2384さんの映画レビュー・感想・評価

2384

2384

小並感

映画(367)
ドラマ(0)

RAW〜少女のめざめ〜(2016年製作の映画)

3.7

眠れない夜に観たんですけど、絶対に寝る前に観ちゃダメなやつだった

うーん、、、ただただ胸糞悪い、、でも目が離せないし嫌いではない、、これはある意味私がめざめた

とにかくジャケがいいよね

ゆれる人魚(2015年製作の映画)

3.7

飽きずに観れるエモいミュージカル(ホラー)映画 でも安っぽくない 音楽のテイストが好み

少しグロいけどファンタジー感もあり、これは好きな人は好きなはず

最後がすごく好き
タイトルの意味がわかった時
>>続きを読む

ザ・サークル(2017年製作の映画)

2.9

本題が遅すぎるので全体がやたら長い 要素が過剰すぎるので何の映画なのかよく分からない 何を伝えたかったのか分からん…(何故借りたのか謎…)

SNSが身から離せない生活を送っても良いことない&しんどい
>>続きを読む

さよなら、僕のマンハッタン(2017年製作の映画)

2.3

トーマスちゃんなんて退屈な奴なんだ…というより何故そうなるって展開で苦手なタイプだった…ちょっとやりすぎかなぁ あの女の目的はなんだったんだろう

メチャクチャな話なのに最後は良い話に持っていこうとす
>>続きを読む

ドリス・ヴァン・ノッテン ファブリックと花を愛する男(2016年製作の映画)

4.0

ファッションには寿命がある
生涯ずっと着れる服なんてない
だから“ファッション”は虚しいし
別の言葉を考えなければいけない
というドリスの考えに納得

でも“飽き”は自然なことだし、
飽きるからこそ新
>>続きを読む

エンドレス・ポエトリー(2016年製作の映画)

3.7

気付いたらアレハンドロ突然大人になってて笑った

相変わらず破茶滅茶すぎて何を観てるのか分からなくなったけど、あの母性の塊みたいなお母さんには毎度安心する

出会いはそこら中転がっているし、いくらでも
>>続きを読む

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

4.3

同性愛の映画だと気付くのに結構な時間がかかってしまったので分かった上で観返すとまた違うかな〜

自然、映像、音楽、表情、全て綺麗すぎて困る…草むらで寝転ぶシーンとか綺麗すぎて困る…特にラスト本当いい加
>>続きを読む

ロスト・イン・パリ(2016年製作の映画)

3.2

眠くてウトウトしてしまた
コメディ感もあるしつまらなくはないのですが、捻くれ者にはすんなりと合わない映画かもしれぬ 良い意味で普通で平和

夜のエッフェル塔が綺麗ってことはわかった

羊の木(2018年製作の映画)

3.1

なんだろうこの映画…
なんとも言えないけど、みんなすごい役者だなぁって感心しながら観てた

刑務所を出て普通に生活をしながら更生できる人もいれば、罪を作り続けてしまう人もいる

みんな精神的に異常な感
>>続きを読む

娼年(2018年製作の映画)

3.2

演出が無駄に凝っていて結構笑えます

もっと深いストーリーがあるのかと思ったけど予告以上予告以下でもない

でも死んだ表情の桃李さんがどんどんイキイキしてきて安心しました(誰目線)

個人的に愛の渦の
>>続きを読む

犬猿(2017年製作の映画)

4.0

わかる〜〜〜〜
血が繋がってるのにどうしてこうも違うんでしょうね〜って思うことが多々ある けどお互い様か

身近な人が対象のテーマで面白かった これ意外とあるあるなんじゃないか?いい話だ

ニーチェ江
>>続きを読む

クリクリのいた夏(1999年製作の映画)

3.6

かわいい なんて平和なの
私も大自然の中で暮らしたい
カエル釣りずっと見てられる

心の貧乏人にはなりたくない
愛に溢れている人たちの映画だ…👏

うつくしいひと(2016年製作の映画)

3.3

熊本被災地を元にした作品
映像の透明感が素晴らしい

犬ヶ島(2018年製作の映画)

3.8

すごい引き込まれた面白い
何故かgroup inou思い出したが、こんな映画作ってしまうのはすごいわ…わんわんお🐩

アニー・ホール(1977年製作の映画)

3.6

頭を使わずただぼーっと眺めてクスッと笑える映画が一番好き

人生は短く儚く誰のものでもない
思いのまま楽しまなくては損ね

ファッションもインテリアも素晴らしいのですが流れる字幕を読むことに必死になり
>>続きを読む

なっちゃんはまだ新宿(2016年製作の映画)

3.5

ぬーーーじわじわくる
生温いサブカルうううう
禁断の多数決みたいな映画かと思いきや、ジャージー牛乳ソフトを大量に無駄使いする映画だった

なっちゃん
消費されないでー
誰かのものにならないでー
リライ
>>続きを読む

嘘を愛する女(2018年製作の映画)

3.4

(開始5分後)
高橋一生に興味がなくても好きになるわこりゃ…謎多き男…ずるいじゃん…

(開始10分後)
あれ?もう終わり?

(ラスト20分)
想像してたのと若干違った…
エッなんか違う…

トルソ(2009年製作の映画)

3.0

空気人形と同じ年の映画なのか…
どことなく似ているような

全体的にアンニュイ
人間関係ってめんどくさい
トルソーだけで物足りる
でも、それは
誰にも知られてはいけない秘密
井浦新が一瞬で残念

ストーリーテリング(2001年製作の映画)

3.5

フィクションとノンフィクションの2部構成

どちらもテーマは類似できついのだけど、全く違う意味できつい

フィクションはただ気味悪い
ノンフィクションは残酷な現実

子供の催眠術が怖すぎだよ…
あと自
>>続きを読む

恐怖分子(1986年製作の映画)

3.5

光と陰の使い分けが巧みで
台詞が少なく淡々と過ぎていく
クールで洒落た作風でした
中性的な女の子が好み
暗室のキスシーンも良き

変化を望むが変われない人たちのお話 邦画っぽい感じがした

恋する惑星(1994年製作の映画)

3.8

夜のネオン街をびゅんびゅん
30缶のパインをもぐもぐ
ガチャガチャのカプセルの中にいるような映画だった

この世で無期限はあるのかな
多感なタオル、、

📀📀📀

パーティで女の子に話しかけるには(2017年製作の映画)

3.3

もうエルファニングの可愛さが神がかっていて、それだけで満足した 神様ありがとう

タイトルからしてパリピ映画だと思うじゃないですか…まさかパンクとスピリチュアルの融合とは…SFっぽいのも想定外でした
>>続きを読む

Ryuichi Sakamoto: CODA(2017年製作の映画)

4.0

ここまで人の心に響く美しい音色を操る人は彼しかいないのではないだろうか

唯一無二の真のアーティスト
(樹木希林に見えなくもない)
いろんなものを見て触れて感じてきたんだろうな

私もマルジェラを着こ
>>続きを読む

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

3.8

アーーー!!!
やっと観れた!!!
震えてます!!!!!

こっち側の人間だったら誰しも痛感する部分が多く、不器用なヨシカが愛おしすぎるあまり抱きしめたくなった…わかるよ

これアルファツイッタラーの
>>続きを読む

リアリティのダンス(2013年製作の映画)

4.5

これ本当にホドロフスキーの自伝…なのか?お金は血なり!?

お母さんの台詞が全部オペラでいちいち笑ってまうし放◯シーンの衝撃がすごい、なにそれ…
そしてハイメの父親の背中が存分に描かれていて良かった
>>続きを読む

散歩する惑星(2000年製作の映画)

3.6

シュールでなんか笑っちゃう
けどなかなかつらかったり…
でもやっぱりクスッとなる
不思議な力のある映画

人の不幸は蜜の味
と言いた気なブラックコメディ

みんな何故か顔面白塗り

あらゆる場面を切り
>>続きを読む

シルバー・グローブ/銀の惑星(1987年製作の映画)

-

カオスすぎた…
SFの最高傑作らしいですが私の中では謎の問題作というか…鳥人間が雑すぎるだろ!に尽きるw

アートといえばそれまでですが、ホドロフスキーの方が全然見やすい

暇を持て余した神々の悪戯👁
>>続きを読む

きみはいい子(2014年製作の映画)

4.8

貴方が憎いと感じるあの人も、大好きなあの人も、みんな昔は可愛い可愛い子供でした

親から正しい愛情を受けて育ったかどうかでその人の人生はほぼ決まってしまう

自分の子供に怒鳴って手をあげてしまう尾野真
>>続きを読む

ノラ(2010年製作の映画)

3.3

これは染谷将太のPVとして捉えればかなり上出来👏

綺麗な目に吸い込まれそう
まだあまり名が知られていない頃で良かったな

コーヒー&シガレッツ(2003年製作の映画)

4.5

ジム・ジャームッシュが撮るロベルト・ベニーニの良さ

そしてブシェミも出てるじゃないですか…合う!と思いながらコーヒーをお供に鑑賞

コーヒーと煙草と皮肉混じりの噛み合わない会話、滑稽な情景を描くのが
>>続きを読む

エル・トポ(1969年製作の映画)

3.8

※忍耐力を必要とします

最後まで飽きずに観れたけど、これは私のような凡人が分かったフリして容易く観る映画ではありませんでした

例えるならば、ものすごく疲労を感じた日にうっすら見る夢に近いかもしれま
>>続きを読む

ヒューマン・トラフィック(1999年製作の映画)

4.5

THE 90sという感じ!

この時代に流行った音楽(ユーロビ、ヒップホップ、R&B、レイヴ、テクノ)がずっと流れていて最高👏サントラめっちゃ欲しい

そんでアメコミ感のあるポップさ、クラブシーンと薄
>>続きを読む

プラネタリウム(2016年製作の映画)

3.2

まさかの霊媒師姉妹の話で
ちょっと重たかったけど
美人姉妹が見れて私得すぎる…

リリーローズちゃん超タイプ
ハスキーな声と右眉が堪らん

ボブにしたい欲増す映画だ

(2016年製作の映画)

3.5

瑛太の狂気染みた演技力…
こういう役ハマるのはすごい

ジェフミルズ好きなので冒頭からゾクゾクしましたが、あんまり映画には合ってないので無理矢理感というか安っぽく見えてしまうかも

効果音として“危機
>>続きを読む

>|