nagaoKAshunPEiさんの映画レビュー・感想・評価

nagaoKAshunPEi

nagaoKAshunPEi

何卒。
観た作品を後追いでぼちぼち書いてます。

映画(334)
ドラマ(0)

センセイ君主(2018年製作の映画)

4.5

上映時間105分の内、おそらく100分ぐらいは浜辺美波の変顔が堪能できる、コメディエンヌが過ぎたラブコメ。
予告編を観たときから、大穴の予感がしていて、公開日に前のめりになって観に行ってよかったと思え
>>続きを読む

名探偵コナン ゼロの執行人(2018年製作の映画)

3.5

図らずも今年の劇場版クレヨンしんちゃんと同様に、「正義とはなにか」に焦点を当てた今年の劇場版コナン。
公安警察、警視庁、検察、様々な組織が入り乱れるポリティカルな作風になっており、凄まじく複雑。そして
>>続きを読む

パシフィック・リム アップライジング(2018年製作の映画)

3.0

前作公開の2013年から5年。劇中では、10年の時が流れ、時代も変わった。ワーナーからユニバーサルに制作会社も変わり、イェーガーの動きが軽くなり、物語もそれに比例して軽くなっていた。
続編だからどうし
>>続きを読む

映画クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ ~拉麺大乱~(2018年製作の映画)

4.0

カンフー映画を軸に、ゾンビ映画、スパイ映画のエッセンスも盛り込み、春日部オールスターキャストで描く今作は、「全篇ノースタント」のバカバカしい売り文句を表面に出しつつ、「正しさとは何か」を説く、笑えて考>>続きを読む

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書(2017年製作の映画)

5.0

これまで気丈な芯が通った役柄を演じてきた印象のメリル・ストリープが、今作では周りの意見に流され(というか男社会から抑圧され)自らで決断できずにいる。そんな女性社長が世紀のスクープを掲載することを決断す>>続きを読む

ヴァレリアン 千の惑星の救世主(2017年製作の映画)

3.5

デイン・デハーン&カーラ・デルヴィーニュの美男美女カップルが助け助けられながら、銀河を右往左往して、ベッソンお得意の「愛」によって万事解決する景気の良いスペースオペラだった。
敵役が公文書改竄して歴史
>>続きを読む

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)

4.0

ギターの調べに乗せて奏でられるその曲は、生きているものと死者ですらも繋ぐ。脈々と歌い継がれていく音楽が歌い手によって様々な側面をのぞかせる多面性に、音楽そのものが持つ真髄を見た気がする。
家族は最高、
>>続きを読む

ボス・ベイビー(2017年製作の映画)

3.5

ピクサーがディズニーと組んだように、ドリームワークスがユニバーサルと組んで作った野心作。
ディズニー・ピクサー1作目となる『トイ・ストーリー』を意識したかのような構成となっている。
これまで両親からの
>>続きを読む

ブラックパンサー(2018年製作の映画)

4.0

家族間の話に終始するので、MCU作品群のなかでも、最も閉ざされた世界での物語だったんじゃないか。
その閉ざされた世界が新たな王によって開かれていく過程が緻密に構成されていて一本の映画としても面白いし、
>>続きを読む

夜は短し歩けよ乙女(2017年製作の映画)

4.5

偶然を装った必然によって手繰り寄せられる、まるで一年のような一晩の恋愛奇譚。
湯浅監督によるアニメーションの愉楽に引きずりこまれながら、黒髪の乙女と共に京都は木屋町先斗町あたりをはしご酒する序盤の背徳
>>続きを読む

パディントン 2(2017年製作の映画)

4.5

ラストに向かって散りばめられた伏線が過不足なく回収されていく手際の良さと移民や人種(ここでは種族)差別に目配せしながら、謎解き、脱獄、追跡劇と娯楽性が圧倒的に一作目を凌駕した恐ろしいほどの傑作。
イギ
>>続きを読む

映画ドラえもん のび太の宝島(2018年製作の映画)

3.5

今年のドラえもんは、太平洋に突如現れた謎の宝島を目指す海洋冒険スペクタクル。
しずかちゃんのドッペルゲンガー。父と子の確執。
人類が滅ぶのは、今か?
それとも未来か?
地球滅亡のカウントダウンが今始ま
>>続きを読む

15時17分、パリ行き(2018年製作の映画)

3.5

イーストウッドがヨーロッパに旅行したいがために撮ったんじゃないかって感じてしまうほど、観光シーンがとても愉快で楽しい。
コロッセオで自撮りして、ベネチアでナンパして、アムステルダムのクラブでオールして
>>続きを読む

KUBO/クボ 二本の弦の秘密(2016年製作の映画)

4.0

まるで本当に命が宿っているのかと錯覚するほど繊細で細かな一つひとつの動きに、思わず見惚れてしまった。
そのあまりの仕事の細かさと滑らかな動きに、スタジオライカの狂気すら感じてしまい、ただただ圧倒され、
>>続きを読む

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

4.0

捉えることのできない水のように時代が変わり、愛の形も変わり、そのなかでも変わることのなかった「想い」が、より深い感動となって押し寄せる。
そして、ギレルモ・デル・トロ監督の変わることのなかった確固たる
>>続きを読む

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年製作の映画)

2.5

前作で許容できた紳士らしからぬ行いに今回はハマれず。
あまりにも「死」を軽く扱いすぎじゃ…。
各所で見たかったもの、期待していたものが見れずな続編で残念でした。

さよならの朝に約束の花をかざろう(2018年製作の映画)

3.5

天涯孤独な2人が親子となり、疑似家族でありながら、「糸」を紡ぐかのように、繰り返される人の営みを紡いでいく物語が素晴らしかった。映画で想像される世界観や設定がとても良かっただけに、映画の着地点でもうひ>>続きを読む

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

3.0

「This is me」で、民衆を導く女神さながら、大手を振って闊歩するフリークスたちと、「From now on」で一度家族(サーカス)を去った男を、家族が家族として迎え入れる懐の深さに感動した。>>続きを読む

リバーズ・エッジ(2018年製作の映画)

3.5

不完全な点と点が歪な線となって絡まりあい、かろうじて保たれていた均衡が静かに崩壊していくカタルシスと、それでも「好き」と言ってくれる人間がこのクソみたいな世界に存在するという微かな希望。
都会も地方も
>>続きを読む

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー(2016年製作の映画)

4.0

チアルートことドニー・イェンの無双まで、しばらく我慢が続くが、ビーチに入り、宇宙でのドッグファイトで興奮の度合いが一気に上昇。さらにライトセーバーの光で浮かび上がるベイダー卿のあまりのかっこよさと恐ろ>>続きを読む

この世界の片隅に(2016年製作の映画)

5.0

大傑作と言うべきか、もはやクラシックと言っても過言ではないほど、とてつもない熱量を帯びた作品だったと思う。

題材は、もちろん「戦争」であり、映画全体を見てみれば、「反戦」という大きなメッセージが浮か
>>続きを読む

湯を沸かすほどの熱い愛(2016年製作の映画)

2.5

このレビューはネタバレを含みます

周りのあまりにも高い評価に萎縮してしまい、何を隠そうあまりにも乗れなかったために感想を書きあぐねていた作品。

余命幾ばくもない母親が残されたわずかな時間を使い、子どもたちに惜しみない愛をそそいでいく
>>続きを読む

永い言い訳(2016年製作の映画)

4.5

「悪いけど 後片付けはお願いね」
そう言い残して、夏子(深津絵里)は帰らぬ人となってしまった。
この映画は、感情の〈後片付け〉の映画だ。正直、映画を観て数日経った今でも、感情の整理ができないほど、この
>>続きを読む

スクール・オブ・ロック(2003年製作の映画)

4.0

久々に観たら、凄まじく面白かった。

ジャック・ブラック演じるロックバカな偽りの臨時教師による破茶滅茶な授業(バンド活動)。
一見、バンドが組みたいだけという独りよがりな理由で、破綻しているように見え
>>続きを読む

ネオン・デーモン(2016年製作の映画)

4.0

『ドライヴ』で熱狂し、『オンリー・ゴッド』のカラオケ大会に困惑させられたレフン監督の新作は、嫉妬渦巻くモデル界を描いたサイコスリラーだった。

写し鏡を使った光彩豊かな画面作りや、不穏な空気を加速させ
>>続きを読む

イエスタデイ(2014年製作の映画)

3.0

1960年代、世界を席巻していたビートルズは、ノルウェーの少年たちにも多大な影響を与えていた。

10代のバンド結成もの×ビートルズの設定が万国共通の普遍的テーマである、青春時代の爽やかさや青臭さを浮
>>続きを読む

何者(2016年製作の映画)

4.0

映画の感想を書く前に、「何者」の原作者朝井リョウについて少し。
早稲田大学在学中に「桐島、部活やめるってよ。」で小説すばる新人賞受賞。「桐島〜」が映画化。東宝に就職(すぐ退職)。「何者」が直木賞受賞。
>>続きを読む

エル・クラン(2015年製作の映画)

3.5

アルゼンチンの独裁政権がようやく終わったのに、うちの親父の独裁は、なかなか終わらず、むしろ悪化する一方で…というなんとも皮肉が効いたオープニングから見事。
さらに全編に渡って、暴力と日常生活、暴力とセ
>>続きを読む

神様の思し召し(2015年製作の映画)

4.0

ゲイには寛容だけど、神とか宗教の類いは全く信じていない現実主義的な父親に、息子が神父になりたいと言ったことから始まる、イタリアのコメディ映画。

息子の神父になりたい宣言から夫婦不和、そして家庭崩壊寸
>>続きを読む

グッバイ、サマー(2015年製作の映画)

3.5

この映画を観て、「あれ?夏休み明けてあいつなんか雰囲気変わってね?」っていうあの感覚が万国共通だということを知りました。

映像魔術師ミシェル・ゴンドリー最新作は、クラスのはぐれ者2人組による一夏のD
>>続きを読む

SCOOP!(2016年製作の映画)

3.5

冒頭の長回しで心を鷲掴みにされ、どこかに美味いエサ(ネタ)は転がっていないかと、さもゴキブリのように東京の繁華街をカメラを抱えて這いずりまわる前半は、胸が躍った。
福山雅治演じる都城の、でかいネタのた
>>続きを読む

オーバー・フェンス(2016年製作の映画)

4.5

「青春」という言葉が、若者という限定された年代に向けられた言葉でなければ、この映画は紛れもなく中年による「第二の青春」映画だろう。
函館の職業訓練学校の淡白なスクールカーストを描くのと同時に、過去に傷
>>続きを読む

ハドソン川の奇跡(2016年製作の映画)

4.5

『宇宙兄弟』という漫画のなかに、「ネクタイを締める理由はなにかって?それは、仕事が無事に終わったときに、“緩める”ためだ」というセリフがある。
つまり、ネクタイを“緩める”という行為は、服を公的なもの
>>続きを読む

怒り(2016年製作の映画)

4.5

「立入禁止」と書かれていると入りたくなる。「押すな」と書かれているのに押したくなる。よせばいいのに…と思うことほど知りたくなる。これが人間の性なんだろう。
「信じること」をしなければ、人から裏切られる
>>続きを読む

レッドタートル ある島の物語(2016年製作の映画)

4.5

間違いなく、家族の映画であり、人生の映画であり、愛の映画だった。
誰かを好きになり、親となり、そしていずれくる別れがあり、人生の尊さや儚さが滲み出ていて、まさかここまで琴線に触れるとは思いもしなかった
>>続きを読む

ナイスガイズ!(2016年製作の映画)

4.0

したコメ映画秘宝祭にて。

『グリーンルーム』にばかり目がいっていて、ほぼノーマークだったけど、期待を良い意味で裏切る豪快なスラップスティック・バディムービーで、面白った!
ライアン・ゴズリング演じる
>>続きを読む

>|