yuさんの映画レビュー・感想・評価

yu

yu

映画(406)
ドラマ(0)

劇場版「鬼滅の刃」無限列車編(2020年製作の映画)

4.0

漫画で読んだから泣かないだろうと思ったけど
ダメだった 
カタルシス攻撃が凄まじい

暗殺のオペラ(1970年製作の映画)

3.6

思わず、へ〜って言いそうになった
映画館で観たかった映画

正直言うととても面白い!訳では無かったし、ファシズムなんてシリアスなテーマで入りにくくもあったけど、ミステリーのドキドキ感を芸術的な画面構成
>>続きを読む

エレファント・マン(1980年製作の映画)

4.2

勝手に恐ろしいストーリーを想像してたけど、実際はハートフルで衝撃の実話だった

サミュエル・バーバーのadagio for strings大好きだけどまさかこの映画でも使われてたとは!
あの音楽の効果
>>続きを読む

山猫は眠らない(1992年製作の映画)

3.5

トム・ベレンジャーかっこいいなあ
40代とは思えない動きする

この山猫シリーズなかなか面白いから8まで順番に観ていこうかな

さらばバルデス(1973年製作の映画)

3.7

「大脱走」「荒野の七人」のジョン・スタージェス監督の西部劇で一応マカロニウエスタンの部類

チャールズ・ブロンソンは混血の役が多いな
孤独に生きるインディアンとのハーフといえば良くありそうな設定だけど
>>続きを読む

7月4日に生まれて(1989年製作の映画)

4.2

ずーっと観たくて観たくて仕方なかったやつ
遂にU-nextで配信されてた!嬉しい

「プラトーン」好きなら色々と堪らないのは分かってたけどあのキャラたちがそんなとこで!っていう役で出てくるのもポイント
>>続きを読む

カジュアリティーズ(1989年製作の映画)

3.8

これは中々本気のベトナム戦争映画だった

「プラトーン」にも軍事アドバイザーとして指導兼出演していたデイル・ダイが登場することにも本気度を感じる
その中でも実際のレイプ事件を扱ってる凄い作品なのにあま
>>続きを読む

西部開拓史(1962年製作の映画)

4.6

やっと観れた西部劇の超大作
期待値以上に良かった!

まず何といってもそのキャストの豪華さ
グレゴリー・ペック、ジョン・ウェイン、ジェームズ・スチュアート、ヘンリー・フォンダ、ウォルター・ブレナンなど
>>続きを読む

フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法(2017年製作の映画)

3.8

思ってた物語と全然違った
タイトルからは想像しないような現実がカラフルなパープルやムーニーたちの純粋さと対比されてなんとも言えない感情になる
けど決して貧困層に冷たい目線を向けるのではなくて隣人との距
>>続きを読む

勝手にしやがれ(1960年製作の映画)

3.7

モノクロでも伝わるこのお洒落さ 
ずっとフランス版「俺たちに明日はない」だと思ってた
フィルムをカットして繋いだ感じの荒さというかそういう技法さえ映画の一部としてお洒落に感じる
というかベルモンドがあ
>>続きを読む

気狂いピエロ(1965年製作の映画)

3.8

観たかったゴダール作品をu-nextが配信してくれたのですぐに観た
いつかヌーヴェルヴァーグの作品集を見てみようと思ってたけどやっぱり独特で感覚が必要
逃亡劇ではあるものの人物たちの会話やナレーション
>>続きを読む

ようこそ映画音響の世界へ(2019年製作の映画)

4.0

映画ファンには嬉しいストーリーが多かった

「地獄の黙示録」とかのインタビュー聞いて今まで勿体無い観方してたなあと気づいた
これからの映画の見方が変わりそう!

ワイアット・アープ(1994年製作の映画)

3.0

西部劇73本目
ケビン・コスナーの西部劇があったなんて!
まだまだ可能性のあるウェスタンジャンル

内容的は西部劇ファンにとっては物足りないかな
せっかくワイアットアープなのにOKコラルがサイドストー
>>続きを読む

8 1/2(1963年製作の映画)

4.3

フェリーニ映画2作目鑑賞
並の映画じゃ無いよコレ
その圧倒的文化の違いから突き放されるけど
だからと言って決して途中で観たくなくなったりしないし決してつまらない映画ではないのが不思議
フェリーニ自身も
>>続きを読む

恋はデジャ・ブ(1993年製作の映画)

3.9

これを機に完全にループものにハマってしまいそう
アンディ・マクダウェルが可愛い!
ビル・マーレイ最初はパッとしなかったんだけどループ繰り返すうちに自分も好きになってた

ループに気づいたときにまずパニ
>>続きを読む

ハッピー・デス・デイ(2017年製作の映画)

4.0

怖そうだったからずっと観てなかったけど、昨年けっこう話題になったから観てみたらめちゃくちゃ面白い!
なんせ主人公がいいじゃないの
ビッチ持ち前の派手さと豪快さでこっちまで爽快
しかも可愛い
2Uも期待
>>続きを読む

スパイダーマン(2002年製作の映画)

3.8

スパイダーマンでもピーター・パーカーでもなく
ゴブリンのために観にきた

ウィレム・デフォーは基本悪役が多いって言われてたけど、今まで善玉しか見たことなかったからな〜今回ドキドキしながら見たけど
正直
>>続きを読む

シンシナティ・キッド(1965年製作の映画)

4.4

面白い!
ポーカー×マックイーンは正解でしかない
全速力、泡風呂、雨に濡れるマックイーン壁ドンするマックイーンを見たい方は全部叶います

これに西部劇が加わればもう勝ちな内容

ポーカーという男くさい
>>続きを読む

ブロンコ・ビリー(1980年製作の映画)

3.5

少し時代からはみ出たワイルドウェストショーと一座のボスのカウボーイの奮闘記
「人生は一度きり」
というワードの可能性というか強さがカウボーイを通して伝えられる1番のメッセージ

ガチのガンマンを演じて
>>続きを読む

ストックホルム・ケース(2018年製作の映画)

3.8

終始イーサン・ホークが良い男すぎる 
少し狂気があってそれでもどこか憎めない自称アウトローが愛せるキャラ
彼なだけで観る価値あったし、ハマり役って言っていい

ストーリーは史実に忠実でもなさそうな?
>>続きを読む

ミッドナイトスワン(2020年製作の映画)

4.4

ハンカチを忘れて後悔しています
シンプルにすごい映画だからスクリーン数増やしてほしい

意外に生々しく描かれていて少しびっくりしたというのが最初の印象
今まではほとんど精神面のLGBT映画しか見たこと
>>続きを読む

ハンナとその姉妹(1986年製作の映画)

3.8

特に劇的な展開も無いし、揺さぶられるようなメッセージ性も無いんだけど、なぜか良かったな〜と思える映画がウディ・アレンなのだと気づいた

所々の引用も好きだし、毎回クラッシックをチョイスするところも好き
>>続きを読む

月の輝く夜に(1987年製作の映画)

4.1

そんなに長くない映画だけど、これは忘れられない映画になる

面白いのが、イタリア系アメリカ人の家族ということでニューヨークなのに風味が完全にイタリア
ディーン・マーティンのThat's Amoreとと
>>続きを読む

第三の男(1949年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

古典映画は親しめるほどには観てきた自分でも悔しいけどもこの名作と言われる映画の価値は現代目線からだと理解できなかった

あの有名なテーマ曲が一貫して使われてるのも印象的だったし、下水道や観覧車など所々
>>続きを読む

(1954年製作の映画)

4.8

どんだけ泣かせる気〜
フェリーニ映画は初めてです

人間は1人じゃ生きられない
痛いほどの孤独が3人の大道芸人から伝わってきた

音楽が「ニューシネマパラダイス」のモリコーネの愛のテーマを思い出す
>>続きを読む

さすらいの一匹狼(1966年製作の映画)

3.4

ミスター・ノーボディに続きトニーノ・ヴァレリーのマカロニウェスタン鑑賞

音楽が最高にカッコよかった
テキサスとかサンタフェなのに終始イタリア語なのも笑っちゃうマカロニの世界観

とにかく早撃ちなら何
>>続きを読む

ゲームの規則(1939年製作の映画)

4.3

このレビューはネタバレを含みます

テーマはフランス上流階級の崩壊
最初観終わったときは登場人物の多さと知識不足のせいで混乱してしまったが
気になる箇所を見返してみたら、とてつもない映画じゃないのと興奮

しかしこの映画、やっぱり優しく
>>続きを読む

トムとジェリー オズの魔法使(2011年製作の映画)

3.0

【オズの世界にもしトムとジェリーがいたら】

over the rainbowにうっとりするトムジェリかわいい

大いなる幻影(1937年製作の映画)

4.4

このレビューはネタバレを含みます

ジャン・ルノワール作品初めて観た
平成生まれの自分にその素晴らしさがどれだけ理解できるか分からないけど、昔の多くの人がベスト映画に挙げるであろう映画なのは確か
 
反戦映画の名作といえばこれ以前に「西
>>続きを読む

マンハッタン(1979年製作の映画)

3.7

ジャズとモノクロの風景がとてもおしゃれ

ウディ・アレンの作品は芸術で難しいんだけどなんか観たくなってしまうってことに気付いた

本当にその人間が好きかどうかは一緒になってみるor失ってみるしかないっ
>>続きを読む

片目のジャック(1960年製作の映画)

3.0

マーロン・ブランド監督兼主演映画
西部劇71本目にして初めてお目にかかった俳優だと思ったけど、あの「地獄の黙示録」のカーツ大佐だったなんて信じられない笑
西部劇も出てたんですね

リオはビリー・ザ・キ
>>続きを読む

アニー・ホール(1977年製作の映画)

3.5

ウディ・アレン映画初めて観ました

映画の9割が会話で成り立っている印象で、「ビフォア・サンライズ」シリーズを思い出した
あれ以上に喋ってた気もするけど笑
練りにねった脚本だと分かるわ

これを上映し
>>続きを読む

普通の人々(1980年製作の映画)

3.4

ロバート・レッドフォードが監督だったんだ!

現代目線で観ると、事故で家族を亡くしそこから崩壊が始まるというよくある家族テーマの映画に過ぎないと思ったけど、考えてみれば1980年の映画
20年代以降、
>>続きを読む

>|