cherryさんの映画レビュー・感想・評価

cherry

cherry

邦画好き!!評価が4以上なら、かなりおすすめ♪
何度でも観たくなる映画にたくさん出会いたい。
新社会人

映画(214)
ドラマ(195)

ピンポン(2002年製作の映画)

4.0

卓球の球の跳ねる音がなんとも心地いい映画。後半の楽しそうに、自らも跳ねながら卓球をする表情もいいけど、その音がテンポの良さを生んでいると思った。
やっぱり窪塚洋介良い!陽気な性格なのに、芯の通った考え
>>続きを読む

黒い家(1999年製作の映画)

3.5

怖すぎる...こんなに怖いのを久々に観た。
幽霊が出てきたりするようなホラー映画より断然怖かった。

暗闇の黒、家を囲む雑草の緑、そして鮮やかな黄色の洋服。綺麗で、たくさんの色が飛び込んできて、それが
>>続きを読む

50回目のファーストキス(2018年製作の映画)

3.7

福田雄一監督がラブストーリーに...福田組常連の山田孝之、ムロツヨシ、佐藤二郎がそこにいたらどうなるのかと思ったけどやっぱり面白かった!

色んな場面でめちゃくちゃ笑えるところが良かった。たくさんの面
>>続きを読む

20世紀ノスタルジア(1997年製作の映画)

3.3

広末涼子の映画デビュー作。広末涼子の可愛さが全面に出ている映画だった。
ショートカットが似合う姿は言わずもがな、話し方や、仕草がめちゃくちゃ可愛い!彼女の姿を追いたくなるような撮り方と、不思議な曲がこ
>>続きを読む

タイヨウのうた(2006年製作の映画)

3.7

切ない、切なすぎる。2人の笑顔でいっぱいの作品だからこそ、余計に観ていてつらかった。
太陽の光を浴びたら、死んでしまう病気をもつ女の子をYUIが演じ、サーフィン好きの高校生を塚本高史が演じていた。YU
>>続きを読む

下妻物語(2004年製作の映画)

3.7

深田恭子&土屋アンナのぶっ飛んだ友情を描いた作品。
ギャグがすごく多くて、個性的なキャラクターばかりだから常に面白かった。
ロリータファッションとヤンキー服を身につけた彼女達のアンバランス加減が、個性
>>続きを読む

ライチ☆光クラブ(2016年製作の映画)

3.0

今作よりも前に舞台化されているからか、舞台っぽさがあらゆる場面で出ていた。ゼラと呼ばれる少年たちをまとめる人物が、それぞれの名前を呼ぶシーンは声を張り上げるようにしていて、まさにそんな感じだった。>>続きを読む

夜のピクニック(2006年製作の映画)

3.4

80kmを歩く、高校の歩行祭という行事での物語。
中学校で似たものがあったから、それをすごく思い出した。めちゃくちゃ疲れたし、最初は友達とたくさん話しながら歩くけど、途中から静かになっていく感じを思い
>>続きを読む

夢売るふたり(2012年製作の映画)

3.7

ただただ松たか子が凄い!映画「告白」を観た時もその目力が凄いと思ったけど、今作でもかなり光っていた。
今作は火事になった小料理屋を取り戻すべく、夫婦が結婚詐欺をやっていく物語。自分たちの夢の為にとはい
>>続きを読む

海月姫(2014年製作の映画)

3.4

ほとんどのキャストの顔が髪で隠れてて、完全に役になりきってるのが凄かった!どの人も個性が強すぎて最初はそのキャラクターに戸惑ったけど、慣れてきたらかなり面白かった。

菅田将暉の登場シーンがめちゃくち
>>続きを読む

いぬやしき(2018年製作の映画)

3.8

木梨憲武演じる冴えないサラリーマンの犬屋敷壱郎が、機械の体を手に入れることから始まっていく物語。
よくある「一緒に洗濯しないで!」問題など、彼にとっていつもと変わらない日常が多く描かれていることで、彼
>>続きを読む

みなさん、さようなら(2012年製作の映画)

4.0

団地の中だけで生きていくことを決めた。団地の中にはケーキ屋もお肉屋も、生活をしていくには困らない程度のお店が揃っているから。
真っ直ぐな目でそう話す彼の姿はとても真剣で、でも観ている側にとってみたらそ
>>続きを読む

川の底からこんにちは(2009年製作の映画)

3.8

満島ひかりの力にただただ圧倒される映画だった。
所詮、自分はこの程度って思えているほど強いものはないと思うし、そんな彼女の話す言葉一つ一つに力があって、すごく引き込まれた。
予想しきれない展開が面白く
>>続きを読む

バトル・ロワイアルⅡ【特別篇】REVENGE(2015年製作の映画)

2.9

2人ペアで片方死ぬともう片方も、っていうのがちょっとなぁ...
色んなところで強引な展開があって、ついていけないところが多くあった。
でも出演者が豪華で、今作は藤原竜也よりも前田愛の表情が良かった。

ぐるりのこと。(2008年製作の映画)

4.0

200本目の作品!評価が高くて気になっていた今作を鑑賞。
木村多江とリリー・フランキーが夫婦を演じ、のんびり、ゆったりと観られると思っていたら、ある事から一気に重たい空気へ変わって、どんどん引き込まれ
>>続きを読む

0.5ミリ(2014年製作の映画)

3.6

やっぱり長いなぁ...笑
もう少し短くできたと思うから、そこが残念だった。

安藤サクラ演じるサワは介護ヘルパーとして働いていたものの、ある事件から仕事が無くなり、そこから訳ありのおじいちゃんたちにつ
>>続きを読む

PARKS パークス(2016年製作の映画)

3.7

井の頭公園100周年記念として制作された映画。
永野芽郁演じるハルが、亡くなった父の恋人へ向けたラブレターから、橋本愛演じる純、染谷将太演じるトキオと共に音楽づくりをする物語。自然豊かな、井の頭公園が
>>続きを読む

大洗にも星はふるなり(2009年製作の映画)

3.0

勇者ヨシヒコシリーズで知られる福田監督作品。最初のオープニングから映像がヨシヒコっぽくて、楽しく観れた映画だった。

お馴染みのキャストである、山田孝之、ムロツヨシ、佐藤二郎がとにかく面白かった。それ
>>続きを読む

リトル・フォレスト 夏・秋(2014年製作の映画)

4.1

冬・春編を先に観てしまったけれど、もう逆に観てしまったことも気にならないくらい、とっても良かった!笑
今作でも橋本愛演じるいち子が、旬のものを使った美味しい料理を、とにかくたくさん作っていた。

冬・
>>続きを読む

氷菓(2017年製作の映画)

3.0

友達との鑑賞。鑑賞後、顔を見合わせて苦笑い...(-。-;
今作に出ている本郷奏多を観たくて行ったけれど、ちょい役でも存在感があって良かった。

謎解きをテーマにした作品だけど、最初の謎を解くシーンか
>>続きを読む

シン・ゴジラ(2016年製作の映画)

3.7

ゴジラシリーズを全然観てなかったけれど、楽しんで観ることができた!
まず、全てのスケールが大きすぎる。出演者が豪華なのは言わずもがな、色んなところから協力を得て今作が完成しているのが、すごく伝わってき
>>続きを読む

もらとりあむタマ子(2013年製作の映画)

3.5

だらだらした日常がすごく良かった。朝起きて、レンジで親が作ったご飯温めて食べて、テレビから聞こえてくる音を聞きながら漫画を読んで、読むのに疲れたら寝る。
そんな生活がそのまま飾ることなく今作にはあって
>>続きを読む

斉木楠雄のѰ難(2017年製作の映画)

3.3

福田監督の作品ということで、たくさん笑えることを期待して鑑賞。
ずっと笑ってるというより、クスクス笑っちゃう感じ。友達と観に行ったけれど、友達と笑いのツボがちょっとずつ違っていて、変なところで笑ってし
>>続きを読む

ワンダフルワールドエンド(2014年製作の映画)

3.7

橋本愛がとにかく可愛かった!ツイキャスをしたり、彼女の姿を映し出すシーンが多いけど、今作はただ可愛さを楽しむ映画じゃない。
橋本愛演じる詩織は売れないモデルで、彼女に憧れる少女の亜弓を蒼波純が演じてい
>>続きを読む

MONSTERZ モンスターズ(2014年製作の映画)

2.0

キャストが藤原竜也、山田孝之、石原さとみと豪華だったから期待して観たのに、残念だった。
藤原竜也と山田孝之のアクションシーンは、見ごたえがあったものの展開がぶっ飛びすぎていて、終始ついていけなかった.
>>続きを読む

WOOD JOB!(ウッジョブ)神去なあなあ日常(2014年製作の映画)

3.8

すごくテンポのいい作品で笑える部分もあり、楽しく観れた作品。都会に住む高校を卒業した勇気が、パンフレットの写真に惹かれて、田舎の林業の盛んな村を訪れる話。

田舎の風景ばかりでなく、都会を歩く時の騒々
>>続きを読む

君の膵臓をたべたい(2017年製作の映画)

3.7

君の膵臓をたべたい...タイトルを知ったときその言葉の引力にすごく驚いたけど、彼女の口から教えられるその内容が素敵で、また驚いた。

やっぱり、ヒロインを演じた浜辺美波がめちゃくちゃ可愛い!彼女が話す
>>続きを読む

あさひなぐ(2017年製作の映画)

3.5

完成披露試写会ライブビューイングでの鑑賞。上映前に試写会の様子が映し出されたけど、乃木坂メンバーがとにかく可愛かった!!初めてライブビューイングを体験したけど、来てよかったなぁと感じた。

薙刀という
>>続きを読む

5つ数えれば君の夢(2014年製作の映画)

2.8

女子校に通う5人の高校生の物語。台詞がとにかく難しく、とても彼女達から紡ぎ出されるものとは思えなくて、観ていて何度も引っかかってしまった。

りこがさくに対して君〜と呼びかける場面が多くて、どうしても
>>続きを読む

明烏 あけがらす(2015年製作の映画)

3.2

菅田将暉が主演なのに主演じゃない映画。彼が常に画面の中にいるだけで、他の個性が強すぎるキャラクターに飲まれていた笑
冒頭の彼のシーンでは、あえて遠くから撮影していることで彼の滑稽さが表れていて良かった
>>続きを読む

太陽の坐る場所(2014年製作の映画)

2.3

冒頭のシーンから訳が分からなかった...
キョウコという同じ名前を持つ、2人の物語。原作を、今作を観て読んでみたいとはならなかった。

同じ名前だからこそ生まれるいじめとかじゃなくて、クラスの人気者の
>>続きを読む

ポテチ(2012年製作の映画)

3.6

アヒルと鴨のコインロッカーや、フィッシュストーリーの伊坂幸太郎原作の作品で、濱田岳が主人公の作品。

淡々とストーリーは進んでいくけど、濱田岳のゆったりとしたテンポの話し方が心地よく、短時間なこともあ
>>続きを読む

劇場版 MOZU(2015年製作の映画)

2.9

ドラマの時は良かったのに...シーズン1.2さらに映画化となって、どんどんと話が大きくなりすぎた感じがした。大好きな作品だったから本当に残念だった。
ドラマでは、まるで映画のような臨場感や西島秀俊演じ
>>続きを読む

陽気なギャングが地球を回す(2006年製作の映画)

3.0

伊坂幸太郎さん原作の映画で、気になったので鑑賞。ものすごく明るくて、とにかく観やすい作品だった。4人の色んな特技で、銀行強盗を人を傷つけることなく行うというストーリー。
4人の出会いから行動に移してい
>>続きを読む

22年目の告白 私が殺人犯です(2017年製作の映画)

3.9

今作は、本当に終始「つらい」の言葉に尽きる。心にずしんとくる作品なのは分かっていながらも、色んな場面が苦しくてつらかった。ヤクザの組長を演じた岩城滉一が渋くてかっこいいとか、そういうことを思っていない>>続きを読む

>|