いさんの映画レビュー・感想・評価

い

映画(152)
ドラマ(0)

ザ・ベビーシッター ~キラークイーン~(2020年製作の映画)

3.6

前作に引き続き楽しかった。
初期メンバーがやっぱり良いキャラしてて好き。
みんな美男美女過ぎる。

ザ・ベビーシッター(2016年製作の映画)

3.0

ちょっと憧れてたセクシーなベビーシッターが夜な夜な仲間を集めて家で黒魔術を始め、自身も生贄にされると知った男の子が危ない奴らに立ち向かう話。

あんな閑静な住宅街にパトカーとか銃声とかしたらご近所さん
>>続きを読む

パッドマン 5億人の女性を救った男(2018年製作の映画)

4.5

僕の手作りナプキンを使ってくださいって、女子大生や少女にゴリ押ししてくる変態感が面白かった。
生理の時は女性は外の部屋で5日間過ごすとか、生理は穢れとか恥とか、インドの悪いところも出てて良かった。
>>続きを読む

NY 心霊捜査官(2014年製作の映画)

2.5

心霊というより悪魔祓い。
どこまで実話なんだろう?
取り憑かれてるのが元海兵隊だからか、結構肉体系アクションシーンが多かったので怖さとか薄気味悪さとかはなかった。

シュガーランドの亡霊たち(2019年製作の映画)

3.5

学生時代の友人マークがISISに加わったと知った友人達が、マークとの思い出やそれぞれの心情を語るドキュメンタリー。
20分という短さだしマークは最後まで出てこないし、情報量がかなり少ない。
だけど、マ
>>続きを読む

チャイルド・プレイ/チャッキーの種(2004年製作の映画)

2.8

私の中でB級ホラー映画と言えばチャッキー。
暇つぶしに観るのにちょうどいい娯楽。

エクリプス(2017年製作の映画)

3.0

スペイン警察が初めて超常現象を目撃したと認めた事件。

ウィジャボードで降霊術をやってから、不可解な現象が続いて…っていう何度も観たようなクラシックな話。
実話を元にしてるってことで☆3。

主人公で
>>続きを読む

ELI/イーライ(2019年製作の映画)

3.0

自己免疫疾患で、防護服を着ないと外に出れないイーライ。両親と共に100%治してくれるという施設に行くが、イーライだけが心霊現象に見舞われ、医師は治療の副作用と言い、両親の様子もおかしくて…。

中盤ま
>>続きを読む

OCD 〜メンタル・クリニックは大騒ぎ〜(2017年製作の映画)

4.3

トゥレット症候群、細菌恐怖症など、様々なタイプの強迫性障害を抱える患者達が待合室で先生が来るのを待つ間に、なんやかんやあってグループ療法をしてみるかってなるハートフルコメディ。

みんな強迫性障害が個
>>続きを読む

ゾンビーワールドへようこそ(2015年製作の映画)

2.8

ゾンビ映画のどこに興奮すればいいのかわからない。
隊長が可愛らしくて好きだった。

雨に唄えば(1952年製作の映画)

4.0

サイレント映画からトーキー映画に切り替わっていく時代、女優の声が悪声過ぎて声優をつけようってことでわちゃわちゃする話。

ミュージカル苦手だけど、これが名作と言われるのはわかる気がする。
勝手にロマン
>>続きを読む

バックドラフト(1991年製作の映画)

4.0

火災現場の炎が化け物みたいでめちゃくちゃ恐ろしい。
水、弱っ!ってなる。
バックドラフトが起こる前に一旦静かに煙を吸い込むところが不気味。

消防士が過酷な火災現場に立ち向かう単純明快なアクション映画
>>続きを読む

ミッドサマー(2019年製作の映画)

1.0

観終わった後に、何これ、何を観せられたの?ってなっちゃう。
へレディタリーの時もそうだけど、人間関係の中での嫌な場面を切り取って不快感を感じさせるのがうまいなって思う。
ダニーの泣き方、本当に気持ち悪
>>続きを読む

マリーゴールド・ホテル 幸せへの第二章(2015年製作の映画)

3.0

二作目のこちらは支配人関連の経営や結婚のゴタゴタの割合が多め。
前作みたいに、移住してきた初老の男女のその後をもっと観たかったかな。

グランド・ブダペスト・ホテル(2014年製作の映画)

3.0

おしゃれ映画。
色使いと構図が細部までオシャレで可愛くて素敵。
すべてのシーンが切り取られた絵みたい。
ストーリーは遊びが多くて長くて眠い。気がついたら寝てた。

マリーゴールド・ホテルで会いましょう(2011年製作の映画)

4.8

ホテルに着いてみたら写真と違ってボロボロで、『写真は未来のイメージです!』って…、支配人この野郎…って思ったけど、バカの行動力ってすごい。もはや感嘆。

そんなホテルに不満を言いながら暮らす者と楽しむ
>>続きを読む

アメリカン・スナイパー(2014年製作の映画)

3.5

安定のクリント・イーストウッドの作品だなって感じ。
映画観終わるとWikipediaで詳しく調べたくなる。

コンジアム(2018年製作の映画)

1.0

韓国のホラーって日本寄りだと思ってたから、ストーリー性もないびっくりホラーなだけでつまらなかった。

バトル・インフェルノ(2019年製作の映画)

3.6

ヤラセ悪魔祓い番組に本物の悪魔が降臨しちゃって、
ニセ神父困惑、現場パニック。
結構楽しかった。

猫が教えてくれたこと(2016年製作の映画)

3.0

イスタンブールの猫達と街の人々の生活を追ったドキュメンタリー。猫好きじゃないとたぶんつまらないやつ。
猫って本当に人間みたいに性格が様々でおもしろい。

飼ったり束縛せず、でも名前を付けて可愛がって見
>>続きを読む

サウナのあるところ(2010年製作の映画)

2.8

フィンランドいいな、サウナいいな、と思ってウキウキしながら観たら、めちゃくちゃ重くてズーンとなった…。

サウナって外界と遮断されてぼーっと暑くてなんか落ち着く木の匂いがしてリラックスできるから、心の
>>続きを読む

バーディ(1984年製作の映画)

3.0

ベトナム戦争から帰ってきたら、親友が戦争でPTSDになり口がきけなくなり反応を示さなくなっていた。
昔の思い出話をする事で親友の意識を取り戻そうとする。

とにかく長くて途中で何度もリタイアしそうにな
>>続きを読む

ミシシッピー・バーニング(1988年製作の映画)

4.0

公民権運動をする3人の若者が失踪し、FBIが捜査に乗り出す。
老練でチャーミングなアンダーソンと、堅物エリートなウォードのコンビがバランス良し。
アンダーソンのウインクが素敵。

肌の色が違うだけでこ
>>続きを読む

タッカーとデイル 史上最悪にツイてないヤツら(2010年製作の映画)

3.2

イケてない二人の男が、大学生グループに殺人鬼と勘違いされて、たまたまグループの女の子を助けたところから偶然と勘違いにより次々と人が死んでいくコメディ。

死に方が結構グロかったから笑っていいのか悩んじ
>>続きを読む

ウィンチェスターハウス アメリカで最も呪われた屋敷(2018年製作の映画)

3.0

かの有名なウィンチェスターハウスの映画だから一応観といた。
増改築を繰り返す夫人の精神鑑定をウィンチェスター社に依頼されて、ウィンチェスターハウスに泊まり込みで診断に来た医師。

なぜ遠く離れた場所に
>>続きを読む

13ゴースト(2001年製作の映画)

2.0

死んだ叔父が遺した豪邸がおばけ屋敷だった話。

おばけがみんなファンキーでアクティブで全然怖くなかった。

ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜(2011年製作の映画)

3.8

黒人専用のトイレが設置されてる家は資産価値が高いってびっくり。
ヒリーを振ってシーリアを選んだ旦那さんは女を見る目があったな。

死刑執行人もまた死す(1943年製作の映画)

4.2

たくさんの人質を救う為に暗殺者を売っても、結局ナチスによる虐殺が続いて違う他の人が大勢死んでいく。それなら屈さずに戦おうって気持ちになるのかな。

プラハ市民の団結力と強さがすごくてグッと来たけど、ラ
>>続きを読む

1917 命をかけた伝令(2019年製作の映画)

3.0

途中、友人の死によって運ぶものは伝令だけじゃなくなったなと。

ワンカットである必要性が感じられず、大して没入感や緊張感はなかったかな。正直退屈だった。
所々で咲く花とか、爆撃で崩れた夜の廃墟とか、映
>>続きを読む

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)

3.5

最初は理解のないきっつい家族だなって思ったけど、最後は少しうるっと来た。
でも途中で犬を邪険に扱ったのは許さないぞ。

死んで忘れられた時が二度目の死。
なんとなくお墓参りに行きたくなった。

レザーフェイス―悪魔のいけにえ(2017年製作の映画)

3.0

誰が誰だか途中でわからなくなっちゃったけど、なんとか追い付いて観終わった。
レザーフェイスは昔は良い子だったんだね。

ババドック 暗闇の魔物(2014年製作の映画)

3.2

自覚無しの精神疾患の人がシングルマザーになるとこんな感じなんだろうなって思った。

ホラー映画としては全然怖くないし、ババドックがなんだったのかは全然わからない。

既に限界だったのにさらに精神的に追
>>続きを読む

パトリオット・デイ(2016年製作の映画)

4.0

ボートの中に身を潜めた犯人を上空から映し出した映像、ニュースで見たなぁと思い出してしみじみした。
その丸見え空撮の印象だけが強く、犯人にカージャックされた人がいるとか銃を守って殺された警官がいるとか知
>>続きを読む

イーグルス・オブ・デス・メタル: パリの友に捧ぐ(2017年製作の映画)

5.0

これはかなり、かなり良いドキュメンタリーだった!
音楽の力と希望を感じる前向きな作品。

フランスの同時多発テロで、ライブ中に襲撃されたロックバンドが、3ヶ月後、心に傷を負いながらも同じステージに立つ
>>続きを読む

アップグレード(2018年製作の映画)

3.0

妻を殺され自身も半身不随にされた男が復讐を果たす重めのやつかと思ったけど途中で、『あ、これSFコメディだ』ってなった。
最後の方の戦闘シーンがアルプス一万尺みたいでかわいい。

これは結構先が読めてし
>>続きを読む

ダークナイト(2008年製作の映画)

3.0

勧められたから観たけど、期待値が高かったせいか普通だなと思った。
ジョーカーは純粋な悪の狂人って感じがして好きなキャラだった。
あと囚人と一般人、それぞれの船で下す決断は結構グッと来た。人って捨てたも
>>続きを読む