子ヘイゼル。そんな、ヘイゼルと一緒に青春を過ごすのは以前に骨肉リンパ腫で片足を切断した義足のオーガスタス。
共に命
>>続きを読む

ダメ男に復讐する方法(2014年製作の映画)

3.5

浮気ダメ、絶対!( ̄- ̄)ゞ

1人のダメ男を巡って女性陣がまさかの結託!復讐までの過程を軽快に描いたアメリカンコメディ。
セクシーな弁護士、カーリー
底抜けに明るい正妻、ケイト
スタイル抜群の女の子
>>続きを読む

クリード チャンプを継ぐ男(2015年製作の映画)

4.4

1発、K.O。
蛇足でしょ?と嘗めてかかったらカウンター食らって泣かされる(T-T)

ロッキーからクリードへ。
リングに立つ男は変わったけど、ロッキーシリーズの良さは変わらなかった。
物語は王道で先
>>続きを読む

メッセージ(2016年製作の映画)

4.6

近年のSF作品の中でも、かなりのお気に入り。

物語は、突如地球の各地に現れた12隻の円盤、その中にいる宇宙人と対話し、彼らが何のために地球に来たのか、何を伝えたいのかを宇宙人とのコミュニケーションで
>>続きを読む

ガール・オン・ザ・トレイン(2016年製作の映画)

3.8

ベストセラー小説の映画化作品。
小説を先に読んでいたのですが、見応え充分で楽しめました。

アルコール中毒の主人公が電車から人妻の不倫現場を目撃したことで、殺人事件に巻き込まれていくミステリー。

>>続きを読む

ローマの休日(1953年製作の映画)

4.4

名作ロマンス。
現実逃避でローマの街に飛び出た女王と新聞記者との最高の休日デート。

ヘップバーンとグレゴリーは勿論、ローマの街並みまで、モノクロでも伝わる魅力がありますね。

時代を越えても楽しめる
>>続きを読む

はじまりへの旅(2016年製作の映画)

4.2

好きな映画です。
ですが、見終わるとはっきり賛否両論、好みが分かれるのも理解できる内容。

物語は社会から離れ、森の中で生活する家族が亡き母の願いを叶える為に町へ飛び出す家族ドラマ、ロードムービー。
>>続きを読む

ジュラシック・ワールド(2015年製作の映画)

4.1

「炎の王国」が公開されて、世間の声とレビューに羨ましさを覚えつつも、自分の都合でまだ行けそうにないので先にコチラをレビュー(-_-)

このジュラシックワールド、初代は流石に越えませんが、結構好きな作
>>続きを読む

シン・ゴジラ(2016年製作の映画)

4.0

シン・ゴジラ好きなんです。
庵野節全開!
エヴァもトップをねらえ!も庵野監督の作品で好きなものが多い私には期待通りの映画。
作戦名や役職のテロップにゴジラの光線まで、随所にその監督らしさがあって、映像
>>続きを読む

パラノーマル・アクティビティ4(2012年製作の映画)

1.4

パラアクシリーズは4でやめた(-.-)ノ⌒-~
ここまでの時系列は3>1>2>4です。

オカルトパワー全開でちょっとやり過ぎた感がある。現実に隣にあったホラーの姿はもうないです…

パラノーマル・アクティビティ3(2011年製作の映画)

2.3

1と2とから現実感が一気に飛んだ3。
しかも本作は過去編という...完全なシリーズと化したパラアク。
前作までに出て来てた姉妹の幼い頃の映像。

評価は低いけど、どこか中毒性がある作品。設置されたカメ
>>続きを読む

パラノーマル・アクティビティ2(2010年製作の映画)

2.4

前作を観た方にとっては、まさかの続編だろうパラアク2。
しっかりお話は繋がっております。
実物感ある恐怖が好きならおすすめ。

パラノーマル・アクティビティ(2007年製作の映画)

2.3

ホームビデオを映画にした作品。
個人撮影感バリバリでリアルに寄せたホラーが見所。

【物語】
一軒家に住む若いカップルは、何気ない日々の記録にハンディカメラを使った撮影をしている。しかし、そのカメラが
>>続きを読む

ロッキー・ザ・ファイナル(2006年製作の映画)

4.3

シリーズ最終章。
「ロッキー5」から16年の時を経て製作された「ロッキー・ザ・ファイナル」
そんな空白のあった物語は、決して蛇足には終わらず、ロッキーを通して人生を説く。
強いメッセージを彼の生き様で
>>続きを読む

ダブルヘッド・ジョーズ(2012年製作の映画)

1.6

「よっしゃ!新しいサメ映画を考えたっ!頭二つあれば恐怖も2倍だ!!」

......なんて都合よくはいかなかったB級サメ映画。
設定が生かされたのは1回のお食事人数が増えたことぐらいか。
お約束に近い
>>続きを読む

マリアンヌ(2016年製作の映画)

4.1

綺麗なラブサスペンス。
物語の導入からラストまで、とにかく丁寧で、このジャンルにおいての教科書のような仕上げ。

【物語】
戦時中、敵地でスパイ活動を共にした2人の男女が本気の恋をして帰国後には結婚を
>>続きを読む

ロッキー5/最後のドラマ(1990年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

世間の評価はちょっぴり低いロッキー5。
だけど、個人的には結構好きな作品。

帰郷したロッキーが恩師ミッキーのジムでトレーナーになる。
始めての弟子と、自分の家族に改めて向き合うドラマ映画。
1に寄せ
>>続きを読む

ロッキー4/炎の友情(1985年製作の映画)

3.4

アポロの意思を胸に、星条旗を背負いロッキーはリングに立つ。
根性vs最先端の科学
ファイトの迫力はシリーズ随一!

1,2,3と前作までとは少し毛色の違うロッキー4作目。
ロッキーのテーマが流れないロ
>>続きを読む

ロッキー2(1979年製作の映画)

3.7

前作のラストから地続きで、そのまま繋げた始まり方が凄く良い。

新たな環境に新たな挑戦。
だけど、やっぱり自分にはボクシングしかないと悟る、ロッキー。
対するアポロは練習を重ね再戦に燃える。前作を越え
>>続きを読む

ロッキー(1976年製作の映画)

4.4

ドン底から這い上がる男の物語。
ボクシングを知らない人でも、しっかり楽しめる噂に違わぬ名作です。

【物語】
世界チャンピオンの「アポロ」が自分の知名度を上げる為に対戦相手を探し、その相手に選んだのが
>>続きを読む

ロッキー3(1982年製作の映画)

4.5

シリーズで最も好きなのは3です。
取り戻す闘志、友情、恩師への思い。
ドラマとしてはこれ以上ないってほど、多くを背負ってリングに立つ!熱い!!

ロッキーシリーズって基本的にシナリオがワンパターンで同
>>続きを読む

グランド・イリュージョン 見破られたトリック(2016年製作の映画)

3.8

いや~、前作より好きです。
物語が地続きなので、前作の鑑賞は必須ですね。

華麗なイリュージョンで悪事を暴く義賊、フォー・フォースメンの魅力と方向性は本作も健在!
そして、裏で動くストーリーは前作の掘
>>続きを読む

エイリアン4(1997年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

3は頭からほとんどすっぽ抜けてたけど、4は所々覚えてました。

4まで来ると完全に初期の方向性とは、ずいぶん変わってますね。
作品の中で長い時間が経っても、必ずやらかしちゃう人がいるのは、人間成長しね
>>続きを読む

グランド・イリュージョン(2013年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

続編を未鑑賞だったので、復習のために一緒にレンタル再鑑賞。

開始早々にフォー・フォースメンの個性を出す演出が超格好良いのを再確認。
表のイリュージョンを駆使したエンターテイメントの爽快感、裏で動くシ
>>続きを読む