映画ファンさんの映画レビュー・感想・評価

映画ファン

映画ファン

知りすぎていた男(1956年製作の映画)

4.0

アラビア語で絡まれていた所をベルナールという男に助けてもらった医者の3人家族、しかしベルナールが事細かに個人情報を訪ねてくるので妻のジョーは不審に思っていく
展開が二転三転し動きも徐々に激しくなってい
>>続きを読む

60セカンズ(2000年製作の映画)

3.5

72時間以内に車を50台盗まないと弟が殺されてしまうため仲間を集めて計画を立てていく元凄腕車泥棒を描いていく映画
途中までオーシャンズ11を彷彿させるようなケイパーモノらしいメンバー個々人のユーモアあ
>>続きを読む

アルカディア(2017年製作の映画)

3.8

カルトの村アルカディアに10年ぶりに一本のビデオをきっかけに戻ってきた兄弟2人に巻き起こる怪奇現象の数々を描いていくSFスリラー映画
少しぶれたカメラワークと絵面の閉鎖感はうまく表現されていてとても良
>>続きを読む

わたしは最悪。(2021年製作の映画)

4.7

このレビューはネタバレを含みます

30歳を迎えたユリヤの人生への焦燥感や浮気心、様々な感情や成長を序章、1〜12章、終章の14パートの構成に分けて描いていく映画
40代のアクセルのアナログ的な考えと上手く噛み合わないミレニアム世代のユ
>>続きを読む

リコリス・ピザ(2021年製作の映画)

4.4

このレビューはネタバレを含みます

1970年代のL.A.を舞台に一回り上のアラナに一目惚れしたゲイリーの2人を描いていく映画
ノスタルジーに浸った70年代の綺麗な部分だけでなくセクハラや悪しき文化も描いたのは良かったと思う
ゲイリーが
>>続きを読む

アウト・オブ・サイト(1998年製作の映画)

4.2

銀行強盗ジャックが連邦捜査官のカレンに恋してしまうクライムブラックコメディ映画
トランクの中で映画の話などの駄話で打ち解けていくのはタランティーノやガイ・リッチー作品のような軽快さがあって良かった
>>続きを読む

ダイバージェントNEO(2015年製作の映画)

2.6

中盤シミュレーシーンと終盤以外全体的にアクションもスケールも前作よりちょっと小さめで肩透かし
このオチで3作目は何をするのかわからない

クィーン(2006年製作の映画)

4.5

ダイアナ妃の死から新首相のトニー・ブレアとエリザベス女王の激動の1週間を描いた伝記映画
半世紀以上に渡りしきたりを守ってきたエリザベスとしてダイアナへの葛藤をヘレン・ミレンが見事演じきっていたのが凄ま
>>続きを読む

君への誓い(2012年製作の映画)

3.5

事故で一命は取り留めたものの妻ペイジの記憶が戻らず苦悩する夫レオを描く実話を基にした映画
妻側の親から離婚を唆されたりペイジの元婚約者ジェレミーとの関係が戻りかけて気が気じゃないレオの心情とかはしっか
>>続きを読む

あの頃エッフェル塔の下で(2015年製作の映画)

4.0

空港で同姓同名のパスポートを理由に引き止められたことをきっかけにポールはエステルとの初恋を思い出していく映画
ポールの少年期の家族との衝突からソ連でのスリルあるスパイ行為などエステルと出会う前の話は簡
>>続きを読む

チキンラン(2000年製作の映画)

3.7

養鶏場のジンジャーは外の世界を知るロッキーと共に鶏たちと脱出計画を立てていくストップモーションアニメ映画
鶏たちのコミカルさとジンジャーとロッキーの凸凹コンビぶりは十二分に描かれていた
鶏たちから見た
>>続きを読む

リトルショップ・オブ・ホラーズ(1986年製作の映画)

4.5

60年代の映画のリメイクというよりそれを基にしたミュージカルを映画化した作品、冴えないシーモアが謎の植物オードリーⅡを育てていくにつれ店が繁盛し出していくが…
90分ちょいという短い時間にシーモアの成
>>続きを読む

ウーマン・イン・ブラック 亡霊の館(2012年製作の映画)

3.3

19世紀末のロンドンを舞台に嫁に先立たれた弁護士アーサーがイールマーシュの館を訪ねていくホラー映画
ハリーポッター後のダニエル・ラドクリフのイメージ脱却感ある演技はとてもハマっていた
ホラーとしてはそ
>>続きを読む

シリアスマン(2009年製作の映画)

4.0

原題通り真面目な男ラリーが次々と理不尽な目に遭っていく様を描くブラックコメディ映画
前半ラリーが家族や教授としての立場や近所関係、馴染みの司祭不在など些細な不幸に見舞われ続けそれがどんどんエスカレート
>>続きを読む

ジム・キャリーのエースにおまかせ/エース・ベンチュラ2(1995年製作の映画)

3.4

エース・ベンチュラの続編、チベットを舞台に動物レスキューになった姿を描いていく
サイのケツから出てきて家族にトラウマを与えるシーンは最高に笑えた

魂のジュリエッタ(1964年製作の映画)

4.2

15年の結婚生活を迎えたものの夫ジョルジオが寝言からカブリエラという若い女と浮気していると思ったジュリエッタは不安から探偵を雇ったりスピリチュアルな集会に参加して焼かれる天使の夢を見ていく映画
当時妻
>>続きを読む

GODZILLA ゴジラ(1998年製作の映画)

1.8

悪名高いエメリッヒ版ゴジラ
ゴジラという存在に対す描き方も後のモンスターバース版は本作に比べたらかなり本家に敬意を払ったものだったんだなと再確認させられた、せめて造形だけは本家ゴジラに近いものにしてほ
>>続きを読む

ダイナー(1982年製作の映画)

3.9

1959年のボルチモアを舞台にダイナーに集まる5人の若者を描いていく映画
明確なストーリーラインこそないものの主要陣のキャラ性が強くそれぞれ苦悩を抱えている所が魅力的
なんでも賭け事にしてしまうギャン
>>続きを読む

1408号室(2007年製作の映画)

3.5

泊まった人間がほぼ謎の不審死を遂げる1408号室に入った作家マイクを描いていくスティーヴン・キング原作のホラー映画
前半の勝手に窓が閉まって指を挟んだり蛇口から噴水のように絶えず水が流れたり一歩間違え
>>続きを読む

BPM ビート・パー・ミニット(2017年製作の映画)

4.2

90年代のフランスで製薬会社や差別と戦ったACT UPを描いていく実話を基にした映画
初っ端から製薬会社に乗り込んで血糊で抗議していくシーンから団体の行動の大胆さに驚いた
エイズ感染者を見る人の偏見、
>>続きを読む

男たちの挽歌 II(1987年製作の映画)

3.7

マークが死んでしまったため双子の弟ケンという設定でチョウ・ユンファを続投させたのは少し無理やりで笑ってしまった
レスリー・チャン演じるキットがここで終わってしまったのが残念
最後のカチコミは荒唐無稽な
>>続きを読む

スモーキング・ハイ(2008年製作の映画)

3.8

配達人のデールが殺人事件を目撃したばかりに友達の売人ソールと共に犯人に狙われていくコメディ映画
パトカーとのカーチェイス中にフロントガラスを割ろうとして足が抜けないソールやデールが人質を撃ち殺されて動
>>続きを読む

ジェーン・エア(2011年製作の映画)

4.5

名作長編小説ジェーン・エアをキャリー・ジョージ・フクナガが映画化
恋愛部分は控えめ手前ジェーン・エアが追い詰められ孤独に苛まれていくパートに重点を置いた点は素晴らしかった、衣装、背景、トーン全てが暗め
>>続きを読む

フーリガン(2005年製作の映画)

4.3

ハーバードを卒業2ヶ月前といったところで友人の罪を被り退学となってしまい姉夫婦の住むイギリスに行くマットはそこで出会った姉の義理の弟ピートやその組織フーリガンと親しくなっていく様を描いた映画
まともな
>>続きを読む

寝取られ男のラブ♂バカンス(2008年製作の映画)

3.7

彼女サラに振られハワイに旅行行ったらまさかの再開を果たしサラも今の彼と上手くいかずピーターに未練があった、しかしピーターはフロント係のレイチェルに気持ちが移り関係が拗れていくコメディ映画
ピーターのダ
>>続きを読む

ハーフネルソン(2006年製作の映画)

4.3

黒人やヒスパニック系の中学校で歴史を教えていたダンは実はジャンキーでそれを偶然見てしまった生徒ドレイを描いていく映画
ライアン・ゴズリング演じるダンの世間や家族、生徒の負い目から麻薬に溺れどうしようも
>>続きを読む

パッション(2012年製作の映画)

3.0

上司クリスティンに嫌がらせを受け続け殺意を抱いていく部下イザベルを描いたスリラー映画
デパルマらしい長回しと迫り来るようなヒッチコック愛に溢れる音響は健在だったのはこの映画の数少ない美点
女上司を演じ
>>続きを読む

20センチュリー・ウーマン(2016年製作の映画)

4.0

70年代末期を舞台に40歳で子供産んだシングルマザードロシーと息子ジェイミーの関係、ジェイミーの教育に悩んだドロシーはアビーやジュリーに協力を願いでる映画
ジュリーがジェイミーと恋仲になるのを恐れ一定
>>続きを読む

ケープタウン(2013年製作の映画)

3.8

失踪する子供たち、陰惨な殺人事件全てがつながっていくクライムサスペンス映画
オーランド・ブルームは本作でガラッと容貌も変わって一瞬誰だが分からなかった
フォレスト・ウィテカー演じるアリ刑事もハマり役
>>続きを読む

我輩はカモである(1933年製作の映画)

4.3

ティズデル夫人はファイヤフライを首相にすることを条件にフリードニア共和国に援助するがファイヤフライの問題行動によりとんでもないことになっていくスペクタクルコメディ映画
サイドカーに置いてけぼりにされる
>>続きを読む

最終絶叫計画(2000年製作の映画)

3.5

ホラー映画(主にスクリーム)をメタ的に突っ込んだコメディ映画
陰毛を芝刈機で刈ったり精子が天井まで飛んだり荒唐無稽な馬鹿馬鹿しさが癖になる
ショーシャンクの真似してたら轢かれるラストも良かった

トップガン マーヴェリック(2022年製作の映画)

4.9

35年以上に続編企画を温めトム・クルーズが劇場公開のために何度も延期させたのも納得の大傑作だった
初っ端のマッハ10達成シーンからの臨場感にとても惹きつけられた
前作では名前だけでたシングルマザーペニ
>>続きを読む

クライング・ゲーム(1992年製作の映画)

3.9

人質として捕らえられた英国兵士ジョディと仲良くなって約束まで取り付けてしまったばかりに辛い目に遭っていくアイルランド兵のファーガスを描いていく映画
物語がただ二転三転していくだけでなくファーガスがジョ
>>続きを読む

アメリカン・サマー・ストーリー アメリカン・パイ2(2001年製作の映画)

3.1

あのアメリカン・パイの続編
メンバーそれぞれが普通に成長した後なので物語的にはイマイチ微妙だった
接着剤の下は笑えた

オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ(2013年製作の映画)

4.2

ジム・ジャームッシュが描く吸血鬼たちの哀愁を描いた映画
ティルダ・スウィントンのコンスタンティンでも感じた人外的存在の演じ方の巧さが印象的、トム・ヒドルストンの長髪も作品に馴染んでいる
そんな落ち着き
>>続きを読む

バックマン家の人々(1989年製作の映画)

3.6

子供たちが精神病や勝手に婚姻しているバックマン家の騒動をコミカルに描いていく映画
親と子の互いへの理解や壁みたいなのが徐々に打ち解けていくのはロン・ハワードらしい描き方
若きキアヌ・リーヴス演じるトッ
>>続きを読む

>|