Nakanaさんの映画レビュー・感想・評価

Nakana

Nakana

トゥルーライズ(1994年製作の映画)

5.0

私を映画好きにした映画です。
アクションもコメディも最高でシュワちゃんの良さを全て出し切った映画だと思います。吹き替えのほうが面白いかな?

真実の行方(1996年製作の映画)

4.3

面白かった。
少しでも内容知ってるとつまらない映画になってしまうから、このレビューを見た人は他のレビュー見ず、私のことを信じて直ぐにレンタルしてくださいね。

キングスマン(2015年製作の映画)

4.0

スパイ映画好きの要素がてんこ盛りで見ていて楽しかった

ライフ・イズ・ビューティフル(1998年製作の映画)

5.0

前半の楽しい感じから一転、後半の絶望で見ているのが辛かった。
どんなに絶望を味わっても、息子には明るく振る舞う父親がかっこよく、あんな人になりたいと思った。

ヒート(1995年製作の映画)

4.0

ギャングのデニーロと警察のアルパチーノが出てくる映画
銃撃戦の音が素晴らしい

PK(2014年製作の映画)

4.0

宗教の文化があまり無い日本人にとっては、新鮮で面白かった

メメント(2000年製作の映画)

5.0

一周目は何かわからない
二週目も何かわからない
三週目からこの作品の素晴らしさが分かる

何度も見たくなる映画

セブン(1995年製作の映画)

5.0

スッキリするバッドエンド
ブラピが好きになった。

セッション(2014年製作の映画)

4.8

音楽で会話する瞬間を見た。
高校から吹奏楽部を始めた理由がこの映画。

インセプション(2010年製作の映画)

4.2

アイデアも好きだし、映画の設定をうまく使った面白いアクションも、素晴らしかった!何度も見たくなる

リトル・ダンサー(2000年製作の映画)

4.1

遠い空の向こうにと話そっくりだけど、こっちの方が好き

きっと、うまくいく(2009年製作の映画)

4.5

メッセージ性が強い作品だった。
それでも歌と一緒にナチュラルに伝わってくる。楽しく見れた😄

プライベート・ライアン(1998年製作の映画)

4.0

ノルマンディー上陸はだいぶ心にくるものだった。恐怖や残酷さ、本当に戦争が詰まった作品だった。

ファイト・クラブ(1999年製作の映画)

4.3

俳優の耐えあげられた肉体
ファイトシーン
ストーリーとオチ
最後の方は口あきっぱなしだったかな

バック・トゥ・ザ・フューチャーPART3(1990年製作の映画)

4.8

人間の未来はすべて白紙だってことさ

未来は自分でつくるのだ

君らもいい未来をつくりたまえ

このセリフが最後に来るとはなぁ
やっぱりすごい!!!

バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2(1989年製作の映画)

4.5

1作目から持ってった伏線とか次世代な感じとか興奮した!!!素晴らしい!!!

バック・トゥ・ザ・フューチャー(1985年製作の映画)

5.0

あんな短い間に伏線盛りだくさんで本当にすごい映画だと思う。
完璧!!!

ショーシャンクの空に(1994年製作の映画)

5.0

感動の余韻がしばらく残る映画。
希望を捨てないアンディがかっこよく、そして辛かった。