gb350さんの映画レビュー・感想・評価

gb350

gb350

映画(78)
ドラマ(0)
アニメ(140)
  • List view
  • Grid view

ダ・ヴィンチ・コード(2006年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

結局は何を信じるかだ、とは言いつつも物議を醸す内容には違いない。

伏線の張り方はとても綺麗だった!分からなかったのはなんでレミーが殺されたか

東京ゴッドファーザーズ(2003年製作の映画)

3.9

今敏の映画でこんなに暖かい気持ちになるとは思わなかった

最強のふたり(2011年製作の映画)

4.0

ストーリーは映画にしては物語性に欠ける部分もあるが、実話をもとにしているということで納得。
カメラのぶれやフィリップが格別に聖人な訳では無い点など、妙にリアリティがあって良かった。

デストイレ(2018年製作の映画)

1.1

この映画に没入できる人は頭がおかしいと思う

途中、相対的によく見える神父の話で何かを受信しそうになったが、ベトナム戦争帰還兵の話を見たいならランボー見た方がいいと思います。
配管工の兄ちゃんとの会話
>>続きを読む

必殺! 恐竜神父(2018年製作の映画)

3.3

制作陣のやりたいことしてる感じがいい!
序盤は邦題の割に真面目に映画してるなと思っていたが、後半にかけてタイトルに恥じぬ演出を見せてくれた。
この手の映画でストーリーがだれずに進むのは珍しいので初心者
>>続きを読む

コードギアス 復活のルルーシュ(2019年製作の映画)

3.9

アニメ版だけしか見てないなら劇場三部作見てからの視聴をおすすめする。
後日談、と言うよりは焼き直しの近いのかなと感じた。

そして父になる(2013年製作の映画)

4.2

生みの親より育ての親とは言うが、生みの親も育ての親もどちらも壮健ならば、子供は一体どう思うのだろう。
死別ではない所がある種の現実感をより突きつけてくる。

シャーク・アタック!!(2011年製作の映画)

3.2

ええやん!
cgは決してよくできている訳では無いし、多少無茶な設定もあるけど、そこをつっこんでちゃバカ映画は見れねぇや!
サメが無線に反応するっていう設定も首尾一貫してて良かった!

スッパシャッ!

コクリコ坂から(2011年製作の映画)

3.8

宮崎駿に似通っているが、少し違った青春の感性!
言い方を選ばないのならより俗っぽいのかと思いました。
映像から伝わる空気感がとても好きです

海獣の子供(2018年製作の映画)

3.7

挑戦的な映画ということで少し高めに!
単に理解できない芸術を作者の天才性故にと評したくは無いが、幾分かその要素を含む作品だと感じた。
真面目に見るよりは、そんなもんか!位で見るといいのかなと

ONE PIECE FILM Z ワンピース フィルム ゼット(2012年製作の映画)

4.0

なんでこんな評価低いのかわからん。
戦闘描写などはイマイチかもしれないが、onepieceという作品を通じた「かっこよさ」というものが滲み出ている映画だと思う。

羊たちの沈黙(1990年製作の映画)

3.6

レクター博士がFBIからあそこまでの信頼を得るまでの物語を知りたい。
頭がいいとか犯人の人相や行動原理こと知ってそうとかでは、FBIから近づく理由にしては少し弱いと感じてしまう。

ゾンビ津波(2019年製作の映画)

2.3

割と普通にゾンビ映画してると思った。
津波にほとんど意味は無いけどキャラクター同士の軽妙なトークは悪くないし、やられ方も色々工夫されていて面白い。

でも全体的なストーリーとオチは酷かった!
あと人嫌
>>続きを読む

ダークナイト(2008年製作の映画)

4.2

バットマンの乗り物も最高にクールだし、ジョーカー役のヒース・レジャーの演技が本当に良い!!
撮影の裏側なんかも知るともっと楽しくなる!

ジュラシック・ジョーズ(1979年製作の映画)

1.5

セピア色の画面が時代を感じさせる。
国辱は基本!イッタルデー

さよならの朝に約束の花をかざろう(2018年製作の映画)

2.4

このレビューはネタバレを含みます

少年が老衰するシーンは心にくるものがあった

アバター:ジェームズ・キャメロン3Dリマスター(2022年製作の映画)

4.2

有無を言わさぬ映像美。王道でありながら飽きさせない展開。何より4DXというのがとても良かった。
次回作に4DXがあるなら是非それで見たい。

ルパン三世 カリオストロの城(1979年製作の映画)

4.3

このレビューはネタバレを含みます

あるべき義賊
のように写るが、彼らの本質が悪党であることは忘れてはならない。
そうでなければルパンがクラリスの告白を断るわけが無い。

LUPIN THE IIIRD 次元大介の墓標(2014年製作の映画)

3.9

ストーリーとかトリックとか割とどうでもいい
ただかっこいい

シン・エヴァンゲリオン劇場版(2020年製作の映画)

4.2

自らの思春期を俯瞰して作品に落とし込む技量と練り込みがとてもすごい

クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲(2001年製作の映画)

4.2

平成生まれの私でも昭和は懐かしく感じる
或いはこの映画のせいかもしれないが

>|