いとけんさんの映画レビュー・感想・評価

いとけん

いとけん

映画のジャンルは様々。
観てすぐにレビューをする時もあれば
観て数日経ってからレビューする時もあります。

映画(236)
ドラマ(17)

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書(2017年製作の映画)

3.5

この事件の概要を知らない人は少々難しい部分があるかもしれない。
人物紹介もそこそこに目まぐるしく話が進んでしまう。
それでも観ていくと、どんどん引き込まれていくハズ。
そこがスピルバーグの凄いところだ
>>続きを読む

プーと大人になった僕(2018年製作の映画)

3.8

なんでも素敵なアイデアで楽しむ
あの頃のクリストファーロビンの面影はない。

幸せになるために働いていたはずなのに
幸せから離れていく。

なんのために働いていたのか。

家族との関わりも薄れていく。
>>続きを読む

ミッション:インポッシブル/フォールアウト(2018年製作の映画)

3.5

前作の内容を殆ど忘れていた状態で視聴

前作で登場したシンジケートの残党やそのリーダーが登場するのでおさらいしておくと相関図が分かりやすいかもしれない。

しかし観てなくても
この一作だけで十分完成さ
>>続きを読む

ウインド・リバー(2017年製作の映画)

3.6

サスペンスには犯人は誰なのか見つけ出す作品と、犯人を分かった上で主人公達はどうするかを描く作品があるが、本作は後者だと思う。

リズと青い鳥(2018年製作の映画)

3.4

爽やかな少女達の青春ストーリー。

山田監督の女の子達の微妙な感情の
揺れ動きの描き方が
上手いなぁと思った

焼肉ドラゴン(2018年製作の映画)

3.4

パッと見、下町でのハチャメチャなストーリーかと思いきや割と重い内容。

そこでしか生きられない人達が様々な悩みを抱えながらも抗い必死に生き続ける。

韓国人のお父さんとお母さんが演技は勿論のこと日本語
>>続きを読む

ザ・プレデター(2018年製作の映画)

3.0

前作をオマージュしたシーンがあり、前作ファンがニヤリと出来る部分がある。

主人公のキャラクター性が弱いと感じた。

主人公の息子が発達障害らしいけど、そのような設定をつけるならもっと活躍させても良か
>>続きを読む

イップ・マン 継承(2015年製作の映画)

3.8

全体的に少し明るめな空気感だった。

マイク・タイソンとの対決はあまり面白く無かった。一見マイク・タイソンとイップ・マンが対決すると聞くと面白そうと思うのだが、やはり前作同様ボクシングとの相性が悪い。
>>続きを読む

イップ・マン 葉問(2010年製作の映画)

3.6

前作から命からがら香港へ逃げることができ、貧しいながらも武館を開くイップ・マン。
香港で武館を束ねるサモ・ハン・キンポー演じるホンと対峙する。

イギリス人ボクサーと対決したホンを見て、やり方は違えど
>>続きを読む

イップ・マン 序章(2008年製作の映画)

3.8

武とは何か。強さとは…

何故稽古をし、武を極め戦うのか…

その答えはこの作品にある。

アクション映画として観ても善し、人間ドラマとしても観ても善しの作品だと思う。

昔観たヒーローに憧れて強くな
>>続きを読む

ルーム(2015年製作の映画)

4.0

一見、仲の良い親子の日常に見えるが…

サスペンス要素を含むハラハラとさせるシーン。

実際に似たような事件は海外で多々ある。

サスペンスは前半。後半からは親子のお話。

数年ぶりに解放されるも、す
>>続きを読む

レディ・バード(2017年製作の映画)

3.8

等身大の拗らせ系思春期女子を描いた一作

自分のことをレディバードと名乗って、それを家族や友人に呼ばせちゃうかなり拗らせ系女子。

自分の住んでる街や、家族、つまらない毎日に嫌気がさしたり、初体験への
>>続きを読む

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)

4.0

みんなそれぞれ傷やコンプレックス、悩みを抱えながら生きている。

それをお互いに受け入れる
ちょっとした勇気があれば…

生まれつき顔が変形してしまっている少年オギーは宇宙が大好きなとてもチャーミング
>>続きを読む

妻よ薔薇のように 家族はつらいよⅢ(2018年製作の映画)

4.0

これぞ日本映画と思わせる一作

設定からセリフまで、本当に日本のどこかで行われているであろう家族の風景。

ちょっとした一言でのすれ違いから始まる家族内での騒動。

家族でのあらゆる立場が描かれている
>>続きを読む

聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア(2017年製作の映画)

3.5

何かが少しずつおかしくなっていく…

淡々とした会話、日常風景の描き方が
不気味。

所々性描写も出てくるが、そこがまた不気味さに拍車をかける。

無機質な映像に、不気味な音楽、そして淡々とした演技を
>>続きを読む

オーシャンズ8(2017年製作の映画)

3.5

カッコイイ女性が観たい人必見

テンポよくリズミカルに話が進む

出てくるキャスト陣がそれぞれ良いキャラクターをしている。

女性ならではの動きの華やかさ、鮮やかさが観ていて楽しいし、気持ちいい。
>>続きを読む

告発(1995年製作の映画)

3.8

ケヴィン・ベーコンの演技が衝撃的

実際にアルカトラズ刑務所で起きた事件を基に作られた作品。

生き地獄とはまさにコレのことを言うのだろうと思わされるくらいの仕打ちに、劣悪な環境。

ケヴィン・ベーコ
>>続きを読む

>|