バス行っちゃったさんの映画レビュー・感想・評価

バス行っちゃった

バス行っちゃった

映画が好きなのか、それともキャラメルポップコーンが好きなだけなのか。

映画(440)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

インクレディブル・ファミリー(2018年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

暴走列車大喜利や味方の裏切りなどなどヒーローものの文法みたいな展開を少しひねるくらいの加減で乗り越えていくので、こちらの予想は裏切らず、かつ見せ方にもちょっとした新鮮さを感じさせるという、なるほどこれ>>続きを読む

バンクシーを盗んだ男(2017年製作の映画)

3.2

このレビューはネタバレを含みます

自分の中でグラフィティに関する認識がタギングより先に進んでいなかったことを教えてもらえたので、それだけでも見る価値は十分にあった。

ただ、グラフィティそのものを取り巻く状況については興味しんしん丸だ
>>続きを読む

未来のミライ(2018年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

夏休みまっただ中ということで親子連れやら学生らしき友達連れがほとんどで、リアクションはおおむね良かったっぽい。

子どもの目から見た、大人には知覚できない世界で展開される物語なのかと予想していたが、人
>>続きを読む

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ★アディオス(2016年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

この一作だけでも成立するようになっている反面、前作の内容を補完するために提供される情報の量が自分的には多すぎて、それらを記憶や知識と突き合わせる振り返り作業と、今作の内容を味わったり想像したりする予測>>続きを読む

志乃ちゃんは自分の名前が言えない(2017年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

志乃ちゃんは自分の名前が言えず、こちらはチケット売り場でタイトルをスムーズに言えずということで、しょっぱなから自律神経が若干狂うくらい感情移入させられてしまい、まさか原作者はこんな事態まで想定してタイ>>続きを読む

ジュラシック・ワールド 炎の王国(2018年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

首長竜で涙ぐむ日が来るなんて。

いよいよ本当のジュラシックワールドがやってくるその前日譚ということなのだろうけれども、話の舞台がどんどん狭くなっていくので、事態がエスカレートしていく感はあまりなく。
>>続きを読む

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

見る前から伝説じみた話が伝わってきていた作品で、だからこそあーこれはもうこちらの想像していたものを実際が超えられなくなる領域にいっちゃったのかもと思って、さっさと見に行かなかったことを後悔しながら見は>>続きを読む

バトル・オブ・ザ・セクシーズ(2017年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

セクシーズがバトルするなんてずいぶんと大きな釣り針だなあと思いつつも、万に一つでも本当にエマ・ストーン率いるセクシーズが派手なバトルを繰り広げるアクションスペクタクルだったとしたら悔やんでも悔やみきれ>>続きを読む

ニワトリ★スター(2018年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

LiLiCo様のキレッキレのボデーをはじめとした序盤のチャラついたフィクション感が、モノローグが引っ込んで普通っぽい語り口になってからはどんどん絶望感に変わっていくので、海原はるかかなた師匠が出て来た>>続きを読む

アーリーマン〜ダグと仲間のキックオフ!〜(2018年製作の映画)

3.1

このレビューはネタバレを含みます

原始人がサッカーということで、少林寺拳法を学んだ少女がラクロスをやったときのあの奇跡が繰り返されるのかとわくわくしていたらもちろんそんなことはなく、ねんど(?)にサッカーをやらせるという別の狂気の発露>>続きを読む

告白小説、その結末(2017年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

エヴァ様でミザリー、いいじゃない。(孤独のグルメかぶれ)

反撃を企てて敵の懐に飛び込むくだりは表現することの狂気性みたいなものがアクションとしてわかりやすくなっていていいなと思ったし、イマジナリーフ
>>続きを読む

ブリグズビー・ベア(2017年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

声優としてのマーク・ハミルはあまり知らなかったのだけれども、最後のナレーションを聞いて、なるほど人生に無駄な恋(こと)なんてないんだなと。(「だけどあの映画を見ていた時間は無駄だった感」も同時に去来し>>続きを読む

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー(2018年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

面白かったし、自分はワンダーのオギーほど甘くはないのでチューイを見かけたら問答無用で抱きついて首から肩にかけた毛の中の匂いをずっと嗅ぐつもりでいる犯罪者予備軍なのだけれども、今作のチューイもしっかりと>>続きを読む

女と男の観覧車(2017年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

すべてが露わにされているわけでもないのに充溢するこのパイオツ感はどうだと夢見心地でいたら、おっぱいも気持ちもどんどんしぼんでいくから、あージジイがまた半笑いでなんか投げてきやがったぞと。

最近いっち
>>続きを読む

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

どうせ、オギーは勇気を持ってかぶりものを脱ぎ捨てたというのに、なんだおまえのその上野クリニックありきな有様は的な話なんでしょなどと思っていたら、章立てで工夫されていたり、オギーの側の責任もきちんと描写>>続きを読む

ニンジャバットマン(2018年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

んー、ひとつひとつの質は高いのに、それがどうも記号的に並んでいるだけのように見えてしまって、感情的なたかまりになっていってくれなかった。

また、このバットマンが何のために戦っているのか、もちろんこの
>>続きを読む

ビューティフル・デイ(2017年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

マーマを水中葬ということで、おやおやずいぶんと太っちょでかわいらしいキグナス・フォロワーですなあと思いかけるも、しかしホアキンはフェニックスなのだからふたつの星座を司っているはずはなく、しかしブロンズ>>続きを読む

孤狼の血(2018年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

祝、ピエール瀧まさかの生還。

松方弘樹が脱獄したりすずさんがカープの応援をしていたりする素敵都市広島が舞台で、しかも汗ばむ谷間満載のピカレスクロマンに師弟の継承要素まで加わった物語、そこにかわいい豚
>>続きを読む

羊と鋼の森(2018年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

音による演出、とくに静けさを重要とする語り口だったので、最近の日本の青春映画で個人的に苦手だった「ここは別れのシーンです」「ここは努力が結実してみんなの願いがかなうシーンです」といったようなエモエモし>>続きを読む

万引き家族(2018年製作の映画)

4.3

このレビューはネタバレを含みます

松岡茉優ののぞき部屋とか初見殺しすぎると最初こそ狼狽えたものの、所詮は初見殺し、慣れてみれば単にコスプレした松岡茉優が赤ブラと谷間を見せているというだけのことで、結局何度死んでもクリアできない類のやつ>>続きを読む

あさがおと加瀬さん。(2017年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

状況設定の省略加減が、まるで彼女たちのような存在はもはや取り立てて語り直したりする必要のない一風景となりつつあるのだという宣言のようにも思えてとても頼もしい。

アニメの表現もとてもよかったのだけれど
>>続きを読む

さよなら、僕のマンハッタン(2017年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

画面の作りや音の使い方などの語り口は変わらず素晴らしいしいものの。

人は皆それぞれにそれぞれなりの悩みや葛藤を抱えており、それを軽んじていると自分の世界はいつまで経っても広がらないと知ってはいるのだ
>>続きを読む

デッドプール2(2018年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

いきなりリストラかよとデッドプール自身も茶化していたけれども、彼女が死ぬ前から生きること自体がタチの悪い冗談でしかなかった彼だから、大切な人を失ったこともタチの悪い冗談の延長線上として捉えるしかないの>>続きを読む

ファントム・スレッド(2017年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

おやおや、巻尺イコール乳首いじりだなんてずいぶんと初々しいじゃないかなどとクソみたいなマウンティングの取り方をしていたら、まるで使い手を選ぶ魔剣のようなドレスと、刀身に聖句を刻むかのようにドレスの中に>>続きを読む

レディ・バード(2017年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

かっこいいなと思う川柳というのがあって、そこにそれがあると知っていても見えていなかったもの、その悲しみや切なさ、虚しさや愁いを可笑しさでもって一句にしたものがそれで、この作品の、たとえばはじめて自分で>>続きを読む

恋は雨上がりのように(2018年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

小松菜奈の撮り方がなめるようで素晴らしいなと興奮しつつ、そんなんしてるからおじさんが人種差別じみた扱いされてるんじゃないのかいと偉そうに思ってみたものの、はてそれは嘆くべきことだろうか、いやむしろご褒>>続きを読む

ゲティ家の身代金(2017年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

今日もリドリー・スコットが描く突撃隊はあほかわいかった。

新しいエイリアンシリーズやブレードランナー2049にいくらか通底しているのかなという気がしないでもない美術品の意味合いや、何度も訂正される言
>>続きを読む

犬ヶ島(2018年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

政府ぐるみの隠ぺいで罹患してしまった者が、政治家と大衆の前でその悪を糾弾するということで、ウェス・アンダーソンがハイローファイナルミッションを見ていたことにも驚きだけど、ストップモーションアニメで再現>>続きを読む

ラブレス(2017年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

泣いている顔しか覚えてなくて、アレクセイと思わしき子どもの顔を見ても本当にそれが彼なのかすぐにはわからず、こんな忘れ方もあるのかと、情けないやら悲しいやら。

描写がキャラクターに還元されればされるほ
>>続きを読む

ピーターラビット(2018年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

退屈な時間が1秒もなかった。

もちろん動物たちのキャラクター描写によるところが大きいということに加えて、受け身の上手いレスラーが名勝負製造機と呼ばれているように、ドーナル・グリーソンの受け身が素晴ら
>>続きを読む

四月の永い夢(2017年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

停滞していることで醸し出される豊かさのようなものが期せずして主人公を魅力的に見せていて、でも魅力的だからこそいまを生きている人たち特有の無神経さを刺激して、なぜ停滞しているのかと様々な形で問うてくるの>>続きを読む

モリのいる場所(2018年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

これをある種の理想的なスローライフと取るか、たまたま一芸に秀でていた引きこもり中年が迎えた晩年と取るのか。

自分は後者として受け取ったので、たとえば一日中自分のコントロール下に置けるものだけを見てい
>>続きを読む

タクシー運転⼿ 〜約束は海を越えて〜(2016年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

ソウルにいた頃の主人公はいくらかフィクション感のするキャラクターだったけど、舞台が光州に移るとその凄惨さによってシリアスなヒーローへと変貌していって、そういう展開は好みなのに、最後のカーチェイスで途端>>続きを読む

フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法(2017年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

楽しかったりきらきらとしていたりするものがすべて過酷なものに根ざしていて、彼の国で這い上がることのほとんど不可能な様が、スコッティの母親のフルタイム労働やジャンシーの祖母の正しく生きようと努める姿勢、>>続きを読む

GODZILLA 決戦機動増殖都市(2018年製作の映画)

3.1

このレビューはネタバレを含みます

メカゴジラ都市というアイデアは素晴らしいなとは思いつつも、人類文明対ゴジラという基本の形みたいなものは前の作品でも実現していたので、そこに何が足されるのかと思いながら見ていたのだけど、自分の目には前作>>続きを読む

アイ, トーニャ 史上最大のスキャンダル(2017年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

とりあえず襲撃直後の、ただ道を歩いていただけで日大タックルを食ったおじさんがかわいそうだったなと。

マーゴット・ロビーがフィギュアをするというのだからこれはヤバいに違いないと湿っぽい鼻息で見に行った
>>続きを読む

>|