yoshiさんの映画レビュー・感想・評価

yoshi

yoshi

映画(61)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

焼肉ドラゴン(2018年製作の映画)

4.5

戦後の在日韓国人の日常というような変えられない事実をしっかり提示しつつもスピード感ある切り替わり、役者陣の抜群のテンポで飽きさせることなく描いている。

何者(2016年製作の映画)

4.5

就職活動目前の若者の苦悩や不安、人間関係のもつれなどが本当にうまく描かれている。俳優陣の演技が日常生活の中でも光っていると思う。

渇き。(2013年製作の映画)

3.6

感情の動きが大きく、現代において若者の抱える問題をしっかりと提示していると感じた。

あん(2015年製作の映画)

4.7

樹木希林さんと永瀬正敏さんの演技の掛け合いがすごく優しい。

海よりもまだ深く(2016年製作の映画)

4.0

部屋の中といった狭い空間でのストーリーが主だが、様々な感情が交差しているのがわかる。

最期の星(2017年製作の映画)

3.7

自分と同年代の方がこういった作品を作ったということに刺激を受けました。とても良かったです。

誰も知らない(2004年製作の映画)

4.8

こういった状況が事実として存在するこの社会。それに真っ向からぶつかっている。柳楽優弥さんの演技がとにかく圧巻。

奇跡(2011年製作の映画)

4.0

子供達の感情が動く姿に終始心を動かされた。

真夏の方程式(2013年製作の映画)

5.0

舞台は夏ながらも真実は冷徹に襲いかかる。全てのシーンにどこか消えて無くなりそうな儚さを感じる。ガリレオシリーズの中でも1番の人情劇であり、この作品を観れてよかったと心から思う。

容疑者Xの献身(2008年製作の映画)

4.5

堤真一さんの存在感、福山雅治さん演じる湯川博士の葛藤などひしひしと伝わる素晴らしい映画だった。

マンハント(2018年製作の映画)

3.8

アクションがものすごかった。日本の役者陣の新な一面が観れた気がする。

幕が上がる(2015年製作の映画)

4.0

高校演劇についてこれがきっかけで興味を持った。自分が演劇に取り組もうと思ったきっかけとも言える一作。舞台も良かった。

ちはやふる 下の句(2016年製作の映画)

4.3

松岡茉優さん演じるクイーンというライバルが物語に素晴らしいスパイスを加えていると思う。上の句に続き素晴らしい熱量の映画。

ちはやふる ー結びー(2018年製作の映画)

4.5

この物語のクライマックスにふさわしいものだった。太一と新のシーンは本当に興奮した。

ミュージアム(2016年製作の映画)

4.5

スリリングで次の展開が気になる内容。小栗旬さんがかっこいい。

桐島、部活やめるってよ(2012年製作の映画)

4.2

高校生の日常がリアルに映し出され、現在の若者の問題へ何かを問いかけているのが見どころ。

舟を編む(2013年製作の映画)

4.3

松田龍平さんの演技の繊細さが物語を作っているとも思った。

海街diary(2015年製作の映画)

4.5

姉妹が一体になって行く姿、と舞台となった街が全て美しく輝いている。

三度目の殺人(2017年製作の映画)

4.8

最後に何が真実なのか、見ている人に問いかけるような終わり方が心にもやもやと残り、それがこの映画の魅力なのだとも思う。役所広司さんの演技が圧巻。

東京タワー オカンとボクと、時々、オトン(2007年製作の映画)

5.0

素晴らしい映画だった。親が生きているうちに親孝行せねばと強く思える作品。

返還交渉人 いつか、沖縄を取り戻す(2018年製作の映画)

4.3

あまり歴史の授業で語られなかった、沖縄返還を目指した人々について学ぶことができた。井浦さんの役に対する熱意がすごい。

そして父になる(2013年製作の映画)

4.7

家族の温かみやあり方について深く考えさせられる作品だと思う。

8年越しの花嫁 奇跡の実話(2017年製作の映画)

4.5

佐藤健さんや土屋太鳳さんの演じる役に対する熱意が伝わってきた。実話を基にしているということで、多くの人を元気づけられる映画だとも思う。

ぼくは明日、昨日のきみとデートする(2016年製作の映画)

3.7

主題歌と映画の世界観、京都での撮影と全てが儚さを持っている映画だと思った。

江ノ島プリズム(2013年製作の映画)

4.5

ハッピーエンドで終わらせない恋愛映画が好きなので、特に好きな作品。江ノ島の風景とプリズムの反射なども含めとにかく綺麗な映画だった。

ラプラスの魔女(2018年製作の映画)

4.5

原作を知っていたが、広瀬すずさんの役がやはり難しいと感じる中でやっぱり引き込まれるものがあった。クライマックスに向けてストーリーが重みを持っていくところが良かった。

鍵泥棒のメソッド(2012年製作の映画)

4.7

堺雅人さんと香川照之さんの掛け合いがやっぱり良いと思う。実力のあるお二方の演技は時に面白く、時にシリアスというメリハリがある。

マエストロ!(2015年製作の映画)

3.8

西田敏行さんの演技が特に目立っていた。ベテランとして他の共演者の魅力を引き出しているとわかる。

>|