あさみさんの映画レビュー・感想・評価

あさみ

あさみ

白蛇:縁起(2019年製作の映画)

3.7

ロミジュリ×アナ雪×中華風

狐の妖怪の「宝青坊の主」が一番好き。
映像が、とても綺麗でオリジナリティに溢れてた。

プロミシング・ヤング・ウーマン(2020年製作の映画)

3.8

レイプがひどい行いだと「わからせる」ための復讐なので、観る側からすると物足りなさはある。でも、こんな復讐劇もあるのだと思った。
ラストは、自らを持ってして復讐したのかな。

ピーターラビット2/バーナバスの誘惑(2020年製作の映画)

3.0

世界観……すでに原作とかけ離れてるよ。
今度は、マクレガーさんが常識ある人に見える。

夏への扉 ―キミのいる未来へ―(2021年製作の映画)

3.6

30年後の世界で、黒幕に行き着くまでの情報が少なくて、若干置いてきぼりに。
でも、悪役以外は皆良い人ばかりで全体的に可愛らしい印象。

宗一郎は、最終的に87歳ということか…。
猫のピート可愛い。

竜とそばかすの姫(2021年製作の映画)

3.5

音楽と歌唱力、素敵だった。

美女と野獣へのオマージュ?にしても、人物だけ入れ替えたお城シーンの構成はコピーと言うのでは………。
仮想ラストが壮大だっただけに、現実ラストもやもや。

ブラックバード 家族が家族であるうちに(2019年製作の映画)

3.6

「自分らしく」あるための安楽死。
難しいテーマだなぁと思うけど、実際に直面した人達の葛藤や現状を見聞きすると、そういう配慮も必要だと思ってしまう。

それにしても、カッコいい豪邸だった。

シャイニー・シュリンプス!愉快で愛しい仲間たち(2019年製作の映画)

3.6

司会者が「レディース&ジェントルマン&トランスジェンダー」って言うの好き。

ゲイの集まりだから能天気って偏見だよね。同じ人間だし、マイノリティってことがプラスされるだけでも、悩みって尽きないと思う。

ライトハウス(2019年製作の映画)

3.3

ホラーというより、ひたすら病んでいくのを見せられてる感じ。

スーパーノヴァ(2020年製作の映画)

3.7

お互いを思いやってる姿に胸を打たれる。
同性愛者ゆえに老後、その後の悩みに直面してしまうというのは新しいテーマだと思った。
でも、同性愛者ということが気にならないくらい自然な二人だった。

認知症って
>>続きを読む

1秒先の彼女(2020年製作の映画)

3.6

1秒先を行くシャオチーはバレンタインの1日が無くなり、1秒遅れるグアタイには1日が与えられる。ってことか。
二人の間には、2秒の距離があって人生が交差しなさそうだけど、帳尻を合わせるときに歯車が回りだ
>>続きを読む

唐人街探偵 東京 MISSION(2020年製作の映画)

3.2

日本のイメージ!(呆)
ちょっと時代遅れじゃない?偏見ありすぎで失礼じゃない?と思った。

ストーリーは面白いし、あの洞察力や対処法は新しいなと思っただけに、ちょっと残念。
あと、お盆(夏)にあの衣装
>>続きを読む

ザ・ファブル 殺さない殺し屋(2021年製作の映画)

3.7

どんどん岡田准一が無敵になってく……。20年後、30年後トム・クルーズみたくなってそう。

ジャッカルいいな。
個人的には、もう少しファブルのお茶目シーンあって欲しかった。

バケモノの子(2015年製作の映画)

3.7

誰しも1人で生きて成長してる訳じゃない。
そして、弱いところと向き合って抱擁できた者が強さを持てるんだなぁ。

キャラクター(2021年製作の映画)

3.8

Fukaseがはまり役というよりも、危うい部分を露出させたらこんな感じというキャラクターだった。
山城は、犯人や刑事だけでなく、マンガや家族にも常に何かに怯えてる風に見えた。

るろうに剣心 最終章 The Beginning(2021年製作の映画)

3.7

始まりに相応しい最後だった。
終始剣心が伏し目がちなの気になる……

いのちの停車場(2021年製作の映画)

3.4

ひたすら、死と生と向き合う作品。
ラストの安楽死くだりは、ストーリーの流れやそれまでの医師としての咲和子から考えるとちょっと違和感を感じた。

ブルーヘブンを君に(2020年製作の映画)

3.4

馴れ初めは悲しくも素敵だった。
ブルーヘブンは題名にもなってるけど、あまり触れられずもやもや。

映画 賭ケグルイ 絶体絶命ロシアンルーレット(2021年製作の映画)

3.6

桃喰が「あなた面白くないのよ」ってセリフ、全くその通りだと思った。
蛇喰と桃喰がテーブルに座ってプレイしてるの貫禄があってカッコ良かった。

Mr.ノーバディ(2021年製作の映画)

3.7

そういうことなら強いはずだわ。
題名にも納得。
父親との関係面白い。

グリーンランドー地球最後の2日間ー(2020年製作の映画)

3.5

自分が同じ状況になったとき、どう行動するだろうか?とばかり考えながら観てた。
そして、無駄に非常時の備えを確認してしまった。

カムバック・トゥ・ハリウッド!!(2020年製作の映画)

3.2

前半心折れて途中退場したくなるけど、悪巧みしてからの後半が面白い。

漁港の肉子ちゃん(2021年製作の映画)

4.0

肉子ちゃんみたいな、おおらかさ良いな。
それにしても、トトロ愛が強い(笑)

クルエラ(2021年製作の映画)

3.6

カッコいい。センセーショナルな登場と奇抜だけどセンスいいファッションもあってより引き立ってる。
ただ、アニメ映画から102までの映画とやや辻褄合わなくない?

HOKUSAI(2020年製作の映画)

3.7

北斎って自分の絵を見つけるまでは苦労してたんだと初めて知った。
それからの描き方は狂気が宿って見えた。

るろうに剣心 最終章 The Final(2021年製作の映画)

3.8

刀×刀の一騎討ちの戦いだったから、スケールとしては過去作品よりおとなしめな印象。
その分、アクションが壮絶。

砕け散るところを見せてあげる(2021年製作の映画)

3.7

狂気がヤバい。
いじめられっ子を救って恋愛して~くらいの想像で観たら戦いた。衝撃。

ドリームランド(2019年製作の映画)

3.3

どちらも必死だったから、アリソンには終始小悪魔で余裕見せててほしかったかな。でもマーゴット・ロビーは美しかった。

劇場版シグナル 長期未解決事件捜査班(2021年製作の映画)

3.8

過去と現在が一つの無線機で繋がることで、過去の事件も現在の事件も解決できるって発想が好きだな。

劇場版 奥様は、取扱い注意(2020年製作の映画)

3.6

ドラマ見てるからか、安心して見れるアクション映画だった。
お茶目シーンがちょいちょい入ってるの良い。

トムとジェリー(2021年製作の映画)

3.3

いやいや、それはない。とツッコミつつ観賞。
トムとジェリーがメインと思えども、ストーリーがなんとも……。
クロエ・グレース・モレッツは可愛い。

ソング・トゥ・ソング(2017年製作の映画)

3.0

詩とアートの映画。
こういう雰囲気は嫌いじゃないけど、観る側に理解を委ね過ぎてる印象。

モンスターハンター(2019年製作の映画)

3.7

さすがミラ様。不死身でした。
モンスターがカッコいい!
続編ありそうな……?

ファンタジア(1940年製作の映画)

3.6

リバイバル上映

この時代の手法としては革新的だったのかなぁとか思いつつ観てた。
音楽のタイプ、イメージなど初心者への教科書みたい。

>|