うるふさんの映画レビュー・感想・評価

うるふ

うるふ

映画(44)
ドラマ(0)

シンデレラ(2015年製作の映画)

3.3

『私は、6歳の子供であれ、60歳の大人であれ、全ての人が心の中にもっている「子ども心」に響く映画を創っています』

~ウォルター・イライアス・ディズニー

ウォルトが最も愛していた作品の実写化というこ
>>続きを読む

ベン・ハー(1959年製作の映画)

5.0

古典映画を巡る旅、第1弾。

『赦すとは何か』

皆さんお久しぶりです。

こんばんは、うるふです😀

映画史に燦然と輝く大傑作のひとつ。

僕が生まれる約40年前の作品とは思えない完成度を誇っていま
>>続きを読む

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)

3.6

長文です🙇‍♂️

子供は美しく、純粋で、それでいて残酷だ。

ほんの少しだけ、他人と外見が異なる。

たったそれだけ。

他の子とは何も変わらない。

差別の境界線は実に脆いものになっている。

>>続きを読む

グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち(1997年製作の映画)

4.0

『私には全てがクソ喰らえだ。
今の君から学べることは1つもない。
クソみたいな書物に書いてある』

先日、ひょんなことから僕自身の心の傷を開いてしまった。

その行為をしてしまった僕自身を恥じた。
>>続きを読む

アバウト・タイム 愛おしい時間について(2013年製作の映画)

2.4

時間の巻き戻しが悪い事だとは思わない

けれど 自分の想い人が振り向いてくれるまで

何度も何度も 諦めずに同じ事ばかり繰り返す

必死な主人公の姿を見ていると

やるせなくなった

人生は巻き戻せ
>>続きを読む

美女と野獣(1991年製作の映画)

4.0

ミュージカル部の皆さんと鑑賞。

「人魚姫には美しい声を、野獣には魂を与えた私たちの友ハワードへ。
一同は永遠に感謝します」―。

本作のクレジットタイトルには、完成前に夭折したH・アシュマンへのメッ
>>続きを読む

マッドマックス 怒りのデス・ロード(2015年製作の映画)

3.9

『行きて帰りし物語』

僕はあまりアクション映画に馴染みがなく、若干の気後れがありながら鑑賞。

結果 今まで観なかったことを後悔しました。

まさに『映画らしい映画』。

説明的な台詞は一切なし。
>>続きを読む

マイ・レフトフット(1989年製作の映画)

5.0

長文になります。

主人公・クリスティは左足しか動かせない。

しかし、彼は様々な助けを得て、運動・食事などをこなせるようになる。

今までは満足にできていなかったことが

できるようになる喜びを、彼
>>続きを読む

ムーラン(1998年製作の映画)

3.6

『黒馬に跨り戦場を駆ける男装の麗人』

第2次ディズニールネッサンス。

暗黒の80年代を抜け出したディズニー社が復活を遂げた作品群。

前期(リトル・マーメイド、美女と野獣、アラジン)

中期(ライ
>>続きを読む

ブラッディピエロ 100人連続切り裂き(2007年製作の映画)

2.3

クソ映画を観よう!企画第2弾😋

次々に人を切り殺していくピエロと、新聞記者の追いかけっこ。

どちらが勝つのでしょうか。

とにかく吹き替えがカオス。

モブキャラの濃度が半端じゃないです🤣
>>続きを読む

ダブルヘッド・ジョーズ(2012年製作の映画)

3.0

点数はZ級度です。

今作はZ級の中でも『観られる』部類だと思います。

頭を空っぽにして、ツッコミながら観ました。

CGが本当にショボくて、普段見ている映画のクオリティの高さを実感しましたね🤔
>>続きを読む

ディア・ハンター(1978年製作の映画)

4.7

『心を奪われた人間の慟哭』

ある者は生き残り、またある者は死んでいく。

その違いを生み出すものは何なのか。

今作を観ると、否が応でも『生死』について考えてしまう。

人間の肉体や精神は、自分で感
>>続きを読む

オズの魔法使(1939年製作の映画)

3.6

『言葉の魔力』

幼い少女。
銀色に輝くブリキ男。
だだのカカシ。
優しいライオン。
そして子犬。

皆『こころ』を持っている。

知恵

勇気

何と人間臭い願いであろうか。

彼らはその願いを受
>>続きを読む

卒業(1967年製作の映画)

5.0

アメリカン・ニューシネマの先駆け。
初見。余談が長いです。

皆さんに質問なのですが、10代の内に観ておきたい映画、というものはありますか?

皆さんにオススメをお聞きしたいです。

もし良ければコメ
>>続きを読む

太陽がいっぱい(1960年製作の映画)

5.0

僕が生まれた2000年から、ちょうど40年前の作品。

今年で60周年。

僕が映画を見始めたのが高校に入った頃で、何を観ていいのか分からずに、TSUTAYAで適当にDVDを選んで借りまくっていた時の
>>続きを読む

レ・ミゼラブル(2012年製作の映画)

3.4

15日のアナスタシア観劇に向けて、少しでもミュージカルに慣れておこう!!
と思いまして、5回目の鑑賞をしました。

結果、『好き嫌いとかじゃなく、僕にはまだ早すぎたかも』という感想に落ち着きました。
>>続きを読む

イースター・パレード(1948年製作の映画)

3.0

オオカミ🐺なのにパンダ🐼と間違われます🐾

おかげで机の上はいつも笹だらけ🌿🌿

しがない中間管理色😩
ミュージカル戦隊!!

🐼笹食いグレー🐺

うるふです✨

最年少なのに幹部の1人という😲

>>続きを読む

タクシードライバー(1976年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

『男の身の内に巣食う狂気の香り』

今作は『孤独』という言葉だけでは表現しきれないだろう。

主人公トラヴィスは、思い込みが激しく自己中心的ではあるが、彼の性質を『独善的』と切り捨ててしまっていいのだ
>>続きを読む

ジョーカー(2019年製作の映画)

4.4

このレビューはネタバレを含みます

『理性と本能の狭間で』

予告編を見た時から、震えが止まらなかった。

『あのホアキンが、ジョーカーになる』
という衝撃。

どうしても見に行きたかった。

しかし、リアルタイムで観劇することは出来な
>>続きを読む

アナスタシア(1997年製作の映画)

4.2

※4ヶ月もサボってごめんなさい🙏
こんばんは、うるふ🐺です。

3月に舞台版を観劇するので、予習として鑑賞。

ロシア王家にまつわる伝説を脚色してミュージカル仕立てにしたアニメーション。

70年代〜
>>続きを読む

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド(2019年製作の映画)

4.6

お久しぶりです。
夜分遅くにレビュー投稿。
長文になりますが、最後まで読んでくださると嬉しいです😄

『或る男の懺悔』

うるふは感激した。

必ずタランティーノ監督を褒め称えることを決意した。

>>続きを読む

マイネーム・イズ・ハーン(2010年製作の映画)

4.6

『僕の名前はハーン。テロリストじゃない』

皆さんの高評価レビューで気になっていた今作。
レンタルでも中々発見ができずDVDを購入してやっと鑑賞🎬

結果は名作でした😉

アメリカに移住した移民である
>>続きを読む

ドリームガールズ(2006年製作の映画)

3.8

中々の胸糞映画。
60年代に実在した『シュープリームス』をモデルとしたショービジネスの世界。

煌びやかなミュージカルシーンから、ドロドロした人間関係の内情をこれ見よがしに。
切り替えのスイッチとでも
>>続きを読む

きっと、うまくいく(2009年製作の映画)

4.2

『人として成長することは、本当にいいことなのだろうか』

僕が高校生の時、初めて挑戦したインド映画だった。
大絶賛されていたので期待していたのだが、予想を超えて面白かったのをよく覚えている。

英題を
>>続きを読む

ぼくと魔法の言葉たち(2016年製作の映画)

5.0

長文になります。

僕が自分自身と真剣に向き合いたい時、この映画を見ることにしている。

このドキュメンタリーは、自閉症を患うオーウェンが、ディズニー映画と家族の支えによって成長していく過程がとても丁
>>続きを読む

アデライン、100年目の恋(2015年製作の映画)

3.7

1908年生まれのアデライン。

100歳を超えているにもかかわらず、体は29歳のまま。

その豊富な人生経験は、彼女を博学多才の才媛へと至らしめた。

彼女には出生証明書も、居住記録もないため、FB
>>続きを読む

ウルフ・オブ・ウォールストリート(2013年製作の映画)

3.6

衝撃の実話。3時間と長尺だが、心が休まる暇がない。

口を開けば『fuck』と口走るレオ様。

クスリと『fuck』して
見事にラリって
目玉ギョロギョロになるレオ様。

可愛い女の子と『fuck』し
>>続きを読む

おおかみこどもの雨と雪(2012年製作の映画)

4.2

『神の末裔と交わり 神の子を宿した少女』

オオカミ。日本では明治時代初めに絶滅してしまった。

古くは『大神』『カムイ』として神格化されていたという。

主人公の『花』は『おおかみおとこ』に出会い、
>>続きを読む

アラジン(2019年製作の映画)

3.8

お久しぶりです((。´・ω・)
1ヶ月くらい前に見たのに、全然言いたいことがまとまらなくて・・・。

見た直後は興奮が収まらんくて、満点つける気満々でした。

でもね、よーく考えたら、僕の中で納得でき
>>続きを読む

ライオン・キング(2019年製作の映画)

4.5

久しぶりのレビューとなります。

興奮が収まりきっていないため、かなりの長文になりますが、お付き合いいただけると嬉しいです😁

結論から言うと、超オススメ✨

試写会兼ジャパンプレミアにて。
あー楽し
>>続きを読む

明日に向って撃て!(1969年製作の映画)

4.3

こんばんは、うるふです。
お久しぶりです。覚えてるかな?笑
約25日ぶりの投稿になります。

原点回帰して、洋楽和訳シリーズを復活させようと思います。

今作のレビューはコメント欄に書いたので、見てい
>>続きを読む

グロリア(1980年製作の映画)

4.2

『あの子は一緒に寝た男の中じゃ最高さ』

最高の褒め言葉やね。

グロリア、50くらいのおばさんなのにカッコよすぎるよ😍

名作『レオン』の元ネタ。

女性ハードボイルド物に大してあまり馴染みがなかっ
>>続きを読む

チャイナタウン(1974年製作の映画)

4.4

お久しぶりです∠( ̄^ ̄)

クエンティン・タランティーノ新作
『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』の予習として鑑賞。

パッと見で『パッケージがお洒落』なんて思った貴方、甘いですよ?
>>続きを読む

トゥルー・ロマンス(1993年製作の映画)

3.7

トニー・スコット✖️クエンティン・タランティーノ

実に面白い組み合わせです。

脚本がタランティーノだと、こんなに『タランティーノ映画』になってしまうのか。

タランティーノさんは他監督の作品でもノ
>>続きを読む

インファナル・アフェア(2002年製作の映画)

4.2

リメイク作の『ディパーテッド』がキャストの豪華さと重厚な演技で魅せる華やかな高級レストランのディナーだとしたら、本家のこちらは脚本の良さとテンポの早さでグイグイ惹き込むボリューム満点で価格がお安い地元>>続きを読む

シックス・センス(1999年製作の映画)

3.8

これは泣けるでぇ。
以前も書きましたが、ボクはネタバレ知ってから見るタイプなのでオチはわかった上で鑑賞しましたが、それでも面白かったです。

感動できる要素がありますね。

ブルース・ウィリス、こんな
>>続きを読む

>|