シヒロさんの映画レビュー・感想・評価

シヒロ

シヒロ

映画(39)
ドラマ(0)

羅小黒戦記 ぼくが選ぶ未来(2019年製作の映画)

4.1

面白かったです❗
日本アニメの一線級かそれを凌駕するレベルのクオリティでした。
アクションをより面白く見せる工夫や確かな演出。そしてテーマに対する向き合い方も最後の最後までとてもフラットに描いてて好感
>>続きを読む

フォードvsフェラーリ(2019年製作の映画)

4.1

フォードVSフェラーリというタイトルですが、基本は主人公達が組織の中で信念を貫くためにどう闘って行くのかが中心になってきます。
フェラーリも強敵ですがフェラーリと闘う為にフォードとも闘わないといけない
>>続きを読む

砂の惑星(1984年製作の映画)

3.0

世界観も美術も凄く魅力があって、あと僕は宮崎駿とスティングが大好きなんですがそれでも辛かったですね。
素材は好きなんですけど。
理解が追いつきませんでした。

トゥルーライズ(1994年製作の映画)

3.8

面白いですよねー。
文句無しに楽しめるし、ちょっとやり過ぎ感に笑ってしまいます。
アクションのカタルシスは悪党をやっつける瞬間ですが、あんな凄い倒され方あります?笑

ギャラクシー・クエスト(1999年製作の映画)

4.0

面白かった!
誤解、勘違いで展開されるSFコメディです。物語が収束して伏線もちゃんと回収。観賞後の満足感も高く良作!

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

4.8

このレビューはネタバレを含みます

最高!マイベスト級!
爽快なカーアクションにリンクする音楽!ベイビーのキャラも良いですよね。
予想裏切るストーリー。
エドガー・ライトさん最高ですよ。
あと、この監督は誠実!本当に誠実!
ボスがベイビ
>>続きを読む

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

4.1

エリオの成長を見守る映画ですね。
オリバーが良い男だったかは疑問ですがラストのエリオのシーンは素晴らしかったです。
どんなに悲しくても、たとえこの世の終わりってくらい落ち込んでも世界は何も変わらず進ん
>>続きを読む

たかが世界の終わり(2016年製作の映画)

3.8

初めてのドラン作品でしたが、感情を1番大事に撮られてる印象を受けました。
少女漫画の読後感に近い様な気がします。

麻雀放浪記(1984年製作の映画)

3.9

この映画を大好きな友人が自動卓で遊んでる時より手積みの時のがやたら強かったのを思い出します。

レスラー(2008年製作の映画)

3.2

観てて辛かったですね。最後のダイブはため息出ました。辛い。

ロッキー(1976年製作の映画)

4.7

最終ラウンドに俺が立っていたら俺がクズじゃないって事を証明できる。
あのラスト。泣きます泣きます。

スティング(1973年製作の映画)

4.3

最高の映画の1つですね。
まずシナリオ。最高。オチも観客へのミスリードも完璧。
ポール・ニューマンとロバート・レッドフォードの当時と劇中の2人の関係性がクロスオーバーしてる気がして凄く萌えます。

フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法(2017年製作の映画)

4.2

辛いっス。ヘイリーは本当にムーニーを愛してる。それは間違いない。
と思いながらも作中では負のスパイラルが続いてゆく。
よすがは愛がある。それだけ。
出来る事なら希望が観たい。
そしてムーニーや子供達の
>>続きを読む

パターソン(2016年製作の映画)

4.3

大好きです!
ドラマチックな事が起きるわけじゃない。ただ昨日とは少しだけ違う今日がある。そんな日々が愛おしく思える映画です。
あと何かを創作するっていいですよね?
日常を楽しむコツの1つのような気がし
>>続きを読む

パラサイト 半地下の家族(2019年製作の映画)

4.8

面白過ぎる。本当に。
歴史的傑作。
ポン・ジュノの演出の緻密さが遺憾なく発揮されてます。吠える犬は噛まないからのファンで作品に圧倒されるのは毎度の事ですが、パラサイトは更に上のステージに行ってるという
>>続きを読む

哭声 コクソン(2016年製作の映画)

4.3

稀に見る凄まじい映画でした。
信仰とは?というテーマをこんな形で描くという。観てみたらこれ以上の方法は無いのでは?と思わされました。
この作品の中で真実はいったいどれ?という問いは全く意味無くて。
>>続きを読む

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド(2019年製作の映画)

4.2

とてもとてもグッときました。
フィクションの1つの力を感じました。
映画のラストには癒しや怒りや、色んな感情がない交ぜになり去来します。

観賞前にシャロン・テート事件を調べてから観る事をオススメしま
>>続きを読む

ウィーアーリトルゾンビーズ(2019年製作の映画)

4.0

終始ずーっとワクワクしてました。
監督は長らくCMを作ってた事もあって映像の引き出しの多さが凄い!
そしてテーマもかなり重めやのにめっちゃポップ。でも安くない。更に豪華な出演者の数々!
やられました。
>>続きを読む

TENET テネット(2020年製作の映画)

3.4

ノーランはいつもフレッシュな映像を見せてくれます。今回も巡行と逆行が織り成す観たこと無い映像体験でした。
ただこの映画を観た多くの人が細かい設定、状況に多くの「?」があったり、あれ?矛盾してね?等の疑
>>続きを読む

おとぎ話みたい(2014年製作の映画)

3.6

初、山戸結希でした。よく解らないエネルギー。面白かったです。

アイスと雨音(2017年製作の映画)

3.0

ワンカットなのに時間経過しててちょっとバードマンの感覚に似てました。この映画は合間にMOROHAがラップするという実験的な味わった事ない映画でした。

音楽(2019年製作の映画)

3.6

風変わりな味わいのアニメでした。アニメーションとして粗さもある作品ですがその粗さも作中の主人公達にリンクして味に感じました。
シュールなギャグも笑えるし、グッと熱くなる演奏シーンも多々あるし。
ただ、
>>続きを読む

ブルース・ブラザース(1980年製作の映画)

4.5

元気が無い時はブルースブラザーズ!
豪華キャストに痛快なストーリー、シュールなギャグ。歌って踊って爆破して。パトカーの雨が降る頃には嫌な事なんか吹き飛んでいる事でしょう。

エクスペンダブルズ(2010年製作の映画)

2.0

最高の男シルベスター・スタローン。
この映画はそんな彼が昨今アクションムービーから失われた「説得力」を復活させようと、そういう高い志の元に作られた映画だと理解しています。
その説得力とは、筋肉。そして
>>続きを読む

世界最速のインディアン(2005年製作の映画)

4.7

マイベスト級。
憧れ。
最高じゃないですか?
こんな風に生きれたら。

エイリアン(1979年製作の映画)

4.8

1つジャンルを作った凄い先輩。
完璧なんで自分は何にも言う事ないスけど。しいて言えばエイリアン先輩のデザイン超好きっス。
目が無いところが秀逸っス。目のコミュニケーションを絶たれて絶望感ハンパないス。
>>続きを読む

愛のむきだし(2008年製作の映画)

4.1

これを10代で観てたら更に参ってたんだろうなと思います。
ゆらゆら帝国も超格好いい。
そして満島ひかり、安藤サクラ!最高ですね。
愛は信仰に勝てるのか。園子温監督の知人の体験が元になってるみたいです。
>>続きを読む

>|