ふりーまんさんの映画レビュー・感想・評価

ふりーまん

ふりーまん

洋邦問わず見ます。ホラーとかゴリゴリのアクション系はあまり見ません。見終わった後にしばらくほわっと余韻が残るような作品、色々と考えさせられるような作品が好きです。映画はライフワーク。

映画(1108)
ドラマ(0)

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)

4.5

なんやこれ
最高やん
めっちゃ泣いた
あんな家族愛されたらもうあきません

ピクサーらしいエンターテイメント性も程良くて文句無し。

ドリーム(2016年製作の映画)

4.0

ベタなサクセス感やけど
実話やし気持ち良い
映画なんかで何度見ても人種差別は馬鹿げていると感じる
ただのイジメですやん

人間の性なんでしょうか。

エル ELLE(2016年製作の映画)

3.0

サスペンス感も薄く
もちろん笑いがある訳ではなく
複雑な人間心理を味わってくださいって感じなんかなー

いまいち楽しめなかった。

藍色夏恋(2002年製作の映画)

3.5

なるほどー
そーゆーパターンねー
ありそうでなかった設定かも

野外上映という機会がなければおそらく観ることのなかった作品だと思うので
キノイグルーさんに感謝

ヒロインの子がサバンナ高橋さんに見えた
>>続きを読む

はじまりへの旅(2016年製作の映画)

4.0

正しい教育とはなんぞや
と考えさせられる
なかなかに深い作品

家族の形は様々やけど
幸せなら良いのかなとも思う

長男のピュアな恋心シーンが秀逸。

インクレディブル・ファミリー(2018年製作の映画)

4.5

やっぱおもろいし
続編やけど完成度高め
ピクサーの中でも飛び抜けてセンスを感じるシリーズ

続編まだまだ見たい。

エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に(2015年製作の映画)

4.0

ずっとアホアホな感じやけでちょいちょい良い台詞がある
野球部特有のノリや団結力が微笑ましい。

スターシップ・トゥルーパーズ(1997年製作の映画)

4.0

テンポ良く見応えありあり
良くも悪くも人がバッタバッタサクサク進む

色んなテーマが隠された感じもおもしろい。

ムーンライズ・キングダム(2012年製作の映画)

3.5

ウェスさんらしい色使いと
可愛らしい世界観
ウェスさんの中では個人的に上位

良くも悪くもどの作品もおんなじように感じてしまう徹底した世界観。

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

4.5

劇場内があんなに笑いに包まれていたのは人生初
素敵な空間だった
ストーリーも伏線回収もお見事
しっかり感動ポイントまで入れてくるあたりがニクい

観れて良かった。

バトル・オブ・ザ・セクシーズ(2017年製作の映画)

3.5

当時の雰囲気を忠実に再現してるんやろなーという雰囲気が良かった
試合の動きもそうなんかなーと思いながら鑑賞
大きくテーマが2つあるので戸惑う部分もあるが実話なので説得力がある
結果が分かる展開ではある
>>続きを読む

アイズ ワイド シャット(1999年製作の映画)

3.5

終始ゾワゾワする感じ
結構心地良い

キッドマンめっちゃキレイ。

パティ・ケイク$(2017年製作の映画)

4.5

ラップも曲もカッコ良かった
ストーリーも良し
笑いあり涙あり友情ありラブあり家族愛あり

文句無し
かなり大好き。

ハッピーエンド(2017年製作の映画)

3.0

正直難しかった
そして改めてフランス映画の雰囲気は自分の肌には合わないのかなと感じた。

ブリグズビー・ベア(2017年製作の映画)

4.0

悪い人がいないわけじゃないが
みんなあったかい
そういう映画は嫌いじゃない
ベアちゃんがかわいい
妹の友達がセクシー
最後の方はホロリ。

万引き家族(2018年製作の映画)

4.0

納得の出来栄え
日本映画にありがちなオーバーな演出や演技を抑えて
非現実的な部分はありつつもリアリティにこだわった感じ
日本の映画でしか味わえないような侘び寂び
細かいユーモアなどがしっかり詰まってい
>>続きを読む

マイク・タイソン THE MOVE(2008年製作の映画)

4.0

性について結構ゲスい内容をシリアスなトーンで語るタイソンに吹き出さずにはいられなかった

いきなりのトイレで◯◯◯チオさせたは反則です笑

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)

4.0

見事に泣きまくった
後味の良さは尋常ではない
映画やから話がキレイすぎるとか抜きにして見てよかったと思える作品

はじめて友達が出来た時のワクワク感とか
ケンカして喋らんくなったりとか
懐かしい気持ち
>>続きを読む

マンマ・ミーア!(2008年製作の映画)

3.5

ABBAはとにかくすごい
聞いたことある名曲ばっかりや。

レディ・バード(2017年製作の映画)

3.5

ポケットに手ぇ突っ込みながらご両親に挨拶すなっ

最後の方グッと来る作品でした。

ナイスガイズ!(2016年製作の映画)

3.5

タイトルからも伝わってくるダサさが
狙ったダサさで絶妙に良かった

ラッセルクロウ太りまくりの味出まくり
娘ちゃんかわいい
ゴズリング安定。

彼の見つめる先に(2014年製作の映画)

3.5

おっさんになってきたせいか青春モノにめっぽう弱い
ええなーこーゆう時代ってなる

障害と同性愛
正直普通の恋愛であってくれと思ってしまった
なんだろう
難しいけど作品としては同性愛じゃなくても充分素敵
>>続きを読む

アイ, トーニャ 史上最大のスキャンダル(2017年製作の映画)

3.5

親であったりパートナーの影響は計り知れない
周りの人ってほんまに大事

色々あれど彼女が今幸せならいいのかなと思った。

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書(2017年製作の映画)

3.0

以前に見たが完全に睡魔との戦い
イマイチ入り込めず面白みは薄かった印象。

ザ・スクエア 思いやりの聖域(2017年製作の映画)

3.5

ちょいちょい謎は残ったが
先の読めない雰囲気で長尺ながらも飽きずに見れた
個人的に笑ってしまうシーンが数ヶ所あったが
笑って良かったのかどう見るのが正解やったのかも謎。

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

3.5

松岡茉優のハマり役
脇はベタなキャスティングやけど良し
後半ちょっとダレたかな
横のおじさんは常に爆笑していた。

フローズン・タイム(2006年製作の映画)

3.5

思いの外コメディタッチで見やすい
なかなか良かった。

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

3.5

ラブシーンが思いの外加速していく展開で後半ダレてしまった
基本映画におけるベッドシーンは短めでお願いしたいな
主人公はすごい魅力的やった
何よりイタリアの景色最高

オリヴァーのパンツの丈みっじか
>>続きを読む

シング・ストリート 未来へのうた(2016年製作の映画)

4.0

曲のクオリティが抜群
やっぱり学生時代の恋はピュアでいいなぁ。

女は二度決断する(2017年製作の映画)

3.0

やっぱりただただ暗い映画は苦手かなぁ
ダイアンクルーガーは相変わらず綺麗。

>|