Kounobergさんの映画レビュー・感想・評価

Kounoberg

Kounoberg

映画(261)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦(2016年製作の映画)

4.5

コマの繋ぎ方とか、さすがと言わざるクオリティ

誰に対する尋問なのか分からないが、テンポよく進んでいき、最後に密告者が判明するとともに、バイオリンの音色が重なるシーンゾッとした

キリアンマーフィーの
>>続きを読む

万引き家族(2018年製作の映画)

4.5

是枝監督が描く日本の生活は美しい

写真を撮るようになってから、画面の構成、光、影、奥行き、フローなどに目がいくようになって、楽しみ方が増えた

やっぱりいいシーンにはいい光があって、劇的な瞬間を演出
>>続きを読む

ガタカ(1997年製作の映画)

3.0

イーサン・ホーク さすが

イーサン・ホークの情熱

ジュードロウの絶望・託し・ラストの決意

検査官のイーサンホークへの理解

遺伝子の優劣で全てが決まる世界の話

このテーマは年々現実味を帯びてき
>>続きを読む

シックス・センス(1999年製作の映画)

3.0

後から考えればさっさとオチに気づいてしまいそうな展開なんだけど、子役の演技が凄まじすぎてそんなこと考えもしなかった

ブルースウィリスが若い

ブルースウィリスウィリスの最後の顔、切なかったなあ

>>続きを読む

プリティ・ウーマン(1990年製作の映画)

3.0

リチャードギアこの頃がもしかすると一番カッコよかったかも

3000ドルでディール決まった時に、ジュリアロバーツが「2000ドルでも受けたよ」と行った時に、「4000ドルでも払ったさ」で返したところか
>>続きを読む

エクス・マキナ(2015年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

シンギュラリティを起こした瞬間というか、新たな恐怖映画だった

ロボットの女を好きになる理由が少し弱すぎるような気がした

もう少し両者の間に絆を生むようなエピソードがあれば、最後の裏切りの威力が増し
>>続きを読む

ゴーン・ガール(2014年製作の映画)

3.5

ベンアフレックの田舎男の演技うまかった

サイコ映画は見応えがあってよい

How i met your mother のバーニー役の俳優が出てて、ザコキャラで面白かった

しっかり伏線を回収しつつも
>>続きを読む

スターリングラード(2000年製作の映画)

3.0

逃げた味方を殺すなんて狂いすぎている

エドハリス強すぎ

ノッティングヒルの恋人(1999年製作の映画)

3.0

最初こんなのありえねえだろとか思ってしまった自分は知らぬ間に見栄や権威とかそういう価値観で人を見下したり差別したりするようになっていたんだなと痛感した。

ハリウッド女優が街の本屋経営者を好きになるな
>>続きを読む

いまを生きる(1989年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

カーペ・ディエム=seize the day

イーサン・ホークが若い!
ロビンウィリアムズに朗読させられるシーンは感動した

最後captain oh captainといって生徒が机に立ち上がるシー
>>続きを読む

ソウル・キッチン(2009年製作の映画)

3.5

テンポがいい
気楽に観られる
レビューだと意外にも意見が割れてて、そこも面白いなと

ドイツと日本のユーモアの違いなのかな

ストーリーが強引だとか、非現実的だとかそういうのはナンセンスで、その話のエ
>>続きを読む

Ray/レイ(2004年製作の映画)

4.0

Jamie foxx よい!

これからRay Charlesの音楽をもっと楽しめる

この時代のミュージシャンにありがちな結末とは一味違った、本当にカッコいい人間だと思わせる終わり方

レイの母親も
>>続きを読む

キングダム見えざる敵(2007年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

ジェイミーフォックス見てると安心感あるな。。

クリスクーパーが珍しくいい感じのキャラだった

テンポも良くて思わず手に汗握ってしまった

最後感動的なBGMを流して、ハッピーエンドみたいな雰囲気だっ
>>続きを読む

イコライザー(2014年製作の映画)

3.5

大人版ホームアローンという感じで楽しい

デンゼルワシントンが牙を剥かずに冷静に殺しをしていくテンポがよかった

レディ・バード(2017年製作の映画)

2.5

pretty much enjoyable. レディバードの心の強さ、弱さがおり混ざるところの演技が自然で上手だった。

アメリカの家族と日本のそれとは当然ながら全然違うなと改めて感じた。

フライボーイズ(2006年製作の映画)

1.7

このレビューはネタバレを含みます

芝居が臭すぎる。。チープすぎて途中で断念。
ジャンレノも出てたのにジャンレノの良さが全然出てなかった。。

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

3.0

ヒュー・ジャックマン 安心してみられる

ものすごい正論を、正面からぶつけてくるシンプルだけど心地よい映画

これをみて 改めてララランドの良さも見えてくる気がする


ザックエフロンが久々にまともな
>>続きを読む

雨の日は会えない、晴れた日は君を想う(2015年製作の映画)

2.8

このレビューはネタバレを含みます

原題は Demolition (解体)

これも原題の方が遥かにストレートでいいパターン

この作品において解体するという行為は随所に現れていて(会社内の備品を分解したり家を壊したり)明らかに何かのメ
>>続きを読む

クレイジー・リッチ!(2018年製作の映画)

2.6

このレビューはネタバレを含みます

コメディに絞った方がよかった。。

中途半端なラブロマンスはチープな印象になる

シュガー・ラッシュ(2012年製作の映画)

3.0

伏線を全部回収していく流れは、まとまりの良さを感じさせるテンポのいい作品だった。

近距離恋愛(2008年製作の映画)

2.0

スコットランドの景色、ケルトミュージック良かった。自然が素晴らしい。地球。

ストーリーはc級

TIME/タイム(2011年製作の映画)

2.5

このレビューはネタバレを含みます

テーマは良かったと思うが、展開とオチどちらもチープな印象。
強引な演出や筋の通らないシーンが多々あり、sf作品ということを差し置いても、思わずツッコミを入れたくなってしまった。

ライアーゲーム ザ・ファイナルステージ(2009年製作の映画)

2.0

松田翔太のロン毛を楽しむためだけの作品。

オチが強引だしいろいろ残念だった。テンポが悪い
劇場で観るような作品ではない

>|