なめこさんの映画レビュー・感想・評価

なめこ

なめこ

貞子DX(2022年製作の映画)

-

あっもうホラーを作る気無いんですねとしか思えない一作だった。
ここまで貞子を道化として扱うか。

プロモーションで貞子を道化にするのは百歩譲ってまだ許す。
でも映画本編で貞子をこけおどしにするとは、も
>>続きを読む

カラダ探し(2022年製作の映画)

2.4

序盤のカラダ探しはスプラッター描写も中々力が入ってて、これは良作なのでは!?なんて思ったけど、
中盤以降、カラダ探しはダイジェストでクソどうでもいい青春描写に時間を費やすという愚行に、一体自分は何を見
>>続きを読む

貞子(2019年製作の映画)

1.5

全面的に褒める気は無いけど、前二作に比べれば、良い所もある映画だった。

何と言ってもリング2以来の佐藤仁美さん!彼女のシーンは監督も特に力を入れたのか、結構良かった。
序盤の陽気なはずなのに何だか不
>>続きを読む

貞子3D2(2013年製作の映画)

-

クソ映画の続編もクソ。

今作はツッコミ所満載というより、映画の全てが間違っているとしか思えなかった。

最早呪いの動画が動画として成り立ってないし、貞子がびっくりするくらい出てこないし、やってる事は
>>続きを読む

そして、バトンは渡された(2021年製作の映画)

2.1

このレビューはネタバレを含みます

これが…良い話?
いやいやいや、娘の意向ガン無視で、全てを秘密にする恐ろしい母親の話だよ。

結局自分が娘を手放したくなかっただけだろ。娘の事を考えるなら最初からブラジルに行かせれば良かったし、それが
>>続きを読む

ブラックパンサー/ワカンダ・フォーエバー(2022年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

まず、チャドウィック・ボーズマン演じるティ・チャラ陛下及びブラックパンサーは本当に素晴らしかった。彼の勇姿がもう観られないという事実は未だに辛い。そんな悲しみの中作られた本作。彼がいなくなり、ポッカリ>>続きを読む

すずめの戸締まり(2022年製作の映画)

4.6

このレビューはネタバレを含みます

隕石衝突、気候変動と来て、次は何を扱うのかと思っていたら…
まさかの「地震」、そして3.11という、これまでの作品とは比べ物にならない程のド重い話をぶつけてくる新海誠。やはり侮れん…

終盤のとある展
>>続きを読む

ザリガニの鳴くところ(2022年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

湿地で暮らす女性、カイア。
彼女は湿地で遺体となって見つかった男性の殺人犯として逮捕される。

彼女は有罪か無罪か。
答えは湿地だけが知っている。


試写会で鑑賞
↓ネタバレ注意







暴力
>>続きを読む

RRR(2022年製作の映画)

5.0

初インド映画。
インド映画に対して、苦手意識を勝手に感じてたけどそんな物は一瞬で吹き飛ぶくらいめちゃくちゃ面白かった!!
観る前は3時間かぁ…なんて思ってたけど、あっという間だった。

とにかく熱量が
>>続きを読む

貞子3D(2012年製作の映画)

-

2Dで鑑賞。

酷いなんて言葉では足りないほど最低の駄作。

前半からツッコミ所満載で、なんだこれ…と思ってたけど、終盤のアレを観た時に完全に思考停止した。なんなんだアレは。冗談のつもりなのだろうか。
>>続きを読む

リング0 バースデイ(2000年製作の映画)

3.3

貞子はいかにして呪いの権化となったのか。知られざる過去が今明かされる…

結局一番怖いのは人間…っていうよくある話ではあるけど、とにかく貞子が不憫でならない。
貞子が来てから呪いが始まったとしても、よ
>>続きを読む

リング2(1999年製作の映画)

3.0

『らせん』とは異なる、『リング』直接の続編。

ホラー度が結構高めだから、映画版リングの続編にはこっちの方があっている気がする。

でも段々ホラーというより超能力の話になってしまっているのは残念。
>>続きを読む

らせん(1998年製作の映画)

2.9

恐怖感は激減したけど、薄気味の悪さと後味の悪さが倍増した一作。

原因を究明できた所で全く解決せず、それどころかどんどん最悪の事態へと突き進んでいく所が実に恐ろしい。

中谷美紀の悪女っぷりも絶品だっ
>>続きを読む

リング(1998年製作の映画)

3.3

ギリVHS世代で良かった!
VHS文化が廃れ、貞子がキャラクター化した今、怖さがだいぶ損なわれているけど、まだ不気味さは死んでなかった。
とにかく不気味、怖いというより不気味。

オチがめちゃくちゃ良
>>続きを読む

MONDAYS/このタイムループ、上司に気づかせないと終わらない(2022年製作の映画)

4.8

タイムループに閉じ込められた社畜達。
気付く鍵は鳩、終わらせる鍵は部長!?

タイムループ映画の傑作またしても誕生!
お決まりタイムループ演出をこれでもかと観られる前半、思わず熱い展開になる後半、全く
>>続きを読む

耳をすませば(2020年製作の映画)

1.2

元々「10年後を描く」と聞いた時から、えっそれは…と思っていたけど、観ていないのに文句を言うのは違うかなと思っていて、あまり言わないようにしていた。

でもちゃんと観ました。
観た上で言います。

>>続きを読む

シリアル・ママ(1994年製作の映画)

4.2

車の割込、頭出しせずにレンタルのVHSを返却する、シートベルトしない、など"ルール"を犯す奴等を血祭りにあげる困った主婦の話。

計画性無しで突発的に殺していき、近所や警察にバレても悪びれる事無く、一
>>続きを読む

ピンク・フラミンゴ(1972年製作の映画)

3.6

世界で最も下劣な人間は自分だ!
下劣一家と下劣夫妻の下劣極まりない戦いが始まる…

『世界で最も下品』という呼び声に恥じない下劣さの作品(下品というより下劣笑)。
えっ何してんの!?とか何じゃこりゃ!
>>続きを読む

沈黙のパレード(2022年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

前二作とは違い、原作を読破してから鑑賞。
故に結構気になる点が見つかってしまった。
元々原作がめちゃくちゃ長いし、ドラマ版の続編でもあるから大幅な省略・変更は仕方ないとはいえ、それでいいのかなと思う所
>>続きを読む

スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム THE MORE FUN STUFF VERSION(2022年製作の映画)

4.4

個人的に不満だったベティの扱いが改善されていて良かった。というかめちゃくちゃ出てきてびっくりする笑
特にエンドクレジットのベティの映像はホーム3部作の締めくくりとしてめちゃくちゃ最高だし、重要なものだ
>>続きを読む

アバター:ジェームズ・キャメロン3Dリマスター(2022年製作の映画)

3.5

「この作品は3Dで観ないと意味が無い」と思い、これまで避けてきたアバター。
新作公開に合わせて3Dリマスター版が公開するという事で、ようやく初鑑賞。

惑星パンドラの映像は確かに心を奪われる程美しかっ
>>続きを読む

真夏の方程式(2013年製作の映画)

4.1

子供嫌い×子供のコンビはやっぱり鉄板だなぁなんて思って観てたら、本軸の話にそんな絡み方をするとは…

幸せに暮らしていく為の秘密だったのに、それが人生を狂わせる事態を招くとはなんと皮肉な事か。

なん
>>続きを読む

容疑者Xの献身(2008年製作の映画)

4.0

容疑者Xの献身…これ以上無いタイトルだわ。まさしく献身。中盤、えっ…と思ったらそこまで含めて献身だとは…

ちゃんと冴えない男にしか見えない堤真一の演技力が凄い。ここまで華がなくなるかね。(褒めてます
>>続きを読む

ベルファスト(2021年製作の映画)

4.4

宗教間の衝突が絶えない1969年の北アイルランド・ベルファストに暮らす少年とその家族の話。

冒頭数分で事態の深刻さを手際良く説明する演出が素晴らしい。事前に予備知識を入れずに観ても物語にスッと入れる
>>続きを読む

KAPPEI カッペイ(2022年製作の映画)

3.7

映画館で予告を観て以来、どんな惨状になっているのかが気になり、観に行こうと思っていたのに結局観に行けなかった本作。レンタル開始されたという事で遂に初鑑賞。

ところがこれが意外と拾い物で全然惨状にはな
>>続きを読む

ガンパウダー・ミルクシェイク(2021年製作の映画)

3.4

面白かったけど、観る前の期待がデカ過ぎた。終盤に行けば行くほどアクションシーンが不思議と盛り下がっていった印象。
序盤の手が麻痺して動かないハンデを抱えての3バカとのバトルが一番良かったし、楽しかった
>>続きを読む

シャドウ・イン・クラウド(2020年製作の映画)

3.5

性差別に日本軍の襲撃にグレムリンに箱の秘密と大分とゴチャついた印象を受ける映画。

女強し!をやりたいのは分かるけど、あまりにも男達が無能過ぎるのも気になった。

でも中盤まで密室劇で、そこから出た後
>>続きを読む

激怒(2022年製作の映画)

4.4

待ちに待った高橋ヨシキさん初監督作!
9月17日、名古屋での公開初日に舞台挨拶&サイン会付きの回をシネマスコーレで鑑賞。

めちゃくちゃ面白かった!!

町のあらゆる所に貼られた「みんなが見てるよ!」
>>続きを読む

ブレット・トレイン(2022年製作の映画)

4.4

静岡県を完全に過ぎて、終点の京都に近づいている辺りで突如富士山が現れるなどなど、完全に異世界な日本描写が楽しい。静かにしなきゃいけない新幹線ってなんだ笑
結構緻密に作られている脚本も実に楽しい。終盤の
>>続きを読む

さかなのこ(2022年製作の映画)

3.9

好きな物をひたすら追いかけ続ける事、一切変わらずにい続ける事、
人生の何処かで忘れてしまった、もしくは諦めてしまった情熱を思い出させてくれる映画だった。
学生時代は大爆笑必至だったミー坊の世間とのズレ
>>続きを読む

NOPE/ノープ(2022年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

最高に面白かった!!
まさかUFO自体が生き物だとは…この展開は全く読めなかった…というか読むの不可能すぎるでしょ笑
UFO=宇宙人の乗り物という固定観念を利用した、あっと驚く設定に終盤はずっと口あん
>>続きを読む

ロッキーVSドラゴ:ROCKY IV(2021年製作の映画)

4.4

面白いけど、前半話をすっ飛ばしまくって後半MVのようになっていたオリジナル版とは違って、前半新規映像を使ってかなり丁寧な滑り出しになっていた。まぁ後半はMVっぽいけど笑

…でも結局は、映画館でロッキ
>>続きを読む

バイオレンスアクション(2022年製作の映画)

-

JK殺し屋といえば昨年、ベイビーわるきゅーれという傑作が生まれたのに、同じような内容で勝負して大丈夫かなぁと思ってたけど、想像の何百倍もずっと酷かった。

以下酷かったポイント
①リアリティ皆無&バイ
>>続きを読む

炎の少女チャーリー(1984年製作の映画)

4.0

パイロキネシスを使える少女チャーリー。彼女を利用しようとする組織から父と共に逃げるが…

チャーリーが文字通り、怒りの炎を解き放つ終盤が凄い。
やっぱり実際に炎が燃え上がってる映像はCGとは迫力が桁違
>>続きを読む

モエカレはオレンジ色(2022年製作の映画)

2.6

・男型の初登場シーンはスローモーション&眩しいくらいの後光
・片方が風邪を引き、もう片方が看病する
・第二の男現る
・片方にはとても辛い過去or現実が…
・最後はキスで締め

などなど恋愛映画のお約束
>>続きを読む

ミニオンズ フィーバー(2022年製作の映画)

4.2

ミニオンズの安定感は抜群。
やってる事は支離滅裂でハチャメチャなんだけど、安心して観ていられる。

『怪盗グルー』シリーズのプリクエルとしても良い出来。
ちゃんとグルーとミニオンズの絆が構築されていく
>>続きを読む

>|