るうLechattigreさんの映画レビュー・感想・評価

るうLechattigre

るうLechattigre

記録用です。

映画(557)
ドラマ(0)

普通じゃない(1997年製作の映画)

-

トレインスポッティングと同様のストーリー無視のダニーボイル監督のセンス映画。
何も考えず観るのが正解と思います。
スタイリッシュでめちゃくちゃww!
ユアンが馬鹿正直過ぎて笑えるし、全員憎めないキャラ
>>続きを読む

否定と肯定(2016年製作の映画)

-

2000年に実際にあったホロコースト否定の裁判。
実は覚えてて、裁判費用を全額スピルバーグが出したってニュースになりました。
驚いたのは英国の裁判システム。嘘だと訴えられた側が本当だと証明責任があるこ
>>続きを読む

ONE PIECE STAMPEDE(2019年製作の映画)

-

アンパンチを暴力的だ!と言うお母さまが見たら卒倒する殴り合い!!
今回はちょっと大味には大味で!みたいな。
ワンピースで大事なテーマは薄味だけどピリッとちゃんとあるから良かったです。

スターファイター 未亡人製造機と呼ばれたF-104(2014年製作の映画)

-

アメリカ文化が浸透してきた60年代の西ドイツ。F-104が運用されたけど900機中260機墜落。
前半戦闘機シーンがCGで物足りなさを感じたけど、後半の未亡人達の国との対立、ロッキード社との訴訟は面白
>>続きを読む

バリー・シール/アメリカをはめた男(2016年製作の映画)

-

犯罪もアメリカンドリームレベルの大きさですね。これだから90歳の運び屋も納得(?)
アメリカをはめた男と言うより、アメリカにはめられた男のほうがあってるかもね。
麻薬と戦争は儲かるぜって皮肉った作品だ
>>続きを読む

パスト&フューチャー 未来への警告(2018年製作の映画)

-

‪‪天才数学者が事件の謎を解く!って感じなんだけど、精神をすり減らすほどの数式じゃ無くてチョー単純。‬
‪事件も結局謎のままなんだけど、そこは放ったらかし。‬
‪スペイン映画だからって大目に見てもあか
>>続きを読む

ディール・ブレイク(2014年製作の映画)

-

‪アイスランドの犯罪アクション映画。‬
‪北欧作品ぽいずーっと不穏な空気を孕んでいて、あのヒリヒリ感が好きです。‬
‪ギャング、麻薬課、内務調査の三つ巴。‬
‪この作品でもセルビア人ギャング出て来るけ
>>続きを読む

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

-

北イタリアの素朴な夏の風景が素敵ですね!
人それぞれの人生だから少年が大人になる過程も人それぞれで、彼の場合はオリバーなんです。ギリシャ彫刻が中性的な魅力があるからそこが予兆だったんですね。LGBTは
>>続きを読む

ダブルヘッド・ジョーズ(2012年製作の映画)

-

厨二病患者が作ったとしか思えない!!ツッコミ出したらキリがない雑さww!!
雑なとこは見ないでおっぱいとサメだけ観てろ!!って空気感!!
好きです。

ザ・アウトロー(2018年製作の映画)

-

なぜ、ジ・アウトローじゃ無いの?って思ったけど、そんなことより50 Centが良くてビックリ!!
50 Centよりジェラルド・バトラーのほうが悪そうに見えるのはお互いの演技力です。
渋滞中の銃撃戦に
>>続きを読む

しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス(2016年製作の映画)

-

これは観て良かったと思える作品。
なんて素晴らしい作品なんでしょう!
必ずしも甘くほんわかじゃ無く幼少期から一族の恥と罵られた過酷な人生。
でも彼女の描く絵は幸せの記憶。
感じたことを言葉にするのが陳
>>続きを読む

僕のワンダフル・ライフ(2017年製作の映画)

-

劇場で観なかったのは、予告でほぼ内容がわかってしまったから後回しにしてたんです。
犬が飼いたくなるモフモフ映画!
犬目線で人間ってこんなふうに見えてるのかなって笑えて癒されました。

U・ボート(1981年製作の映画)

-

女性が殆ど出なくて海水に濡れた髭もじゃの男衆が密室で近い!!
POVの先駆的な作品かな。
水圧で鉄が軋む音、沈黙の髭もじゃ達。
どこかで聴いたことのあるBGM。
潜水艦映画の傑作!!
ああ、面白いww
>>続きを読む

クリムゾン・プラネット(2018年製作の映画)

-

密室、難解で何度も寝たけど何とか観ました。
人間の思考能力を超えたAIが未知の物体キューブに出会ってさらに進化して宇宙知能なるものになって、AIが人口知能を作ったのが………って結局人間要らんってお話で
>>続きを読む

ライオン・キング(2019年製作の映画)

-

BBCearthが子ライオンに密着し何年も掛けて撮り続けた……かの様なCGの素晴らしさにビックリ!!
毛並み、質感、風、砂埃、そして体温まで感じる気かします!
ストーリーはお馴染みだから今更言うこと無
>>続きを読む

マイティ・ソー ダーク・ワールド(2013年製作の映画)

-

マーベルシリーズを全部観たと思ってたら実は観て無かった作品。
ロキが強いアクセントになっててエーテルがどうとかどうでも良くなって、敵がプレデターみたいだなぁとかどうでもいいことに興味が行ってしまいまし
>>続きを読む

ワイルド・スピード/スーパーコンボ(2019年製作の映画)

-

薄いストーリーにド派手なアクション!カーアクションは名残程度でどつきあい!
コメディ要素多めでちゃんと笑わしてくれたし、この中にカッコつけのヴィン・ディーゼル入ってたら浮くんじゃないかな。
ヴァネッサ
>>続きを読む

マンチェスター・バイ・ザ・シー(2016年製作の映画)

-

いい作品でした!
最近困難に立ち向かって頑張って乗り切る熱い日曜企業ドラマにウンザリしてたけど、心の傷を負って癒えないままだけど、ゆっくり一歩づつ前に歩んで行く姿。
日常の悩みとユーモアのバランスが良
>>続きを読む

ウォリアー(2018年製作の映画)

-

オランダの実在した英雄レッドボットのお話。
フランク人対蛮族で蛮族目線だから反キリスト多いです。
でもテーマとしては強制的改宗より自由意志。賛美歌がまるで恐怖のテーマに聴こえて来ます。
オランダの原始
>>続きを読む

アルキメデスの大戦(2019年製作の映画)

-

予告で見ると大和の欠点を数学者が見つけて……って思ったら、当時の日本海軍の大和建造決定のお話。だから戦争映画じゃ無いですね。
大和建造は勿論知っているから反対派の櫂少佐が頑張ってどうなるんだろうって観
>>続きを読む

ANON アノン(2018年製作の映画)

-

押井守の攻殻、イノセンスの後、影響受けた作品多いけど、コレはサスペンス色強めで良かったです!
電脳ネット監視社会が悪いみたいに描かれてるけど、一番問題なのは容疑者でもSEXしてしまうクライヴ・オーウェ
>>続きを読む

グラビティ 繰り返される宇宙(2019年製作の映画)

-

繰り返さすってそこから?だいぶ前から繰り返すんですね。
宇宙って不思議。

ダンテズ・ピーク(1997年製作の映画)

-

007のピアース・ブロスナンとターミネーターのリンダ・ハミルトンの二人で噴火から逃げるんだから、大丈夫!って安心して観れますw。
この二人より凄いのがおばあちゃん!!ヒーローですね!!

スリープレス・ナイト(2017年製作の映画)

-

ジェイミー・フォックス!カッコイイ!!
ゴリゴリのリアルなアクションも良かったしミシェル・モナハンのアクションも見逃せないとこ。
ストーリーはありがちだけど、足手まといな身内はいなくて皆んなしっかりし
>>続きを読む

キリング・ガンサー(2017年製作の映画)

-

コメディのシュワルツェネッガーは久しぶりだけど面白かった!
何よりシュワちゃんが楽しそうw!後半だけだけどね。
でも楽しいバカガンアクション映画でした。
てか、評価低っ!私は好きです。

エリザベス∞エクスペリメント(2018年製作の映画)

-

マッドマックスFRのアビーリーカーショウはまさに人形みたいに美しいですね。
後半説明開始みたいで親切なのはいいけどいらないね。
オリバーが盲目なのは暫く気づきませんでした。もっと演技力を。

アイ, トーニャ 史上最大のスキャンダル(2017年製作の映画)

-

何か自己弁護のように見えたけど、スケートに対する愛と熱量を感じます。
スケートの採点は現在も難しいとこ。芸術点となるとイメージも加味されてたんだなと。
近年スポーツ選手のコンプライアンスも重視されてる
>>続きを読む

チャイルド・プレイ(2019年製作の映画)

-

前作と似て非なるもの。殺人鬼の悪霊ホラーじゃ無くて、もはやAIの暴走パニック?
でも殺人グロシーンは健在です!
チャイルド・プレイを現代版にリブートするとこうなっちゃったのね。
チャッキーの怖いとこは
>>続きを読む

ダークサイド(2018年製作の映画)

-

えーっと良く言えばデビッドリンチのオマージュの効いたサスペンス。
悪く言えば雰囲気パクって訳分からない人の集まり。
ニコラス・ケイジだから観たけど。
ロビンタネイ久しぶりに見たね。

ローマンという名の男 信念の行方(2017年製作の映画)

-

デンゼル・ワシントンとコリン・ファレルのガチの演技がとても良かった。流石です!
イズラエルも個性が強くてキャラが良かったのにストーリーが淡白に感じた。
題材もいいのにちょっと勿体ない感じです。

スカイライン-奪還-(2017年製作の映画)

-

前作はまあまあくらいの作品でした。
この作品、最初はそれなりにシリアスだったけど、その後はエイリアンとプレデター、レイド、パシリムを鍋に入れてゴチャゴチャにした感じw!めちゃくちゃ褒めてます!!
とて
>>続きを読む

ベン・イズ・バック(2018年製作の映画)

-

ワイドショーでしか薬物依存症を知らない私には衝撃でした。
薬物依存から立ち直ろうとするたった一日がこれ程難しく大変なのか!
家族の無償の愛しか術は無く「依存者の言葉は信じるな」そこに一切の甘え無し。
>>続きを読む

トイ・ストーリー4(2019年製作の映画)

-

楽しい!可愛い!面白い!
勿論おもちゃ達の冒険活劇です!
使命感と自由の2つの考え方あるけど対立ではなく子供達を楽しませる思いは一緒。
お気に入りはバニー&ダッキー!このコンビ最高w!
ホラー要素がマ
>>続きを読む

アマンダと僕(2018年製作の映画)

-

久しぶりのゆったりとした時間の流れのフランス映画。
アパート管理と枝打ちの仕事をしながら姉母娘と生活するダビッド。
そんな平和な生活を一変する出来事。
観ている私も何が起こったのか動揺してしまいました
>>続きを読む

ストレンジャーズ 地獄からの訪問者(2018年製作の映画)

-

頑張れば倒せそうなのにビビって全然ダメな家族。マスク被った殺人者達に武器的優位に立ってもそれを使いこなせないなんてドジとしか言いようがないです。
平和主義も程々に。

ゴーゴリ 暗黒の騎士と生け贄の美女たち(2017年製作の映画)

-

ロシア版スリーピーホロウって感じ?
雰囲気は好き。
三部作だから次に期待です。
ラストに笑えて、ダークな感じが……。

>|