Septemberさんの映画レビュー・感想・評価

September

September

映画(343)
ドラマ(0)

幸せへのキセキ(2011年製作の映画)

3.7

正直な感想として、父親が今の環境を変えようと引越した先が動物園だったという展開から少し気持ちがついていけなかったです、、

映画の中では娘が決め手となったような描かれ方でしたが、実際のところ父親のわが
>>続きを読む

七つの会議(2018年製作の映画)

3.9

久しぶりの邦画鑑賞‼️
池井戸作品ということで期待値高めでしたが、評判通りの良作でした。

勧善懲悪(半沢でいう倍返し)という部分は控えめでしたが、サラリーマン社会の闇を随所に散りばめており、うちの会
>>続きを読む

ルディ/涙のウイニング・ラン(1993年製作の映画)

4.0

レビュー数が少ない中でも高評価が多い本作🎥

一般的なスポーツ映画とは毛色が異なり、才能ある選手が勝利つかむ物語でもなく、弱小チームが下剋上を果たすような映画でもありません。

ごくごく普通の(どちら
>>続きを読む

ダンケルク(2017年製作の映画)

3.7

今作はノーラン監督ならではの中毒性は少なめでストーリーとしては分かりやすかったです!

セリフが比較的少ないこともあり、没入感高めの作品となっていましたが、家では中々限界があり、この評価となりました。
>>続きを読む

ピエロがお前を嘲笑う(2014年製作の映画)

3.8

二番煎じ感が歪めないですが、それはそれで楽しみ方の1つになっててよかったです‼️

「サイコ」や「アイデンティティー」のパターンかと思いきや「ユージュアルサスペクツ」のパターンだったかと😲😲😲

ネッ
>>続きを読む

PK(2014年製作の映画)

4.1

宗教問題をコミカルに描く一方で歴史的な二国間の対立構造や社会的問題を暗に表現するなど脚本が本当に素晴らしかったです‼️

ただ正直なところ、中盤からの面白さが目立つ分、序盤のラブストーリーやPKの回想
>>続きを読む

ハムナプトラ 失われた砂漠の都(1999年製作の映画)

3.5

20年前の作品と考えるとCG技術など目を見張るシーンもありました。

ただストーリーとしては陳腐なもので、盛り上がり要素が少なかったですねー
小学生くらいの頃なら内容が薄い分楽しめてかもしれませんが、
>>続きを読む

グッド・ライ いちばん優しい嘘(2014年製作の映画)

3.9

スーダンの独立、紛争、難民問題など、ニュースで聞き流しがちな部分を映画を通して見ることで改めて現実を突きつけられましたね。

映画自体はジョーク(本人達はいたって真面目)が随所に散りばめられており、飽
>>続きを読む

ドリーム(2016年製作の映画)

4.1

何だかんだで、この映画の中で1番凄いのは主人公より友人のドロシーかもしれませんね。

時代の先を読んで、同僚の雇用機会を守るということは中々できないことですよね。

それと個人的オススメシーンはやはり
>>続きを読む

アンコール!!(2012年製作の映画)

3.9

まさしく家族に捧げた映画です。

歌を題材にしてるだけあって、歌詞に重要な意味を持たせたシーンが多々ありましたね。

マリオンからアーサーへのラブソング
Cyndi Lauper - True Col
>>続きを読む

ウォーリアー(2011年製作の映画)

3.8

レビュー数が少ない割に高評価だったので隠れた名作かと思い鑑賞してみました。

期待値が高過ぎたのか、格闘技系があんまり好みじゃいのか、、少し評価が低めですが人間ドラマとしてもアクションとしても十分楽し
>>続きを読む

ハクソー・リッジ(2016年製作の映画)

4.0

戦争映画はこれまで避けてきましたが何となく気になったので鑑賞してみました。

米軍視点での日本軍を見るとどこか複雑な気持ちになりましたが、これもきっとまた事実なんでしょうね、、、

作品としても見応え
>>続きを読む

エール!(2014年製作の映画)

3.7

この映画は何と言っても、
最後のオーディションの歌詞&手話と
発表会の無音になる瞬間が印象的ですよね!

テーマ自体は少し考えさせられる系でしたが、少しの下ネタとジョークで緩和されてました🤣

あとは
>>続きを読む

ビューティフル・マインド(2001年製作の映画)

3.9

前半で感じる違和感(伏線)を見事に後半部分で回収していきましたね。

ノーベル賞の調査員にリアルかどうか尋ねるシーンが印象的で、統合失調症の恐ろしさがよくわかる場面となっていました。

図書館で教えを
>>続きを読む

オンリー・ザ・ブレイブ(2017年製作の映画)

4.0

男臭く引き込まれるストーリーでした!

実話ものということである程度美化されることは想定の範囲内ですが、人間の素の姿も忠実に描いており、最後のエンドロールでグッときました!

これまで海外の森林火災の
>>続きを読む

イエスタデイ(2019年製作の映画)

4.3

個人的ベストムービーにランクイン!!

この作品はきっと評価が高いんだろうなと思ってたんですが、皆さんのコメントを見てる限りでは割と辛口ですね、、、

皆さんのコメントを総括すると、
・全体的に内容が
>>続きを読む

もしも昨日が選べたら(2006年製作の映画)

3.9

タイムトラベル系の映画は多くありますが、未来に進んでやり直す系は結構少ないかもしれませんね。

何でもない日常の有り難さに気づかせてくれる映画なので、どんな人でも楽しめる映画になってるんじゃないかなー
>>続きを読む

大統領の執事の涙(2013年製作の映画)

3.7

黒人差別の問題は、近年のニュースを見る限り、誰が大統領になっても変わらないんだろうなと。
あまりに根深い問題過ぎて、遺伝子レベルでの対立構造が出来上がってしまっていますね。

それにしても邦題の『涙』
>>続きを読む

ラースと、その彼女(2007年製作の映画)

3.7

『大人になるとはどういうことか』

母親の死が深層心理としてトラウマとなっており、人(主に女性)との接し方が分からないまま大人(中身は子ども)になったラース。

兄嫁の妊娠をきっかけにトラウマが露呈し
>>続きを読む

ライフ・イズ・ビューティフル(1997年製作の映画)

4.2

最初借りてきた映画を間違えたかと思って、タイトルを確認し直しました笑

それくらい物語前半は全く別のお話で、所々笑える箇所もあるほど、コメディ要素が強かったんですが、、、
後半はその落差から目を背けた
>>続きを読む

ミザリー(1990年製作の映画)

3.7

いや〜怖かった😱

何だかんだ音や映像での表現に特化したホラー映画より、こういった人の怖さに焦点を当てたものが1番怖いのでは、、、

イフ・アイ・ステイ 愛が還る場所(2014年製作の映画)

3.6

【自分の生死を選択できるなら】

率直な感想として、主人公は周りの人に恵まれているなーと、、、

自分の置かれた状況と異なることから、あまり物語に入り込めなかった部分もあり、少し評価が低めかもしれませ
>>続きを読む

MEG ザ・モンスター(2018年製作の映画)

3.3

まさにB級映画ですね笑

中国資本満載の映画で、資本に関わらず面白い映画は面白いものですが、これは何とも、、、

あまりに不必要なシーンが多すぎたなと

ちなみにヒロイン役の方は今年で48歳になられる
>>続きを読む

ホテル・ムンバイ(2018年製作の映画)

4.1

感想を言葉にすることが難しい、、、

宗教問題、テロ、どこか他人ごとに感じていた部分を、ここまでリアルに描いている映画は中々ないんじゃないかと

日々、事件や事故で亡くなる人をニュースを通して知る中で
>>続きを読む

フローズン(2010年製作の映画)

3.7

『下手なホラー映画より恐ろしい😱』

本アプリでの評価も低く、期待値低めでの鑑賞でしたが、予想を遥かに上回る出来でした!

思わず目を背けたくなるような場面も多々ありましたが、全体的に極限状態の心理を
>>続きを読む

L.A.コンフィデンシャル(1997年製作の映画)

3.8

3人の刑事の『正義』が徐々に交錯していく姿を見て、物語に引き込まれていきました!

最初は汚職刑事と暴力刑事が同一人物と思って、物語を見失っていましたが😅

アカデミーでは脚色賞も受賞したということで
>>続きを読む

フィールド・オブ・ドリームス(1989年製作の映画)

3.9

野球がテーマの映画となっていますが、野球に興味のない方までオススメの本作🎞

もし突然神のお告げ?が聞こえ、自分の憧れの人物が目の前に現れるなんてことがあれば、、なんてロマンがあるんでしょう🤔

SF
>>続きを読む

ヴィンセントが教えてくれたこと(2014年製作の映画)

3.9

「グラン・トリノ」しかり、「幸せなひとりぼっち」しかり、隣人系頑固爺さんの話はどうも弱いですね。

『あなたの周りの聖人は誰ですか?』
人それぞれ思い描く聖人の基準は異なれど、男の子にとっての聖人はお
>>続きを読む

ビッグ・フィッシュ(2003年製作の映画)

3.9

この映画をファンタジーとジャンルに括るのは少し安直過ぎるかもしれませんね、、、

父親のホラ話を通して、子どもが父親の教えを知らず知らずのうちに学んでいたと分かる描写は本当に良かったですね‼️

自信
>>続きを読む

アンノウン(2011年製作の映画)

3.6

「96時間」シリーズをはじめ、良くも悪くもリーアム・ニーソンの出演作らしい映画でした!

ストーリーとしては、序盤の入国審査の際の伏線からオチが少し読めてしまいましたかね💦

海外でパスポートをなくし
>>続きを読む

シャイニング(1980年製作の映画)

3.6

近年の音のボリュームで誤魔化すホラー作品とは異なり、人の怖さを上手く描いたものとなっていました。

ただ期待値が高過ぎたのか、伏線が難解過ぎたのか、あまり映画に乗り込めなかったです💦

ジャック・ニコ
>>続きを読む

パリに見出されたピアニスト(2018年製作の映画)

3.6

最近NHKの駅ピアノ・空港ピアノのシリーズにハマっていることもあり、期待値込みで借りてみました。

ストーリーは良くも悪くも王道で、使い古された脚本ではありましたが、王道には王道なりの良さがあるもので
>>続きを読む

マリアンヌ(2016年製作の映画)

3.7

「BTTF」などで有名なロバート・ゼメキス監督とブラピがタッグを組んだこの作品

同監督のイメージにはあまりないラブストーリーを描いた作品であり、存分にCG効果を利用したものとなっていました。

戦闘
>>続きを読む

マネーボール(2011年製作の映画)

3.9

日本ではあまり浸透していませんが、2番打者最強説もこの先駆者あってのものですよね。

ジャンルは異なりますが、同じ野球をテーマにしたイーストウッド主演「人生の特等席」も捨てがたいですね!

本作との対
>>続きを読む

プールサイド・デイズ(2013年製作の映画)

4.1

個人的に好きな映画です!

ひと夏の出会いが内気な少年大きく変えるという一見ありきたりなストーリー、、、

ですが、何よりサム・ロックウェル演じるチャラ男を中心とした俳優の皆さんがとにかく魅力的で本当
>>続きを読む

セブン・シスターズ(2017年製作の映画)

3.7

1人7役の撮影は大変そう😅

この映画は脚本がとにかく秀逸で、まさしく少し不思議な映画でした。
近未来の設定ということで、現実味もあるような、いつかは本当に人類が直面するかもしれないギリギリのところを
>>続きを読む

>|