eioさんの映画レビュー・感想・評価

eio

eio

映画(47)
ドラマ(0)
  • 47Marks
  • 3Clips
  • 0Fans
  • 0Followers
  • 0Followings
  • List view
  • Grid view

超高速!参勤交代(2014年製作の映画)

3.2

めちゃくちゃ面白くて引き込まれる!というわけではなかったけど、それでもクスッと笑えるところもあり、話もそれなりに面白くて、リターンズも観ようと思いました。

ハチミツとクローバー(2006年製作の映画)

3.0

最初から最後まで、こんなに主人公の思いが報われない作品ってあるの?という感じでした。笑 でもそうなる理由がわかる、甘酸っぱくて涼しくてさわやかな映画。

SING/シング(2016年製作の映画)

2.8

タイトル通り、音楽をしっかり聴かせてくれる映画でとてもよかったと思う。

君の名は。(2016年製作の映画)

3.3

かなりスケールの大きい映画。高校生にしてはでかいことやりすぎでしょ!と思ったりもしたけど、音楽も映像もストーリーも良くて、話題になるのが納得の映画でした。

シン・ゴジラ(2016年製作の映画)

3.0

物語がサクサクサクサク進んで、ずーっとあらすじを見ている気分だった。笑 そのテンポ感が逆に、情感とか感慨とかもなく進むニュースのような感覚でコミカルでよかった。

心が叫びたがってるんだ。(2015年製作の映画)

2.0

最初はかなり引き込まれたけど、途中から、主人公がわがままに思えてしまっていまいち入り込めなかったかも…

アーティスト(2011年製作の映画)

2.7

現代のサイレント映画ってどんなのだろう?と思って見た作品。

リリイ・シュシュのすべて(2001年製作の映画)

3.0

この映画のせいで?ドビュッシーを聴くとこの映画の風景が浮かんでしまう。中学二年生って、大人が想像できるよりはるかに深くて暗い湖みたいなところにいるのかもしれないな、と思わせる、重力を感じない映画でした>>続きを読む

タイタニック(1997年製作の映画)

3.5

良い作品だと思うけど、心臓にかなりのダメージが来た…恋愛には全然共感できなかったけど、それよりも生き別れてしまう親子とか死を決意する船長たちとか、モブキャラ?に胸を打たれました。辛すぎて、観終わった後>>続きを読む

帝一の國(2017年製作の映画)

4.5

痛快!!!!!こんなにパキッとした邦画あるんだ!と、観終わった後しばらく目がチカチカキラキラしてました。とんでもなく面白かった。

ちはやふる 下の句(2016年製作の映画)

2.5

上の句に比べて、話のテンポ感?は少し落ちた感じがするけど、やっぱり試合中はハラハラするし、楽しめました。はやく「結び」観ないと。

ちはやふる 上の句(2016年製作の映画)

3.0

漫画を読んでから見ました!漫画と同じ勢いとはいかないけど、やっぱり面白い。すぐ下の句借りに行きました。

リップヴァンウィンクルの花嫁(2016年製作の映画)

3.4

ただただ黒木華が可哀想になる映画。どうしてその環境に甘んじてしまうの!?と思うところもあったけど、どんな酷い?環境でもなんとなく馴染んで笑ってしまう黒木華(演じる主人公)の生き方にはある種感服の念を覚>>続きを読む

美女と野獣(2017年製作の映画)

3.0

ストーリーがあまりに有名すぎて、途中寝てしまったけど、寝ていたところでオリジナルの展開があったようで終盤ハテナ?となりました(自己責任) チップとお母さんの最後のシーン泣けたなぁ。

オオカミ少女と黒王子(2016年製作の映画)

2.0

the 少女漫画の実写化。キャストが決まって、それから作品が決まったのかなぁ?

溺れるナイフ(2016年製作の映画)

2.5

真剣に観なかったからだと思うけど、ストーリーがよく分からなかった…キャストは最高だったなぁ。

テッド 2(2015年製作の映画)

2.8

えげつない下ネタが途中からクセになってくる作品。過激。

千と千尋の神隠し(2001年製作の映画)

4.0

観たことない日本人いるのかな。日本のいろんな外的内的象徴を詰め合わせた作品。

プラダを着た悪魔(2006年製作の映画)

3.5

有名作をようやく、という感じ。こういうサクセスストーリーみたいなのはやっぱり面白いな。でも初めからアンハサウェイは綺麗すぎて、これがダサいのかどうか全然わかりませんでした。笑

ハンサム★スーツ(2008年製作の映画)

3.1

amazon primeで鑑賞。途中でオチが分かってしまったけど、塚地の人の良さがすごく出る温かい映画でした!!

サン・ジャックへの道(2005年製作の映画)

2.9

特に夢のシーンが、the フランス映画!という感じの作品。ただただ歩くだけって絶対つらい。クセの強い旅人たちの会話や様子もリアルでした。

ウエスト・サイド物語(1961年製作の映画)

4.0

言わずと知れた名作。劇団四季のミュージカルを観て衝撃を受けて、音楽が忘れられなくて、映画を観ました。ミュージカルと映画の違い(曲順など)も興味深い。でもやっぱり一番引き込まれたのは、冒頭の、アメリカが>>続きを読む

モダン・タイムス(1936年製作の映画)

3.5

スコアとかつけるのが申し訳ないくらいの名作。サイレント映画といえばのチャップリン。良いところ挙げたらきりがないけど、最後の音楽はやはり心にじんときます。タイトル忘れたけど!笑

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

4.5

松岡茉優の気持ちが分かりすぎるくらい分かってしまう映画だった。主人公のどこかが似ていたんだなぁ。fuuuuuuuuuck!と叫ぶシーンが最高すぎた。何回も観て、わたしもわかるわーーーと叫びたい。

ナラタージュ(2017年製作の映画)

2.5

飛行機で見ました。全体的に鬱々としていて、眠たくなってしまった…

ショック・ドクトリン(2009年製作の映画)

-

スコアがつけられない、、、ただただ胸が重くなる、苦しい映画?でした。

メリー・ポピンズ(1964年製作の映画)

3.0

コンサートのような映画。知っている音楽が次から次へと流れていく!途中寝てしまって、起きたらラストシーンでハテナ??となったけど、全体的にはとてもポップで夢のある楽しい映画でした。東宝のミュージカルとん>>続きを読む

ノートルダムの鐘(1996年製作の映画)

3.2

劇団四季のミュージカルを観てからこの映画を観ました。こんなに導入が怖いディズニー映画他にあるのかな。狂ってる、と何回か思った。音楽が本当に素晴らしくて、音楽の良さに涙してしまう。

セトウツミ(2016年製作の映画)

4.5

1h15m、短い!もっと観たい。変にサブカルでシュールな感じが出すぎることもなく、真面目と不真面目の間を上手くいくすごく良い空気の映画でした。

海月姫(2014年製作の映画)

2.8

ドラマを少し見て、気になって映画も。ドラマで瀬戸康史の女装は世界一だな〜と思っていたら菅田将暉の女装は宇宙一だった…

二重生活(2016年製作の映画)

4.0

勉強になる映画だった!!!他人の追体験をする主人公を2時間見ることで、視聴者が主人公の追体験をするという構造。長谷川博己もかっこよかったです。菅田将暉との絡み?ももう少し見たかった気もする!でもすごく>>続きを読む

くちびるに歌を(2015年製作の映画)

2.2

甘酸っぱい?学生のストーリー。個人的には、ストーリーにいやいや…と思う箇所もあったけど、青春やなあと思える映画でした。

怪盗グルーのミニオン大脱走(2017年製作の映画)

2.8

ミニオンシリーズを観たのはこれが初めて。USJのアトラクションでなんとなくあらすじを知っていたので普通にみれました!

ST赤と白の捜査ファイル(2015年製作の映画)

2.8

STシリーズはこれを初めて観ましたが、初めてでも観られるわかりやすい映画でした!ストーリーもよかった。

>|