映画感想文さんの映画レビュー・感想・評価

映画感想文

映画感想文

映画(361)
ドラマ(11)

1917 命をかけた伝令(2019年製作の映画)

-

オープンワールドのゲームやってるみたいで楽しかった。迫力すげえ。

グエムル -漢江の怪物-(2006年製作の映画)

-

ユーモラスなやりとりで笑えるし、カットがカッコよすぎて笑えるし、展開が面白くて笑えるし、ポンジュノは俺を笑顔にしてくれるので大好きになりました。

怪物まわりに関してはジュラシックパークっぽさを感じた
>>続きを読む

フォードvsフェラーリ(2019年製作の映画)

-

アレを決断した後のケンマイルズの笑顔、良いよな。めちゃくちゃ男を感じる。

パラサイト 半地下の家族(2019年製作の映画)

-

ドキドキハラハラ、ユーモアもあって最高だった。
自分らよりも上の奴らに対して抱く、兄貴の憧憬と父親の対抗心の対比が印象的だった。なんにせよ逞しく生き抜こうとする人の姿、おれは好き。

リチャード・ジュエル(2019年製作の映画)

-

困惑と、そして意志の強さの両方がないまぜになったようなポールウォルターハウザーの表情が終始印象的だった。サムロックウェルも良かったです、好きですわ。

アナと雪の女王2(2019年製作の映画)

-

曲がべらぼうに良すぎてヤバい!!
町山智浩曰くあのダムも実際のモチーフがあるというからすごい。

できることを、正しいやり方で...❄️

滝を見にいく(2014年製作の映画)

-

7人のババアが山で遭難するという設定がちょっと面白い。
山で遭難という異常事態のはずなのに、なんでこんなに生活感が溢れてるんだ...というのでほっこり笑けてくる。このバイブスはババアにしかだせない。
>>続きを読む

花と雨(2019年製作の映画)

-

あまり説明をつけずどんどん話が進む感じだったけど、感情でついていけるので問題ない。なんとなく前半はアップのカットが多かった印象でそれがストリート感というか不穏さ、ゴソゴソやってる感あって良い。

BE
>>続きを読む

マリッジ・ストーリー(2019年製作の映画)

-

10分くらい二人で罵倒し合うシーンあるじゃないすか、やだねぇ...俺だったら心がぶっ壊れてオシマイ状態になると思う。。弱い人間だから結婚も離婚もできないわ俺は笑。
でも、役者の立場であのシーンは意識ぶ
>>続きを読む

運び屋(2018年製作の映画)

-

まさかのハッピーエンドで驚き。
おもしろかったなー、今までいくつかイーストウッドの映画観たけど全部おもしろいもんなー。運び屋はその中でも1番好きかもしれん。
近いうちに長距離ドライブいこう。音楽かけて
>>続きを読む

ミスミソウ(2017年製作の映画)

-

予備知識なしで見た結果、こんなに映画で楽しかったのはいつ振りだろうか、、ってぐらいに最高でした。

原作読んだことないけど、特にるりちゃんは漫画から出てきたみたいなキャラで面白かった。表情が漫画やもん
>>続きを読む

パンとバスと2度目のハツコイ(2017年製作の映画)

-

ゆったりしてたねぇ。
クスッと笑えたところが多くて楽しかった。
立川だよなぁ、立川って感じがすごい匂い立ってる雰囲気がするわ笑。なんかわかんないけど。

ポエトリーエンジェル(2017年製作の映画)

-

映画自体は普通だったかなぁ...という感じですが。ポエトリースラムってほんと面白いよね。
大学生の頃にエッセイ執筆の演習受けたことあるんだけど、それ思い出したわ。
とにかく冗長な言葉遣いや紋切りは排し
>>続きを読む

ゾンビランド(2009年製作の映画)

-

新作が面白そうだったので予習。

面白かった!
遊園地着いてから楽しすぎた笑

イエスタデイ(2019年製作の映画)

-

面白かったし、良いんだけど、、、
主人公がやったことの是非は正直断定しかねるから置いておくとして、彼のストーリーにまるで乗っかれないというか。肝心なところが欠落してるドーナッツを終始食べていたような気
>>続きを読む

マチネの終わりに(2019年製作の映画)

-

良かったわ〜好き。
過去は未来によって変えられる。。

許せないという感情に出会ったときこそ、もっともその人の人間がでるよね。

蜜蜂と遠雷(2019年製作の映画)

-

面白い!
体感時間が短く感じた。一瞬一瞬、ワンカットワンシーンがすごく情感豊かな感じ。
天才少年が指の怪我をある方法で止血するシーン、あれ5億点だわ。超興奮した。

頑張って練習して、ぶち当たって立ち
>>続きを読む

ジョーカー(2019年製作の映画)

-

ジョーカーを生み出したのは、社会や他者への憎しみではなく彼自身が背負う悲しみ、ということでしょうか。だからこそ根深い。
憎悪は共鳴するけど、悲しさって本当のところ分かち合えないと思うし。それは最後のセ
>>続きを読む

トラヴィス・スコット: Look Mom I Can Fly(2019年製作の映画)

-

初っ端のジェットコースターインタビューぶっ飛びすぎ笑。ヒューストン市長の言葉アツい。

WOOD JOB!(ウッジョブ)神去なあなあ日常(2014年製作の映画)

-

超面白い!!びっくりした。
最高としか!!!

正直邦画にギャグセンスとかはあんまり期待してないんすけど、この映画は面白かった気がする!!

アイネクライネナハトムジーク(2019年製作の映画)

-

なんとなく前向きになれるイイ映画だった。とりあえず伊坂作品を読みたくなる、なんでもいいから笑

葛城事件(2016年製作の映画)

-

ずーっと俺が考え続けてきたことが描かれてる気がして。この映画について人とたくさん話したいなと思うけど、なんかね、怖いわ。何が崩れてしまいそうで。ビビっちまう。

誰も悪くないよね。全員本気で生きてるん
>>続きを読む

アルキメデスの大戦(2019年製作の映画)

-

おもろい!
やろうとしてることがいかに困難かということ、それに模索する主人公らの格闘がよく伝わってきた。後の顛末も面白い。
冒頭の戦闘シーンも迫力があったし、浜辺美波は可憐すぎるしで最高だった。

トイ・ストーリー4(2019年製作の映画)

-

ウッディ、、あんたすげぇよ。バズとアンディのお気に入りの取り合いしてたことが遠い昔のようだね、って実際20年以上も経ってんだもんなぁ...!

天気の子(2019年製作の映画)

-

画の綺麗さ、凄みがある。これまでもそう思った。でも自分に合わなかったわ...合わなさが今回確定してしまった気持ちで残念。。作り手のインタビュー読んで、ああいう持っていき方、終わらせ方は「観客への問いか>>続きを読む

いつのまにか、ここにいる Documentary of 乃木坂46(2019年製作の映画)

-

卒業する側にドラマがある一方で、残る側にもドラマがあるということを改めて感じさせてくれた。印象深かったのは、与田ちゃんの実家での涙と、生田絵梨花の鉄人ぶり。。

町田くんの世界(2019年製作の映画)

-

傑作。天才。大好き!!墓に持っていきたい!
ひとつだけ、あえてひとつだけ最高なところを挙げるなら、あのヒロインで、背負ってるリュックがJANSPORT、なんかわかんないけどもう完璧すぎるチョイスや!!

プロメア(2019年製作の映画)

-

圧巻の過剰演出とバトルの映像表現。
あと見せ場を特化させるような本の書き方、戦う動機とか正義観についてはとりあえず説明を済ませ、どういう手段をとるかってとこはスポポポーンと簡略して一気にアクションにな
>>続きを読む

>|