kさんの映画レビュー・感想・評価

k

k

自分のための記録用
青春、AI、SF、荒廃した世界モノが好き

映画(401)
ドラマ(4)

ある少年の告白(2018年製作の映画)

3.5

この現代においてもこういう世界があるのかと非常に勉強になった
キリスト教福音派というのはトランプ大統領の支持基盤であるらしいことに妙に納得…
人間味がなくてこわかった

グザヴィエドランが出てきたとき
>>続きを読む

マトリックス(1999年製作の映画)

3.5

中二病心をくすぐる展開は面白いけれど、うそーんみたいな展開があってノリきれず。
エージェントスミスがツボ!
この映画が後の映画に与えた影響はかなり大きいと思われる

Mr.ビーン カンヌで大迷惑?!(2007年製作の映画)

4.0

えーなんでこんなに評価低いの?ってくらい好きな映画になってしまった
ビーンってちゃんと優しさがあるところがすき
さりげないとこが面白い

最終的にすべて繋がって丸く収まっているから良し!

JAWS/ジョーズ(1975年製作の映画)

4.0

今更ながら初めて観た
不朽の名作とはまさにこのこと!
サメも本物と見間違えるくらいリアルで、結構グロテスクな描写もある
70年代の映画とはとても思えない。。
海は怖い

ROMA/ローマ(2018年製作の映画)

3.5

観終わった後にじわじわと良さが分かってきた
もう一度観たら感想が変わるかも

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

4.0

フレディは最期までひとりだったのかもしれない。

やっぱり、音楽の力って絶対にある。
ロックが好きで良かった!と改めて感じさせてくれる作品。

キュア ~禁断の隔離病棟~(2016年製作の映画)

3.5

デインデハーンの目のクマが最大限に生かされた映画。ミアゴス可愛い。
2回目観たいとは一切思わないけど、なかなかの佳作。映像がとてもきれい。
特典映像の瞑想レッスンが一番面白かったなんて口が裂けても言え
>>続きを読む

セブン(1995年製作の映画)

4.0

こんなにも胸糞&後味の悪い映画が他にあるのか…
伏線回収が素晴らしい
What's in the box

レディ・バード(2017年製作の映画)

3.0

地元に何も思い入れがない自分には全くハマらず!(そういえばブルックリンのときもそうだった…)
主人公の心の変化はスウィート17モンスターと近いものを感じた。
あと単純にカトリックではないのでよく理解で
>>続きを読む

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

4.0

X-MENでサイクロップス役のタイ・シェリダン大出世作!この役を観てオファーされたに違いない(だって見た目はサイクロップスそのままだもの)
オリヴィアクックにJoy DivisionのTシャツ着させて
>>続きを読む

ヴァレリアン 千の惑星の救世主(2017年製作の映画)

4.5

リュックベッソンの脳内こんな感じなんだろうなーって思って観ていた
色々ツッコミどころはあるけどそれを吹き飛ばすくらいのばきばきの映像美に心打たれた

68キル(2017年製作の映画)

4.0

ついに日本公開!有難い
マシュー・グレイ・ギュブラー目的で観に行ったので内容には一切期待していなかったけど、B級バイオレンスラブコメ&マシュー演じるハイパークズ男・チップの成長物語で、最後まで飽きずに
>>続きを読む

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年製作の映画)

5.0

「耳をすませば」を超えるカントリーロード!

日本公開が遅れまくり怒りのデスロードだったけどそんなの吹き飛ぶくらいに最高だった。他国の人はこんなに素晴らしい映画をもっとはやく観ていたなんて…

オープ
>>続きを読む

スター・ウォーズ/最後のジェダイ(2017年製作の映画)

4.5

この先一体どうなってしまうのだろうか ああスターウォーズや〜

グッド・タイム(2017年製作の映画)

3.5

クズなロバート・パティンソン!音楽がカッコイイ
ほとんど雰囲気映画なんだけど(でも飽きなかった!)ラストは色々と考えさせられた

他の方も書いていたように、ヴィクトリアに近いものを感じた

パーティで女の子に話しかけるには(2017年製作の映画)

2.0

エルファニングがただただ可愛いの映画

パンクも作られたパンク
というかサイケデリック要素の方が強い

ちょこちょこ笑えたシーンはあるものの、「で、なんだったの?」感が強い
これがハマる映画とそうでな
>>続きを読む

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。(2017年製作の映画)

3.0

ホラー要素は旧作よりあるけど、笑えるくらいにちょっとやりすぎ。
あと、ペニーワイズの素顔はもちろん子供たちが美しすぎ問題。

IT/イット(1990年製作の映画)

4.0

ホラー的な怖さよりも精神えぐられる。
人間はペニーワイズより怖い。

エンドレス・ポエトリー(2016年製作の映画)

5.0

88歳のおじいちゃんになっても尚、表現することに全力で真っ直ぐな芸術家、アレハンドロ・ホドロフスキーの最新作。

最近よく物思いに耽っていた自分にとって、今いちばん必要としてくれている詩や台詞に溢れて
>>続きを読む

スイス・アーミー・マン(2016年製作の映画)

4.5

観終わった後に、えーと、一体自分は何を観ていたんだろう…?夢だったのかしら!?と思ってしまうくらいブッ飛んだコメディおなら大作。プープー
大真面目に大馬鹿やっています

こんなにも予測不可能/奇想天外
>>続きを読む

COP CAR コップ・カー(2015年製作の映画)

3.0

ケヴィン・ベーコンが走る、走る、走る!

着地点がよく分からなかったのが残念
もうちょっと展開があればなあ

ブルーバレンタイン(2010年製作の映画)

4.5

現実を突きつけられまくり心ズタボロ

どんなに愛し合っていても、こうなる未来は決まっている運命なのか
どんなに自分が愛して結婚しても、無理になってしまったらそれは愛の終わりで
結婚とは何か、すごく考え
>>続きを読む

カッコーの巣の上で(1975年製作の映画)

4.0

キャラクターひとりひとりが愛おしくてたまらない。
原題の意味(カッコーの特性)を知っているか否かで変わりそう。

バッファロー’66(1998年製作の映画)

4.0

自分本位だしそんな度胸もないくせにすぐkill youばっかり言う主人公にちょっとイライラするんだけど、最後にかけてそれが吹き飛んじゃう。
レイラが惚れるのも納得。
カメラワークも独特で面白い。

帰ってきたヒトラー(2015年製作の映画)

3.5

強烈。
最初のうちは笑って観てたけど、だんだん怖くなってくる

いくら歴史を学んでも、私たち日本人が全てを理解することはできないと思った

ヒトラーに笑顔で手を振るドイツ国民
ドイツ/ヨーロッパの闇を
>>続きを読む

>|