かつこさんの映画レビュー・感想・評価

かつこ

かつこ

邦画 菅田将暉

映画(34)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

スウィングガールズ(2004年製作の映画)

4.0

トランペットソロ最後のハイトーン🎺
もうどんな音が来るかわかってるのに、何度聴いても泣けてしまう。

最初から最後までブレずに付き合ったバンギャ2人と本仮屋ユイカが好き。

もう古い映画かもしれないけ
>>続きを読む

犬猿(2017年製作の映画)

4.5

最初やられた。笑
登場人物も場面もシンプルだけど、全然飽きずに面白かった。
兄弟姉妹に限らず家族のことって、自分では悪く言うけど、他人に悪く言われたり、わかったようなこと言われるとちょっと嫌。
終わり
>>続きを読む

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

4.5

DVD出るの待ってた!
蹴りたい背中が昔好きだったの思い出して、観たくなった。

もうひたすら松岡茉優。
「怪演」とはこういうこと。。
陰なオーラ出まくりでした。
今まで特に好きって訳じゃなかったけど
>>続きを読む

彼女の人生は間違いじゃない(2017年製作の映画)

3.5

印象に残ったのは、卒論を書く女子大生のたたみかけるような無神経に聞こえる言葉。それを聞いているときの勇人の表情。
女子大生に悪気はないということが、ただ苦しい。

感情を隠すみゆきの表情。
三浦の「子
>>続きを読む

王様とボク(2012年製作の映画)

3.0

菅田将暉目当て。
18歳の大人になりたいけどなりきれない、子どもでいたいけどいられない葛藤に共感した。
モリオを守っていくなんて夢のような話で、結局18歳のミキヒコにそんな力はない残酷さがあった。
>>続きを読む

そこのみにて光輝く(2013年製作の映画)

4.0

菅田将暉目当て。原作読んでません。
底辺家庭の負の連鎖。重い設定。けど好きな作品。

とにかく不安定な拓児。達夫に追い出されて何なのよ!って怒るとこ、無視されて達夫達夫達夫!って自転車ガンガンするとこ
>>続きを読む

ピンクとグレー(2016年製作の映画)

2.5

原作読んでません。
菅田将暉目当て。

前半の映画の中の2人がリアルで完璧すぎた。ラケルか一蘭か…
切り替わる時、菅田の演技が絶妙にわざとらしくなって、あ…これ違うんだ、そういうことかって綺麗に思わさ
>>続きを読む

海月姫(2014年製作の映画)

5.0

原作読んでません。
飽きずにまとまったテンポの良いコメディと絶妙なキャスティングで、友達にお勧めしたい映画。
私は菅田将暉目当て。けど最終的に能年玲奈の表情にもかなり持っていかれた。

蔵之介は最初か
>>続きを読む

明烏 あけがらす(2015年製作の映画)

3.0

菅田将暉目当て。福田監督作品ノリ面白いけどこれは観てると若干しつこいかも。。

アキコの勢いある嘘泣き&ボケ&ツッコミ最高だった。吉岡里帆に持っていかれたと思った!

最後は全部のフラグ回収して、悪役
>>続きを読む

セトウツミ(2016年製作の映画)

3.5

この川で暇をつぶすだけの青春があってもええんちゃうんか

原作読んでません。3話後に出会いの0話やるの良いなー。

ほら俺虫めっちゃ嫌いやん?食虫植物置いたらコバエいなくなったけど今度は食虫植物が気に
>>続きを読む

二重生活(2016年製作の映画)

3.5

修羅場が起きてもぼんやり解決してまるで元通りみたいなところがリアルだなと思った。

尾行をすると決めた理由、対象者を石坂と教授にした理由、石坂とホテルに行った理由が明確に描かれてないのが良い。これはこ
>>続きを読む

ピースオブケイク(2015年製作の映画)

4.0

24歳志乃のリアルな感情に共感した。酔って気持ちよくなっちゃうの誰にでもあるよね。。
大人の恋愛、空気読んだり妥協したり慰め合ったり嘘ついたり疑ったり開き直ったり。

すごく綾野剛ファンってわけじゃな
>>続きを読む

溺れるナイフ(2016年製作の映画)

4.0

菅田将暉と小松菜奈を目に焼き付けてうっとりする映画。美しい。
金髪の菅田将暉最高。目も肌も指も何もかもがきれいだった。

特に期待してなかった部分で、重岡くんが良かった。原作読んでないからキャスティン
>>続きを読む

何者(2016年製作の映画)

3.5

菅田将暉目当て。その他のキャストも好きな人だらけ。

同世代なので、これぞ現代の若者のリアルって感じだった。職業柄、自分にがっつり就活の経験はないのが残念。経験してたらもっと観ていて苦しい映画なんだろ
>>続きを読む

暗殺教室(2015年製作の映画)

3.0

菅田将暉目当て。
カルマのときの髪型最高。
横顔最高。

いぬやしき(2018年製作の映画)

4.0

原作観てません。
グロテスクな描写を心配していましたが、大丈夫でした。
CGやアクションが好きな人はもっと楽しめるのかも。
本郷奏多はこういう役良いな…最後のシーン良かった。

ぼくは明日、昨日のきみとデートする(2016年製作の映画)

5.0

原作読んで好きになって映画も観た。小松菜奈の涙の理由も知っているのにやっぱり切なくて泣いた。時間軸が…と気にされる方もいると思いますが、わたしは原作も含めて好きな作品。

怒り(2016年製作の映画)

5.0

心に残る映画のひとつになったけど、なんか良い映画ない?のノリでは人には勧められない…
重いし苦しいし泣いたし観終わったあと精神的に非常に疲れた。
けど、観てほしいと思う映画。


愛する人を信じ通せな
>>続きを読む

俺物語!!(2015年製作の映画)

4.0

永野芽郁かわいい。。
登場人物がみんな可愛くて一生懸命で、気楽に観られるから、おもしろいよ!って友達に勧めたくなる映画。

くちびるに歌を(2015年製作の映画)

5.0

今の自分の何にも重ねることなく、純粋に登場人物ひとりひとりの生活、気持ちに寄り添うことができた。
あの島で、あの子たちは本当に生きていると感じた。
それぞれが抱えるものは別に解決したわけじゃなく、また
>>続きを読む

桐島、部活やめるってよ(2012年製作の映画)

4.0

橋本愛。スクールカーストの中で揺れる美女。女子特有の、友達も、部活も、恋愛も、自分の本当の気持ちをぜんぶわかんないふりして強い方になびく。ステータスで、最も安全な場所をさがしてる。
この映画、どの登場
>>続きを読む

ソラニン(2010年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

人に勧めたい映画のひとつ。

まず種田の声と話し方のアンニュイさ、エロくてリアルで最高だった。同棲したい。部屋でいちゃいちゃするの最高。
種田は人を惹きつけるけどすごく繊細で不安定な男で、芽衣子の言葉
>>続きを読む

あゝ、荒野 後篇(2017年製作の映画)

5.0

親の存在に翻弄される2人。兄貴、芳子、ジム、失っていくことに声をあげずに泣く新次。獲物ユウジに勝っても不完全燃焼。
対して新次になりたい、けど憎めない、愛されたい、繋がりたい建二。2代目の引き抜きは騙
>>続きを読む

あゝ、荒野 前篇(2017年製作の映画)

5.0

新次が少年院から出てきて他人のラーメン勝手に食べる「あぁ、」から始まる。2人の事情は苦しい内容だけどわかりやすく、ボクシングを始めることは観る前からわかってるのに、飽きずに引き込まれた。

きみはいい子(2014年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

人に勧めたい映画のひとつ。

小学校の初任教師岡野。虐待やネグレクトの疑いのある家庭、クレーム、学級崩壊。岡野の半端さも、子役の演技も、リアル。甥っ子に抱きしめられたことで安心感に気づき、子どもたちへ
>>続きを読む

横道世之介(2013年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

突然現代のシーンに切り替わるの良かった。ちはるさんのシーンでの世之介の死の知らせ方と、撮った写真から先に見せておくのずるい…。最後のシーンになって、あぁ、あの写真ね!(笑)って思わせるのね。すごいなぁ>>続きを読む

火花(2017年製作の映画)

3.5

菅田将暉目当て。ナチュラル関西弁。桐谷健太との掛け合い最高で、これはふたりじゃないとできない映画だとおもった。銀髪よい。終わり方はいまいち。

ミックス。(2017年製作の映画)

5.0

王道!想定外に裏切られるようなことはない!うまくまとまってる点での、評価5。テンポ良く消化不良なこともなく、わかりやすかった!

帝一の國(2017年製作の映画)

3.0

成長したかのように見えて結局なんも変わってない!菅田将暉目当てで観たけどこれを映画にする意味はあったのか。。最後にピアノが弾けたのは、良かったねっておもった。