しがいさんの映画レビュー・感想・評価

しがい

しがい

ホラー映画中心になんでも見ます。
『悪魔のいけにえ』が好き。
俳優はスティーヴ・ブシェミが好き。

去年から記録つけてます。

映画(217)
ドラマ(4)

劇場版ポケットモンスター ミュウツーの逆襲(1998年製作の映画)

4.5

児童向けアニメも、「大人が観ても面白い」作品であるべきだと思いました。

死霊館(2013年製作の映画)

4.1

スピンオフと続編を観るために再鑑賞。
ストーリーや驚かせ演出などすごく古典的なはずなのに、アトラクションみたいにポルターガイストが畳み掛けてくるのでめちゃくちゃ面白いです。
越してきた家で起こる些細な
>>続きを読む

小さな恋のメロディ(1971年製作の映画)

-

まだ幼い二人がトロッコに乗っていくラストシーン。

あの2人が何処へ行ったか。
「きっと地獄なんだわ」なんて歌った筋肉少女帯の影響で鑑賞した映画ですが、なんて歌詞をつけたんだろうと観てことさらに思いま
>>続きを読む

震える舌(1980年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

怖いと聞いて観てしまったのが良くなかったですねー
闘病の辛さと普通であることの幸せについて。
最後は治るんかーーーーいと突っ込んでしまった。
悪くは無いけど、期待したものと違ったので残念…

ピンポン(2002年製作の映画)

3.7

原作は知らないけど、キャラクターが漫画っぽいのに生き生きと3次元に存在してる感じがとても良い。
映像も良い画が撮れてる。爽やか。
試合のシーンにはあまり燃えなかった(もっと漫画表現が強いのかと思ってた
>>続きを読む

グロテスク(2008年製作の映画)

3.1

エロのくだりはゲロが出そうだったし、グロいのも別に得意では無いので、序盤からかなり不快でした。
コメディ要素があったのが唯一の救い。
サイコ野郎が「感動した!!!」と叫ぶシーンが変態すぎて爆笑しちゃい
>>続きを読む

予言(2004年製作の映画)

2.6

これと同時上映だった『感染』は大好きだけど、こっちは。。。
昔見たときは葬式で母親が「顔が無いのよ〜(涙)」って泣くシーンが怖かったです。

ラストがバタフライエフェクトっぽいな〜。

のりピーはアレ
>>続きを読む

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

3.8

なんの情報も得ないようにして観てきました!
面白かったです。
思わず吹き出してしまいアハハと笑いが溢れる劇場の雰囲気もすごく良かった。
もっと上映館が増えてくれたらな〜…

リング2(1999年製作の映画)

2.6

1作目だけで良かったです…😂

貞子のロッククライミング。

リング(1998年製作の映画)

3.7

王道邦画ホラーだけどそれがゆえに今までスルーしてきた←
ドラマ版を当時観ていた記憶があります。ホラー映画の連続ドラマがあるなんて今考えると凄い人気だったんですね。
ホラーは心霊系から入っていったので、
>>続きを読む

貞子vs伽椰子(2016年製作の映画)

3.7

コメディタッチを想像してましたがホラーファンタジー?という印象。実はなんとなくツマンネーだろうなあと感じていたのでスルーしてました…(笑) 『ノロイ』の白石晃士監督と知り観るに至りましたが、個人的には>>続きを読む

トリハダ 劇場版2(2014年製作の映画)

3.2

人間怖いホラーオムニバス。
ラブホテルとコインランドリー…こわっ。
特にコインランドリー…こわ!
あの方はノー特殊メイクでしょうか??
素晴らしいお仕事してらっしゃいますね。。。。

コワイ女(2006年製作の映画)

3.5

「コワイ女」をテーマにした3連オムニバスホラー。

『カタカタ』
ジャケットの女です。顔がめちゃめちゃ怖いです。しかし一瞬「フフッ」て笑えた後「その顔怖いからやめろよォオ」ってなるパターン。自殺した母
>>続きを読む

プロメテウス(2012年製作の映画)

3.9

これ、1作目を観ていればめちゃくちゃ面白いやつじゃん。
初めて観た時は(情弱ゆえ)エイリアン関連作品とも知りませんでした😅タイトルの出現仕方からしてオオ!っとなります。
個人的に、2〜4の単なるパニッ
>>続きを読む

エイリアン4 完全版(1997年製作の映画)

3.8

私が一番記憶していたエイリアン作品がコレでした!
監督が『アメリ』の人なんですね。映像は確かに綺麗。3作目がどちらかといえば1作目に雰囲気が近かったのに対し、こちらは2作目と同じくらい破茶滅茶っぷりが
>>続きを読む

ディレンジド(1974年製作の映画)

3.4

エド・ゲイン事件の再現フィルム的な感じでした。
『悪魔のいけにえ』の食卓シーンはこの映画からパクられた説をどこかで耳にしたんですが、この映画が公開されたのは74年、いけにえが撮影されたのは73年(公開
>>続きを読む

蒲田行進曲(1982年製作の映画)

3.7

期待しすぎたためか、衝撃を受けたとまでは言えないけど、不思議な感覚を得る映画でした。
「偽りの愛さえも本物の愛にすり替えてしまう」と導入で言うように、映画って、フィクションって、マジックだよなぁと思う
>>続きを読む

レザボア・ドッグス(1991年製作の映画)

3.9

初鑑賞時より遥かに楽しめました!
やっぱり私はスティーヴ・ブシェミが大好き…(笑) 何が凄いって言えるわけじゃないけどこの人の芝居がもっと見たい!って思わせる。絶対にチップは払わん。と強情なピンクです
>>続きを読む

ノロイ(2005年製作の映画)

4.0

これを観た当時は小学生でしたので、とにかく「禍具魂」「霊体ミミズ」などのパワーワードがツボにハマってしまい、何かにつけて「かぐたばに似てね?」「霊体ミミズきた!」とか言いながら兄妹でキャッキャと面白が>>続きを読む

エイリアン3(1992年製作の映画)

3.3

映像的には好きですが、エイリアン1体にやられてばかりなのでイマイチ。
キャラクターの存在もどうしたいんだか分からない。リプリーと関係を持つ紳士な医者(結構好きだったのにな…)はセンチに浸る間もなく早期
>>続きを読む

エイリアン2(1986年製作の映画)

3.6

ジェームズ・キャメロン監督による続編はエンターテインメントに振り切った快作。
マッチョレディのバスケス上等兵や、悲鳴担当少女のニュート、それから良いアンドロイドのビショップなどなど、キャラクターもバラ
>>続きを読む

バスケット・ケース(1982年製作の映画)

3.6

切り離された結合双生児の復讐劇。
話の筋的には江戸川乱歩の怪奇モノにありそうな感じ。
個人的にはなかなか萌える要素もありました←
バスケットケースに入った奇形兄と美男の弟という絵面だけで大勝利ですね…
>>続きを読む

エイリアン(1979年製作の映画)

4.0

個人的に“エイリアン”はトップクラスの最恐モンスターで、昔はゾンビの次に嫌いでした…TV放映していたら即チャンネルを変えていた…。ステレオタイプ型宇宙人に憧れていた私は、知的生命体では無い宇宙人にもの>>続きを読む

E.T.(1982年製作の映画)

3.7

どんな内容か知ってたけど観るのは初めてかも。
みんなが好むストーリーにみんなが好むキャラクター。すごく大衆向けだけど純粋な少年のロマンが詰まってる感じ。
どれだけ子供たちに夢を与えたことだろうか…と思
>>続きを読む

>|