コジマさんの映画レビュー・感想・評価

コジマ

コジマ

現実逃避で何が悪い

映画(367)
ドラマ(0)

大逆転(1983年製作の映画)

3.9

予定通りっちゃ予定通り、だけどお決まりでもいいドンデン返し。
良質なアメリカンドリームとシビアなアメリカの両方織り込まれている王道コメディ。
リアリティを脚本と映像で追求するのも悪くはないが、こういう
>>続きを読む

ワーテルロー(1969年製作の映画)

3.4

物量これでもかと注ぎ込んだ大作。
国民国家の名の下に流した血の量がヨーロッパのしたたかさに繋がっているのがわかる。
ロンドンのターミナル駅の名前になるくらいの熾烈な戦争だったんだなー。

ニューオーリンズ・トライアル(2003年製作の映画)

4.0

互いが法の埒外でぎりぎりの駆け引き。まずそれが単純におもしろい。
人間は脆くて弱いので、100回のうち99回は置かれた状況や囚われている感情に依存した判断をしてしまう(それは時として本当に救うべきもの
>>続きを読む

俺たちは天使じゃない(1989年製作の映画)

3.5

コメディ調なんだけどちゃんと人間讃歌でまとめているところが上手いなと。
まくし立てるデミ・ムーアがキュート、デニーロは最高w

ユナイテッド93(2006年製作の映画)

3.5

こういう映画を観て、すぐ「アメリカのプロパガンダだ」とか「アメリカの中東政策が〜」とか言う人間にだけはならないようにしようと思う。
ワケ知り顔で中立的なこと言おうとすると底の浅さが露呈するのは間違いな
>>続きを読む

ウィンストン・チャーチル /ヒトラーから世界を救った男(2017年製作の映画)

4.1

ゲイリー・オールドマン怪演。チャーチルの活躍した時代を文字と映像でしか知らなくとも、「かくありなん」と思わせる説得力。
言葉の威力とある種の怖さを十分に感じせしめる、議会演説。効果を考えた言葉の選択と
>>続きを読む

ラブソングができるまで(2007年製作の映画)

3.7

お決まりでもなんかいい映画ってのはやっぱりあるわけで。
オープニングの曲、ラブアクチュアリーのこの曲思い出した。ディスコ調?のこういう曲、結構好物。
https://m.youtube.com/wat
>>続きを読む

リアリティ・バイツ(1994年製作の映画)

3.4

事実と認識の違い、自分探しと自分探しをクサす自分。答えを出すことが成果だと今の時代ほどみんなが信じていなかった最後の時代。

ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン!(2007年製作の映画)

3.9

根深い田舎の闇、とか最後どうでも良くなる破天荒ぶり、最高のイカれっぷり

パシフィック・リム(2013年製作の映画)

3.8

ギミックが良い。エヴァ?笑
ストーリーはシンプル極まりなく、とにかくKAIJUに集中できる。
キャストがKAIJU連呼するのがちょっと笑える。

近距離恋愛(2008年製作の映画)

3.6

おうよ、王道だよリアリティの無いコテコテの結末だよ
いい感じにメンタル削られるドM向きのストーリーだよハーッハッハッハッ(ガラガラと崩れ落ちる音

ショーン・オブ・ザ・デッド(2004年製作の映画)

3.9

クイーンの流れる、とにかくシリアスさミニマムでアホのゾンビ映画w

コロニア(2015年製作の映画)

3.8

カルトもヤバいが国家という暴力装置の怖さがジワジワ滲み出る作品。
ルフトハンザのパイロット、最後の決断がとにかくかっこいい。
冷戦期アメリカの大いなる汚点。

ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦(2016年製作の映画)

4.1

邦題がイマイチなのはさておき、思わず鼓動が早くなり、口がカラカラになる切迫した展開。
ハイドリヒを襲撃した後の救いの無さ、陰惨な現実、裏切り、報復の狂気。かくも愚かしく正視できない事態を前に、人間を信
>>続きを読む

選挙の勝ち方教えます(2015年製作の映画)

3.7

こういう話を下品だという人もいて、確かにきれいな話ではないけれども毛嫌いするだけでいいんだろうか。
サンドラブロックがお尻出す必要あったのかは定かではないけれども、笑った。

謀議/コンスピラシー アウシュビッツの黒幕(2001年製作の映画)

4.1

血だらけでもなく人がバタバタ死ぬわけでもなく、さも正気であるかのような話ぶりが続く。しかし繰り広げられる会議の中身は狂気一色。
有能さや成功を一面的にとらえて猟犬のように突っ走る社会的エリートの陳腐さ
>>続きを読む

ロビン・フッド(2010年製作の映画)

3.6

イギリスの昔話っておもしろいよね。あとケイトブランシェットはこういう映画にほんとマッチするよね〜

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年製作の映画)

4.2

期待を裏切らない、最高の娯楽スパイ映画。ミンチのシーンはNGの人もいそうだけど笑、良い意味で前作からさらに調子乗って悪ふざけしたんではないでしょうか!
エルトンジョンが思ったよりフィーバーしてて(カメ
>>続きを読む

フロントミッション 革命の反逆者たち(2011年製作の映画)

4.2

ジャケットに騙されがちですがいわゆる「戦争映画」ではないです。もちろんスペイン内戦が伴奏役として大きな影を落としてはいるけれども。
己の中だけで響き続ける憤りややるせなさ、悔悟の念が人をどれだけ苦悩さ
>>続きを読む

聖トリニアンズ女学院 史上最強!?不良女子校生の華麗なる強奪作戦(2007年製作の映画)

3.0

イギリスっぽいエグめのジョーク、コリンファース演じるマヌケなエリートあたりがおもろい。

>|