ころきょうとさんの映画レビュー・感想・評価

ころきょうと

ころきょうと

おっ、ていう映画を見つけたい、参考にしたい。あっ、見たっていう微妙な再観賞映画を防ぎたい、故のフィルマークス。あ、あと、皆様のレビュー見てつけ忘れ映画をレビューすること、ご容赦くださいませ。映画楽しいですねぇ。WOWOW基本です。基本的感想はネタバレにならないよう短文にします。最近自分のレビュー、評価見直して見ると、どうやらハッピーエンド好きなようです。音楽も割りと重要なようです。お気軽に。

映画(1068)
ドラマ(6)

バーフバリ 王の凱旋(2017年製作の映画)

3.8

前作の勢い増してぶっ飛んでますが、前作のがクオリティ高いかなぁ。楽しめた。

バーフバリ 伝説誕生(2015年製作の映画)

4.2

ぶっ飛んでるのもご愛顧、インド映画故の、踊り歌も込みで楽しめた。

ミックス。(2017年製作の映画)

4.0

何も考えずのヤツですね。とはいえ、役者さんがしっかり主役二人を支えてて良かったかと。ガッキー可愛いけど、い、色気が(笑)

海底47m(2017年製作の映画)

3.5

最近よくある?サメ🆚他生物ものでなく、人間が襲われる違う意味でベタなやつ。レビューして気付きましたが襲われるというより、サメにしたらテリトリー侵略されたらそりゃ威嚇なりしますね。シンプルな構成と時間で>>続きを読む

溺れるナイフ(2016年製作の映画)

3.5

ディストラクションベイビーズキャストつながりから。青春のヤツですが深みがありますね。

ディストラクション・ベイビーズ(2016年製作の映画)

3.5

狂気でしかない暴力が押し寄せる。役者の全力を見た。性描写がないからこその本作の肝。
機種変更してバタバタしたりで、皆さまご無沙汰しておりますm(_ _)m映画は見てました(笑)ぼちぼちレビューしてきま
>>続きを読む

MESSI/メッシ -頂点への軌跡-(2014年製作の映画)

2.5

メッシが希代のストライカーであり世界最高クラスの選手なのは言わずもがな。が、周りが祭り上げすぎ、タトゥ入れすぎ、W杯周りが気を使いすぎ、ルミ子ウザすぎ。さてさて、予選は突破出来ますかな?

ライフ(2017年製作の映画)

3.3

豪華俳優陣、もうちょい見せ場欲しいなぁ。ありがちな感じでは、ありますがスピーディに話が進みサラッと見れました。レビュー付けてないと何年か後、忘れてそうな映画。嫌みではなく。

昼顔(2017年製作の映画)

1.5

最悪、別れてからすれば?(恋愛)って思うわけですよ、もちろん、非現実だからこその映画、ドラマってのはわかってはいますが。純愛風に見せてるのが気持ち悪い。つか、エロ要素がない(笑)

東京喰種 トーキョーグール(2017年製作の映画)

3.0

皆様、ご無沙汰しておりますm(__)mオッサンは元気です(笑)バタバタしてましてレビュー、挨拶行けず申し訳ないです。ぼちぼちよろしくお願いいたします(*^^*)
さてさて、本編レビューですが、窪田さん
>>続きを読む

追憶の森(2015年製作の映画)

4.2

序盤、奥さんの ヒステリックさにヤバいやつだと男目線で見てました。もちろん奥さんにもヒステリックになる理由はあれど。謙渡辺との出会いから奥さんとのエピソードを紡いで見ていくうちに、どんどん引き込まれて>>続きを読む

ターミナル(2004年製作の映画)

4.2

邦画ターミナルついでに連続投下(笑)空港で一人の時の孤独感は異常だと常々私は思うわけです。それがトラブルで人の優しさに触れたらそりゃって話です。トムハンクスが安定の感動をもたらしてくれてます。

起終点駅 ターミナル(2015年製作の映画)

3.8

佐藤浩一の最近の演技がキレキレで凄いなと。実は尾野真千子が存在感出してるし、何気に本田翼色っぽい。終着駅=始発駅、要は考え方ですね。ご飯美味しそう、マイラバの歌も良かった。

スリーパーズ(1996年製作の映画)

4.0

ミステリックリバーとごちゃごちゃになってますね(笑)セブンか今作か位ブラピの若かりしイメージが強いですが、その他俳優陣が豪華なこと気付けなかった昔の自分に反省。とはいえ何回も見直す映画ではなく、あーあ>>続きを読む

娚の一生(2015年製作の映画)

3.4

ジャケット、宣伝インパクトが強いですね。景色とか映像非常に癒されました。榮倉さんが色気あるような気がしてたらご結婚してたそうでやはり演技に反映されますね。トヨエツは相変わらずトヨエツでカッコ良い。

アーサーとふたつの世界の決戦(2010年製作の映画)

3.2

三部作最終。姫もうちょい活躍しても良かったかな。お父さん意外と良い味出してた。

アーサーとミニモイの不思議な国(2006年製作の映画)

3.5

いきなりCGになった作りになったときはビックリ(笑)子供喜ぶだろーな。姫可愛いね。

天使の涙(1995年製作の映画)

4.0

ウォンカーウァイ監督、相変わらずの色褪せないオサレ世界観を存分に出している作品。ハードボイルドだけど激しくないけど心地よい。

恋する惑星(1994年製作の映画)

4.0

ウォンカーウァイ監督、本当オサレな映画作りますね。全く映像色褪せない。
フェ イウォン可愛い、これは恋する惑星ですわ。エロくないけどエロい。ロフト香港にあるんですね。

欲望のバージニア(2012年製作の映画)

4.0

ありがちな禁酒法時代のやつ。多分、アメリカさんでは時代劇的なことなんですよね。とはいえ、三兄弟個性的で良かった、無骨な感じ。トムハーディカッコ良い。俳優陣豪華で楽しめた。

イニシエーション・ラブ(2015年製作の映画)

3.4

松田翔太結婚おめでとう記念。メンバー騒動でニュースにイマイチなってませんが。脱線し過ぎましたm(__)m良くも悪くも前田敦子ですな。あの水着がもうそんな感じ。キャッチフレーズで2度騙される、言われたら>>続きを読む

ジャッジ!(2013年製作の映画)

3.0

コメディですが軽く何度か笑えどオッサンには理解しきれず(笑)北川景子は綺麗だけど演技は入って来ず。

リアル 完全なる首長竜の日(2013年製作の映画)

2.3

素敵な俳優陣を何故にこんな仕上がりになった?邦画の悪いところが存分に出たかなぁ。自分には難しかったかもしれない。

ガルム・ウォーズ(2014年製作の映画)

2.0

これはいかん。寝落ちが続いてしまいました。ファイナルファンタジーなゲーム的世界観、それが悪いわけでなく。

王様のためのホログラム(2016年製作の映画)

2.5

トムハンクスだから何とか最後まで見れましたがコメディとして見たらかなりキツいかなぁ。

マイ・インターン(2015年製作の映画)

4.2

主演二人で、少し前なら若さ勢いのアンハサウェイ寄りで見るのでしょうが(笑)完全にデ・ニーロの、経験の使い方に感心しながら見てしまいました。仕事もプライベートも相手に押し付けでない伝わるコミュニケーショ>>続きを読む

キラー・エリート(2011年製作の映画)

2.0

実話だとか、確かに豪華俳優陣ですが厳しい内容は厳しい。ジェイソンステイサム作品で微妙は初めてなことに驚き。

22ジャンプストリート(2014年製作の映画)

4.2

名コンビですね。前作(21ジャンプストリート)もかなり楽しめましたが、相変わらずギャグ、下ネタありながら勢いそのままで楽しめました。ハングオーバー的な感じですかね、1から次予算アップしつつ楽しさキープ>>続きを読む

パーフェクト・ヒート(2013年製作の映画)

3.0

何も考えずのB級アクション。そういう意味では悪くはなかったかと。

美女と野獣(2017年製作の映画)

4.2

野獣が、最初だけ、劇団四季のライオンキングに見え一瞬入り込めず(笑)ガストンの踊り歌演技良かった。エマ・ワトソンも相変わらず、綺麗で。狼から救うとこ偉いぜ。最後はご存知ですが、野獣のが魅力的な不思議。

美女と野獣(1991年製作の映画)

4.2

30年近く前の作品だけど、大人もそれなりに楽しめる。実写版と比べたくて、久しぶりリピート。ポット、ティカップ親子可愛い。

22年目の告白 私が殺人犯です(2017年製作の映画)

3.5

藤原竜也もっともっとクズ役をしてほしい(誉め言葉)どんでん返し、ムナクソ系ですが、作り込み方、音楽の使い方、
役者さんそれぞれに、見所合って良かった。

ドラえもん のび太の魔界大冒険(1984年製作の映画)

4.5

第5作。ある意味のび太と美夜子(漢字うろ覚えm(__)m)さんの話。魔法とスカートめくりの物語(笑)思い出補正印象的なのは五作まで。

ハンニバル(2001年製作の映画)

4.0

ご存知、羊たちの沈黙続編。教授狂暴さ増してますね、知的にもっときてほしかったな、個人的に。クラリス代わらないで欲しかった。

>|