アンドウ

アンドウ

96'

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

-


アートディレクションがよい

最近の映画にアイリス・アウトを使うとこんな風になるんだ、と思った 良かった

ムーンライト(2016年製作の映画)

4.5


いじめ、ネグレクト、薬、LGBT、ブラックなど現代の社会で問題となっていることがたくさん含まれていながらも純粋な映画だった

ぐるぐる回る映像は切迫感がありドキドキさせられた 面白い技法

この映
>>続きを読む

百万円と苦虫女(2008年製作の映画)

-


彼女が言った秘密と彼が言えなかった秘密の結末が繋がらなかったのが不器用でよかった

たかが世界の終わり(2016年製作の映画)

-


変わらずのテーマである (すこし偏った? )愛の表現はこちらが苦しくなるほど

家族だから言えること言えないこと
気づくこと気づかないこと
そういうのがあるから難しい

役者の表情が細かく映るようア
>>続きを読む

人類遺産(2016年製作の映画)

-


人が作り上げたもののおかげで自然の美しさが際立つこともある

名演小劇場にて

プール(2009年製作の映画)

-


スイミング・プールと画角がかぶる感じがした

このシリーズの加瀬亮は最高です

神のゆらぎ(2014年製作の映画)

-


時系列とかはかなり交差しているけど 人物がよく表現されているからなのか わかりやすい

ドランは幸薄い男子似合う

最後のところ 字幕がなければもっとグッときたかもしれないと思った

カメ
>>続きを読む

トイレット(2010年製作の映画)

-


欲求に理由を求めるのは無意味だ

もたいまさこのセリフはたった2言っていうね

シュールな終わり方でよかった

ふきげんな過去(2016年製作の映画)

-


わたしにはちょっとハマらなかった
女の子、なんでなんでって煩い

二階堂ふみの不機嫌な喋り方はすき
セリフがよい
高良健吾の謎の男感もよい

かもめ食堂(2005年製作の映画)

-


テキスタイルに目がいく
マサコさんが着てたワンピースが欲しい

闇金ウシジマくん Part3(2016年製作の映画)

-


舞台挨拶付きで見ました。
本郷奏多〜〜〜!って感じでした

浜野さんの演技、すごい。

世界の果ての通学路(2012年製作の映画)

-


通学路を通して家族や友人との深い絆が見えた作品でした

出演している子供たちはキラキラしていて羨ましい

リップヴァンウィンクルの花嫁(2016年製作の映画)

-



長い、かと思いきやするっと観えてしまいました カメラの角度、まわし方とクラシック音楽のあわせ方がすばらしい

黒木華の素朴さのなかにある美しさ

綾野剛の安定感抜群の演技 優しそうに見えてゾッ
>>続きを読む

リリーのすべて(2015年製作の映画)

-


美しいひとばかり出ていて映像自体も絵画作品のようで、映像に男性の時は青白いフィルター、女性になってからはオレンジのフィルターがかかっていたことは現実味を強くさせる

沼地は僕のなかにある、という言葉
>>続きを読む

俳優 亀岡拓次(2016年製作の映画)

-


ストーリーはよくわからずという感じだけど、俳優、安田顕がよく表れていたような気がする

エンドロールの字幕がなみなみしてたの、よいです

タイピスト!(2012年製作の映画)

-


人物、服、色遣いすべてがかわいい作品

ローズの憎たらしさと可愛さと純粋さにはルイ以外も心打たれるはず

終始タイピングって指がつりそうだな〜と思ってみてました

天才スピヴェット(2013年製作の映画)

-


水滴がすばらしいのは最も抵抗の少ない経路をたどること。人間はまったくもって、その逆だ

名言がたくさん

ツバメの話、すきです

君の名は。(2016年製作の映画)

4.0


RADが音楽をやっているので鑑賞


新海誠作品は初鑑賞ですが映像の綺麗さに驚いた 特に太陽の光の入り方
歌とも合わさってかなり鳥肌がたちました

すべてつながっている
しかし気になるところが多
>>続きを読む

アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅(2016年製作の映画)

-


日本行きの飛行機にて

前作を観ていたんですが結構忘れてしまっていたので船長?って感じになってしまったけれど

ジョニーデップの表情作りはすき

ズートピア(2016年製作の映画)

-


ホノルル行きの飛行機にて

アニメーションはやはり苦手意識あるけど面白かったです

X-ミッション(2015年製作の映画)

-


自然の美しさを映像がとても綺麗にとれている

エンドロールがよい

>|