あさみさんの映画レビュー・感想・評価

あさみ

あさみ

映画(91)
ドラマ(0)

サムライせんせい(2017年製作の映画)

3.5

市原隼人の表情とか声とかピッタリだった。

土佐の言葉好きだな。

エンジェル、見えない恋人(2016年製作の映画)

3.5

相手の全てを愛せるか?

人ってやはり見かけや身に付けている物なども判断材料になってる。
相手の本質を見極め愛すって結構難しいことなのかもしれない。

聖☆おにいさん(2018年製作の映画)

3.0

フフッと笑ってしまう。
キャスト良かったけど、もう少し老けてる俳優さんがやったも面白かったかな。

しかし、このテンポで漫画、アニメ、実写とくると少しマンネリ感ある……。

SUNNY 強い気持ち・強い愛(2018年製作の映画)

3.8

懐かしい!
そうそうこんなだった!
ってリアルタイムだった人は思ってしまう。
ルーズソックスで、プリクラで、読モで、厚底で、チョベリグ(笑)
安室ちゃんの引退に合わせたかのようなタイミングも良かった。
>>続きを読む

MEG ザ・モンスター(2018年製作の映画)

3.5

荒らしちゃいけない範囲ってありますよね。

ジェイソン・ステイサムはきっとトム・クルーズを目指していると思われる。

日日是好日(2018年製作の映画)

4.2

心が穏やかになる。
生きるって色んなことがあるけど、大変なことも乗り越えて自分の感情も自分のものとすることができるのかな。

古い民家と思いきや、座敷の佇まいや庭の風景、掛軸、茶器、所作の至るところに
>>続きを読む

プーと大人になった僕(2018年製作の映画)

4.0

「何もしないことが素晴らしい何かにつながる」
それがわかる大人になりたい。

字幕がオススメ。
吹替は、ユアン・マクレガーが堺さんにしか見えなくなってくる(笑)
ディスティニー鎌倉ものがたりの口調その
>>続きを読む

オーシャンズ8(2017年製作の映画)

3.9

オープニングのデビーが瞬く間にゴージャスになっていくのが楽しい。
悪いことしてるのに感心してしまう。でもそれが朝飯前なのがカッコいい。

出演者が豪華&華やかで、見てて楽しいしスカッとする。

雨に唄えば(1952年製作の映画)

4.2

つい見入ってしまう。
スピード感あるダンスシーン、チャーミングなジーン・ケリー、音楽もストーリーも最高!

また見たくなる映画。

バオ(2018年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

夫婦仲が微妙なところに肉まん登場。
でも、実は肉まんは二人の息子だったというオチ。

夫婦仲微妙なのに子供は生まれていたという、ストーリーがちょっとちぐはぐな気もする。

でも可愛くて憎めない。

ミッション:インポッシブル/フォールアウト(2018年製作の映画)

4.5

さすがトム・クルーズ!
次から次に降りかかるミッションもアクションも息つく隙を与えてくれない。

でも一番好きなのは、バイクに乗ってる姿。

インクレディブル・ファミリー(2018年製作の映画)

3.8

ヒーローにも家族がいて、家事育児があって、正義を押し通せなかったり、悪に利用しようとする人だっているよねって、アニメながら現実も感じる。

ピース・ニッポン(2018年製作の映画)

3.5

美しくて神秘的。

もう少し、色んな角度や見方があってもよかったかな。

花火が綺麗だった。

未来のミライ(2018年製作の映画)

3.0

家族の歴史と成長の物語?
唐突に未来・過去にトリップするような感じ。
はじめは脈絡がなくて、もう少し起承転結がほしい……。
クンちゃんの声の違和感は否めない。

湯を沸かすほどの熱い愛(2016年製作の映画)

4.0

タイトルなるほど!

母は強し。そして熱い愛に溢れている。

ピーターラビット(2018年製作の映画)

3.6

ピーターがちょっとぶっちぎり過ぎかなという印象。
ニワトリがナイス!

家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。(2018年製作の映画)

3.5

夫婦のカタチや考え方って十人十色。
でも、自分たちだけのカタチにしていけるのが夫婦だよね。

死んだフリのレパートリーが多くて笑った。

犬ヶ島(2018年製作の映画)

4.0

この世界観好き。
独特で閉鎖的で打ち破ろうともがきまくる。
声優が豪華すぎて!日本人も器用されてるのが素敵。

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)

4.1

登場人物のいろんな視点から描かれているから、それぞれの悩みや葛藤がよりリアルに感じられる。
ジュリア・ロバーツが言っている通り、こういう一つの家族があるというサンプルとしての映画。

夜は短し歩けよ乙女(2017年製作の映画)

3.5

近道をしているような、遠回りをしているような。
でも、最後はあなたの元へつながってるいるのですね。

50回目のファースト・キス(2004年製作の映画)

3.9

ドリュー・バリモアのチャーミングな笑顔とアダム・サンドラーの底抜けに陽気なところにノックアウトされてしまう映画。

50回目のファーストキス(2018年製作の映画)

3.8

主人公の二人はオリジナルのまま。
口説きかたやリアクションもそのままに演じてる。
二人を取り巻く人々に前作との差をもたせたのかな。
シリアスな場面でも、佐藤二朗やムロツヨシが勇者ヨシヒコばりの口調で話
>>続きを読む

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

4.0

見逃したくないと目を凝らすけど、一気に情報が押し寄せる。
そういう世界って遠いような近いような恐いような。
でも、ワクワクもするよね。

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

4.0

甘酸っぱくて、ほろ苦くて、美しくて、切なくて。
その匂いだったり、手触りだったり、五感全部で観てると気づかされる。

ボス・ベイビー(2017年製作の映画)

3.3

視覚的にもサウンド的にもオモチャ箱をひっくり返した感じ。

>|