mizutamaさんの映画レビュー・感想・評価

mizutama

mizutama

映画(2012)
ドラマ(0)

THE GUILTY/ギルティ(2018年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

発想と脚本次第で低予算でも魅せる映画は創れるって感じ。
著名人の方々が大絶賛されてるけど、そこまでとは思わない。

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

3.2

このレビューはネタバレを含みます

アカデミー作品賞かな⁇
監督賞は認めますが。
コレならパンズラビリンスのほうがもっと評価されて欲しい。

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

3.9

映画館でラストのLIVE AIDの再現力凄いなぁ、フレディとブライアン役はアカデミーノミネート候補やろなぁとか思いながら帰宅して本物のLIVE AIDをYouTubeスマホの小さな画面で再見してみたら>>続きを読む

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

4.1

内容事前情報無しで鑑賞。
前半の本編シーンで出ろうかと思いましたが後半でそういうことなのね。と納得。

映画的な笑いよりコント的な映画かと。

へレディタリー/継承(2018年製作の映画)

4.1

70年代にブーム巻き起こしたオカルトホラー映画を蘇らせた感じで懐かしい怖さが新鮮でビビった。

※荘厳なエンディングが笑っちゃうくらい大好き。

牯嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件 デジタル・リマスター版(1991年製作の映画)

4.1

BBC選出の21世紀に遺したい映画100本の台湾代表作品。
4時間の長丁場も見終えたあとはこの長さにも納得。

※コッポラの「アウトサイダー」を思い出した。

マドモアゼル(1966年製作の映画)

3.9

ジャンヌモローの胸糞女もですがモノクロ映像と構図の美しさがなんとも。

71フラグメンツ(1994年製作の映画)

4.2

感情の氷河期3部作で見逃してた今作やっと見れた。
観る者に迎合しない、挑戦的で挑発的な作風ですがこちら側に自由な発想で考えさせる余地を与える稀有な映像作家。
ハネケファンならこの映画が誰が監督かを知ら
>>続きを読む

早春(1970年製作の映画)

3.8

当時ポール・マッカートニーの婚約者だったジェーン・アッシャーのツンデレ感と黄色のレインコート、ペンキの赤とラストの血。

※CAN♬

ミッション:インポッシブル/フォールアウト(2018年製作の映画)

4.5

トム・クルーズに感服。

かなりハードル上げての鑑賞でしたが、56歳トム・クルーズほんと斜め上を行ってくれました。
今作もシリーズ最高‼︎ 2時間半のジェットコースターは降りたあとどっと疲れが(イイ意
>>続きを読む

ビリディアナ(1960年製作の映画)

4.3

変態監督ルイスブニュエルのカトリック冒瀆作。色々あり過ぎてそりゃ上映禁止になるわな。

※シルビアピナルの太もも。

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

3.9

まさかのJSBXのベルボ〜トム‼︎
ベルボ〜トム‼︎とマイフェイバリットバンドのオープニングで胸熱。
FOCUSのホーカスポーカス♬の銃撃戦シンクロ他、レッチリのフリーもチョイ役とロックファンには堪ら
>>続きを読む

抵抗(レジスタンス)-死刑囚の手記より-(1956年製作の映画)

3.9

ブレッソン渾身の実話映画。
秘密国家警察本部に連行されてから死刑宣告後のラストまで30分の緊迫感が。

ブレインデッド(1992年製作の映画)

4.1

噂にたがわぬグチャドロ炸裂。
ピージャクにリメイク願う‼︎CG無しでね。

レディ・バード(2017年製作の映画)

4.0

シアーシャローナンが全て‼︎‼︎
彼女じゃなかったら高評価は無いなぁ。

ファイナル・カット(2012年製作の映画)

5.0

映画ファン必見‼︎
次々とワクワク感が堪らない。
ラストのゲイリーオールドマンのオチも。

ブラッドピットがネクタイ締めるとこがイイね。

クワイエット・プレイス(2018年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

トマトメーター、IMDbの評価が高いホラー映画やけど、結構ツッコミ所満載

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

4.0

予備知識なく鑑賞。
醸し出す人間関係の雰囲気がさながらコーエン兄弟作⁇かと見紛う秀作。
サムロックウェルが素晴らしい‼︎

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

4.7

なにこの映画凄すぎ。スピルバーグ映画と共に育って来た年代にはオマージュ全部出しの最高の映画。
スピルバーグに映画監督として初のノーベル賞を‼︎

※スタンリーキューブリック監督の「シャイニング」を見て
>>続きを読む

レゴバットマン ザ・ムービー(2017年製作の映画)

4.6

このシリーズは前作同様に吹替で鑑賞必至かと。
小島よしおのロビン役がどハマりでおパピーでした。

>|