kuroさんの映画レビュー・感想・評価

kuro

kuro

洋画が好きです
フランス映画にはまりました。
青春/恋愛/ヒューマンドラマ
幅広くみます

映画(81)
ドラマ(0)

サーミの血(2016年製作の映画)

3.5

タイトルとパッケージだけの情報で借りてきて、ホラーかなにかかと思ったら全然違った。
人種差別を描いた奥深い素晴らしい作品だった。
よく人種差別が取り扱われるけど身近にある、容姿とか性別とかでもおなじこ
>>続きを読む

ネオン・デーモン(2016年製作の映画)

2.8

エル・ファニング見たさに視聴
美に取り憑かれた人たちをモデル業界という舞台で描いていた。
序盤は分かりやすかったけど、中盤から終盤にかけて抽象的な演出が多くなるので考えるのをやめた方が見やすい。
映像
>>続きを読む

エヴォリューション(2015年製作の映画)

2.8

ずっと見たくてうずうずしてたけど、内容が抽象的すぎて何も掴めなかった…これがtheフランス映画という感じなのだろうか…
でもさすが雰囲気が最高のフランス映画。ひとつひとつのカメラワークや、映像が本当に
>>続きを読む

RAW〜少女のめざめ〜(2016年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

序盤から中盤にかけては最高にダークでアンニュイ感溢れた作品だった。
フランス映画の雰囲気がほかのダークな映画よりもよりダークにしている感じ。
主演の女優の方も名演技で徐々に彼女が変貌していく様子は本当
>>続きを読む

ウォーリー(2008年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

友人からウォーリーが可愛いよという話を聞いてずっと見たかったディズニー映画。
ディズニー映画を見ると毎回思うが、心が洗われるような純粋な内容に、現代社会の問題も取り入れたすごい作品だと思う。
話に聞い
>>続きを読む

アニー2(1995年製作の映画)

2.1

ほかのレビューにもあるとおり、ミュージカル映画アニーの続編なのにミュージカルでは無い。
アニーはそもそもミュージカルを映画にしたものだったはずなのに…元ネタがミュージカルだからといって絶対ミュージカル
>>続きを読む

アニー(1982年製作の映画)

3.6

幼い頃に見た映画のひとつ。
大不況の世の中でも明るく前を向くアニーの姿に心打たれる。
アニーだけでなく他の登場人物も大変いいキャラクターだ。
起承転結も大変はっきりしていて、子供でも見やすい。
アニー
>>続きを読む

スイス・アーミー・マン(2016年製作の映画)

3.5

公開時から楽しみにしていたが、色々な都合で見に行けず、この間アプリで配信されているのに気が付きやっと視聴した。
死体が動き出す、おならをしている…しまいには水を滝のように吐き出し喋りだし、銃にも斧にも
>>続きを読む

A.I.(2001年製作の映画)

3.9

2時間と少しある映画なのに、あっという間に終わってしまう。
人間の都合で作られ人間の都合で捨てられる。
人間って一体なんなんだろうなあ〜と感じることもあったがそれよりデイビットの深い愛にすごく感動する
>>続きを読む

ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章(2017年製作の映画)

3.0

キャストのアー写公開からまったく期待しておらず、原作が好きな自分としては実写自体反対であったが、やはりきになり映画館で見た。
期待が薄かったからなのか、意外とよかった。
映画故に原作に忠実というわけで
>>続きを読む

僕のワンダフル・ライフ(2017年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

感動して泣きたくてわんちゃんが好きなのでなんとなく借りてみたら最後にボロ泣きしてしまった…
犬の目線で語られていくが、ひっくり返せばあらゆる人達の人生の一部を見ていることに気がついて、それぞれの生き方
>>続きを読む

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。(2017年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

ITは昔から知っていたけれど、見たのは今回の作品が初めて。想像していたよりホラー要素はないので、ガッツリホラーが好きな人は少し退屈してしまうかもしれないが、青春ものも好きな自分にとってはすっごくよかっ>>続きを読む

フッテージ(2012年製作の映画)

2.8

2012年の映画故に新しい怖さというものはなかなか発見出来なかったけれど、当時からしたらなかなか不気味にできたいい作品なのではないかと思う。
設定、音響、映像ともによく、特に古いフィルムの演出は本当に
>>続きを読む

少年は残酷な弓を射る(2011年製作の映画)

3.3

徐々に頭の中でパズルが組み合わさって行くような感覚になる映画。
美少年映画がすきでおすすめされていたのでやっと視聴したが、面白かった〜!!と満足して言える映画ではない。見終わったあとも頭の中をストーリ
>>続きを読む

メイジーの瞳(2012年製作の映画)

3.0

話の設定やシナリオは現実的ですごくよかったけど見ていて気分のいいものではなかった。大人って言うのは子供のことを考えているようで考えていない。考えてるなら単独親権なんて言葉出てこないだろ。子供に隠れて揉>>続きを読む

スーサイド・スクワッド(2016年製作の映画)

2.6

期待していた割には起承転結の振りはばが小さいかなあと。
悪党には悪党のままいて欲しかった自分としては少し不服な内容だったが、ハーレークインとジョーカーが可愛かったのでそこで楽しめた。万人の目線で見れば
>>続きを読む

アントマン(2015年製作の映画)

3.6

純粋に面白かった。アントマンだから見れる視点と外部から見た視点の迫力の違いにとても笑えた。愛と勇気に溢れた映画だし、ずっと気になってい多分期待が凄かったがその期待を裏切らない面白さ。難しい話でもないの>>続きを読む

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

3.0

理屈をこねくり回す人には合わないかも…作品の雰囲気も音楽も衣装もストーリーもダンスも歌も素晴らしかったけど事の成り行きに根拠や原因をしっかり理解して見るタイプの人にはしっくりこないかも…数々の映画を見>>続きを読む

ズートピア(2016年製作の映画)

4.5

1年遅れて激ハマリした…ストーリーはディズニーながらのわかりやすい、起承転結がしっかりした話。吹き替えでも字幕でも楽しめるが、ナマケモノに関しては吹き替えをおすすめする。ニックすごく可愛い。動物好きの>>続きを読む

残穢 住んではいけない部屋(2016年製作の映画)

4.0

最近見た和製ホラーの中では結構いい。途中ミステリーか?となる部分もあるが最後はしっかりホラーに持っていくあたりがいい感じ。幽霊の映像が少しちゃっちいな…と思う場面もあったが、途中からそれが余計怖く感じ>>続きを読む

パーフェクト ワールド(1993年製作の映画)

3.8

フィリップがとにかく可愛い。
吹き替えで見ていたけれど、古いのもあってすごくフィリップが棒読みなのでしっかり感動したい人は字幕をおすすめする。
なんとなくおすすめされたので見てみたらとても気に入った、
>>続きを読む

ベニスに死す(1971年製作の映画)

3.5

おじさんの美少年ストーカー物語
といえば聞こえは悪いけれど、おじさんだから少し病的に見えてしまうだけでどんな人間でもビョルンアンドルセンを目の前にしたら心奪われてしまうと思う。ストーリー性はあまりない
>>続きを読む

ぼくは明日、昨日のきみとデートする(2016年製作の映画)

3.7

公開してすぐに見に行った。
小松菜奈ちゃんと福士蒼汰くんのW大好きな方だったので絶対見ようと友人と見に行ったけれど、和を売りにしている京都ではないまた違った古風な京都の街並みがとても美しくて、その中で
>>続きを読む

あの頃ペニー・レインと(2000年製作の映画)

3.3

ペニーレインがとにかく可愛い
完璧にパッケージ借りをしたけれど、借りて良かったと思う。1970年代のロックバンドが好きな人だったら終始ときめく作品だと思う。題名がペニーレインだけれど主人公は別の男の子
>>続きを読む

キャロル(2015年製作の映画)

4.0

ルーニーマーラ見たさに視聴
全体的に美しく、鬱くしく。という感じだった。ルーニーマーラの表情がとてもよく、終始見惚れるほど。
同性愛をテーマにした映画というのは承知の上で鑑賞していたが全く知らずに見た
>>続きを読む

リリーのすべて(2015年製作の映画)

4.7

リリーはとても愛されたひと。
レンタルが待ち遠しくてすぐ借りてきた。
これは家に置いておきたい。
あの時代、性に関わる病気...と言ったらおかしいけれど、認知度もなく、それこそ精神の病気として扱われて
>>続きを読む

ドラゴン・タトゥーの女(2011年製作の映画)

3.4

ルーニーマーラがとにかく素敵
前々からタイトルを見かけてはいたが借りず、おすすめされたので縁かなにかだと思って借りた。とっても面白かった。謎解き要素もありつつ、人物の性格や生い立ちなどにも深くは描かな
>>続きを読む

とらわれて夏(2013年製作の映画)

3.2

じんわり感動する話
トビーマグワイアと今回は吹き替えの平川さん目当てで視聴。
トビーは最後ほんの5分程度しか出なかったが話の内容はとても良かった。
後半はすごくひやひやしてこっちまでも手が震えるほどだ
>>続きを読む

ショート・ターム(2013年製作の映画)

4.3

きっと身近なことなのに誰も身近に感じてないそんな風景。心に深い傷を負った子供たちを見守る大人も実は昔の心に深い傷を負った子供たちで、誰だって人に言えない苦しみがあるんだと感じる。映画のテーマや内容はと>>続きを読む

イヴ・サンローラン(2014年製作の映画)

3.0

最初から最後まで美しい
あのイヴサンローランだとは知らず借りて見ていたが、セットも作品も人物も何もかもが美しく儚げに感じた。フランス映画は光の使い方がとてもうまい。天才だから仕方ないのかイヴの後半の思
>>続きを読む

トランスアメリカ(2005年製作の映画)

3.7

純粋にとってもいい映画だった
1週間という期間の話ではあるがこれが人生の転機というやつなのか。
後半トビーが部屋に来て脱ぎ出した後真実を知った後の二人の気持ちを考えるととても胸が苦しくなった。でも結果
>>続きを読む

>|