110さんの映画レビュー・感想・評価

110

110

映画(599)
ドラマ(83)

ザ・スクエア 思いやりの聖域(2017年製作の映画)

-

ホームレスに玉ねぎ抜きサンドイッチ頼まれたら自分なら殺しはしないけれど、踏みつけてしまいそう。会議に赤ちゃんを連れてくるのは全然大丈夫かな。こうやって自分の中の線引きが丸裸になって、死にたくなる。そん>>続きを読む

叫びとささやき(1972年製作の映画)

-

アリ・アスター監督が『ミッドサマー』を撮る前にスタッフたちに見せたということで鑑賞。決して派手ではないけれどハイセンスな白い寝間着と白いドレスはミッドサマーぽいし、家族間の愛のなさを描いているのはヘレ>>続きを読む

屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ(2019年製作の映画)

-

弱者が弱者をヤりそして殺る。負の連鎖が繋がる瞬間がスクリーンに。コンプレックスの塊・ホンカに同情しつつも、すぐに手が出る彼に対して、それでもひょいひょい付いて行った売春婦たちが悪いと言いそうな人間が、>>続きを読む

西北西(2015年製作の映画)

-

キスしようと迫るとき「やめてよ」「ここは日本だよ、誰も見てないよ」のシーンが何度も脳内でリピートしてる。ナイマ(の宗教)を尊重すべき?ケイ自身の気持ちを押し通すべき?

コンテイジョン(2011年製作の映画)

-

コロナウイルが流行している今観るべき映画。結局、手洗いうがい咳エチケットが大事。それとブロガーはウイルスよりも脅威!手作り目薬おまえのことだよ!

ミッドサマー(2019年製作の映画)

5.0

ぜ〜んぜん怖くないし本当にカップルで観に来て欲しいな🌞🌼🌞

ブルー・マインド(2017年製作の映画)

-

フープピアス初日学校で他人の目を気にして外すはあるある

生きてるだけで、愛。(2018年製作の映画)

-

躁鬱で過眠症でめんどくさがっているのは本人なんだよ本当。本当にそう。

サーミの血(2016年製作の映画)

-

少数民族を野蛮だからという理由だけで迫害するやつらこそ、少女の耳を切りつけたり明らかに差別意識があるのに人類学専攻だからと盾を構える。こんなにドキドキしたダンスパーティは初めて。

K-12(原題)(2019年製作の映画)

-

ガーリーでスパイス的にグロくてこの意志強さ、私世代の先導者

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)

-

ミゲルのおばあちゃんがギターを壊すシーンで心が停止してしまった。大きいスクリーンなら死者の世界の色彩美になんとか酔えただろうけど、小さいスクリーンで観てたからもう心踊らなかった。何度映画館で観ればよか>>続きを読む

>|