みあさんの映画レビュー・感想・評価

みあ

みあ

ベイビーティース(2019年製作の映画)

4.8

こんなにも美しくキラキラしているのに
なぜだろう、すごく苦しい
鼻の奥がツンとして悲しくなった

ザ・スイッチ(2020年製作の映画)

3.9

テンポが良くて見やすかった
笑える場面も多くて中盤は結構楽しい
グロシーンがあるのがちょっとしんどい
だけど総じていい映画!!!

ファーザー(2020年製作の映画)

3.6

認知症を描いた映画やドラマはいくつか見たことがあったけど、本人目線の映画は初めてだった

わからない、わからない、何かおかしい

アンソニーと共に不安な気持ちになった。

最近祖母が認知症気味になって
>>続きを読む

マスカレード・ナイト(2021年製作の映画)

3.6

前作を見た時にずっと疑問だった
ズレている文鎮を真っ直ぐに戻すシーンがまた出てきた
今回も何故なのか、その意図はわからなかった
気になる!!小説読もうかな、、、

The Witch/魔女(2018年製作の映画)

3.7

今までチェ・ウシクって優しくてか弱いイメージだったけど 狂った感じの役がすごくハマっててかっこよかった キム・ダミの演技力も抜群で、最初から最後まで飽きずに見れた

ポセイドン・アドベンチャー(1972年製作の映画)

3.6

多数決バカにはならないでおこうと心に決めた

水が怖くて仕方ない人間なので
シーンの半分以上息を止めるようにして見てた

82年生まれ、キム・ジヨン(2019年製作の映画)

4.2

数少ない勇気ある優しい人達だけが救い
なんでこんな風になってしまったのか
考えれば 過去の風習だったり 刷り込まれた
男尊女卑の意識だったり 無意識的なものの積み重ねが多いのだろうけど
ジヨンのような
>>続きを読む

哀愁しんでれら(2021年製作の映画)

3.4

終始不気味な映画
音楽もあいまってホラー感強め
「告白」みたいな人間の怖さを知った
狂った愛か洗脳か

花束みたいな恋をした(2021年製作の映画)

3.6

あの頃の慰めの言葉が響かなくなった時
人って変わってしまうんだなぁと悲しくなった
日々に追われて感受性を潤す暇もなくなって
なにも感じないようになってしまうのかな

あの時なんて言えばよかった?

>>続きを読む

キャラクター(2021年製作の映画)

3.9

飽きずにずっとスクリーンに釘付けでした
深瀬さんの演技も気持ち悪さが出ていて良かったです
辺見役の人が本当に怖くてホラー映画かと思いました

少しの謎を残して終わったのが
最後まで惹き付けられました

きっと、うまくいく(2009年製作の映画)

4.4

アールイズウェル!!!

なかなかいい映画に巡り会えなくて
映画見たい欲が無くなってたけど
久しぶりに大好きな映画に出会えて幸せ

朝が来る(2020年製作の映画)

3.7

出ている人たち、皆自然な演技で
ドキュメンタリーを見ているような感覚になった

途中ではさまれる風景の映像も美しく
少しの余白で考えが研ぎ澄まされる映画だった

映像は光の入れ方が印象的で惹き込まれた

BREAK THE SILENCE: THE MOVIE(2020年製作の映画)

3.8

彼ら7人が一緒にいる限り
彼らの"花様年華"は一生続くと思う

あんなに輝いて見えても
光と影に飲み込まれないように生きる術を探していて
自分に意味など無いと少し悲しそうに笑う

彼らだってやっぱり人
>>続きを読む

新解釈・三國志(2020年製作の映画)

3.3

見る前から勝手にハードルを上げすぎたなぁ
おもしろかったけど、映画館で見なくちゃ!
って感じではなかった

約束のネバーランド(2020年製作の映画)

3.2

うるっとくる瞬間はあったけど
アニメのドキドキ感を越えられなかった
渡辺直美、とってもいい味出てた

BRING THE SOUL: THE MOVIE(2019年製作の映画)

4.3

エッフェル塔をみんなで見つめるシーンのジミンが
今にも消えてしまいそうなくらい儚く見えて涙が出た
身体がボロボロになっても、心をすり減らしても
ステージに立ち続ける彼らが本当にかっこいいけど
その華や
>>続きを読む

さくら(2020年製作の映画)

4.2

原作が大好きだったので、原作を超えてこなかったら嫌だなぁと思いながら見ましたが、原作とは別物として最高の映画でした。

BLACKPINK ライトアップ・ザ・スカイ(2020年製作の映画)

3.7

私たち凡人からすれば想像もつかないような
努力を重ねてきた人達だから見られる景色がある
その人たちにしか分からない感情がある
なのに憧れるのだけは簡単で
そんな自分が愚かだと思ってしまった

劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン(2020年製作の映画)

4.8

ヴァイオレットエヴァーガーデンが好きだ

アニメの時からの繋がりも大切にしつつ
時の流れも描かれていて すごく感動した

涙が収まった頃にまた泣かせにくるのズルいよ

個人的には大佐が少佐のことを「ギ
>>続きを読む

ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝 - 永遠と自動手記人形 -(2019年製作の映画)

3.8

姉妹の間に入って
どちらの感情にも寄り添っていた
ヴァイオレットがアニメの時よりも
本当に成長しているなあと感じた

僕たちの嘘と真実 Documentary of 欅坂46(2020年製作の映画)

4.5

苦しい、苦しい、苦しい

欅坂46の事はテレビでたまに見るくらいだった。
平手さんを見てステージの度にこんなに身を削って消耗するくらいなら 早く休ませてあげれば良いのに と思っていた。そして今日は映画
>>続きを読む

泣きたい私は猫をかぶる(2020年製作の映画)

3.0

所々、好きなセリフはあったものの
大好き!!とはならなかった
「夜行」はもっと良い使い方が出来たと思うし
「花に亡霊」も鳥肌!って感じではなかった
唯一最後の「嘘月」は良いと思った

イエスタデイ(2019年製作の映画)

3.2

設定が斬新でよかったけど
内容的にはまあまあって感じだった

見えない目撃者(2019年製作の映画)

3.8

見えないからこそ見えるもの
感覚を研ぎ澄まして掴み取るもの
とても強い女性だと思った
なつめさんがスーパーヒーローだ

ハラハラしすぎてたぶん寿命縮まった

劇場(2020年製作の映画)

3.7

やっぱり松岡茉優の演技が好き
原作も読んでいたけど映画とは別物って感じがした
最後のシーンのためにある映画

Girl/ガール(2018年製作の映画)

3.3

お父さんが本当にかっこいい
近くに一番の理解者がいるだけで
ララも少しは救われていたところがあると思う
だけどそんな人の言葉よりも周りからの心無い言葉の方が心に残ってしまうことが悲しい

ひとよ(2019年製作の映画)

3.9

松岡茉優さんの演技が本当に好きなんだけど
この映画でさらに大好きになった
3人の喫煙シーンがほっこりできて良かった

ジョジョ・ラビット(2019年製作の映画)

4.0

すごく良かった
戦争がテーマにあるから辛いシーンもあるけど
それ以上に愛を感じられるシーンがあるから
バランスがとれていて苦しくなりすぎなかった
最後のリルケの詩が染みる

記憶にございません!(2019年製作の映画)

3.5

キャストがとにかく豪華すぎる
心があったかくなる素敵な映画でした

グリーンブック(2018年製作の映画)

4.0

よかった!!!!!
金持ちの白人たちにふぁっくって何回も思ったけど
それは理解がないからであって
トニーも家族も初めは黒人を差別していたのに
最後に「''ニガ"はよせよ」ってトニーが言った時
家族はそ
>>続きを読む

>|