パンさんの映画レビュー・感想・評価

パン

パン

2015〜の記録
ドラマ2017〜

映画(378)
ドラマ(49)

コーヒーが冷めないうちに(2018年製作の映画)

3.4

映画館の近くまで行ったのでふらりと。

現実味が無いのは普段あまり観ないのだけど、これは演出も含めてかなりフィクション寄りだった。
でも知らないうちに入り込んじゃってる。

4回泣けるか…と観てる途中
>>続きを読む

トゥルーマン・ショー(1998年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

彼がいつも「念のために こんにちは こんばんは」を言ってたのは フェイクの世界にいることを知っていたからなのか…?
最後にその言葉を言ったとき プロデューサーの顔が固まった気がした

妻との強制ドライ
>>続きを読む

ティファニーで朝食を(1961年製作の映画)

3.4

ン〜〜

ティファニーでのやりとりはいいね

後半はあまり主人公が魅力的に感じられなかった

ねこちん飼いたい
 
カポーティ読みます

あん(2015年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

ひとを見た目や評判で判断しちゃう。世間は残酷だね 私もね

前半はよかったけど
徳江さんがお店に来なくなってからがなんだか「あからさま」に感じられて残念。
店長さんはお酒に戻って 病気のことはなんだか
>>続きを読む

大洗にも星はふるなり(2009年製作の映画)

3.3

すずぽんのTSUTAYAおすすめ
佐藤二朗さんと山田孝之がおもしろい
林くんが出てくるまで面白いです

検察側の罪人(2018年製作の映画)

4.1

このレビューはネタバレを含みます

いや〜良かった!

前半は急いでる感じでみんな早口・よく喋る。こんなのが日常なのか〜すごいなと。
だからよく小説なんかで「あ、読んでるようで読んでなかった」って 同じところを読み返すことが多い私はちゃ
>>続きを読む

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

3.6

ゾンビ映画ではないです、
テレビの番組制作の話。
なのでゾンビに辟易している方はその必要はないです。

三部構成で 第三部が面白い。なのでン〜ってもどかしい時間が暫し。
久しぶりに楽しむ映画を観ました
>>続きを読む

イロイロ ぬくもりの記憶(2013年製作の映画)

3.9

良かった

たまごっち壊しちゃったからヒヨコにしたのか、お父さん

最後の髪と涙に苦しくなった

宝くじ、株、自己啓発…
悲しいね

女の子が生まれて、これからテリーのいない新しい家族がまた始まるのか

ミスティック・ピザ(1988年製作の映画)

3.7

三姉妹みんな魅力的。
こういうの観ると兄弟に憧れるな〜
Kat...

ピザ食べたくなるというか作りたくなる(笑)
生地伸ばしてたのが最高に気持ち良さそう

夫たち、妻たち(1992年製作の映画)

3.8

いや好きでした 良かった
サリーの色のセンスも好いです
雨の日のお昼なんかに見てくれ

〜♪

きみの鳥はうたえる(2018年製作の映画)

3.6

だらだらとした退屈な日々も
くたくたになるくらい楽しい毎日も
いつまで続くのかな、って時間を繰り返しながら。

佐知子がすごく魅力的で
アイツのことは恐かったり見直したり最後までよくわかんなくて。
>>続きを読む

君の膵臓をたべたい(2017年製作の映画)

3.6

「私も君も、一日の価値はいっしょだよ」
「ほら、天国で逢おうよ!」

選んでここにいるんだよと言ってたけど、ほんとにそう思う。『この人といっしょのクラスになりたいな』って思ったら、大体同じクラスになれ
>>続きを読む

ブレックファスト・クラブ(1985年製作の映画)

-

数回しか会ったことのない人に
自分のイチブしか知らない他人に
自分がどんな人間か 決めつけられてたまるか

かと言ってワタシも決めつけてる?誰も知らない

ライアー ライアー(1997年製作の映画)

4.1

久しぶりに こんなに声出して笑った(笑)

ジム・キャリーがとことんおもしろい。

真実に押し負かされた嘘とかもあったけど(手荷物のフリして空港に入るとか)。

あと恋人ね、、潔いな

阿修羅のごとく(2003年製作の映画)

3.8

もう、ってウズウズするところもいくつかあるけど 良い感じに重たくなくて、するりと観られた

美しいお母さん…

エンディングテーマもよかった

恋しくて(1987年製作の映画)

-

楽しかったけど 解決〜結末が微妙でした。。

シリアスな感じじゃなくライト

お父さん泣

ワッツ、フライドグリーントマトの人だった
アマンダ、目口元がエマワトソンに見えた
どっちもかわいい。。

71フラグメンツ(1994年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

個人的に夫婦が養子?にしようとしていた女の子を都合の良いテレビの情報で見放したのがショックだった…
ちょっと近付いてみて、自分に合わなかったら止めて違うところに行っちゃう。悲しいけど、自分にもこういう
>>続きを読む

銀魂(2017年製作の映画)

3.2

原作知らず

吉沢さんパート終始真顔で面白い
主役3人の声すごく良いですね〜〜
そしてヤギーが格好良かった

船、空、キャラ CGだらけで不思議な感じ
本筋/コメディのストーリーが凸凹してた
ン〜この
>>続きを読む

17歳のカルテ(1999年製作の映画)

3.9

世間は世間 社会は社会 自分は自分
世界は変えられなくても
自分は変われる

無関心なほうが楽なこと
それでも自分に向き合うこと

私もあんな風に人に反抗心剥き出しで当たってみたい

若葉のころ(2015年製作の映画)

3.5

途中から良いです

気付くの遅いな〜って思うけど、実際、そういうもんです。よね

ハッピーエンド(2017年製作の映画)

4.1

私たちは実体験よりも記録を大事にしていることがある
目の前にあるアツアツの料理よりもまず写真を、花火が咲く瞬間も画面を通して…
かといって実体験を優先すると、あぁ写真を撮っておけばよかったなぁなんて思
>>続きを読む

隠された記憶(2005年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

気付かないうちに「これは誰の視点なのか」と考えている
ただカメラがそこにあるだけなのに。錯綜。
翻弄されている
妙なエンドでそれに気付く

オムライス(2011年製作の映画)

-

ふつうに面白かった

最後の錯覚みたいな、強迫観念みたいな現実と虚構が〜みたいなのがもうちょっと前から出てきても(人はちょいちょい出てきてたけど)よかったのかな?

新井さんとタイル藤森さんおもしろか
>>続きを読む

フランシス・ハ(2012年製作の映画)

3.6

フランシスが痛々しく見えてしょうがないが、自分もこうなる可能性があるんだな〜と思いつつ。。
周りはドンドン大人になっていくのに 気付けば自分だけそこに立ち止まっている

生活していくための仕事じゃなく
>>続きを読む

東京夜曲(1997年製作の映画)

3.8

よかった

撮り方

何言ってるか聞き取れないところ、「え、なんて?」って聞きそうになるくらい、そこにある空間と人間がリアル

桃井さん美しい。。

アイツとあの子は、みんながみんな上手くいくと思って
>>続きを読む

>|