まおうさんの映画レビュー・感想・評価

まおう

まおう

海外在住のため日本未公開映画もレビュー有り。フワッとした語学力と巧みな妄想力で見てるから内容勘違いしてても許してほしい✌とりあえず何でも見ちゃうけどイケメンがスタイリッシュアクションしたりイケメンがブロマンスしてたらすぐ五億点あげるタイプの映画好き。

映画(121)
ドラマ(0)

アリータ:バトル・エンジェル(2018年製作の映画)

3.5

原作ミリしら状態で見に行ったけど、初心者にもわかりやすく盛りだくさんの内容にゲームから飛び出てきたような造形のキャラ達とキレッキレのアクションでVR装置をつけながらゲームのコントローラーを握ってるよう>>続きを読む

シュガー・ラッシュ:オンライン(2018年製作の映画)

3.5

ディズニープリンセス大集合にキャッキャしたりネットあるあるに笑ったりしたけど最終的にしんどみやば…。噂には聞いてたけど。依存男と夢追い女のしんどいファンタジー…ララランドかよ…そういや車の上に乗って歌>>続きを読む

ビューティフル・ボーイ(2018年製作の映画)

3.5

実在の元薬物中毒者と彼を支えた父親の手記を元にした今作は、彼らの薬物との辛い経験を追体験させられるような、静かだが真に迫る苦しい映画だった。
ティモシーシャラメくんに母性丸出しで見に行った私は心に深い
>>続きを読む

女王陛下のお気に入り(2018年製作の映画)

4.0

英国版よしながふみの大奥。レイチェルワイズの溢れる知性&気品とエマストーンの女子校の人気者的な親しみやすいサバサバ感&コメディ演技が相まってか、ドロドロとした恋愛感情が渦巻く昼ドラというより権力に群が>>続きを読む

ベン・イズ・バック(2018年製作の映画)

3.5

ジュリアロバーツ主演の薬物中毒者の息子と母親の絆を描く人間ドラマ。クリスマスイブの日、前触れなくドラッグ更生施設から帰ってきた息子を暖かく迎え入れる母親だったが、息子と一日を過ごすうちに薬物中毒者の現>>続きを読む

ヒックとドラゴン3(原題)(2019年製作の映画)

4.0

こんなにも面白いうえに超名作なのに何故か頑なに日本では劇場公開されないヒックとドラゴンシリーズ第3作は、独り立ちをテーマに笑いも感動もトゥースのわんこっぷりも500倍。トゥースってもう少し以前はネコっ>>続きを読む

コレット(2018年製作の映画)

3.0

フランスの名高い女流作家シドニーガブリエルコレットの最初の結婚生活と夫の名で書いた処女作クロディーヌシリーズを巡る伝記映画。
コレットよりおよそ100年前を生きたメアリーの総てのメアリーシェリーがそう
>>続きを読む

ビール・ストリートの恋人たち(2018年製作の映画)

3.5

70年代のアメリカを舞台に愛し合う若い二人の苦難の道を描いたドラマ映画。
恋愛物に心がときめかなくなって久しい私でも心を揺り動かされる映像美と胸をきゅっと締め付ける音楽、そして俳優達の繊細な演技が素晴
>>続きを読む

Arctic(原題)(2018年製作の映画)

3.5

マッツ・ミケルセン主演、北極に不時着した男のサバイバル映画。
自然の過酷さと生命の素晴らしさを台詞で語らずに映像美とマッツの静の演技で魅せるゆるキャン△。ホッキョクグマが襲ってきたり死人が出るゆるキャ
>>続きを読む

運び屋(2018年製作の映画)

4.0

予告やあらすじの雰囲気から社会から見捨てられ追い詰められた老人の重苦しい話かと思ったら最高にほのぼのコメディチックなクソじじい萌え映画だった…。
この映画の半分はみんなのジジイに対する優しさで出来てい
>>続きを読む

ヘイト・ユー・ギブ(2018年製作の映画)

4.0

アメリカのベストセラーYA小説原作の今尚アメリカに色濃く残る人種差別とそれを取り囲む憎悪と暴力の連鎖を描くヒューマンドラマ。
【あらすじ】
アフリカ系の貧困層が多く住む地域に住みながら、大学に進学させ
>>続きを読む

ハンターキラー 潜航せよ(2018年製作の映画)

3.5

クーデターにより捕虜となった露大統領の救出作戦に挑む米軍の姿を描くアクション。ポスターから沸々とB級感が出ているが男の信頼と友情が激アツの熱盛なうえに、潜水艦にできる事全部ブッコミましたな怒涛の手に汗>>続きを読む

フロントランナー(2018年製作の映画)

3.5

大統領最有力候補でありながら一つの醜聞で失墜した政治家ゲイリー・ハートの問題の3週間を描く実話を基にしたポリティカルドラマ。
ビートの効いた音楽と共にテンポ良く見せる大統領選の様子は政治や大統領選に明
>>続きを読む

ミスター・ガラス(2019年製作の映画)

3.5

復習がてらもう一回アンブレイカブルとスプリット見といて本ッッッッッッッッ当に良かった…どちらの映画も単体で見た時は「こんな映画を見に来たつもりじゃ無かった」感が凄かったけどヒーロー物として連続で見ると>>続きを読む

Welcome to Marwen(原題)(2018年製作の映画)

3.0

ロバート・ゼメキス監督、スティーブ・カレル主演の実話を元にしたハートフルファンタジードラマ。
【あらすじ】
バーの帰り道、五人の男から集団暴行を受け死線を彷徨い、身体と心に重い障害を抱える事となった主
>>続きを読む

Assassination Nation(原題)(2018年製作の映画)

3.0

ハッキングによる個人情報大量流出を機にパニック状態に陥り崩壊した街をサバイブする少女達の姿をセイラム魔女裁判に擬えてスタイリッシュに描く。誰もが経験するorしたであろう少女時代の地獄を解り易く見せる為>>続きを読む

グリーンブック(2018年製作の映画)

5.0

まだ黒人差別が根強い時代、博士号も持つ著名な黒人ピアニストと彼の演奏旅行のドライバーとして雇われた白人男性の実話を元にしたロードムービー。黒人と白人と言う二極化だけに囚われない差別問題の難しさを上品な>>続きを読む

スパイダーマン:スパイダーバース(2018年製作の映画)

4.0

スパイダーマン:スパイダーバースを先行上映で見てきたんだけど、コマを目で追いページをめくる感覚とVR装置付けて脳ミソ鷲掴まれてガンガンに揺さぶられるような感覚を同時に味わえるような今までに無い衝撃の映>>続きを読む

Promise at Dawn(英題)(2017年製作の映画)

3.5

フランスの著名な作家ロマン・ガリーによる母親との強い絆と関係を描いた自伝的小説の映画化。強い向上心と自立心で女手一つで主人公を育てた母親は、S・ゲンズブールの熱演もあり、かなりエキセントリックで過干渉>>続きを読む

クリード 炎の宿敵(2018年製作の映画)

3.5

親子の継承をテーマに心にじんわりと響くヒューマンドラマ要素が増えた第二作。
恥ずかしながらロッキーシリーズは一作目とクリードしか見たことがなく、4はあらすじだけざっと履修して今作を見に行った私は(きっ
>>続きを読む

ロビン・フッド(原題)(2018年製作の映画)

2.5

何度も映像化されてる題材を今度はスタイリッシュアクションと昼ドラみたいなロマンスに重点を置いた最映画化。とりま心の中の少年ジャ○プの編集さんが死んだ魚の目で原稿を破り捨てそうになる内容を心の中の乙女が>>続きを読む

ホテル・エルロワイヤル(2018年製作の映画)

4.5

訳ありのホテルに偶然集まった訳ありの宿泊客による血塗れの一夜を描く。LOSTやオデッセイの脚本家による緻密に絡み合い何度も驚かされるストーリーは中弛み0で2時間半があっという間にすぎる最高の一作。ちな>>続きを読む

工作(2017年製作の映画)

4.0

起業家になりすまし北朝鮮の高官相手に諜報活動を行った韓国の実在工作員「黒金星」の活動を描いたスパイ映画。只管に硬派で派手なドンパチは無くともスピード感のあるストーリーに脱北者への取材を元に作られた生々>>続きを読む

Overlord(原題)(2018年製作の映画)

3.5

第二次大戦末期、敵地に乗り込んだ落下傘部隊がナチスの研究施設で化物に襲われるゾンビホラー。ヒラコーが監修したホラーゲーム(但し眼鏡は出てこない)みたいなノリで開始5分で鮮やかに臓物が画面を縦横無尽に飛>>続きを読む

ザ・ハウス・ザット・ジャック・ビルト(原題)(2018年製作の映画)

4.0

殺人に芸術を見出した連続殺人犯の姿を描くラースフォントリアー監督カンヌ復帰作。自分を一度追放した世間に中指を突き立てるような衝撃的で相変わらず反道徳的な描写の連続だが、徹底した取材に裏付けられたサイコ>>続きを読む

クルスク(原題)(2019年製作の映画)

3.5

2000年に起きたロシアの原子力潜水艦クルスクの事故を映像化した人間ドラマ。未だ謎の多い事件を事故後海底に閉じ込められた生存者達、事故を隠蔽しようとする軍上層部と残された船員の家族達、そして救助に向か>>続きを読む

Sink or Swim(英題)(2018年製作の映画)

3.5

家庭や仕事に問題を抱えたおっさん共が同じく人生に躓いた元女子シンクロ世界王者のコーチと男子シンクロ世界選手権に挑むコメディ。性格も体格も人生も難だらけの三重苦のおっさん共がハイテンションな懐メロをBG>>続きを読む

ファースト・マン(2018年製作の映画)

3.5

史上初めて月面歩行に成功したニールアームストロングの伝記映画。一人称視点で見せる打ち上げや事故、宇宙空間の迫力映像はさながらVR宇宙。宇宙版ダンケルク。様々な障壁を乗り越えたどり着いた無音の底知れない>>続きを読む

ジョニー・イングリッシュ アナログの逆襲(2018年製作の映画)

3.0

大人気スパイコメディ第三弾は引退していた伝説のドジっ子スパイがサイバー攻撃と戦う。本物のボンドガールにイギリスの名優を無駄遣いしまくりゆる〜いオールドファッションでアナログな笑いで包んだ安心と安全のお>>続きを読む

Upgrade(原題)(2018年製作の映画)

4.0

妻を殺され自身も全身不随にされた男が、脊椎にAIチップを埋め込み最強の力を手に入れ復讐に乗り出す。スタイリッシュすぎる映像、カメラワーク、音楽、アクション、キャラ造形に体中の穴という穴からアドレナリン>>続きを読む

シンプル・フェイバー(2018年製作の映画)

3.5

夫を事故でなくした真面目でいい子ちゃんなシングルマザーがひょんな事からエキセントリックなセレブママと仲良くなるが、彼女が突然失踪した事により人々の暗い秘密が暴かれていくサスペンスコメディ。衣装も音楽も>>続きを読む

ザ・シスターズ・ブラザーズ(原題)(2018年製作の映画)

4.0

ヴェネチア映画祭銀獅子賞受賞の西部劇。雇い主から盗みを働いた男を殺すよう依頼された殺し屋兄弟だが、先行した仲間が裏切り賞金首と共に逃亡したことにより運命の歯車が狂い出す…。もうここまで書いててスマホを>>続きを読む

ルイスと不思議の時計(2018年製作の映画)

3.0

まず題名とポスターの雰囲気から完全子供向けファミリー映画と思うじゃないですか。聞いてください。監督はホステルのイーライロス。脚本はスパナチュのエリッククリプキ。それをケイト様とジャックブラックが脇を固>>続きを読む

The Little Stranger(原題)(2018年製作の映画)

3.0

かつて栄華を誇るも第二次大戦後寂れてしまった貴族の館を舞台に怪奇現象に見舞われ追い詰められていく人々の姿を描くサイコホラー。派手な演出やショッキングな映像描写は極力廃し、埃とカビの匂いと共に薄暗い人間>>続きを読む

Climax(原題)(2018年製作の映画)

3.5

ダンサー達がリハーサルの為に集まったスタジオが何者かが飲み物に薬物を混ぜた事により想像を絶する狂乱の場へと変貌する。プロのダンサー達ならではの激しいダンスシーン、肉体を限界まで酷使したトリップシーンは>>続きを読む

パペット 大騒査線 追憶の紫影(2018年製作の映画)

1.0

セサミストリートの生みの親の息子が贈る史上最低、最悪、裁判沙汰にもなったヤバいパペットクライムムービー!そのヤバさ下品さ、テッドの500倍(当社比)予告も見ずに「マペッツ好きなんだよね〜」などと言う気>>続きを読む

>|