yaさんの映画レビュー・感想・評価

ya

ya

映画ってなに?
97'

映画(133)
ドラマ(68)

きみの鳥はうたえる(2018年製作の映画)

3.8

夏は嫌いだけど夏の夜はすき
他よりややクローズアップされた独特な画面に写っていないところを想像するのがたのしい
一緒に観た友達が「“佐知子”(という名前)は流石にダサすぎる」って言ってた たしかに

ブルース・ブラザース(1980年製作の映画)

4.3

アレサ・フランクリンが亡くなったニュースを見た父が ブルース・ブラザーズ観ない? と言ったのをきっかけに家族3人で観た。
黒尽くめの兄弟が休む暇なくのんきに暴走しまくる、それに振り回される人たち
>>続きを読む

白い馬(1952年製作の映画)

4.0

冒頭から群れで行動する馬たちをみて馬が野生の動物であることに新鮮さを感じる

赤い風船(1956年製作の映画)

4.7

母が昔から好きだと言っていたおすすめの映画。母もちょうど私と同じくらいの時にこうやって同じ映画を見ていたんだなとおもったらなんだか胸がぞわぞわした。
赤い風船、かなり大きいと思う。風船が鏡に映る自分の
>>続きを読む

ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク(1997年製作の映画)

3.0

人間は恐竜に酷いことばかりするし馬鹿ばっかり生き残る(出てくる人間みんな馬鹿だが)。主人公の家族も最初は捕まった恐竜たちを逃したりしたくせに自分たちが襲われそうになったら平気で恐竜を傷つける、人間は愚>>続きを読む

氷菓(2017年製作の映画)

2.6

原作・アニメどちらも見てない人ならふつうに楽しめるのでは?
キャストは天音くん以外いやです

トラフィック(1971年製作の映画)

4.1

映像といいシュールさといいすごく好みな映画でしたが自室に1人ベッドの上に座って観てたらどうしても眠たくなってしまい途中でコーヒーを淹れた 渋滞で退屈してる運転手たちがあくびをするところだけが連続してい>>続きを読む

愛せない息子(2017年製作の映画)

3.7

トーキョーノーザンライツフェスティバルにて。

ヒミズ(2011年製作の映画)

4.8

原作未読で期待もせず観たら思っていたよりずっとずっと良かった 絶望的でずっしりと重たいのに観たあとは少しすーっと風が通るような不思議な感覚 序盤でこれは観たあとモヤモヤするやつだなと身構えていたのに>>続きを読む

ぼくの伯父さん(1958年製作の映画)

4.1

街のほとんどの人が帽子をかぶっている 少年たちの暇のつぶし方はユニークだしファッションセンスが良くてきゅんとなる デザインの勉強をする上で自分へのヒントがたくさん見つけられそう
レンタル屋さんで
>>続きを読む

アデル、ブルーは熱い色(2013年製作の映画)

3.5

エマはもう青色じゃないのにアデルはこの先も多分ずっと青色を身に纏う

胸騒ぎの恋人(2010年製作の映画)

4.0

くるくるとしたブロンドの髪、カンカン帽、オレンジ色のニット…
ラストの新たな出会いのシーンも全部オレンジ色だったね

ゲド戦記(2006年製作の映画)

3.4

‪初めてちゃんと観た 話の軸がブレていて腑に落ちないところもあった 暗くて地味だし他のジブリ作品と比べてしまうと見応えが無かったかもしれないがこの作品単体で観たら好きだった けれどあんなにホラー>>続きを読む

5パーセントの奇跡 嘘から始まる素敵な人生(2017年製作の映画)

4.2

夢みさせてくれてありがとう、
でも自分だったら無理、
君みたいには頑張れない

南瓜とマヨネーズ(2017年製作の映画)

3.2

わかりそうでわからなかった
度々共感できる部分はあったけど共感しただけで終わったのであまり刺さらなかった、雰囲気だけはとても良く邦画らしいといえば邦画らしい
生活音に着目した映像はすごく好き

苦役列車(2012年製作の映画)

3.8

どうしても正二がよく飲むサスケの缶に目が行ってしまう

おじいちゃん、死んじゃったって。(2017年製作の映画)

4.1

人が死ぬって呆気ない。小学生のとき大好きだったひいおばあちゃんのお葬式に行ったことを思い出してひいおばあちゃんとまたおしゃべりしたくなった。お葬式は暗い雰囲気でやらなきゃいけないような風潮があるけど死>>続きを読む

Mommy/マミー(2014年製作の映画)

3.9

むごい、くるしい、愛おしい
映像がかなり良かった

>|