oggyさんの映画レビュー・感想・評価

oggy

oggy

映画(122)
ドラマ(0)

リチャード・ジュエル(2019年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

絶対に泣くだろうなと思ってたのに、キャシーやショウが胸糞悪すぎて一滴も涙が出なかった。話も役者(もちろんオリビアワイルドやジョンハムも含めて)も終わり方も良かったと思うけど、もう全く爽快感がない。それ>>続きを読む

ジョジョ・ラビット(2019年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

戦争モノでありコメディであり青春ものであり、一言でジャンルを定義づけることが難しい不思議な映画。ストーリーももちろん面白いけど、ただどちらかと言うとなんというか、ショートフィルムをいっぱい見たいな〜と>>続きを読む

ダイ・ハード3(1995年製作の映画)

4.4

2019年映画納めはダイハード3!何回も見たけど何回見てもめちゃくちゃ面白い👏🏻

パピヨン(1973年製作の映画)

3.3

リメイク版と比較すると、話の大筋は当然同じながらもパピヨンとドガの関係性の描かれ方が随分違う。あとリメイク版はかなりドガが女々しい印象だったけど、オリジナルはそうでもない。というかそもそもドガに焦点が>>続きを読む

ショーシャンクの空に(1994年製作の映画)

4.1

劇中起こった出来事だけを拾い上げていけば、ものすごく大きな山場がいくつもあるわけではない。それなのに、143分、1秒たりとも退屈さを感じなかった。
アンディは、奥さんの言う通り"陰気"な感じで、最後ま
>>続きを読む

ジュマンジ/ネクスト・レベル(2019年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

Welcome to JUMANJI!!!
ゲームだけでなく、観客のスイッチまでオンにする魔法の言葉!

キャラの中身入れ替わりっておもしろそ〜と期待してたけど、いざ見てみると何となく違和感が残る…。
>>続きを読む

テッド・バンディ(2019年製作の映画)

3.6

テッド・バンディを周辺の女性の視点から描いたという本作。見事にその罠にはまって、見終わった今も、本当に彼が犯人なのか?という思いが残っている。
無罪を主張する男とそれを信じる女というありがちな構造だが
>>続きを読む

THE UPSIDE/最強のふたり(2017年製作の映画)

3.9

暗闇の中を、パトカーに追われながら疾走する車。運転手には黒人の若者、助手席には白人の老人。
フランス版と同じ始まり方で、一気にテンション爆上げ。とはいえ実はフランス版の内容をほぼ忘れてしまっていたので
>>続きを読む

映画 すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ(2019年製作の映画)

3.8

なんかず〜っと泣いてた…。優しさに飢えてるわけではないけど、マイナス要素が一切ない暖かさに触れると人は泣くんだなと再確認(笑)
60分に1800円は高いな〜と思ってたけど、見てよかった。大人だからこそ
>>続きを読む

タクシードライバー(1976年製作の映画)

-

ダメだなあ、全然分からなかった。
『JOKER』のアーサーのように分かりやすく異常があるわけではないし、でも所々違和感があって、ずーっとコイツいったい何がしたいんだとしか思えなかった。
分かりやすく異
>>続きを読む

ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア(1997年製作の映画)

3.8

禁煙表示もなんのその、病棟だろうと好き勝手に煙草をふかすマーチン。はっきり注意することもできない、いかにも気弱そうなルディ。対照的な2人の男は、たまたま同じ病室に入れられたことを機に僅かな余命を持って>>続きを読む

ウエスト・サイド物語(1961年製作の映画)

3.5

ロミオとジュリエットに着想を得たということを知らず、不良少年の男臭い物語と期待して鑑賞したため、恋愛パートは結構しんどかったかな…。王道のミュージカルって感じだったので尚更。

その反面ジェット団とシ
>>続きを読む

レオン 完全版(1994年製作の映画)

4.0

ずっと見たかった映画のひとつ。
誤解を恐れずに言えば、ちっぽけな二人の内、一人が死に一人が生きながらえた、ただそれだけの話で、教訓を得るような話でもないけれど、間違いなく名作と言えると思った。

それ
>>続きを読む

ゾンビランド:ダブルタップ(2019年製作の映画)

3.8

オープニングMaster of puppetsが最高なんだよなア〜
家族感マシマシの4人大好きだし新キャラも全員好き〜〜👏🏻
ガーフィールドも予習して行けば良かったかなと思いつつも、決してそこまでする
>>続きを読む

ターミネーター2(1991年製作の映画)

5.0

何回見ても良い。T2より面白い映画もあると思うけど、やっぱりこれだけは特別。大好きな映画。

エンド・オブ・ステイツ(2019年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

序盤からFワードの連発!やっぱり期待を裏切らないエンドオブシリーズ!ランスレディックの登場により一層ホワイトハウスダウン感が増した今作!かと思えばイカれた爆発じじいが掻っ攫っていく!しかしオチはやっぱ>>続きを読む

ターミネーター ニュー・フェイト(2019年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

続編ありきで作られたジェニシスが完全に無かったことにされて早数年(割と好きだったんだけどな…)、T2の正当な続編と謳われているけど、ちょっとハードル上げすぎだなっていうのが正直な印象。

とりあえず何
>>続きを読む

エンド・オブ・キングダム(2016年製作の映画)

3.8

バチバチに敵を煽る有言実行男ジェラルドバトラーの愛国心が感じられる映画

エンド・オブ・ホワイトハウス(2013年製作の映画)

3.8

ジェラルドバトラーがかっこよくて『ホワイトハウス・ダウン』を見たことのある人は5分に1回デジャヴが起こる映画

T-34 レジェンド・オブ・ウォー(2018年製作の映画)

3.8

ひゃー面白かった!

戦車ってあんまり素早いイメージはないのでアクションってどんな風になるのかなと思ってたけど、流石に凄い迫力。一方、戦車の中では小さな穴を覗いて一発打つごとにぐるぐる手回し。バンバン
>>続きを読む

ガリーボーイ(2018年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

スラム出身の青年がラップでのし上がっていく、ということで、とんでもない怒りがあってそれをぶちまけていくみたいなイメージだったんだけど、ちょっと違った。(というか、『ブラインドスポッティング』のラストの>>続きを読む

アップグレード(2018年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

AIを身体に埋め込んで何やかんやする映画!という前知識しかなく、いきなり主人公が死にかけてビックリ。

とはいえ、全てを失った男が科学の力で(良くも悪くも)人生をやり直していく〜っていうのはお約束の流
>>続きを読む

フッド:ザ・ビギニング(2018年製作の映画)

3.9

ビジュアルが良い!中世ヨーロッパの軍服だとか街並みが好きな人にはオススメ。ギスボーンめっちゃかっこよかった…。
ストーリーはちょい駆け足気味で詰めが甘いところも散見されたけど、思ったより楽しめました✌
>>続きを読む

ジョーカー(2019年製作の映画)

5.0

スタジオの外に出たことがあるか?
報いを受けろクソ野郎。

★追記(10/20)
孤独な誰かを描いた物語というのは、共感する部分が少なからずあるものだ。
なのに、『JOKER』は違う。
アーサーが哀し
>>続きを読む

イエスタデイ(2019年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

エドシーラン(本物)が割とガッツリ出てて途中あんまり集中できなかったな…笑
お話としてはそもそもありえない設定なので、いろいろとツッコミどころ満載の御都合主義でも、ま、いいのかなって感じ。

実はビー
>>続きを読む

マイ・インターン(2015年製作の映画)

4.1

このレビューはネタバレを含みます

とってもハッピーな映画✨
ベンとジュールスはもちろん、職場の男性陣やジュールスの娘が良い味だしてる!
特に男性陣、最後の方には襟シャツやスーツを着るようになってたのが可愛いな〜(笑)

ジュールスは"
>>続きを読む

ジョン・ウィック:パラベラム(2019年製作の映画)

3.6

長いんじゃ〜詰め込みすぎなんじゃ〜
でもジョンウィックだから全て許したい😌
今作ではジョンウィックにかかれば馬も武器になることが判明します🐎
あとソフィアとワンチャン🐶×2が最高すぎた〜〜

そして何
>>続きを読む

WEEKEND ウィークエンド(2011年製作の映画)

3.7

よく分からないけど、なんかずっと泣いてた。

特別なことなんて何一つないけど、今電車で横に座ってる人でも、コンビニアルバイトのお兄さんでも、切り取って主人公にしてみれば、みんなささやかながらもドラマの
>>続きを読む

ホテル・ムンバイ(2018年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

どんどん人が死んでいく。あまりにも恐ろしかった。バカ映画のフィクションではなく、ほんの十数年前に実際に起こったことだとは信じられない。当たり前の日常が広がっていたその場で、3日間にも渡って一帯で繰り返>>続きを読む

ハンターキラー 潜航せよ(2018年製作の映画)

4.5

すごい見応えがあって、ちょっとびっくりするくらい面白かった。
潜水艦もの初鑑賞。基本的に肉弾戦が好きな人間なのでどうかな〜と思ってたけど、統率の取れた動きと方向転換ひとつが命取りになる緊張感がすごくて
>>続きを読む

エイス・グレード 世界でいちばんクールな私へ(2018年製作の映画)

3.8

○○○を燃やすシーン、自分の学生時代を一気に思い出して嗚咽漏れるくらい泣いてしまったよ
あんなに暖かいやり取り久しぶりに見た気がする

アド・アストラ(2019年製作の映画)

4.1

このレビューはネタバレを含みます

地球外生命体を見つけないと。そうじゃなければ、宇宙でひとりぼっちになってしまう。

ロイの父親が知的生命体を見つたいと思ったのは、もちろん知的好奇心やロマンもあったのだろうけど、一番奥深くで彼を突き動
>>続きを読む

>|