如蓮さんの映画レビュー・感想・評価

如蓮

如蓮

映画(423)
ドラマ(96)
アニメ(0)

女王陛下のお気に入り(2018年製作の映画)

3.8

オリビア・コールマン、エマ・ストーン、レイチェル・ワイズの怪演。なかでもアン王女演じるオリビア・コールマンはアカデミー賞で主演女優賞もうなずけるほどの演技でした。特にラストの演技は今まで偽物のようだっ>>続きを読む

生きろ 島田叡 戦中最後の沖縄県知事(2021年製作の映画)

3.8

「ハクソー・リッジ」から興味わき、テレビ番組でも見た沖縄戦。テレビ番組でも南下する事によって更なる犠牲者が出た事、日本軍の横暴さを言っていたが、より詳しく述べていた。島田叡市長について写真や書類があま>>続きを読む

レジェンド・オブ・パール ナーガの真珠(2017年製作の映画)

3.0

中国のファンタジーアクションものって好きです。全体的に普通に面白かったです。ただ他の作品と比べても全てにおいて普通でした。

最/終/感/染 ~アンチ・ソーシャル(2016年製作の映画)

1.9

続編とは知らずに視聴。続編だからなのか、どうだかわからないが、前作の説明もなく始まって、レッドルームから感染という事だけ理解しながら見てた。そしてラスト、結局なんだったんだと思いながら終わってしまった>>続きを読む

王様の事件手帖(2017年製作の映画)

3.3

韓国ドラマ16話ぐらいをギュッと詰め込んだような映画。王様と家臣がボケとツッコミしてて面白かった。

トロール(2022年製作の映画)

2.9

なんか不思議なものをみた映画。これがトロールか〜とゴジラを初めて見た時の気持ちになりました。ラストもおっ!と思ったら、以外にあっさりとした主人公さんにビックリしながら終わってしまいました。

フリー・ガイ(2021年製作の映画)

3.9

ゲームの中のモブが主人公とは面白い。全く情報も見ないまま見始めたので、最初は何で同じ日を繰り返し見ているのだろうと不思議に思った。それでも自我が芽生え始めたあたりからは面白さ倍増、キャプテンアメリカの>>続きを読む

マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー(2018年製作の映画)

3.6

前作より好きだったかも。若きドナ役のリリー・ジェームズも良かった。そしておばあちゃんがシェール。ラストはなかなか素敵でございました。ドナのポジティブさがストーリー全体を輝かせている映画だと思いました。

マンマ・ミーア!(2008年製作の映画)

3.4

メリル・ストリープは何させてもハマります。アマンダ・セイフライドも可愛い。しかもABBAの曲でテンション上がる。ストーリーは捻りも欲しかったとこですがミュージカルなんでこれで良いのかと。

#生きている(2020年製作の映画)

3.2

ユ・アインとパク・シネ&ゾンビという事で見てみた。ストーリーの着眼点は面白いと思うのだけど、食料・水ないなかで小綺麗なのはいささかどういったものだろうと思ってしまった。

ブリジット・ジョーンズの日記(2001年製作の映画)

3.5

ブリジット演じるために太ったレネー、さすがです。ドジでお茶目でちょっとぷっくりしてて、応援せずにはいられなかった。ハッピーになれる映画。

THE FIRST SLAM DUNK(2022年製作の映画)

4.1

バスケットマンだった私にとって唯一無二の漫画「スラムダンク」見逃せるわけありません。アニメは子育て中でところどころしか見てないので、声優問題も全く問題なし。漫画で試合の部分は知っているのに、鼓動はドキ>>続きを読む

ホリデイ(2006年製作の映画)

3.8

ハッピーになれる映画。キャメロン・ディアスはもってこいの役柄、ケイト・ウィンスレットは真面目な役が多くて眉間に皺寄せてるイメージが強かったのですが、この映画のアイリスではとても可愛くて、新たな一面を知>>続きを読む

ブーリン家の姉妹(2008年製作の映画)

3.5

歴史の勉強になりました。エリザベス1世誕生の裏にはこのような事があったのですね。歴史は当然過去の事なのでどこに焦点を当てるかによって描かれ方も違ってくるとは思いますが、同じ女性目線という事もあって面白>>続きを読む

新解釈・三國志(2020年製作の映画)

2.8

三国志×福田雄一で期待し過ぎました。あまりにも福田雄一らしさ全開過ぎました。貂蟬の部分は笑えたし、大雑把には道筋外れてはいませんでした。ただ三国志に出てくる人の名前だけが一人歩きしてしまった感で残念で>>続きを読む

食べて、祈って、恋をして(2010年製作の映画)

3.3

題名通りの映画でした。人生こういった思いつきでの行動も必要かとは思うが、ジュリア・ロバーツ演じるリズがもっと厚みがあれば良かったのではと思う。原作読んでみたいと思った。

ジャングル・クルーズ(2020年製作の映画)

3.4

冒険物は面白い。しかしながらストーリーの流れは「パイレーツ・オブ・カリビアン」と同じなのがちょっと残念ではある。ドウェイン・ジョンソンの親父ギャグはツボだった。

バリー・シール/アメリカをはめた男(2016年製作の映画)

3.1

友達がトム大好きで見に行った作品。実話とは思えないようなCIAが出てきたり、それを騙したりと、ビックリな話だった。残念ながら、これはトムでなくても良かったのでは?と思えた。まあトムが出てなかったら見に>>続きを読む

決算!忠臣蔵(2019年製作の映画)

3.5

忠臣蔵好き。それをお金の面から捉えてるのだから面白くないわけないんだけど、ラストが残念〜討ち入ってよ〜。大石蔵之介演じる堤真一は正直言って「大河への道」と同じ感じがして、よく言えば安定、悪く言えばマン>>続きを読む

ミザリー(1990年製作の映画)

3.7

キャシー・ベイツ演じるアニー怖すぎるけど、実際にありそうなお話なのも怖かった。やっぱり生きている人間が一番怖いという事でしょうか。さすが
スティーブン・キングな映画でした。

ジュリー&ジュリア(2009年製作の映画)

3.5

料理が美味しそうな映画でした。ジュリーとジュリアが目標に向かってやり遂げる姿はとても良かった。しかもメリル・ストリープ演じるジュリアがお茶目。でも一番目を引いたのはジュリアがやたらでかい。気になって検>>続きを読む

7番房の奇跡(2019年製作の映画)

4.2

韓国番同様涙なしには見れなかった。7番房のおじ様達が素敵すぎて、個人的にはこちらの方が好きだった。オヴァも目がクリクリしてて可愛いし、この可愛らしさで「どこが悪いの?」って聞かれたら正直に答えずにはい>>続きを読む

幼い依頼人(2019年製作の映画)

3.8

心削られてる感覚の映画でした。全体的雰囲気は「トガニ」に似ていた気がします。継母役のユソンの迫力ある演技が怖くて怖くて。ラストは自分も傍聴席にいるような感覚になりました。

スランバーランド(2022年製作の映画)

3.4

「モモ」や「ネバーエンディングストーリー」にも似たファンタジー映画。
このような童心にかえれる映画はいいですねぇ。

日本のいちばん長い日(2015年製作の映画)

3.6

玉音放送が流されるまでの時間を描いている映画、当初は戦争ものだし、暗そうだしと興味はありながらも見ていなかった。キャストは豪華だし、面白かったというのは不謹慎だと思うしこれが全てではないと思うが、歴史>>続きを読む

ワンダーウーマン(2017年製作の映画)

3.7

ガル・ギャドット美しい。ストーリーは直球だから見やすかった。「僕は今日を救う。君は世界を救え。」にはグサっとハートやられました。

マスカレード・ホテル(2019年製作の映画)

3.4

テレビにて視聴。コミカルさも取り入れ、面白かったです。キャストも良かったし2時間もあっという間だった。泊まることしかない私ですが、宿泊施設の裏側は色々あるんでしょうね。

地獄の花園(2021年製作の映画)

3.3

絶対にないない映画だけど、切り口は面白い。こんなOL会社が許さなーい笑笑。しかしアクションも橋本環奈の某作品よりは良いと思う。各それぞれに演じる人達も個性豊かに見せてて良かった。何も考えず楽しめる映画>>続きを読む

母性(2022年製作の映画)

4.0

小説未読。娘、母親、祖母という立場を味わっている自分には響いた。自分にとっては少し極端だと思うところもあったけど、母性という題名そのものな映画だった。「告白」のような殺人はなかったけど、母性についてよ>>続きを読む

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

3.8

同監督の「アス」を先に見たんだけど、他の方のレビューにもあった通りこちらの方がスリルとドキドキ感が違う。見せ方は「アス」と同じだったけど、ストーリーがよくできてるんだろうなぁ。

THE WAVE ザ・ウェイブ(2015年製作の映画)

3.0

こういう津波も考えられるのだと思わせれた。音楽も控えめな分、その他の水の音とかが恐怖を誘います。ノルウェーのフィヨルドは美しいですね。

ドリームプラン(2021年製作の映画)

3.8

ウィリアムズ姉妹が有名になった背景にはお父さんが深く関わっていたのですね。プロになるまでの道のりの中で、お父さんの独断が凄すぎて、見ている方も”なんだこの父親は!”とも思ったけど、それにも深い訳があっ>>続きを読む

アバター(2009年製作の映画)

3.5

映画館で見なかったことを後悔する〜。テレビで見ても映像も音楽も素晴らしい映画(映画館で見てたら評価は↑だったと思う)。強いて言うならストーリーにひねりが欲しかったぐらい。でもさすがにジェームズ・キャメ>>続きを読む

プラダを着た悪魔(2006年製作の映画)

3.8

ファッション見てるだけでも楽しい映画。しかしながら自分の年齢、社会的立場を考えるとミランダ的視点が凄いなぁと思える。とにかく元気もらえる映画で大好きです。

キラーナース その狂気を追跡する(2022年製作の映画)

3.2

「グッド・ナース」のドキュメンタリー。ほぼほぼ内容は同じだが、当事者たちが語る内容の方がよりリアルで生々しい。映画では動機については語られていないとなっていたが、ラストでは取り調べ中に動悸を述べている>>続きを読む

バイオレンスアクション(2022年製作の映画)

2.8

原作未読。残念過ぎる映画だと思います。ストーリーもそこそこいいし、キャラも中々良かったのと思うのに、なんせ肝心のアクションが早送りと無駄なカットの多さに誤魔化されてもったいない映画でした。

>|