やっさんさんの映画レビュー・感想・評価

やっさん

やっさん

映画(182)
ドラマ(0)

偽りなき者(2012年製作の映画)

3.3

怖すぎ。社会人になってからこれ見るとポジションと浸透性の相関関係に恐怖を覚える

ブラックパンサー(2018年製作の映画)

3.4

マーベルなのに結構わかりやすく社会問題に踏み込んでたから少し違和感ありつつも普通におもろいっちゃおもろい

マンチェスター・バイ・ザ・シー(2016年製作の映画)

3.5

人生を淡々と描いていた作品。
非日常があるわけでもないし、奇想天外なストーリーもなく、リアルをひたすら丁寧に映像にしていて。それが美しさ、切なさ、愛情をこんなに上手に表現できている理由であり、琴線にそ
>>続きを読む

イップ・マン 葉問(2010年製作の映画)

3.4

ドニーイェンだけでなくサモヤンキンポーの魅力も満点。人を思う気持ちの強さを描いているが、ドニーイェンの方ではなくサモヤンキンポーの愛の強さに美しさを感じた。こういう系好きだなー

イップ・マン 序章(2008年製作の映画)

3.0

ドニーイェンの良さが溢れまくってる。アクション演技はアジア版マトリックスみたい。

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー(2016年製作の映画)

2.5

一回観ても正直あまりピンとこなかった。
確かに面白いけどわざわざ作るほどだったのかな?という気持ちが拭えないのでもう一回観てみます。

ただとりあえず、ドニーイェンが出ていることにはテンション爆上がり
>>続きを読む

スイス・アーミー・マン(2016年製作の映画)

4.3

物凄く面白い映画だった。
ストーリーの細やかな所などはどうでもよくで、世界観のメタファーと会話に全振りしてた。

ヘンテコ映画だと思って笑いながら見てたら突如右フックのように鋭くストーリー展開していく
>>続きを読む

オリエント急行殺人事件(2017年製作の映画)

3.3

ストーリーも全て知ってる上で鑑賞したにもかかわらずなかなか楽しめた。世界観の作り込みがすごい。

ゴースト・イン・ザ・シェル(2017年製作の映画)

2.5

スカヨハのエロさと街並みの構築に努力値9割を割いたせいで脚本が不完全燃焼

キングスマン(2015年製作の映画)

3.6

男がハマる要素満載すぎてずるい
007タイプの再構築

スター・ウォーズ/最後のジェダイ(2017年製作の映画)

3.8

ファンとしては無条件に面白かった!
しかしアメコミ要素が強くなり、諸々のSW伝統を壊していたから悲しい笑

エクス・マキナ(2015年製作の映画)

3.1

タイトルと登場人物名の時点でネタはあらかた想像できたけども十分楽しかった。
人間を超えうるAI(フィクションに限る)と人間の違いは何なのかを考えさせられる点で、SF映画=哲学映画になりつつあるような。

MAMA(2013年製作の映画)

1.6

IT関連でアンディムスキエティの作品を見直そうと思い鑑賞。やはりこれもプロモーション用のGIFが怖すぎると話題になったやつ。ギレルモデルトロ感は多少はあったので雰囲気には入り込めたけど、終わり方それで>>続きを読む

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。(2017年製作の映画)

2.4

スティーブンキング原作、ジョンケイシーモチーフの話をアンディムスキエティ監督により映画化。YouTubeのでのプロモーション映像が1億回以上再生されたと話題だったしキャンペーンがうまかったので思わず観>>続きを読む

パーフェクト ワールド(1993年製作の映画)

3.6

他人から見た自分と自分が考える自分は違う。けどコミュニティの中では前者のみにおいて意味付けされてしまうから後者の概念は孤立しがち。このモデルに焦点を当てた映画は多いけどやはり感動してしまうのはクリント>>続きを読む

ラブ・アゲイン(2011年製作の映画)

4.2

スティーブカレルとライアン・ゴズリングの軽口が最高。
エマストーン可愛い

マイノリティ・リポート(2002年製作の映画)

3.2

せっかくこの前わざわざ借りて見たのに今夜テレビでやるんかい。
面白いけどトムクルーズの演技どうしても好かん。面白いけど。

美女と野獣(2017年製作の映画)

3.1

エマワトソン可愛すぎるな。
王子のルックス中の中の下だな。

夢売るふたり(2012年製作の映画)

3.0

夢を叶えるための努力の結果夢がどんどん叶いづらくなっていく〜〜〜

マネー・ショート 華麗なる大逆転(2016年製作の映画)

2.9

面白いっちゃ面白いけど理解しきれてないなあ。
自分が儲けてる裏で誰かが大きく損をしてるっていうゼロサムゲーム的思考が日常に当てはまるとこうなるのねー

LOOPER/ルーパー(2012年製作の映画)

3.4

わかりやすいタイムスリップ。難しいことを抜きにして描いてるから単純に楽しめる。考えたら負け

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

4.1

素晴らしく面白かった。
ミュージカルならではの演出が多々あるからそこを受け入れられるかどうかは人によるけど、それを抜きにしても楽しめると思う。ライアン・ゴズリングのいろーんな感情を全て凝縮したような絶
>>続きを読む

>|