きういさんの映画レビュー・感想・評価

きうい

きうい

洋画しか見ません。

映画(256)
ドラマ(17)

MEG ザ・モンスター(2018年製作の映画)

4.0

いかにジェイソン・ステイサムといえどもね、相手がでかすぎると思ったんですけどなんてことないいつものジェイソン・ステイサムでしたね。相手が人間だろうが超巨大ザメだろうがジェイソン・ステイサムはジェイソン>>続きを読む

レッドクリフ Part II ―未来への最終決戦―(2009年製作の映画)

3.5

背後から呉軍が駆けつけるところがあまりにもアツい。諸葛孔明の頭の回転えぐいし、それに着いてこられて信頼できる周瑜との連携が非常に良い。

矢を10万本調達するところの諸葛孔明があまりにもラスボスすぎて
>>続きを読む

ダーティ・グランパ(2015年製作の映画)

3.5

ザック・エフロンがますますムキムキ残念イケメンになっていく。だがそれが良い。もはや裸と歌でふざけ倒すのはザック・エフロンの代名詞。
ロバート・デ・ニーロおじいちゃんもいい味出てた。ハッスルしすぎだよお
>>続きを読む

ザ・ウォール(2017年製作の映画)

3.3

ほぼひとり芝居なのに面白かった。会話劇なので中盤は少しだれていたが、それでも十分面白かった。
敵のスナイパーが最後まで姿を見せないのが不気味でよかったし、ラストの後味の悪さも含めて緊迫感のある駆け引き
>>続きを読む

セントラル・インテリジェンス(2016年製作の映画)

3.2

ドウェイン・ジョンソンの演技がうますぎて、ムキムキなのにこいつ絶対学生時代陰キャだったなっていうのがわかる。演技の引き出しがコアすぎるだろ…。

最後のNGシーン集があまりにもかわいい。

スターリンの葬送狂騒曲(2017年製作の映画)

4.2

ロシア語だったら満点だった。どうして英語なの。ソ連時代なのにみんな英語ペラペラすぎるよ…なんでロシア語じゃないんだよ!!!
ただし全編英語であること以外は文句なしに面白かった。アネクドートが好きな人は
>>続きを読む

オーシャンズ8(2017年製作の映画)

4.0

抱かれたい女がたくさん出てくる最高の映画だった…。いいか、抱きたい女じゃなくて抱かれたい女だ。デビーとルーの関係性は最高だし誰一人としてバカな女が出てこない。すべてのピースがハマるように計画が進んでい>>続きを読む

ミッション:インポッシブル/フォールアウト(2018年製作の映画)

4.0

トム・クルーズが大気圏からスカイダイビングして建物と建物を飛び越えてカーチェイスしてクラッシュしてヘリコプターで空中戦してクラッシュして命綱なしでロッククライミングする。骨折れてるのに全力疾走するし今>>続きを読む

デッドプール2(2018年製作の映画)

4.3

下品で過激なのに物語の背骨がしっかりしてるから見た後すっきり。

監督がアトミック・ブロンドの人だからかアクションどちゃくそ最高ですありがとう、みんなデッドプール見る前にはジョン・ウィックと007とロ
>>続きを読む

山猫は眠らない(1992年製作の映画)

3.0

原題が「SNIPER」なのに邦題が「山猫は眠らない」に化けるのはなぜなの?山猫要素なかったし…。

ミラーにひたすらイライラした。それでもミラーを守ってやるベテラン狙撃手のベケットは流石としか言いよう
>>続きを読む

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

4.0

と、尊い…。

あまりの多幸感と最後の切なさに心が張り裂けそう。エンディングが圧巻。すごいぞティモシー・シャラメ…最後の感情表現すごい…。

ベイウォッチ(2017年製作の映画)

3.0

史上最高にザック・エフロンの筋肉がキレてる。残念なイケメンが似合うな本当に。
あんなに筋骨隆々の女装があってたまるか。

しかし隣にいるのはドウェイン・ジョンソン。ロック様の横に並べばザック・エフロン
>>続きを読む

未来を花束にして(2015年製作の映画)

4.0

女性たちが丁寧に平和的に参政権を散々要求しても社会は動かなかったのだから、その先に活動が過激化していくのは仕方の無いことだと思った。いつの時代も「丁寧なお願い」はずっと無視され続け、ずっとそこにあった>>続きを読む

フランス特殊部隊RAID(2016年製作の映画)

3.2

アクションだと思うじゃないですか?コメディなんですよ。
ジョーが無能すぎて途中イライラするけど、全体的にゆるーい警察特殊部隊コメディ。上司の疫病神っぷりはもう少し強調してもよかったかもしれない。

バーフバリ 王の凱旋(2017年製作の映画)

4.2

一瞬でマヒシュマティ王国民になりましたわ。間違いなく「バーフバリ!」て叫ぶ民衆の1人でしたわ。

バーフバリ父の圧倒的カリスマと知恵
デーヴァセーナの芯の強さと正しさ
カッタッパの深い忠誠と悲しみ
>>続きを読む

ハーフネルソン(2006年製作の映画)

3.4

教師だってただの人間だから教壇の上と下では違う顔を持ってるのは当たり前だし、そもそも好き好んで他人を教育したいと思う人間にまともな神経の人間はいないしまともな神経ではやっていけない職業だと思う。

>>続きを読む

バーフバリ 伝説誕生(2015年製作の映画)

3.7

誰一人として弱い人間がいない、強い。
見たあとには必ずバーフバリを讃えたくなる映画。終わり方があまりにもぶった切りなので大混乱を起こす。

はやく!続編を見ないと!!!!カッタッパちゃんと説明してよ!
>>続きを読む

ダイヤモンド・イン・パラダイス(2004年製作の映画)

3.0

ウディ・ハレルソンのイキリ役があまりにハマってるのと、あと普通にウディ・ハレルソンがかわいい。

マンチェスター・バイ・ザ・シー(2016年製作の映画)

3.3

リーが火事を乗り越えることはないかもしれないし、だからマンチェスター・バイ・ザ・シーに留まることはできないし、それでもパトリックにとっては生まれ育った地元で、2人が折り合いをつけることはできないかもし>>続きを読む

LOGAN ローガン(2017年製作の映画)

3.5

いや、ウルヴァリンの人生あまりに過酷すぎない…???しかもそのなんたらチウムって金属有毒なのかよ…。

ストーリーはLEONぽい。ローラ役の子がはちゃめちゃに演技がうまい。

ムーンライト(2016年製作の映画)

3.8

淡々と時間が流れていくように、ストーリーの起伏はなかったが、それでも良い映画だった。マイノリティの中のマイノリティがどんな思いで日々を生きるか描いた作品。
セリフがなくても演技は出来るし、ストーリーは
>>続きを読む

ピッチ・パーフェクト(2012年製作の映画)

2.9

オーブリー体制のバーデン・べラーズが長すぎた。ベッカ体制のべラーズをもっと見たかった。
CupsやRiff off、ラストシーンはとても良かった。今一生懸命Cupsを練習してしまっている。

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

主人公のイライザは決して美しい女性じゃない。研究所に囚われた半魚人もグロテスクで気持ち悪いと思った。
それが物語が進むにつれて、たまらなく美しいものになっていく。イライザは間違いなく美しい女性だったし
>>続きを読む

ブラックパンサー(2018年製作の映画)

3.5

ザ・王道英雄譚じゃないか…!血湧き肉躍る英雄譚だった…。

貧しい国々としてのアフリカではなく、人類のルーツで豊かな資源を持つ国々としてのアフリカの描かれ方がすごく魅力的だった。また、「他を救うことの
>>続きを読む

ヘアスプレー(2007年製作の映画)

3.8

カラフルな色彩とかわいいファッションに軽やかに包まれた差別問題のミュージカル映画だった。
どんな育ち方をすればトレイシーがあんなに賢くてチャーミングな女の子になるのか…。トレイシーのおかげで周りが変わ
>>続きを読む

マジック・マイク(2012年製作の映画)

3.2

チャニング・テイタムめっちゃ踊れるんやんかいさ…キングズマンのあれはなんやったんや…しかしえっろ…

WE ARE YOUR FRIENDS ウィー・アー・ユア・フレンズ(2015年製作の映画)

3.2

私は音楽を聴くときは歌詞じゃなくて音を聴くから、循環器で音楽を聴くというのはしっくりきた。EDM結構好きだ。
DJのことを今まで他人の曲たれ流しおじさんだと思っててごめんね。

靴箱の伏線回収があたた
>>続きを読む

ネイバーズ2(2016年製作の映画)

3.0

自分がイケメンだって自覚してるイケメンって最高だと思うんですよ、ザック・エフロンのことなんですけど。めっちゃいい身体してんなあおい。

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

3.4

バーナムは普通にわがままくそ野郎だと思ったんですけどバーでのカーライルとのThe other sideが好きすぎてピーナツの殻をさっと掃除するウェイターになりたい。ピーナツの殻を掃除したい。

ミュー
>>続きを読む

ヒトラーの忘れもの(2015年製作の映画)

3.5

「ヒトラーの忘れ物」なんてちょっとポップな邦題付けた担当をどつき回したい。

憎きドイツ兵である少年兵と、デンマークの軍曹の葛藤がよく伝わる。少年兵たちはナチスなのかそれとも戦争の被害者としての少年兵
>>続きを読む

ロビン・フッド(2010年製作の映画)

3.0

画面が常に暗すぎて東洋人の目には何が何だかよくわからなかった。ジョンの失地王っぷりはよくわかった。

砂上の法廷(2015年製作の映画)

3.0

アクションしないキアヌ・リーヴスもかっこいい。
話の展開はそこまで劇的でもない、地道な積み重ね。

>|