あかさんの映画レビュー・感想・評価

あか

あか

映画(447)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

ONE PIECE STAMPEDE(2019年製作の映画)

3.0

豪華!最終回かってくらい今までの登場人物、ノックアップストリームとかシャボン、海列車の設定が出てきてテンション上がる。キャラデザが尾田っちの絵にかなり近い。主線がガサガサしてて漫画っぽいのかな。
ハン
>>続きを読む

ドラゴンクエスト ユア・ストーリー(2019年製作の映画)

3.0

声はみんなハマってた。特にビアンカの気が強そうな感じはよかった。
賀来千香子と山田孝之が夫婦役なのはもやる。
エピソードがぶつ切りで、主人公がどこでどうやって成長したのかよくわからない。その後フローラ
>>続きを読む

ゲキ×シネ 『髑髏城の七人』 Season風(2019年製作の映画)

5.0

はひー松山ケンイチのダイナミックな殺陣も見得もかっこいい。ここからプロメアのガロが生まれたのかな。Lじゃないよ。
向井りくん…蘭兵衛…あー萌が大渋滞すぎててやべぇ。顔がいい。横笛とか嗜む優男なのに白い
>>続きを読む

アルキメデスの大戦(2019年製作の映画)

3.0

登場人物が絞られているし目的が一つでストーリーに勢いがあって、わかりやすかった。原作漫画はゴールデンカムイみたいにもっと専門知識を散りばめているらしいけど、綺麗にまとめたなという印象。頭は抜群だけどコ>>続きを読む

天気の子(2019年製作の映画)

3.0

背景にめちゃくちゃ力が入ってた。空模様はもちろん、東京のごちゃごちゃした街並み、生活感のある部屋。今の東京をびっしり描いて、海外ウケも意識してるのかな。
はひぃぃーけいちゃんのやさぐれ感ツボすぎる!子
>>続きを読む

未来世紀ブラジル(1985年製作の映画)

2.0

夢見る頼りなさげな男とミューズである金髪美女。Dr.パルナサスもゼロの未来も。12モンキーズはブルースウィルスだから強そうだったけど。20代前半の金髪モデルとばっかり付き合うレオ様かよ!物語に必要な設>>続きを読む

Diner ダイナー(2019年製作の映画)

3.0

色彩の洪水。蜷川実花監督が撮りたい構図なんだろうな。メキシコの死者の日も毒々しいまでの花、装飾過多な衣装を着こなす美男美女。写真集だったらよかったのかも?それかMVとかもっと短編。
先代ボスを実の親で
>>続きを読む

劇場版パタリロ!(2018年製作の映画)

3.0

くだらねーー。先生は表舞台立つの好きなんだね。
バンコラン様まじかっけぇ。なんで実績を棒に振るようなことしてしまったんだ。
大塚明夫さんはすぐわかったけど、ピカチューや関智まで⁉︎

アラジン(2019年製作の映画)

3.0

なんで実写化するんだろうと純粋な疑問が湧いてくる。ジーニーのはちゃめちゃ加減ってアニメ表現だからこそ。しかも色んな声音を使い分けてるから楽しいのに、ウィルスミスには荷が重い。それに、人間になるって!魔>>続きを読む

ゴジラ キング・オブ・モンスターズ(2019年製作の映画)

3.0

時間が合わず、吹き替えで鑑賞。
ケンワタナベの吹き替えは渡辺謙!
ラドンかっこいい。手のひらクルックルだけど。
現場の最前線に出てきてくれる大佐に惚れる。
チャンツィイーお年を召してます?
キングコン
>>続きを読む

空母いぶき(2019年製作の映画)

3.0

ネット記者役の本田翼が出てくるとウンザリする。とても可愛いのに声の質なのか発声の仕方なのか鼻声ではっきりしないし、なんで覚悟を決めていぶきに戻ろうとしたのかわからない。水筒がまったくブレず音だけだから>>続きを読む

プロメア(2019年製作の映画)

3.0

おぉーー熱い!ぐりんぐりん動く。松山ケンイチってこんなはっちゃけた演技できたのか。劇団☆新感線の橋本じゅんさんっぽい。脚本家は、いい人だと思ったらじつは悪党だったーって展開好きだな。

アメリカン・アニマルズ(2018年製作の映画)

3.0

自分は特別な存在だと確認したい4人の青年たち。本人たちと再現VTR部分、虚実が混じり合って、証言の食い違い演出は面白かった。
曲がカッコよい。あだ名とともにレザボアリスペクトかな。ブシェミのMr.ピン
>>続きを読む

名探偵ピカチュウ(2019年製作の映画)

3.0

フシギダネが瑞々しくて可愛かったし、ディプロとリタオラちゃんが出てたので満足!ピカチュウの鳴き声は大谷育江さんやガーディが警察犬として働いてるのも嬉しかった。ポケモンと暮らしたい。プリンに子守唄歌って>>続きを読む

バースデー・ワンダーランド(2019年製作の映画)

2.0

薄味〜お庭の咲き乱れるお花と井戸から水が噴き上がるシーンはよかった。
でも、主人公の最初の一声が世界に没入するのを拒絶するかのような下手さ。しかも小学生って!もうちょっと頭身どうにかならなかったのかな
>>続きを読む

ある少年の告白(2018年製作の映画)

3.0

淡々。
ラッセルクロウの渋い声がとても魅力的。体型は見るたびに心配になるけど。
ニコールキッドマンのケバケバしい見た目は実際のお母様に寄せてるからか。
大学で出会って気があう友達でちょっと気になってい
>>続きを読む

ダンボ(2019年製作の映画)

2.0

よかったところは、
マイケルキートンのエンターテイメントに対する狂気の演技。胡散臭い笑顔が似合う。
エヴァグリーン様のブランコ乗りのプライド。最高にツンツン。バッチリメイクとさっぱりメイクのギャップG
>>続きを読む

ハンターキラー 潜航せよ(2018年製作の映画)

4.0

勢い!大事!
久々に熱い勢いのアメリカ映画観たぜっ!
登場人物の名前全く覚えられないし、予告ほど潜水艦映画ではないし、ロシア軍が英語使ってくれる親切さとかツッコミつつも、船乗りの漢たちの熱いやりとりや
>>続きを読む

翔んで埼玉(2018年製作の映画)

3.0

くだらない設定を全力疾走で押し切った!埼玉県民にはそこらへんの草でも食わせておけ!
京本政樹様〜!!!キリリとしていて魔夜峰央先生の世界にいそうなカッコよさ!
ガクト様って結構声が高めなんだ。
阿久津
>>続きを読む

劇場版『えいがのおそ松さん』(2019年製作の映画)

5.0

ショートコント集だと思ったらまさかの長編!情報の洪水に突き落とされる心地よさ。大満足。観る前はヤンキー十四松が納得できなかったけど映画を通してストンと腑に落ちた。他者を思いやる十四松だからこそ思春期に>>続きを読む

グリーンブック(2018年製作の映画)

3.0

奥さんがスマートな方でよかった。目がぱっちりしてて可愛い。洋服も可愛い。ファウンダーハンバーガー帝国でも今の旦那よりもさらに成功できそうな主人公に乗り換える計算高さがかっこよかった。
肌の色で差別され
>>続きを読む

ファースト・マン(2018年製作の映画)

3.0

地味〜宇宙への壮大な計画なのにストーリーが淡々と進んでアームストロング船長も感情を抑えるから、今までのチャゼル監督作品に比べると地味。予算はド派手だったのかな。顔アップが多いのが気になる。
ライトスタ
>>続きを読む

女王陛下のお気に入り(2018年製作の映画)

3.0

欲望渦巻くドロドロ人間関係。
うさぎを潰して遊ぶのはダメ、絶対。
衣装の装飾はとても豪華だけど色がモノトーンだから統一感があって素敵。
乗馬のときのパンツスタイルもカッコイイ。
エマストーンは勝気で、
>>続きを読む

劇場版シティーハンター 新宿プライベート・アイズ(2018年製作の映画)

4.0

今の新宿にいるシティーハンター。
もう、 GET WILDが聞けて大満足。あえてダサいフォントで歌詞までつけてくれてありがとう。
リョウちゃんと香のもどかしいやりとりにニヤニヤしてしまう。海坊主のゴツ
>>続きを読む

十二人の死にたい子どもたち(2019年製作の映画)

4.0

もっとケイゾクやトリックみたいに外連味のきいた映画かと思ってたら、若手俳優さんたちの演技バトルで見応えあった。
特にアイドルvsバンギャのシーンなんて熱くて感動した。
真剣佑の抑えたセリフのトーンがと
>>続きを読む

天才作家の妻 -40 年目の真実-(2017年製作の映画)

3.0

複雑な女。複雑な夫婦関係。
愛していたのは本当だけど、ずっと屈辱を感じていたのもまた本当。孫の誕生で下らないケンカは止めようと仲直りするけど、やっぱり「糟糠の妻」だけの存在ではいたくない。
スピーチを
>>続きを読む

ミスター・ガラス(2019年製作の映画)

1.0

出たがりシャマラン。もっとアメコミ文脈に詳しければ楽しめたのかな。
いちいちビーストのために服脱ぐのとか笑う箇所なんだろうか。アメリカの子供にはカニエが流行ってるのか。
アニャちゃんの美しくて影があり
>>続きを読む

こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話(2018年製作の映画)

3.0

大泉洋でしか、このキャラクターは演じられない。わがままでセクハラ野郎なのに愛嬌がある。旅行途中で車窓を眺めながらの感想がいつ、水どうになるのかハラハラした。
高畑充希のセリフのトーンが好き。芝居っぽさ
>>続きを読む

ヴィヴィアン・ウエストウッド 最強のエレガンス(2018年製作の映画)

3.0

カッコいい!ヒール履いて自転車で繰り出して。気にくわないことにはFワードが出てくる。喋り方が若い頃から変わらない。
ブランド経営していくのに、どこの傘下にも入らないのもヴィヴィアンの意思によるものだけ
>>続きを読む

ソードフィッシュ(2001年製作の映画)

3.0

荒唐無稽。FBIが無能すぎる。俳優陣は豪華なのに話が雑。なんで下半身弄られながらハックしなきゃいけない⁉︎キーボードカチャカチャは笑ってしまう。ロケットランチャー?ぶっ放しまで計算してたのか?
若ヒュ
>>続きを読む

アイ・フィール・プリティ! 人生最高のハプニング(2018年製作の映画)

5.0

私は私!パワフルで美しいガールたち!
どうせ自分なんてと行動する前にネガティブに考えて結局変化することを否定したり、誰かと自分を比べて妬んだり、鏡に映る自分にため息ついたり…自尊心や自己肯定感がボロボ
>>続きを読む

ブレイド(1998年製作の映画)

3.0

かっけー。吸血鬼にシルバーブレッドに暗黒の書、ワクワクするに決まってる。ちゃんとクインを始末しておいてよとか、ストーリーは時々スマートじゃないところがあるけどそんなの関係ない勢い!
チャンバラが今時見
>>続きを読む

永遠の反逆児 ヴィヴィアン・ウエストウッド/ヴィヴィアン・ウエストウッド DO IT YOURSELF!(2011年製作の映画)

2.0

自分が着たら絶対に似合わない服でもヴィヴィアンウエストウッドが着るとなんの違和感もない。もうデザインはほとんどしてない?細すぎるモデルたちの解放に対しては何か意見ないのかなぁ

アリー/ スター誕生(2018年製作の映画)

3.0

ガガ様ーー!アートポップの最先端だった彼女が女優になってしまうなんて、寂しいような嬉しいような。オーバーな演技かと思ってたけどそんなことはなく、貫禄たっぷりだった。エフェクトかかりまくりのダンサー従え>>続きを読む

パタリロ! スターダスト計画(1983年製作の映画)

3.0

オープニングは寺尾聡が歌ってるのかと思ったら、まさかの魔夜峰央先生!声優陣が豪華〜次元に海賊王にアンパンマン…
パタリロのギャグが止めどもなく流れていくから見やすい。バンコランかっこいい。美青年には目
>>続きを読む

ハード・コア(2018年製作の映画)

2.0

可愛いぶりっ子オフィスレディ。どんよりよどんだ沼。
登場人物全員関わったらやばい人。特に水沼さんと水沼娘の演技が凄すぎる。
四国から中央線をしらみつぶしに探した興信所の方は有能。
現代日本で生きづらさ
>>続きを読む

>|